メバリングリールおすすめ人気ランキングTOP10!シマノやダイワの特徴は?【2017年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 大きさを検討
      →メバリングにおけるスピニングリールの大きさは2000~2500番が一般的。
    • シャロースプールを選ぶ
      →シャロースプールを搭載しているリールは強く引っ張ったときにラインが切れないようにするドラグ調整が細かくできるものも多い。
    • メーカーにも注目
      →マノのリールは巻き心地の良さ、ダイワのリールは力強さが特徴。

    ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17 ワールドスピン 2000
    ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17 ワールドスピン 2000

    小さなルアーを繊細にアクションさせてメバルを狙っていくメバリング。
    そのメバリングでは小さな軽いルアーにあわせて小型のリールが使われることがほとんどです。
    しかし、具体的にどんな種類でどのような性能を持ったリールを選べばよいのか悩む方も多いと思います。

    そこで本記事ではメバリング歴10年以上となる筆者が、メバリングリールの選び方のポイントや使い方の注意点、おすすめのメバリングリールまでご紹介します。
    メバルを手にする確率が高められると思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

    メバリングで使われるリールとは?

    シマノ リール 13 ソアレBB C2000PGSS
    シマノ リール 13 ソアレBB C2000PGSS

    メバリングで使われるリールはほとんどがスピニングリールです。
    スピニングリールは小さく軽量なメバル用ルアーを使いやすいのが特徴です。
    またメバリングでは細いラインが使われますが、それらを使ってもスピニングリールではトラブルが起きにくいのがポイントとなります。

    メバリングではリールが軽いほうが使いやすく、メバリングで使うロッドは感度がよいとても軽いロッドを使っていきます。
    しかし、せっかく軽いロッドを使っていてもリールが重ければそれだけで釣果から遠ざかってしまうことも多いです。

    【こちらもCHECK】メバリングに関連するおすすめ記事はこちら

    メバリングロッドおすすめ人気ランキングTOP30!長さは大切?【2018年最新版】

    2017.11.06

    メバリングジグヘッドおすすめ人気ランキングTOP30!重さや自作のメリットは?【2017年最新版】

    2017.11.01

    メバリングワームおすすめ人気ランキング10選!仕掛け方やカラーの違いも【2017年最新版】

    2017.10.25

    メバリングリールの4つの選び方

    ①大きさは2000~2500番を選ぶ

    メバリングリール 2000番
    ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 ジョイナス 2000 糸付 2号-150m

    メバリングリールでメインとなるスピニングリールは大きさが数字で表されており、この大きさは釣りによって適した大きさが変わってきます。
    メバリングにおけるスピニングリールの大きさは2000~2500番という大きさが一般的で、これらの大きさはロッドとのバランスやリトリーブでの巻き取り量が取りやすいのが特徴です。

    またスピニングリールでは同じ大きさであっても使われている素材によって自重が変わってきます。
    自重は基本的に価格が上がるにつれて軽くなっていくのが基本です。できる限り軽いリールを使うと、メバルの小さなアタリも把握しやすくなります。

    ②シャロースプールを選ぶ

    シマノ リール 夢屋 スプール タイプII (ソアレカラー) PE0315 S-11 30153
    シマノ リール 夢屋 スプール タイプII (ソアレカラー) PE0315 S-11 30153

    メバリングでは小さなルアーを繊細にアクションさせたり、より遠くへ投げるために細いラインを使っていきます。
    スピニングリールにラインを巻くときには、スプールに適量を巻くのがトラブルが少なく快適に釣りをしていくポイントになります。
    スピニングリールでは同じ大きさでもスプールに巻けるラインの量が違うモデルがあり、メバリングにおいてはそのなかでも浅溝やシャロースプールと呼ばれるスプールを搭載したリールを選ぶのがおすすめです。

    また、シャロースプールを搭載しているリールは強く引っ張ったときにラインが切れないようにするドラグ調整が細かくできるものも多いので覚えておきましょう。

    ③シマノのリールは巻き心地の良さが特徴

    SHIMANO(シマノ) リール 17 アルテグラ C2000S
    SHIMANO(シマノ) リール 17 アルテグラ C2000S

    メバリングで使われるリールのメーカーはいくつかあり、そのなかでも人気が高いのがシマノのリールです。
    メバリングで使うスピニングリールは見た目はどのメーカーに関してもほとんど変わりませんが、内部の構造が違っておりメーカーごとに特徴が出てきます。

    シマノのリールに関しては「オシレーティングシステム」といった内部構造となっており、とても巻き心地がよいのが特徴です。
    より繊細な釣りを行っていきたい方にはシマノのリールがおすすめです。

    ④ダイワのリールは力強さが特徴

    ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 ジョイナス 2000 糸付 2号-150m
    ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 ジョイナス 2000 糸付 2号-150m

    シマノと並んで人気があるリールメーカーがダイワです。
    ダイワのスピニングリールは流体磁石を利用した水の浸入を防ぐ構造がしてあるリールが多いです。

    ダイワのスピニングリールは内部が「ロータリーギア」と言われ、スプールの上下を汽車の車輪のような仕組みによって行う構造です。
    この構造によってダイワのスピニングリールは力強い巻き取りが出来るのが特徴です。
    比較的重たいルアーを使ったり、遠投していく時にはダイワのリールがおすすめとなります。

    【こちらもCHECK】メバリングリールの選び方は動画でもチェック!

    【こちらもCHECK】メバリングルアーもおすすめ!気になる方はこちらの記事をクリック

    メバリングルアーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.10

    メバリングリールおすすめ人気ランキングTOP10

    ここからはメバリングリールのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介します。
    メバリングリールに適したモデルを選んでいますので、ぜひこの中から気に入ったメバリングリールを選んでみてください。

    10位 ダイワ 16 月下美人 MX 2004DH

    自重:230g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):64cm

    ダイワのソルトウォーターライトゲームシリーズの月下美人の名前を冠したメバリングリール。
    スプール内部にベアリングを配置してあるので、細いラインを使っていてもドラグの滑りは抜群です。
    80ミリの軽量なダブルハンドルは安定した巻き取りを実現してくれます。

    9位 ダイワ 16 リーガル 2004H PE付

    自重:240g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):71cm

    細く強度が高いPEラインが最初から巻いてあるメバリングリール。ライントラブルを防ぐツイストバスターⅡやクロスラップ機構もしっかりと搭載されています。
    ブラック基調のボディデザインはセットするロッドを選ばないのも特徴です。

    8位 シマノ リール 17 アルテグラ C2000S


    自重:205g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):66cm

    1万円台でありながら、非接触式で水の浸入を防ぐコアプロテクトを搭載したメバリングリール。
    ほかにもリール自体のバランスが非常に取れたGフリーボディでタックルバランスが取りやすいリールとなっています。

    7位 シマノ 13 ソアレBB C2000PGSS

    シマノ リール 13 ソアレBB C2000PGSS

    シマノ リール 13 ソアレBB C2000PGSS

    39,800円(09/18 18:31時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    自重:190g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):57cm

    ねじ込み式ハンドルによって不用意なガタつきを軽減してあるメバリングリールでメバリングなどライトゲームに求められる性能を随所に持たせてあります。
    特に丸型で長いハンドルノブは持ち方の工夫がしやすく、自分にあった持ち方を行っていくことができます。

    6位 ダイワ 14 カルディア 2508H

    自重:220g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):84cm

    ダイワの最上位機種と同じドラグワッシャーを使用したアルティメットトーナメントドラグでラインブレイクを防いでくれるメバリングリール。
    ハイギア設定でほかのリールよりもラインが多く巻けるようになっていますので、遠投したいときにおすすめのリールです。

    5位 シマノ 16 ヴァンキッシュ C2000HGS

    自重:155g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):80cm
    ギアの歯がとても細かなマイクロモジュールギアを搭載したメバリングリール。
    シマノの特徴である巻き心地の良さをとても実感できるリールとなっています。
    また、クイックレスポンスという巻き始めがとても軽い設計も特徴となっています。

    4位 ダイワ 15 フリームス 2004H

    自重:250g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):75cm

    コストパフォーマンスに優れつつもマグシールドやエアローター、エアベールといった機能を搭載したメバリングリール。
    エントリーモデルでありつつ、長く使っていくことが出来るリールとなっています。

    3位 ダイワ 15 ルビアス 2004

    自重:185g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):64cm
    ダイワのカーボン素材である高強度・軽量なZAIONをボディーに採用したメバリングリール。
    マグシールド構造による内部への水や埃の侵入が防いであるので、力強くも快適な巻き取りが長く続くようになっています。

    2位 シマノ 17 ソアレ CI4+ C2000SS PG

    シマノ リール 17 ソアレ CI4+ C2000SS PG

    シマノ リール 17 ソアレ CI4+ C2000SS PG

    23,400円(09/18 18:31時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    自重:160g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):57cm

    カーボン素材を使ってあるとても軽量なメバリングリール。
    パワーギア設定でゆっくりとしたリトリーブに向いています。
    ハンドルノブはフラット形状となっていて、滑りにくくしっかりとした巻き感を感じつつ釣りをしていくことができます。

    1位 ダイワ 15 レブロス 2506H-DH

    自重:295g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):90cm

    コストパフォーマンスに優れているスピニングリール。
    ダブルハンドルを搭載しているので勝手にハンドルが回ったりすることも少ないです。
    ハイギア設定となっていて、遠投してからの回収がしやすかったり、ファイトで主導権を握ることが行いやすくなっています。

    【こちらもCHECK】ダイワ 15 レブロス 2506H-DHに関連する動画はこちら

    メバリングリールの使用上の3つの注意点

    ①パーツの紛失に注意

    メバリングで使うスピニングリールは多くのパーツで構成されています。
    パーツを紛失してしまうと釣りを継続できなくなってしまいます。
    特に注意したいのがスプールを押さえているドラグノブ、そしてハンドルの反対側にあるハンドルキャップの紛失です。
    これらは知らないうちに緩んでしまっていることがあるので、定期的に確認したほうがよいでしょう。

    万が一、パーツを紛失した場合は釣具店にて発注することもできますので、覚えておきましょう。

    ②強い衝撃を与えないようにする

    メバリングのリールは釣りにあわせて繊細に作られています。
    そのため、強い衝撃を与えないようにして使いましょう。

    特に衝撃を与えないようにしたいのがスプール上部からの衝撃と、ハンドルに対しての衝撃です。
    スピニングリールのスプールは上部から衝撃を与えるとかなり弱いです。
    ハンドルはタックルを地面に置いて上から力を掛けてしまうことが原因となることが多いですので気をつけましょう。

    ③リールシートの緩みに注意する

    釣りに集中していると気づきにくいのが、ロッド本体にセットするためのリールシートの緩みです。
    リールシートはキャストやアクションを繰り返すうちにだんだんと緩んでいきます。

    リールシートが緩んでいると、リールがカタカタと動いてしまったりして釣りに支障が出てきてしまいます。
    最悪の場合は落下したり、外れてガイドに強く干渉したりする可能性もあります。
    定期的に確認することで防ぐことができますので覚えておきましょう。

    メバリングはリール選びで釣果も決まる!

    メバル
    繊細なメバリングの釣りではリール選びで釣果が決まるといってもよいでしょう。
    タックルとのバランスや釣り方によって使うリールを変えてみるのがおすすめです。

    おすすめランキングで紹介したリールは、数あるスピニングリールのなかでも特にメバリングに使ってみてもらいたいモデルばかりですので、これらの中から選んでみてはいかがでしょうか。
    ぜひ本記事を参考にメバリングリールを選んで、楽しいメバル釣りに挑戦してみてください!

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    コマセミキサーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.11

    シマノのスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.06.28

    バス釣りロッドおすすめ人気ランキングTOP15!スピニングや硬さや選び方も【2018年最新版】

    2018.05.21

    メバリングラインおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.15

    バス釣りスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

    2017.11.17