ヘアカーラーおすすめ人気ランキングTOP15!使い方や前髪の巻き方についても【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 用途にあわせて選ぶ
    →ヘアカーラーを使うタイミングと、髪の長さや使用部位にあわせて、使いやすいものを選ぶ。
  • 形状で選ぶ
    →円筒型・マカロンのような球形などがあるので、使いやすいものを選ぶ。
  • 太さで選ぶ
    →太さは、自分の髪の長さにあわせて選ぶ。
ヘアカーラー

ゆるふわな巻き髪は大人気のヘアスタイルですが、満足のいく仕上がりにするのはなかなか難しいものですよね。
コテを使うのが苦手で上手に髪の毛をカールさせられず、もやもやしている人もいるかもしれません。
そんな人に試して欲しいのがヘアカーラー。
ヘアカーラーを使うと、コテなしでもきれいな巻き髪を簡単に作ることができるんです!

ヘアカーラーとは?

ヘアカーラー ドライヤー


ヘアカーラーはその名の通り、髪を巻きつけてクセづけをする道具のことです。
髪をヘアカーラーに巻いてドライヤーでいったん温め、冷ましてから外すと、くるくるとしたカールができます。
これは髪の毛が熱を加えることで変形し、冷えるとそのまま固定されるという性質のため。
ヘアカーラーを使うとコテよりもカールがゆるめに仕上がるので、ナチュラルな巻き髪になります。
不器用な人でもじっくり取り組めるので、おすすめです。

【こちらもCHECK】ヘアカーラーに関連するおすすめ記事はこちら

ホットカーラーおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.14

ヘアカーラーの3つの選び方

① 用途にあわせて選ぶ

手 ハンド 金髪


一口にヘアカーラーと言ってもいろいろなタイプがあります。
ヘアカーラーを使うタイミングと、髪の長さや使用部位にあわせて、使いやすいものを選びましょう。

髪の長い人はクリップつきタイプ

ヘアカーラー

巻きつけたあとの髪をはさんで固定するためのクリップがついているヘアカーラーがあります。
ロングヘアの人はカーラーに巻く髪の量が多く重さもあるので、普通のカーラーだと巻かれた状態を維持できなかったり取れてしまったりする可能性があります。
クリップつきのものできちんとキープしましょう。
ショートヘアの人でも、解けやすい髪質で固定しづらいという場合は、クリップつきを試してみてください。

寝る前にはスポンジタイプ

ヘアカーラー

夜にヘアカーラーをセットして眠りたい人は、スポンジタイプがおすすめ。
プラスチックなど固めの素材でできているヘアカーラーだと、布団や枕に引っかかって頭皮を痛めたり、髪が引っ張られてセットが崩れてしまったりするおそれがあります。
またスポンジタイプはゆるやかなカールをつけるのが得意なので、ナチュラルなヘアスタイルを楽しみたいという人にぴったり。
ただし素材の特徴として蒸れやすく、水洗いすると乾きにくいという面もあります。

前髪にはマジックカーラータイプ

ヘアカーラー

マジックカーラーとは、表面に面テープのような起毛がついているヘアカーラーのこと。
クリップやピンなしでもしっかりと髪を絡め取ることができ、少量の短い髪も巻きやすいので前髪のクセづけに適しています。
普通のカーラーだと、固定用の金属製クリップやピンがドライヤーの熱で思いがけず高温になり、おでこにダメージを与える可能性がありますが、熱くなりにくい素材でできているマジックカーラーなら安心です。

衛生的なプラスチックタイプ

ヘアカーラー


衛生面が気になるなら、プラスチックタイプがおすすめ。
気軽に洗浄・乾燥させられますし、手入れをきちんと行えば雑菌を繁殖させる心配もありません。
こまめにケアしやすいので、毎日のようにカーラーを使うという人には便利ですね。

② 形状で選ぶ

ヘアカーラー


ヘアカーラーの形状はいろいろありますので、使いやすいものを選ぶといいでしょう。
まず定番は、円筒型のヘアカーラー。
スティックタイプは長細い棒型のカーラーで、折り曲げられるので髪の長さを選ばずに使用できます。
髪を持って巻きつけるだけなので、円筒型のものが苦手だという人でも使いやすいでしょう。
またマカロンのような球形のヘアカーラーもあり、スポンジ製のものがほとんどなので寝るときの使用に最適。
真ん中につけられたスリットに髪を巻きつけて使います。

③ 太さで選ぶ

ヘアカーラー

ヘアカーラーの太さは、自分の髪の長さにあわせて選びましょう。
ショートヘアの人は、短くてもきれいに巻きつけることができる15〜20mmほどの細めのヘアカーラーを。
ロングヘアの人は40〜50mmほどの太さで、髪の根元までしっかりと巻きつけられるもの。
ミディアム〜セミロングの人は、ショートとロングの中間の28〜32mmのものを選ぶときれいに仕上がります。

【こちらもCHECK】カールに関連するおすすめ記事はこちら

カールドライヤーおすすめ人気ランキングTOP15!使い方の解説も【2018年最新版】

2018.08.18

ヘアカーラーの最安値と価格帯の特徴一覧

女性 ハイヒール 財布 お金
最安値売れ筋・人気高額・高級品
価格約200円~500円~1,000円約1,500円~
特徴シンプルな設計で使いやすいが、固定力は低め起毛つきなどで固定しやすく、通気性がいいので蒸れにくい細長い布タイプが多く、細かく巻いてくるくるの髪を作るのに便利

ヘアカーラーのおすすめ人気ランキングTOP15

ここまでヘアカーラーの選び方について紹介してきましたが、実際にはどんなものを選んだらいいかわからないということもあるでしょう。
ということでここからは、日本化粧品検定の資格を持つ筆者が、コストパフォーマンスや使いやすさなどを重視したおすすめの商品をピックアップして紹介します。

15位 貝印 Beセレクション スポンジカーラー

機能性
使いやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

カーラーのタイプ:スポンジタイプ
内容量:3個

ピンク色のウレタンフォームを使用したヘアカーラーで、髪に優しいカールが作れます。
髪を巻きつけたあとはクリップで固定することができるので、しっかりと髪をホールド。
素材がやわらかいので、巻いたまま眠っても髪が引っ張られて地肌に負担をかけることがありません。
大きさはS、M、Lの3種類あるので、髪の量やカールの仕上がりにあわせて選べます。

こんな方におすすめ

  • 髪に負担をかけたくない
  • サイズが選べるとうれしい
  • しっかり固定できるものがいい

14位 Pretty See ヘアカーラー 多機能スポンジカーラー

Pretty See ヘアカーラー 多機能スポンジカーラー
機能性
使いやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

カーラーのタイプ:スポンジタイプ
内容量:8本

太めのカールづくりに適した、スティックタイプの軽量ヘアカーラーです。
スポンジ入りでクッション性があるので、ロングヘアからショートヘアまで対応。
髪を引っ張られる感覚がなく、優しく巻くことができます。

こんな方におすすめ

  • 太めのカールに仕上げたい
  • 寝るときに使えるものがいい
  • 軽くて使いやすいものがいい

13位 ピタ巻きジェンヌ

機能性
使いやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

カーラーのタイプ:マジックカーラータイプ
内容量:2個

メッシュ加工なので空気が通りやすく、ドライヤーの熱効率がいいヘアカーラー。
キャッチャーつきなので、毛先までしっかりと巻き取りピタッと密着させてくれます。
水洗いもできるので、いつでも衛生的。
ロングヘアの人は45mmや40mm、ショートヘアなら35mmのものが使いやすいでしょう。

こんな方におすすめ

  • エアリーヘアが好き
  • サイズが選べるとうれしい
  • 手入れしやすいものが欲しい

【こちらもCHECK】ピタ巻きジェンヌの使い方動画はこちら

12位 マペペ かきあげヘアメーカー

マペペ かきあげヘアメーカー
機能性
使いやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

カーラーのタイプ:マジックカーラータイプ
内容量:2個

前髪をエアリーなかきあげヘアにするためのヘアカーラー。
逆立てて流した前髪にカーラーを巻きつけて、きれいなカールを作ります。
格子状の樹脂素材にアルミ素材を重ねることで、ドライヤーの熱風を通りやすくし、熱効率を促進。
前髪にボリュームと高さを出したい場合はサイズ特大、ナチュラルに仕上げたい場合にはサイズ大をどうぞ。

こんな方におすすめ

  • かきあげヘアにしてみたい
  • ショートでもロングでも使えるものがいい
  • 髪をしっかりキャッチできるものが欲しい

11位 HailiCare ヘアカーラー スポンジ

HailiCare ヘアカーラー スポンジ
機能性
使いやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

カーラーのタイプ:スポンジタイプ
内容量:30個

包み紙にくるまれたキャンディのように、スポンジタイプのカーラーが布で覆われています。
中央のカーラーに髪を巻きつけ、両端のリボンをねじったり結んだりして固定。
ピンクベースのドット柄でかわいいデザインなので、頭にたくさんつけていると見た目も賑やかですね。

こんな方におすすめ

  • 持ち運びしやすいものがいい
  • かわいいデザインのものを使いたい
  • 髪の長さを選ばず使えるものがいい

10位 マジックアップカーラー

マジックアップカーラー
機能性
使いやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

カーラーのタイプ:マジックカーラータイプ
内容量:3個

表面に起毛がついたマジックカーラーは、巻き髪初心者におすすめです。
巻きはじめの毛先が飛び出てしまうこともなく、ピンでとめなくても固定することができるので外したあとに留め跡も残りません。
外すときは、カーラーを少し持ち上げて斜めに引くことできれいなカールが作れますよ。
この商品は大きめサイズなので、ロングヘアをふわっと巻きたいときや、ボブなどの内巻きカールを作りたいときに役立ちますね。

こんな方におすすめ

  • 簡単に使えるものが欲しい
  • 髪がはねるのが気になる
  • ふわっとしたエアリーヘアを作りたい

9位 ジュマジック ヘアキャッチカーラー

機能性
使いやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

カーラーのタイプ:マジックカーラータイプ
内容量:2個

表面にフック状のキャッチャーがついているヘアカーラー。
キャッチャーの働きで、毛束がこぼれにくくしっかりと巻きつけることができます。
表面はメッシュ状なのでドライヤーの熱が裏側にも伝わりやすく、根元からしっかりとカールを作れるのもポイント。
抗菌加工がされていて、水洗いもできるので使用後にサッと洗っておけて衛生的です。

こんな方におすすめ

  • 髪がこぼれるのは避けたい
  • 根元からしっかりカールを作りたい
  • 衛生的に使用したい

8位 変身カーラー

機能性
使いやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

カーラーのタイプ:スポンジタイプ
内容量:12個

スポンジタイプのヘアカーラーは、湿り気のある髪に使用できるのが特徴。
この商品も、洗髪後やトリートメント剤をつけた生乾きの髪を巻いてそのまま寝ることで、朝にはカールができているというのが魅力です。
ドライヤーを使わないので、髪に負担がかかりません。

こんな方におすすめ

  • 熱を使わないものがいい
  • 朝のスタイリングを時短したい
  • 髪の長さにあうものを探すのが面倒

7位 まえがみサロン

機能性
使いやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

カーラーのタイプ:プラスチックタイプ
内容量:2個

前髪のスタイリング用に開発されたヘアカーラーで、前髪の長さに応じてサイズが選べます。
セットのクリップで、短い髪もきっちり固定。
コテを使うよりも簡単でスピーディーにクセづけができます。
8種類のスタイリング方法を掲載したアレンジブックつきなので、アレンジの参考にもなりますよ。

こんな方におすすめ

  • コテを使うのが苦手
  • 前髪の長さに応じて使い分けたい
  • 前髪のアレンジに悩む

6位 ラッキー 美人巻きカーラー

機能性
使いやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

カーラーのタイプ:マジックカーラータイプ
内容量:2個

シンプルなつくりなので、扱いやすい商品です。
マジックカーラーなので髪を巻きやすく、いろいろ工夫できるのでゆる巻きはもちろん、縦ロールなどに挑戦してみても。
サイズが豊富なので髪の長さによって選択できるほか、ミックス巻きなどもOKです。
最も大きな40mmは、ロングヘアをふわっとエアリーに仕上げるのに適しています。

こんな方におすすめ

  • カラフルなものが欲しい
  • シンプルで使いやすいものがいい
  • サイズが選べるとうれしい

5位 マペペ 寝ながらソフトボールカーラー

機能性
使いやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

カーラーのタイプ:スポンジタイプ
内容量:6個

ころんとしたボール状のヘアカーラーで、中央のくぼみに髪を巻きつけて使います。
スポンジ状のふわふわした素材のなので、内巻きでも外巻きでも髪が引きつる感覚もなく快適。
抗菌加工されているので衛生的に使用でき、水洗いできるので手入れも楽です。
見た目もかわいらしく、気分も盛り上がるでしょう。

こんな方におすすめ

  • かわいい形のカーラーが欲しい
  • 時間をムダにしたくない
  • つけ心地にこだわりたい

4位 くる巻きジェンヌ

機能性
使いやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

カーラーのタイプ:プラスチックタイプ
内容量:8個

柔軟性のあるコイルのようなカーラーの両端がジョイントするようになっており、髪を巻きつけてから繋いでリング状に留めて固定する仕組み。
細長いので髪のスソ巻きにも適しており、巻きこぼれも起こりにいので通常の円筒型カーラーが使いにくいという人にもおすすめです。
通気性がいいのでドライヤーの熱も通りやすいですよ。

こんな方におすすめ

  • カーラーを使っても毛先がこぼれる
  • ドライヤーでしっかり熱を通したい
  • 手入れのしやすさが重要

【こちらもCHECK】くる巻きジェンヌのレビュー動画はこちら

3位 マペペ 寝ながらリボンカーラー

マペペ 寝ながらリボンカーラー
機能性
使いやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

カーラーのタイプ:スポンジタイプ
内容量:8個

T字型のスポンジで、髪を小分けにしてスリット部分にはさみこみ、そのままくるくると巻いてリボン型の上部に端を留めて固定します。
やわらかい素材なのでしっかりと髪を留めることができますし、つけたままで寝ても痛くなりません。
コテを使うのには不安があるという人でも、これなら手軽に使用することができます。

こんな方におすすめ

  • 簡単に使えるものが欲しい
  • 髪に優しく、痛くないものがいい
  • コテを使うのが苦手

2位 フルリフアリ くるんと前髪カーラー

機能性
使いやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

カーラーのタイプ:マジックカーラータイプ
内容量:1個

ふわっとした流し前髪をきれいに作れる、マジックカーラーとクリップが合体したような形状の商品。
クリップで髪をはさんでくるくると巻いて固定します。
Amazonの手巻きカーラージャンルで1位を獲得した人気商品で、不器用な人でもしっかりときれいなカールを作ることができると口コミでも人気です。

こんな方におすすめ

  • 人気の商品を使いたい
  • 不器用でも使えるものが欲しい
  • 前髪のスタイリングが難しい

【こちらもCHECK】フルリフアリ くるんと前髪カーラーの使い方動画はこちら

1位 ピエラ ヘアカーラー

機能性
使いやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

カーラーのタイプ:スポンジタイプ
内容量:5個

360度自由に回転できる留め枠つきで、巻いた髪をしっかり固定できるスポンジタイプのカーラー。
表面が花びら状にでこぼこしているので髪にフィットしやすく滑りにくいのがポイントです。
やわらかい素材なので髪に留め枠による跡がつきにくく、前髪のスタイリングやスソ巻きにも便利です。

こんな方におすすめ

  • 寝ながらカールを作りたい
  • きちんと固定できるものがいい
  • 髪にあとをつけたくない

ヘアカーラーを使った巻き方

ヘアカーラー


ヘアカーラーで髪を巻くときには、まずしっかりブラッシングしてから巻くようにしましょう。
トップの部分を巻くときには、根元からしっかりと立ち上げるようにするとふんわり感が出ます。
下の方を巻くときは根元を抑え気味にしたほうが、不自然なボリュームがつかずバランスのよい仕上がりに。
カーラーをセットしたあとはドライヤーで熱を加えますが、このとき熱源であるドライヤーを地肌に近づけ過ぎてやけどしないようにしてくださいね。

ヘアカーラーを使用するときの3つの注意点

① ブロッキングしてから行う

ヘアスタイリング


ヘアカーラーを使う際には、事前に「ブロッキング」をすると仕上がりのよさが違います。
ブロッキングとは、クリップやピンを使って髪をパート別に分けること。
まず前髪を上下に分けます。
サイドを耳の前で分けてから、上下に分けます。
バックは縦半分に分けておき、それぞれを2〜3段に分割。
これらを別々のカーラーで巻いていきましょう。
ブロッキングせずに適当に髪束を取って巻いていくと、中途半端に髪が余ってしまったりします。
もし髪の長さが足りずにカーラーに巻き込めない場合は、ピンを使ってください。

② 外すときは引っ張らない

ヘアスタイリング


ヘアカーラーを外すときには、髪を引っ張らないようにしましょう。
せっかくきれいに巻けていても、引っ張るとカールが伸びてしまいかねません。
毛先の部分を軽くつまみ、カーラーをらせん状にひねるようにして抜くとカールを維持したまま取れます。
外したあとは適度に髪をほぐし、自然な状態に整えます。
必要に応じてヘアスプレーなどを使い、作ったカールをキープしましょう。

③ 冷めてから外す

ヘアスタイリング ブロー


髪は熱と水分を加えると変形しやすくなり、冷えて乾くとかたちが固定される性質があります。
ヘアカーラーはこの性質を利用してカールを作りますので、巻いた髪にドライヤーで熱風をあてたあとしばらくはカーラーを外さずに、しっかり冷ましてから外すようにしましょう。
その方が確実にクセづけでき、元に戻りにくくもなるのでカールをキープしやすいのです。

Amazon&楽天のヘアカーラー人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


ヘアカーラーを使って、ふんわりヘアを楽しもう!

ヘアフレグランス 女性


今回は、ヘアカーラーのおすすめ商品や選び方、使い方や注意点について紹介しました。
ヘアカーラーは、誰でも簡単に巻き髪スタイルを作ることができる便利なアイテムです。
コテのように髪に高熱を加えなくてすみますし、寝る前にセットしておけば朝のスタイリングも時短できますね。
従来型の円筒形のカーラーから進化して、キャンディやコイルに似た形のものや、起毛がついて巻きやすさをアップしたものなどが出てきているので、かわいくて使いやすいものを選びましょう。
ヘアカーラーの使い方をマスターして、自由自在な巻き髪アレンジを楽しんでくださいね!

【あわせて読みたい】ヘアスタイリングに関連するおすすめ記事はこちら

ヘアスプレーおすすめ人気ランキングTOP15!使い方についても【2018年最新版】

2018.07.29

ヘアハードスプレーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.05.30

ヘアアイロンと相性抜群のスタイリング剤おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.05.17

ヘアゴムおすすめ人気ランキングTOP15!リボンタイプやブランドも【2018年最新版】

2018.05.09

ヘアコロンおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.04.10

ABOUTこの記事をかいた人

小熊 くるり

日本化粧品検定1級
二級愛玩動物飼養管理士


スキンケアに気を配り、肌断食などを実践中です。
また、食事は動物性食品をほとんど摂らず菜食をメインとして肌質改善にも努めています。
日本化粧品検定1級に合格したので、勉強で得られた知識を元に肌トラブルに悩む人々の助けになれるような記事を配信していきます。
自宅では犬(ポメラニアン)を飼っており、二級愛玩動物飼養管理士の資格を活かし、動物の生態やペットのための道具選びの参考になる情報もお伝えしていきます。