自転車用テールライトおすすめ人気ランキングTOP18!USBやソーラーとLEDについても【2017年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

津田 良和

週に100キロ走るほどのロードバイク好き

週に一度100kmほど走るロングライドをやっています。
素敵なサイクルライフを送るための役に立つ情報を発信していきます。

    選び方のポイント

    • 充電方式をチェック
      →小型で軽量な「USB充電式」など、3タイプからチョイス。
    • 取り付け位置をチェック
      →シートポストに取り付ける一般的なタイプのほかに、サドルバッグやヘルメットに装着できるタイプも。状況に応じて選択。
    • 価格をチェック
      →予算にあわせてコストパフォーマンスに優れたライトを選ぶ。

    自転車 テールライト
    自転車用のライトでイメージするものとしては前方の視界を照らすフロントライトが主だと思われます。
    自転車で走行するうえでは、フロントライトだけでは十分ではなく、テールライトの存在も重要です。

    自転車用テールライトがあることによって、後続車が自転車の存在を認識することができ、安全な追い越しをすることが可能となります。

    本記事では自転車の安全面で非常に大きな役割を担っている自転車用テールライトの選び方とおすすめ商品をランキング形式で紹介していきます。
    さまざまな種類の自転車用テールライトを紹介していきますので、ぜひ自分にあった商品を購入してください。

    目次

    自転車用テールライトってどんなもの?

    自転車 ライト

    自転車用テールライトは自転車のシートポストの部分に取り付け、自転車用テールライトが光ることで後続車に自転車の存在を認識させる役割を担っています。

    自転車に乗っている人にとってみれば、ライトは自分の視界を確保するためのものだと思ってしまいがちです。
    しかし、ライトは自分の存在をほかの歩行者や車に知らせるという重要な役割があり、安全に走行するためにはその両方を意識しなければなりません。

    自転車用テールライトは自分の視界には何の影響も及ぼしませんが、安全面では非常に大きな役割を果たしています。

    【こちらもCHECK】自転車用ライトに関連するおすすめ記事はこちら

    明るい自転車ライトおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

    2017.11.17

    自転車用テールライトの3つの選び方

    ① 充電の方式で選ぶ

    ライト テープ

    自転車用テールライトの充電方式には主に3種類あります。
    下記にまとめましたので、それぞれの種類の特徴を把握したうえで、自分にあったものを選ぶとよいでしょう。

    電池式

    電池式は一度電池を交換すれば長時間使用することができるうえに、外出先での交換も可能です。

    USB充電式

    USB充電式は充電の手間はありますが、その分小型で軽量なものが多いです。

    ソーラー充電式

    太陽光を使用して充電するソーラー充電式。
    充電する手間も、充電切れの心配もないライトですが、晴れた日にしか充電できないという面もあります。

    ② 取り付け位置によって選ぶ

    自転車 テールライト

    自転車用のテールライトの場合は基本的にシートポストに取り付けるものが多いです。

    しかしスポーツサイクルに乗っている人の場合はシートポストにサドルバックなどを取り付けている人もいますので、テールライトを取り付けるスペースがない方もいるでしょう。
    そのような際は、テールライトを選ぶときにはシートポスト以外に取り付けることができるものを選ぶとよいでしょう。

    商品によってはサドルバックに取り付けたり、ヘルメットに取り付けることができるものがありますので、商品を選ぶときに確認することがよいですね。

    ③ 価格で選ぶ

    自転車 テールライト サドル

    自転車用ライトの価格帯は安いものであれば1,000円~2,000円で購入できるものから、ハイスペックで高価なものであれば10,000円を超えるようなものもあります。
    一般的に価格と性能は比例しますが、かといって予算を超えたものを購入するのは厳しいですよね。

    大切なことは自分の購入予算にあわせてコストパフォーマンスに優れた自転車用ライトを選ぶということです。

    自転車用テールライトおすすめランキングTOP18

    ここからは自転車を愛する筆者がおすすめする自転車用テールライトランキングをご紹介します。
    さまざまなアイテムを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

    18位 Diz+ LED Solar LED light

    電源:ソーラー充電式

    低価格でしかもソーラー充電式なので、定期的なテールライトの充電も必要ありません。
    コストパフォーマンスと利便性に優れた商品です。
    小型でスタイリッシュな形状も魅力的。

    17位 朝日電機 ELPA レーザー付シグナルライト DOP-SL400

    電源:単4形乾電池 2本

    テールライトといえば、ただ赤く光るものや点滅するものがほとんどですが、こちらのテールライトはそれだけではなく、道路を照らして車幅を伝えてくれる優れものです。
    夜間の自転車走行で後続車は自転車を追い抜いていく際に、参考となりますので、非常に安全性に配慮したテールライトと言えるでしょう。

    16位 BRIDGESTONE SLR110

    電源:ソーラー充電式

    ソーラー充電式を搭載しながらも、振動と明るさで自動的に点灯するオートライト機能がついている高性能なテールライトです。
    電池の交換が不要な分とてもつかいやすい商品と言えるでしょう。

    15位 Panasonic LEDかしこいテールライト

    電源:単4形乾電池 2本

    防水性、耐久性ともにしっかりとしたものが搭載されている上に、オートライト機能もついているので非常に利便性の高いテールライト。
    薄型でスタイリッシュなのでデザイン性も高い見た目にもうれしい商品です。

    14位 RIXOW 自転車ライト

    電源:USB充電式

    こちらの商品はフロントライトとテールライトがセットになっており非常にお得です。
    防水加工もなされているので、雨の日でも安心。
    USB充電式で、この商品を購入すればUSBケーブルもついてくるので、そのまま使うことができます。

    13位 Ziyue USB充電式テールライト

    電源:USB充電式

    USB充電式の見た目もスタイリッシュなテールライトでシートポストだけではなくさまざまな場所に取り付けることもできます。
    また、光の色も赤だけではなく、青や白に変えることができるので、状況によって見えやすい色を選べます。

    12位 Funktoms ソーラーサイクルリアライト

    電源:ボタン電池2本&ソーラー充電式

    ソーラー電池タイプなので、充電や電池交換の必要がない便利なテールライトです。
    しかしながら防水性能は搭載されていないので、雨の日に使用してしまうと故障の恐れがあります。
    晴れの日だけ自転車に乗るという方にはおすすめ。

    11位 キャットアイ(CAT EYE) セーフティライト [SL-LD210-R] SOLAR\

    電源:ソーラー充電式

    コンパクトで使いやすいソーラー充電式のテールライト。
    USBや乾電池の充電を必要とせず、価格もリーズナブルなコストパフォーマンスに優れた商品です。

    10位 HiHiLL テールライト LT-BL2

    電源:USB充電式

    視認性が非常に高い高光度のLEDを搭載しているので、夜間での走行も安全に行うことができます。
    防水仕様となっているので雨にも強く、デザインにも優れたテールライト。
    取り付けも簡単で、シートポスト以外の場所にも取り付けることができるのでとても便利です。

    9位 CAT EYE セーフティライト リフレックスオート TL-LD570R

    電源:単4電池 2本

    明るさを感知するセンサーを内蔵しているので、夜間の走行時に自動で発行する「オートライト」機能がついている便利なテールライト。
    さらに、LEDを5つも使用しており、視認性も高く、点灯モードも5段階あるので非常に高性能で視認性が高いです。

    8位 ハート型 自転車 テールランプ

    電源:CR2032電池 2個

    テールライトでも見た目にこだわりたいという方向けのユニークな形をしたテールライト。
    こちらのテールライトはサドルにぶら下げるタイプで見た目がハートを逆にした形をしています。
    皆と同じテールライトを使うのが嫌だという人におすすめです。

    7位 キャットアイ(CAT EYE) セーフティライト TL-SLR200 ソーラーパワー

    電源:ソーラー充電式

    シートステーに取り付けるタイプとなっており、太陽光で充電するタイプなので、充電する手間が省けるストレスフリーなテールライト。

    明るさと振動を検知して自動でライトが点灯するオートライト機能も搭載されているので安心できます。
    人気メーカーキャットアイらしい高性能かつコストパフォーマンスに優れたテールライトです。

    6位 Salerno LED セフティー クリップ ライト

    電源:CR2032電池 2個

    わずか20グラムの軽量かつコンパクトなテールライトで、自転車のシートポストに取り付けるだけではなく、クリップを挟むだけでサドルバックや服に取り付けることもできます。

    さらに、こちらのテールライトは光の色が赤だけではなく、三色の光が選べるので、状況によって光の色を使い分けることもできます。

    5位 WOLFTEETH リアライト

    電源:USB充電式

    非常に明るく視認性が高い安全性に優れた面と、防水仕様で雨にも強い面がある高性能なテールライトです。
    USB充電はスマートフォンのモバイルバッテリーからもできるので、外出先からでも簡単に充電することができます。

    4位 CAT EYE セーフティオートライト RAPID3 AUTO ラピッドスリー

    電源:単3形乾電池 1本

    オートライト機能が搭載された小型のテールライトです。
    防水機能も強力なものが備えられているので、シートポストへの泥はねや雨の日の走行でも安心して使うことができます。

    3位 TOPEAK テール ルクス

    TOPEAK(トピーク) テール ルクス

    TOPEAK(トピーク) テール ルクス

    1,584円(09/28 15:29時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    電源:ボタン電池 1個

    コンパクトな形の丸型タイプのテールライト。
    わずか14グラムという軽さで、シートポスト以外にもサドルバックやヘルメットにも取り付けることができます。
    防水機能や明るさも充分に備えているので使いやすいテールライトです。

    2位 CATEYE TL-LD700-R【ラピッドエックス】

    電源:USB充電式

    シートポストだけではなく、フレームなどにも取り付けることができるので、自分の自転車スタイルにあわせた安全な組み合わせを実現することができます。

    さらに、こちらのライトは面発光で、取り付け位置や見る角度が変わっても明るさが変わらないという特徴を持っているので、安全性にとても優れています。
    USB充電式なので、乗るたびに充電をしておけば突然の電池切れなどの心配もありません。

    1位 CAT EYE セーフティライト オムニファイブ リア用

    電源:単4電池 2本

    自転車用品メーカー大手の「キャットアイ」が販売しているコストパフォーマンスに優れたテールライトです。
    低価格ながら明るさや光の広がりに優れているので、誰もが安心して使うことができます。

    LED自転車用テールライトおすすめランキングTOP10

    ここからはLED自転車用テールライトをランキング形式でご紹介します。
    LEDが使用されているテールライトを購入したい方はぜひ参考にしてください。

    10位 朝日電機 ELPA レーザー付シグナルライト DOP-SL400

    電源:単4形乾電池 2本

    テールライトといえば、赤く光るものや点滅するものがほとんどですが、こちらのテールライトはそれだけではなく、道路を照らして車幅を伝えてくれる優れもの。
    夜間の自転車走行で後続車が自転車を追い抜いていく際に参考となりますので、非常に安全性に配慮したテールライトと言えます。

    9位 Panasonic LEDかしこいテールライト

    電源:単4形乾電池 2本

    防水性、耐久性ともにしっかりとしたものが搭載されている上に、オートライト機能もついているので非常に利便性の高いテールライトです。
    薄型でスタイリッシュなのでデザイン性も高い見た目にもうれしい商品。

    8位 Ziyue USB充電式テールライト

    電源:USB充電式

    USB充電式の見た目もスタイリッシュなテールライトでシートポストだけではなくさまざまな場所に取り付けることもできます。
    光の色も赤だけではなく、青や白に変えることができるので、状況によって見えやすい色を選ぶことが可能です。

    7位 HiHiLL テールライト LT-BL2

    電源:USB充電式

    視認性が非常に高い高光度のLEDを搭載しているので、夜間での走行も安全に行うことができます。
    防水仕様となっているので雨にも強く、デザインにも優れたテールライト。
    取り付けも簡単で、シートポスト以外の場所にも取り付けることができるのでとても便利です。

    6位 CAT EYE セーフティオートライト RAPID3 AUTO ラピッドスリー

    電源:単3形乾電池 1本

    オートライト機能が搭載された小型のテールライト。
    オートライト機能だけではなく防水機能も強力なものが備えられているので、シートポストへの泥はねや雨の日の走行でも安心して使うことができます。

    5位 CAT EYE セーフティライト リフレックスオート TL-LD570R

    電源:単4電池 2本

    明るさを感知するセンサーを内蔵しているので、夜間の走行時に自動で発行する「オートライト」機能がついている便利なテールライト。
    さらに、LEDを5つも使用しており、視認性も高く点灯モードも5段階あるので非常に高性能で視認性が高いです。

    4位 Salerno LED セフティー クリップ ライト

    電源:CR2032電池 2個

    わずか20グラムの軽量でコンパクトなテールライト。
    自転車のシートポストに取り付けるだけではなく、クリップを挟むだけでサドルバックや服に取り付けることもできます。

    さらに、こちらのテールライトは光の色が赤だけではなく、三色から選べるので、状況によって光の色を使い分けることも可能です。

    3位 CATEYE TL-LD700-R【ラピッドエックス】

    電源:USB充電式

    シートポストだけではなく、フレームなどにも取り付けることができるので、自分の自転車スタイルにあわせた安全な組み合わせを実現することができます。

    ライトは面発光で、取り付け位置や見る角度が変わっても明るさが変わらないという特徴を持っているので、安全性にとても優れています。
    USB充電式なので、乗るたびに充電をしておけば突然の電池切れなどの心配もありません。

    2位 TOPEAK テール ルクス

    TOPEAK(トピーク) テール ルクス

    TOPEAK(トピーク) テール ルクス

    1,584円(09/28 15:29時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    電源:ボタン電池1個

    コンパクトな形の丸型タイプのテールライト。
    14グラムという軽さで、シートポスト以外にもサドルバックやヘルメットにも取り付けることができます。
    防水機能や明るさも充分に備えているので使いやすいテールライトです。

    1位 CAT EYE セーフティライト オムニファイブ リア用

    電源:単4電池2本

    自転車用品メーカー大手の「キャットアイ」が販売しているコストパフォーマンスに優れたテールライトです。
    低価格ながら明るさや光の広がりに優れているので、誰もが安心して使うことができます。

    USB充電式自転車用テールライトおすすめランキングTOP5

    ここからはUSB充電式自転車用テールライトをランキング形式でご紹介します。
    USB充電方式をお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

    5位 RIXOW 自転車ライト

    電源:USB充電式

    こちらの商品はフロントライトとテールライトがセットになっており非常にお得です。
    防水加工もなされているので、雨の日でも安心。

    4位 Ziyue USB充電式テールライト

    電源:USB充電式

    見た目がスタイリッシュなテールライトでシートポストだけではなくさまざまな場所に取り付けることが可能です。
    光の色も赤だけではなく、青や白に変えることができるので、状況によって見えやすい色を選ぶことができます。

    3位 HiHiLL テールライト LT-BL2

    電源:USB充電式

    視認性が非常に高い高光度のLEDを搭載しているので、夜間での走行も安全に行うことができます。
    防水仕様となっているので雨にも強く、デザインにも優れたテールライトです。
    取り付けも簡単で、シートポスト以外の場所にも取り付けることができるのでとても便利。

    2位 WOLFTEETH リアライト

    電源:USB充電式

    非常に明るく視認性が高い安全性に優れた面と、防水仕様で雨にも強い面がある高性能なテールライトです。
    USB充電はスマートフォンのモバイルバッテリーからでもできるので、外出先からでも簡単に充電することが可能。

    1位 CATEYE TL-LD700-R【ラピッドエックス】

    電源:USB充電式

    シートポストだけではなく、フレームなどにも取り付けることができるので、自分の自転車スタイルにあわせた安全な組み合わせを実現することができます。
    面発光で、取り付け位置や見る角度が変わっても明るさが変わらないという特徴を持っているので、安全性にとても優れています。

    【こちらもCHECK】自転車用USBライトに関連するおすすめ記事はこちら

    ソーラー充電式自転車用テールライトおすすめランキングTOP5

    ここからはソーラー充電式自転車用テールライトをご紹介します。
    ソーラー充電式自転車用テールライトをお探しの方はぜひ参考にしてください。

    5位 Diz+ LED Solar LED light

    電源:ソーラー充電式

    低価格でしかもソーラー充電式なので、定期的なテールライトの充電も必要ありません。
    コストパフォーマンスと利便性に優れた商品。
    小型でスタイリッシュな形状も魅力的です。

    4位 BRIDGESTONE SLR110

    電源:ソーラー充電式

    ソーラー充電式を搭載しながらも、振動と明るさで自動的に点灯するオートライト機能がついている高性能なテールライトです。
    電池の交換が不要な分とてもつかいやすい商品といえるでしょう。

    3位 Funktoms ソーラーサイクルリアライト

    電源:ボタン電池2本&ソーラー充電式

    ソーラー電池タイプなので、充電や電池の交換の手間が必要のない便利なテールライトです。
    防水性能は搭載されていないので、雨の日に使用してしまうと故障の恐れがあります。
    晴れの日だけ自転車に乗るという方にはおすすめ。

    2位 キャットアイ(CAT EYE) セーフティライト [SL-LD210-R] SOLAR\

    電源:ソーラー充電式

    コンパクトで使いやすいソーラー充電式のテールライト。
    USBや乾電池の充電の手間がいらない便利な商品で、価格もリーズナブルなコストパフォーマンスに優れた商品です。

    1位 キャットアイ(CAT EYE) セーフティライト TL-SLR200 ソーラーパワー

    電源:ソーラー充電式

    シートステーに取り付けるタイプのテールライトとなっています。
    太陽光で充電するタイプなので、充電する手間が省けるストレスフリーなライトです。

    明るさと振動を検知して自動でライトが点灯するオートライト機能も搭載されているので安心。
    人気メーカーキャットアイらしい高性能かつコストパフォーマンスに優れたテールライトと言えます。

    【こちらもCHECK】自転車用ソーラーライトに関連するおすすめ記事はこちら

    自転車用テールライトの3つの使用上の注意点

    注意点① ライトを相手のために使用する

    自転車 テールライト

    自転車用ライトを使用する目的は多くの方にとって、暗い道を明るく照らして自分が安全に走るためのものだという認識ですよね。
    しかし対向車や歩行者など自分以外の人や車に自分の存在を視認させるということも非常に重要です。

    自分の視界が見えやすくなっていたとしても、相手が自分の存在を視認していなければ事故を防止することは難しくなります。
    自転車用ライトは自分のためだけではなく、相手のためにも使うということを理解しておきましょう。

    注意点② ライトの充電を欠かさずに行う

    自転車 テールライト タイヤ

    USB充電式ライトの場合ですが、最も注意しなければならないのは、充電を忘れずに行うということです。
    自転車に乗ってライトを使う場面になったときでも、充電不足でライトを点灯できなければ意味がありません。

    USB充電式ライトは使用前に欠かさず充電をするようにしましょう。
    充電切れを起こしてしまったときのために、予備バッテリーがついているものや、その場で充電できるモバイルバッテリーを用意しておくもの効果的。

    注意点③ テールライトは後続車にあわせて使用する

    自転車 男性 道路

    自転車に乗って車道を走行しているときに最もリスクが高まるのは、車が自転車を追い抜くときにすれ違う瞬間と言われており、車と自転車の距離感によって事故の危険性も大きく変わってきます。

    その際に自転車テールライトを点灯させることによって、車に安全に抜いてもらうということが可能となります。

    自転車のライトを点灯させるときは、自分の視界が悪くなった時が点灯の基準となりますが、テールライトの場合は自分よりも後続車が見えやすくするためのライトです。
    自分の基準ではなく相手のことを考慮して使用する必要があります。

    このことに関しては、テールライトに限らずフロントライトにも通じることではあります。
    交通事故を予防するためには自分の視界が明るいということだけでは十分ではなく、周囲の人や車が自分の存在を十分に視認できているかどうかが大きく関わってきます。

    自転車のライトを使用するときはこういったことを意識して使うようにしてみましょう。

    Amazonの自転車用テールライト人気ランキング

    Amazonの人気自転車用テールライトを知りたい方はこちらもチェック!

    自転車用テールライトを使って自転車の安全性を高めよう

    自転車 ライト
    自転車にテールライトを取り付けることによって、夜間の車道走行の安全性をかなり高めることができます。
    後続車にとってみれば、前方にいる自転車にテールライトがついていなければ、視界が悪い中で自転車の存在を把握することが困難になります。

    いくら安全に気をつけていたとしても事故を防ぐことができない可能性があります。
    自転車に乗る際はぜひともテールライトをつけ安全性を高めて、自転車を楽しんでください。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】自転車用品に関連するおすすめ記事はこちら

    ビンディングシューズおすすめ人気ランキングTOP12【2018年最新版】

    2018.08.10

    自転車工具セットおすすめ人気ランキングTOP10!箱や携帯のタイプから六角レンチやメーカーまで【2017年最新版】

    2017.12.01

    自転車用スマホホルダーおすすめ人気ランキングTOP15!防水と固定タイプも【2017年最新版】

    2017.11.20

    自転車用ヘルメットおすすめ人気ランキングTOP15!子ども用と大人用&着用義務や選び方も【2017年最新版】

    2017.11.18

    自転車用おすすめ人気U字ロックランキングTOP10!最強ロックは【2017年最新版】

    2017.11.16