キャンプテントおすすめ人気ランキングTOP10!おしゃれなテントも【2017年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

楓 翔太郎

月に1度はキャンプをするアウトドア好き

キャンプを始めると同時にキャンプブログも始め、キャンプ用品やキャンプ場の紹介を行ってきました。
キャンプやライターの経験を活かし、情報発信出来ればと考えています。


    テントがないとキャンプは始まらないと言ってもいいほどキャンプにとってテントは重要です。
    初めてキャンプをする方にとってはテントといってもたくさんあるので悩む方は多いでしょう。
    どのようなテントを選ぶかは、キャンプをするにあたってとても重要です。

    テント選びをによってキャンプに対するモチベーションも変わってきます。
    本記事では、月に1度はキャンプをする楓 翔太郎がキャンプテントを紹介します。



    キャンプテントの種類


    キャンプで使用するテントは種類によって骨格や構造が異なり、キャンプスタイルも異なってきます。
    ここでは、キャンプ用のテントの種類についてご紹介します。

    ドーム型テント

    North Eagle(ノースイーグル) テント リップツールームドーム200 [2~3人用] NE171
    North Eagle(ノースイーグル) テント リップツールームドーム200 [2~3人用] NE171

    最もオーソドックスなのが、2本から6本程度のポールを反らせてテントを広げ、大きな丸めのフォルムを造り出して設営する「ドーム型テント」です。
    大きさのバリエーションも豊富なので、収容人数にあわせて選ぶことができます。
    キャンプ場で最も良く見かけるタイプのテントと言えるでしょう。
    メリットとデメリットについて下記にまとめましたので参考にしてください

    ドーム型テントのメリット

    • コンパクトに収納ができ、設営と撤収が簡単。
    • テントサイトをあまり選ばずに設営できる。

    ドーム型テントのデメリット

    • 形状的に横からの風をうまく逃がすことが出来るため、比較的風に強いのですが、背が高い大型ドーム型テントになると風に弱い。
    • 構造状半円形になるため端の方は圧迫感を感じる。
    • リビングスペースを設けるためには、別途タープが必要。
    • 夏はテント内が非常に暑くなりやすい。

    ツールームテント/オールインワンテント

    コールマン テント ラウンドスクリーン2ルームハウス [4~5人用] 170T14150J
    コールマン テント ラウンドスクリーン2ルームハウス [4~5人用] 170T14150J

    リビングスペースが一体化しているタイプのテントのことを言います。
    ドーム型テントなどについている小さな前室とは違い、屋根がついている広いリビングスペースがあります。
    メリットとデメリットについて下記にまとめましたので参考にしてください

    ツールームテント/オールインワンテントのメリット

    • 調理や食事などを楽しめる広いリビングスペースが使える。
    • 完全にクローズできるタイプであれば、快適に過ごすことができる。

    ツールームテント/オールインワンテントのデメリット

    • かなり重量が重くなりやすいので、初心者には設営が難しく感じる
    • テントサイトのレイアウトが限られる
    • シンプルなドーム型テントに比べるとパーツも多く構造も少し複雑

    ワンポールテント

    North Eagle(ノースイーグル) テント ワンポールテントBIG420 [4~6人用] NE168
    North Eagle(ノースイーグル) テント ワンポールテントBIG420 [4~6人用] NE168

    見た目が、ちょっとおしゃれなテントです。
    メーカーによって、いろいろなデザインのものがあり、モノポールテントやティピーテントとも呼ばれています。

    ワンポールテントのメリット

    • 重量が軽いため持ち運びがしやすい。
    • コンパクトな収納であるので、ツーリングでのキャンプにおすすめ。

    ワンポールテントのデメリット

    • 側面が斜めになっていて居住空間が狭い。
    • テント内の中心にポールが立つので、小さなテーブルなどを使う場合に邪魔になりやすい。

    【こちらもCHECK】テントに関連するおすすめ記事はこちら

    ワンタッチテントおすすめ人気ランキングTOP15!一人用テントやたたみ方も【2018年最新版】

    2018.04.30

    キャンプテントおすすめ人気ランキングTOP10!おしゃれなテントも【2017年最新版】

    2017.12.15

    キャンプテントを選ぶポイント


    キャンプテントは、たくさんありすぎて何を基準にして選んだらよいのかわからないという悩みを持った方は、たくさんいらっしゃることでしょう。
    テントといってもたくさんの種類があって、どれを選んだらよいのかは難しい問題です。

    設営と撤収が簡単で、おしゃれ・機能性抜群・価格が安い、このようなテントがあれば、悩む必要はありません。
    しかし、そのような完璧なテントがないから選ぶ楽しさがあります。
    テントを選ぶ基準はさまざまですが、今回は耐久性、機能性に優れた長く使えるテントをご紹介していきたいと思います。

    おすすめのキャンプテントのメーカー


    それでは、機能性に優れた選び抜かれたテントメーカー3社を紹介します。

    スノーピーク(snow peak)

    スノーピーク テント アメニティドームS [3人用]
    スノーピーク テント アメニティドームS [3人用]

    ものづくりのまちである新潟県燕三条で、スノーピークは生まれました。
    「人生に、野遊びを」のスローガンのもと、活動の領域は今やキャンプ場にとどまらず、都市や住宅、オフィスなどにも広がりつつあります。
    スノーピークのテントの最大の魅力は、すべてのテントを最高品質で提供しているところでしょう。

    テントのポールには、最高の強度と軽さを併せ持ったジュラルミン素材を採用しているので、強風でポールが折れてしまう心配はありません。
    また、一般的にテントの耐水圧は部分ごとの平均値を提示するブランドがほとんどですが、スノーピークは耐水圧のミニマム表記「○mmミニマム」としています。

    これは「平均値が○○mm」なのではなく、「どこを計測しても最低○○mmミニマム」ということです。
    スノーピークのテントの品揃えは、オートキャンプや登山といった定番スタイルに限らず、シーンに応じてさまざまなニーズに応えているためキャンプ初心者からベテランキャンパーまで自分にあったスペックのテントを選ぶことができます。
    スノーピークのテントはたくさんのキャンパーが長年使えるアイテムとなっています。

    【こちらもCHECK】スノーピークのテントに関連するおすすめ記事はこちら

    コールマン(Coleman)

    コールマン テント タフワイドドーム4/300 [4~6人用] 2000017860
    コールマン テント タフワイドドーム4/300 [4~6人用] 2000017860

    コールマンは、楽しい快適なアウトドアでのライフスタイルを通じて、自然とふれあうことで生まれる心のつながりを大切にします。
    アメリカでランタンメーカーから始まったコールマンは、今では初心者キャンパーからベテランキャンパーまで、さまざまなアウトドアシーンで使われる製品を作り続けています。
    キャンプ場に訪れると、テント・タープ・テーブル・チェア・ランタン・シュラフなどコールマンのロゴを見ないことがないほどの地位を確立しました。

    小川キャンパル(OGAWA CAMPAL)

    ogawa(オガワ) テント ピルツ9‐DX [4人用] 2793
    ogawa(オガワ) テント ピルツ9‐DX [4人用] 2793

    小川テント(現在はキャンパルジャパン)は、約100年の歴史がある日本有数のテント専門メーカーです。
    小川テントの特徴としては、次の3つが挙げられます。

    ①高品質で長く使える。

    小川テント最大の魅力は品質。
    生地の防水性・ポールの耐久性ではほかのメーカーは比較対象にならないといっても過言ではないでしょう。
    価格帯は決して安いとは言えませんが、長く愛用できます。

    ②居住性が高く、快適である。

    小川テントは、快適性にも優れています。
    高い天井とほぼ垂直な壁により、テント内に広大な空間を造り出してくれ4シーズン通じて快適に過ごすことができます。

    ③豊富な品揃え

    グランピングで圧倒的な人気を誇る「ロッジ型テント」からおしゃれな三角テント「モノポール型テント」など、ファミリー向けテントもたくさん発売されています。

    キャンプテントおすすめ人気ランキングTOP10


    ここからは筆者が選んだ「キャンプテントおすすめ人気ランキングTOP10」をご紹介します。
    さまざまなキャンプテントを紹介するのでぜひ理想のキャンプテント探しにお役立てください。

    10位 ノースイーグル リップツールームドーム200 NE171

    収容人数:2~3人
    耐水圧:3,000mm
    重量:5.9kg
    付属品:アルミペグ×24本・自在付ロープ×9本・ハンマー・収納ケース

    軽くて丈夫なジュラルミンポールとUVカット素材で紫外線を約90%カットできる切り裂けにくいリップストップポリエステルを採用したフライシート。
    フロア、フライ両シートは耐水圧3,000mmで耐水圧抜群の吊り下げ式インナー採用のテントです。
    インナーなしのタープフォルムとしても使用できます。

    9位 オガワ ティエラ5‐アネックス 3514

    収容人数:3~4人
    耐水圧:1,500mm
    重量:4.6kg
    付属品:ペグ・ピン・張綱・収納袋

    ティエラ5をシェルターとすることで大きなリビングスペースと一体化した寝室を創出できるティエラ5シリーズに接続可能なオプションテントです。

    8位 オガワ ロッジドーム ポルヴェーラ34 2770

    収容人数:3~4人
    耐水圧:1,800mm
    重量:8.4kg
    付属品:Pペグ・ピンペグ・張綱・ハンマー・収納袋

    前面フラップを張り出せば、ゆったりとしたリビングペースを作ることができますが、取り外し可能な内幕を取り外すと内部を全てリビングスペースに使用することもできます。
    リビングスペースと寝室を分けて考えたコンパクトなテントで、大きな後面出入口を装備しており、後面からの出入や荷物の出し入れに便利です。

    7位 小川キャンパル ピルツ9-DX

    収容人数:4人
    耐水圧:1,800mm
    重量:7.1kg
    付属品:張り出しポール・スチールピン・張綱・金づち

    好評のピルツ9に快適機能のひさしを装備した広い開放的な空間を実現した八角錐テントです。

    6位 コールマン(Coleman) テント タフドーム/3025 スタートパッケージ

    収容人数:4~5人
    耐水圧:2,000mm
    重量:13.0kg
    付属品:ペグ・ハンマー・ロープ・収納ケース

    テント泊に必要なものがすべてそろったスタートパッケージ!
    家族4~5人がゆったりと並んで寝られる300cm幅のテントで、高さは175cmあり、大人もテント内の移動がしやすい設計です。

    5位 ノースイーグル テント ワンポールテントBIG420 NE168

    収容人数:4~6人
    耐水圧:1,500mm
    重量:11.0kg
    付属品:プラペグ16本・自在ロープ8本・ハンマー・収納ケース

    軽量で組み立て簡単なワンポールテントで、吊り下げ式インナーなのでタープフォルムとテントフォルムどちらでの使用も可能です。
    フライシートにはUVカット素材を採用しとおり、紫外線を約90%カットできます。

    4位 コールマン ラウンドスクリーン2ルームハウス

    収容人数:4~5人
    耐水圧:2,000mm
    重量:20.0kg
    付属品:キャノピーポールX2・ペグ・ロープ・ハンマー・キャリーバック

    ゆとりある空間を考慮した設計のテント!
    ラウンドスクリーンの後面にインナーテントをドッキングできます。
    キャノピーは、3面オープン可能で、吊り下げ式インナーテントを装備しています。

    3位 スノーピーク テント ランドブリーズ 4

    収容人数:4人
    耐水圧:1,800mmミニマム
    重量:6.9kg
    付属品:ジュラルミンペグ(17cm×18)・自在付ロープ(2m×3、2.5m×2/2又4m×2)・シームシーリング剤・リペアパイプ・キャリーバッグ・フレームケース・ペグケース

    ランドブリーズ4はスノーピークの定番シリーズのドームテント。
    通気性の良さなど、快適性を備えており、オールシーズン過ごせる温度調節機能が魅力的です。
    寝室サイズは260×220cmなので最大で大人2人+子供2人の4人が就寝できますが、荷物を置いて広めに使うには3人以下の使用がおすすめ。

    長所を簡単にまとめましたので参考にしてください。

    • サイズ感がちょうどいい。
    • 設営は簡単で軽量。
    • 品質は間違いない。

    2位 コールマン テント タフワイドドーム4/300 2000017860

    収容人数:4~6人
    耐水圧:2,000mm
    重量:10.6kg
    付属品:ペグ・ロープ・ハンマー・キャリーバック

    サークルベンチレーション搭載の移住性抜群のコールマン一押しのタフワイドドームテント。
    広い居住空間がテントの中の快適性をアップしています。

    テントの上部を大きく押し上げるフレーム構造で、185cmの天井高は、大人もかがむことなく立ったまま着替えができます。
    床面積は親子4人がゆったり寝ることができるほど広く、荷物スペースもしっかり確保できます。

    構造上風の抵抗を受けやすいので、補強のロープを張って風に強くすることが可能です。
    インナーテント下部メッシュより新鮮な外気を取り入れ、内部の温まった空気を天井部のメッシュから排出するので、夏でも涼しく快適に過ごせます。
    強度と柔軟性に優れた軽量の「アルミ合金」を使用したメインポールを採用しています。

    長所を簡単にまとめましたので参考にしてください。

    • 初心者にはバッチリ。
    • 安心のコールマン製品。
    • 大人2人、子供3人で寝室としては充分なサイズ。
    • 初心者として買って正解な製品。

    1位 スノーピーク(snow peak) テント アメニティドームS

    収容人数:3人
    耐水圧:1,800mmミニマム
    重量:8.0kg
    付属品:ジュラルミンペグ(17cm×18)・自在付ロープ(2.5m×4/2又4m×2)・リペアパイプ・キャリーバッグ・フレームケース・ペグケース

    快適性と耐久性を追求したスノーピークのテント。
    アメニティドームをはじめ、スノーピークのテントシリーズは、背を低く抑え、高い耐久性を生む設計が施されているので、シルエットの丸みを持つ部分を多くして風がテントの上を通っていくようになっています。

    天井が高いテントは立って作業をしたり着替えをする際には便利なのですが、風のダメージを受けやすくフレームが破損する可能性があります。
    防水・撥水加工に優れており、アメニティドームの生地の耐水圧は「1,800mmミニマム」です。
    「平均値が1,800mm」なのではなく、「どこを計測しても最低1,800mmミニマム」なのです。
    スノーピークのミニマムは、生地上のどこの1点を計測しても耐水圧の最低の数値を保証するスペック。

    初心者キャンパーでも設営しやすいように、インナーテントとフライシートを合わせる場所は同じ色のテープを使っておりフレームのエンドパーツも色分けされているので、迷うことなくセットできます。

    別売のTP-090アメニティドームアップライトポールセットを使う事によって、アメニティドームの前室にリビングスペースを作り出すことができます。
    フロントパネルを閉じたままサイドからも出入りが可能なテントです。

    長所を簡単にまとめましたので参考にしてください。

    • 初心者の方にこそ使って欲しいテント。
    • 本当に丈夫でよく考えられているテント。
    • 大雨の際、テントが水に浮いた状態でもまったく侵水しなかった。
    • 凄まじい強風でもフライシートをフルクローズにしておくことで十分耐えることができた。
    • 初心者の方ほどこうした悪天候に耐えられる商品を使うことをおすすめします。
    • 一番大切なのはグランドシートを必ず使用すること。
    • アフターフォロー体制も素晴らしいメーカー。

    おしゃれなキャンプテントおすすめ人気ランキングTOP3


    ここからはおしゃれなキャンプテントおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介します。
    おしゃれなキャンプテントをお探しの方はぜひ参考にしてください。

    3位 コールマン エクスカーションティピ/210

    収容人数:1~2人
    耐水圧:1,500mm
    重量:4.0kg
    付属品:ペグ・ロープ・収納ケース

    開閉時のテント内への雨の侵入を防ぐ広い前室とおしゃれなユニークなシルエットのティピー型テントです。

    2位 スノーピーク(snow peak) テント ドックドームPro.6 SD-506

    収容人数:6人
    耐水圧:1,800mmミニマム
    重量:12.8kg
    付属品:ジュラピンペグ(17cm×23)・自在付ロープ(2.5m×4/2.0m×2/1.5m×2/0.7m×4)・シームグリップ剤・リペアパイプ・キャリーバッグ・フレームケース・ペグケース

    フライシートにフレームをセットして設営するドームテント。
    インナーテントを外すとドームシェルターとしての使用もできるスノーピークの新定番モデルです。

    1位 ogawa(オガワ) テント カーサイドリビングDX ブラウン×サンド×レッド 80

    収容人数:-
    耐水圧:1,800mmミニマム
    重量:5.5kg
    付属品:タープ用吸盤フック×2・ピン・張綱・金鎚・収納袋

    雨水の侵入や風の吹き込みを軽減させる泥除けを装備したオールシーズン対応型カーサイドリビングです。
    オートキャンプやレジャーなどの重宝アイテムのひとつです。

    キャンプテントの注意点


    機能性を重視した「キャンプテントおすすめ人気ランキングTOP10」と「おしゃれなキャンプテントおすすめ人気ランキングTOP3」のテントをご紹介しましたが、それぞれに必ず長所と短所はあります。
    あなたのキャンプスタイルを考慮したうえで長所と短所を加味しマッチするキャンプテントをお選びください。

    Amazon&楽天のテント人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    安心して長く使えるキャンプテントを使おう

    テント イベント会場


    ご紹介したおすすめキャンプテントは、機能性を重視した品質が高い、有名メーカーのキャンプテントとなります。
    ベテランキャンパーは勿論のことですが、初心者キャンパーにもおすすめのテントです。

    キャンプ場に行くとキャンプテントがほかのキャンパーと被ることは多いかもしれませんが、たくさんのキャンパーが認めている証拠。
    それだけ品質が高いということなので、安心して長くお使いいただけるテントだと言えるでしょう。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】アウトドアに関連するおすすめ記事はこちら

    ワンタッチタープテントおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.06.27

    おしゃれなアウトドアチェアおすすめ人気ランキング TOP15【2018年最新版】

    2018.01.03

    ABOUTこの記事をかいた人

    楓 翔太郎

    月に1度はキャンプをするアウトドア好き

    キャンプを始めると同時にキャンプブログも始め、キャンプ用品やキャンプ場の紹介を行ってきました。
    キャンプやライターの経験を活かし、情報発信出来ればと考えています。