段ボールカッターおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 安全性の高いものを選ぶ
    →数ある商品の中から選ぶときは、より安全性の高いものを選ぶ。
  • 持ちやすい形状のものを選ぶ
    →ペンのような形のもの、丸型など、形状はさまざま。いくつか手にしてしっくりくるものを選ぶ。
  • 手動と電動など好みで選ぶ
    →シチュエーションや用途にあわせて手動・電動を選ぶ。
カッター 段ボール

段ボールカッターは、仕事で使用する人にとっては必須アイテムの一つですが、それ以外の人にとってはあまり馴染みがないかもしれません。
そこで今回は、段ボールカッターの特徴・魅力・選び方を説明するとともに、おすすめの商品を紹介していきます。
お子さんの工作にも活用できる商品なのでぜひ参考にしてみてくださいね。

段ボールカッターとは?

カッター 段ボール

段ボールカッターとは段ボールの開閉や解体用に作られたカッターナイフのことです。
一般的なカッターナイフとは本体の形状や刃先などが違い、安全な構造をしています。
ナイフ型やカッターナイフ型、電動のものがあり、種類も豊富。

段ボールカッターと普通のカッター違いは?

普通のカッターでも段ボールが開けられるのに、段ボールカッターをわざわざ購入するメリットがあるのかと疑問を持つ人のために、両者の違いについて説明していきますね。

段ボールの中身を傷つけない

段ボール カッター

段ボールカッターの刃先は丸く、普通のカッターの刃先は尖っているので、ぱっと見ただけでもその違いがわかります。
普通のカッターで段ボールを開梱すると、刃先が尖っている分どうしても中身を傷つけてしまいがちですが、段ボールカッターならそのような心配もなく安心です。

安全性も高い

カッター

ただ刃先が丸いというだけではなく、ギザギザした刃になっているので、手を切る危険も低くなります。
また、段ボール専用に作られているカッターの刃は、力を入れすぎて折れるといった心配もありません。
お子さんにはじめて持たせるカッターとしては最適ですね。

【こちらもCHECK】カッターに関するおすすめ記事はこちら

テープカッターおすすめ人気ランキングTOP15!電動も【2018年最新版】

2018.05.31

カッターナイフおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.05.21

段ボールカッターを選ぶ際の3つのポイント

思った以上に種類が豊富な段ボールカッター。
どれを選べばよいのだろうと迷ってしまいますよね。
ここからは実際に商品を選ぶときに留意したいポイントについて紹介していきますので、商品選びの参考にしてくださいね。

ポイント① 安全性の高いものを選ぶ

カッター 段ボール

普通のカッターより安全な段ボールカッターとはいえ、それでも段ボールをスイスイとカットすることができるくらいですから、絶対ケガをしないということはありません。
数ある商品の中から選ぶときは、より安全性の高いものを選ぶようにしましょう。
特にお子さんも使用する場合は、刃先の出し入れが簡単なもの、専用のキャップがついているものなど、刃先の収納が簡単にできるものを選ぶと、より安全性が高くなります。

ポイント② 持ちやすい形状のものを選ぶ

カッター 定規
段ボールカッターは、それほど握力がなくても簡単に使えるので人気がありますが、より使いやすいものを選びたいのであれば、手に馴染む形状のものを選ぶとよいです。
ペンのような形のものもあれば、丸型もあり、形状はさまざまですので、いくつか手にしてしっくりくるものを選んでみてください。
小さなお子さんも使用するなら、ペンのような直線の形状のものを選んだほうが持ちやすくて安全です。

ポイント③ 手動と電動など好みで選ぶ

カッター

段ボールカッターには、手動のものと電動のものがあります。
ここからはそれぞれの特徴と用途について紹介します。

手動タイプ

自分の手を動かして段ボールをカットするタイプで、自分のペースで使用することができます。
普通のハサミやカッターでは切断しにくい発泡スチロールのカットにも便利です。
力加減を自分で自由に変えられるので、工作などで使用する場合は、手動のものがおすすめです。

電動タイプ

力を必要としないので、たくさんの量をカットしたいときに使うと便利です。
段ボールだけでなく、ちょっと厚めで切りにくいカーペットやコルクマットなどの素材も連続でカットすることができます。
また、PPバンドがカットできる機能を持っているものもあるので、必要に応じて選ぶとよいでしょう。

手動タイプと電動タイプのどちらにするかは、シチュエーションや用途にあわせて決めてみてください。

段ボールカッターおすすめ人気ランキングTOP10

ここからは、使いやすくて人気のある商品を、ランキングにして紹介していきます。

10位 オルファ マグネタッチ 95ST

サイズ:-
重量:-
材質:マグネット
刃の材質:ステンレス

グッドデザイン賞を受賞しているカッター。
マグネットが内蔵されているので、冷蔵庫などに貼りつけておくことができます。
刃の部分は汚れても水洗いできるステンレス製で、長く使えます。

Amazon商品価格(2018年4月27日現在)

116円

9位 ZEYANG 卵形ミニカッター

サイズ:70×40mm
重量:7.5g
材質:ABS樹脂
刃の材質:ステンレス

本体の形状が卵形でかわいいと人気です。
ただし、小さなお子さんには持ちにくい可能性があるので、あまりおすすめできません。
サビにくいステンレス鋼を使用した刃は切れ味がよく、刃の調節はオートロックなので使い勝手のよい商品です。

Amazon商品価格(2018年4月27日現在)

769円

8位 長谷川刃物 開封のこ カイちゃん

サイズ:135×8×22mm
重量:-
材質:ポリプロピレン樹脂
刃の材質:ステンレス刃物鋼

長谷川刃物から販売されている段ボールカッターは、機能性抜群の人気商品です。
業務用として販売されているため、10個セットでコスパがとてもよく、企業で多く使用されています。
刃先には段ボールカットに適したギザウェーブ加工が施されています。

Amazon商品価格(2018年4月27日現在)

4,023円

7位 ストレッチフィルム・ダンボール用カッター

サイズ:50×20×165mm
重量:-
材質:樹脂
刃の材質:-

本体の色が黄色と紺色の機能性が高い段ボールカッターです。
段ボールの開封で中身を傷つけることもありませんし、安全設計となっているため、段ボールの開梱作業が多い人に最適。

Amazon商品価格(2018年4月27日現在)

421円

6位 段ボールカッター T型 先丸

サイズ:-
重量:-
材質:ABS樹脂、ビニール製シース
刃の材質:ステンレス製ブレード

ステンレス製ブレードの刃に、ギザギザ加工を施した商品です。
発泡スチロールが快適に切れるだけでなく、強い力を加えず段ボールも切ることができます。

Amazon商品価格(2018年4月27日現在)

648円

5位 段ボールカッター DCー170

サイズ:-
重量:-
材質:木製(ブビンガ材)
刃の材質:ステンレス刃物鋼

刃の両側にギザギザがあるので、力を入れずに段ボールを切ることができます。
小さなお子さんも使用することができるくらい安全ですので、工作でも大活躍。

Amazon商品価格(2018年4月27日現在)

432円

4位 ミドリ カッター カーキ

サイズ:50×50×14mm
重量:17g
材質:ポリプロピレン+グラスファイバー製
刃の材質:セラミック製

刃はセラミック製なのでサビる心配がありません。
しかもマグネットつきなので、使用しないときは閉じて冷蔵庫などにくっつけて保管できます。
段ボール以外にも薄い用紙1枚からカットすることができる優れものです。

Amazon商品価格(2018年4月27日現在)

909円

3位 義春刃物 ダンボール・発泡スチロールカッター

サイズ:185×110mm
重量:-
材質:ABS樹脂
刃の材質:ステンレス刃物鋼

ハンドル部が大きく、段ボールや発泡スチロールを簡単に切ることができます。
曲線カットも容易で、工作で使用するのに最適です。

Amazon商品価格(2018年4月27日現在)

648円

2位 長谷川刃物 ダンボールのこ ダンちゃん

サイズ:190×8×22mm
重量:20g
材質:ポリプロピレン樹脂
刃の材質:ステンレス刃物鋼

長谷川刃物から販売されている「ダンボールのこ ダンちゃん」シリーズ。
フッ素コーティング加工された刃で、簡単に段ボールやPPバンドをカットすることができます。

Amazon商品価格(2018年4月27日現在)

492円

【こちらもCHECK】段ボールのこ ダンちゃんの使い方に関連するおすすめ動画はこちら

1位 長谷川刃物 ダンちゃん

サイズ:190×8×22mm
重量:20g
材質:ポリプロピレン樹脂
刃の材質:ステンレス刃物鋼

フッ素コーティングが施されたステンレス刃物鋼の段ボールカッター。
本体は滑りにくい樹脂でできているので工作にも最適です。
両刃仕立てなので方向を気にせず使え、曲線もきれいにカットすることができます。

Amazon商品価格(2018年4月27日現在)

394円

【こちらもCHECK】ダンボールのこ ダンちゃんのおすすめレビュー動画はこちら

段ボールカッターのデメリット

紙くず

段ボールを切断すると、切りくずがたくさん出てしまいます。
これは、段ボールカッターの性質上仕方がありません。
ゴミの処理が簡単にできるように、あらかじめ敷物などを敷いてから使用してください。

Amazon&楽天のカッター人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

段ボールカッターは手にしっくり馴染むものを選んで使おう

段ボール カッター

段ボールカッターは手にしっくりと馴染む形状のものを選ぶようにしましょう。
そうすることで、余計な力を使わず段ボールを容易に切ることができます。
強度と耐久性がある刃を使った段ボールカッターは、長く愛用できるアイテムなので、用途にあった使いやすいものを選んでみてください。

【あわせて読みたい】文房具に関連するおすすめ記事はこちら

多機能ボールペンおすすめ人気ランキングTOP13【2018年最新版】

2018.05.30

便利文房具グッズおすすめ人気ランキングTOP10!ビジネス向け商品も【2018年最新版】

2018.05.29

雲形定規おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.05.22

定規おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.14

油性マーカーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.05.11

ABOUTこの記事をかいた人

水崎 まよ

元文房具店勤務

文房具屋さんでなら何時間でも過ごすことができちゃうくらい子供の頃から文房具が大好き!
文房具屋さんの仕事の経験を活かして文房具大好きだからこその記事を執筆しています。
新しいものから、長く愛されている使いやすい文房具までどんどん情報発信していきたいと思っています。