フロートリグおすすめ人気ランキングTOP5!フロートリグとは?【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • ロッドのキャストウエイト上限を守る
      →自分が持っているロッドのキャストウエイト上限を必ず守る。
    • 見やすさを付加してあるものを選ぶ
      →暗いなかで見失ってぶつけてしまうと、壊れてしまうことも。
    • 適切な浮力のものを選ぶ
      →浮力が強いものを使うと波や風の影響を受けやすくなり、釣りがしにくい。

    魚


    アジングやメバリングにおいて、表層を狙うのにとても役立ってくれるのがフロートリグです。
    フロートリグがあれば、軽いワームやルアーでも遠くまで飛ばすことができ、釣果を伸ばすサポートとなってくれます。
    本記事では釣り歴20年以上となる筆者がフロートリグの選び方やおすすめ品をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

    フロートリグとは?

    OceanRuler(オーシャンルーラー) NereiD アクティブフロート RG グローホワイト
    OceanRuler(オーシャンルーラー) NereiD アクティブフロート RG グローホワイト
    フロートリグとはアジングやメバリング専用に設計された「飛ばしウキ」のことです。

    ウキといってもアジやメバルがルアーに喰いついたのを確認するためでなく、軽いジグヘッドリグを使ったワームや、シンキングペンシルなどを遠くまで投げるための役割がフロートリグでは大きいです。

    またフロートリグを使うことによって、アジングやメバリング専用のロッドではない、シーバスロッドやエギングロッドでもアジやメバルを狙うこともできます。

    【こちらもCHECK】アジングに関連するおすすめ記事はこちら

    アジングとは?ロッドやリール&仕掛けの解説や初心者向け動画も

    2018.03.19

    【こちらもCHECK】メバリングに関連するおすすめ記事はこちら

    メバリング用仕掛けおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.11

    メバリングジグヘッドおすすめ人気ランキングTOP30!重さや自作のメリットは?【2017年最新版】

    2017.11.01

    フロートリグを選ぶときの3つのポイント

    ロッドのキャストウエイト上限を守る

    釣り


    フロートリグには大小さまざまな大きさと重さがあります。
    フロートリグを選ぶときには、自分が持っているロッドのキャストウエイト上限を必ず守るようにしましょう。

    キャストウエイトの上限を超える重さのフロートリグを使うと、ロッドを破損してしまう可能性が高くなりますので注意が必要です。
    特に繊細なアジングロッドやメバリングロッドでは気をつけるようにしておきましょう。

    見やすさを付加してあるものを選ぶ

    SHIMANO(シマノ) ウキ ソアレ アウトシュート 01T グロー 3.8 SF-A21Q - -
    SHIMANO(シマノ) ウキ ソアレ アウトシュート 01T グロー 3.8 SF-A21Q – –
    アジングやメバリングは夜に行うことが多い釣り方です。
    そのためフロートリグは見やすい色や工夫がされたものを選んでおきましょう。

    フロートリグはプラスチックで形成されているものが多く、暗いなかで見失ってぶつけてしまうと、壊れてしまうこともあります。
    具体的にはホワイトやピンクといった視認性の高い色のものや、発光体を装着できるようになっているフロートリグがおすすめです。

    適切な浮力のものを選ぶ

    Arukazik Japan(アルカジックジャパン) ぶっ飛びRocker タイプSS M 6.5g
    Arukazik Japan(アルカジックジャパン) ぶっ飛びRocker タイプSS M 6.5g
    フロートリグは海面付近を釣っていくのに適した仕掛けですが、あまりにも浮力が強いものを使うと波や風の影響を受けやすくなり、釣りがしにくくなってしまいます。

    そのためほんのわずかに浮力が抑えられたものや、ゆっくりと沈んでいくタイプのフロートリグを選んで使っておくのがおすすめです。
    同じ製品のラインナップに、浮力の違うモデルが販売されていることが多いので、選ぶときには注目してみてください。

    フロートリグおすすめ人気ランキングTOP5

    ここからはフロートリグのおすすめ人気ランキングTOP5をご紹介。
    筆者がフロートリグ選びのポイントを踏まえたおすすめ品なので、ぜひ参考にしてみてください。

    5位 ダイワ 月下美人 月ノ雫II F

    フロートリグの自重:8.5g
    視認性に優れた夜光カラーのフロートリグ。
    糸通しが簡単で、フロートリグを使ったことがない方におすすめです。

    Amazon商品価格(2018年4月29日現在)

    540円

    4位 ティクト Mフロート

    フロートリグの自重:4g
    小さくても抜群の飛距離が出せるスリムなフロートリグ。
    やわらかいアジングロッドやメバリングロッドでも振り抜きやすく、視認性もよいおすすめ品です。

    Amazon商品価格(2018年4月29日現在)

    592円

    3位 シマノ ソアレ ウルトラシュート アミパーティ

    フロートリグの自重:24g
    ほかのフロートリグでは届かない場所まで投げることができる製品。
    ゆっくりと沈んでいく設定となっていて、巻くときには「リアリップ」によって巻き抵抗が生み出されるようになっています。
    遠くまで投げてスローに引っ張りたいときに使ってみてください。

    Amazon商品価格(2018年4月29日現在)

    1,260円

    2位 アルカジックジャパン ブッ飛ビロッカーⅡ LL F

    フロートリグの自重:10.4g
    中通しタイプで魚がルアーをくわえたときの違和感が少ないフロートリグ。
    フロートリグのなかでは中間的な重さであるので、ロッドの種類を問わずに使いたいと考えている方におすすめです。

    Amazon商品価格(2018年4月29日現在)

    632円

    1位 シマノタイディソアレアウトシュート FL-224G イエローグリーン SP

    フロートリグの自重:3.8g
    海面ぎりぎりに浮くように浮力が調整されているシマノのフロートリグ。
    ラインを切らずにセットできる仕組みが人気の理由となっています。

    Amazon商品価格(2018年4月29日現在)

    864円

    フロートリグ使用上の注意点

    ゆっくり大きな動作で投げる

    釣り


    フロートリグはルアーとの間に「リーダー」といった先糸があり、うまく投げないと仕掛けが絡んだり、には自分に針が引っ掛かってしまったりすることもあります。
    フロートリグを投げるときには、ゆっくりと大きな動作で投げるのがコツです。

    瞬間的なインパクトで投げても飛距離は伸びず、トラブルの原因となるだけなので覚えておきましょう。
    ロッドティップからフロートリグまでのタラシを、50cmほど取っておくと投げやすいので参考にしてみてください。

    【こちらもCHECK】フロートリグに関連するおすすめ動画はこちら

    Amazon&楽天のウキ人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    フロートリグは使いやすくて釣れる!

    魚


    アジングやメバリングで初心者の方が苦戦するのが、ルアーが軽くて投げにくいことでしょう。
    そんなときにフロートリグを使ってみるだけで、使いやすさが向上して、釣果にも結びついてくれます。

    アジングやメバリング専用のタックルを持っていない方も、フロートリグがあればこれらの釣りにチャレンジすることができるのでおすすめです。
    ぜひ本記事のおすすめ品を参考に、フロートリグを選んで使ってみてください。

    【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    ウェーダーおすすめ人気ランキングTOP15!フェルトソールや透湿防水素材のものも【2018年最新版】

    2018.05.16

    タックルバッグおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.30

    釣り糸(ライン)おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.25

    アジング仕掛けおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.22

    メバリングリールおすすめ人気ランキングTOP10!シマノやダイワの特徴は?【2017年最新版】

    2017.10.26