ベイトフィネスリールおすすめ人気ランキングTOP10!低価格な商品も【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 重量が軽いものを選ぶ
      →軽いものならルアーを細かく動かしやすい。
    • スプール径が小さなものを選ぶ
      →ルアーの投げやすさを重視するなら小さめのスプール径をチョイス。
    • ハンドルの向きを選ぶ
      →商品によってハンドルの向きが決まっているので利き手や釣り方にあわせて選ぼう。

    釣り竿


    近年では釣り人の増加によって魚の警戒心が高まっているフィールドが多くなっています。
    そのためより障害物の奥に魚が隠れていて、かつ繊細な釣り方でなければ釣れないことも多いです。
    そんななかで活躍してくれるのがベイトフィネスリール

    この記事では釣り歴20年以上となる筆者が、ベイトフィネスリールの選び方やおすすめ品、使用時の注意点までご紹介します。

    ベイトフィネスリールとは

    釣り竿 ルアー

    ベイトフィネスリールは軽いルアーを投げるのに特化したベイトリールのことです。
    一般的なベイトリールが7g以上のルアーを投げるのに適しているのに対し、ベイトフィネスリールは2~6gまでといったごく軽いルアーを投げることが可能となっています。

    軽量ルアーを投げるにはスピニングタックルが適していますが、6ポンド以上の太いラインを使いにくいというデメリットがあるのに対し、ベイトフィネスリールでは6~16ポンド程度までの太いラインを使うことができます。
    軽量なルアーを太いラインで繊細に使えるといったことがベイトフィネスリールの大きなメリットです。

    またメインで使われるのはバスフィッシングですが、渓流でのヤマメやイワナ狙い、ソルトウォーターでのチヌやロックフィッシュ狙いでもベイトフィネスリールは使われるようになっています。

    【こちらもCHECK】ベイトリールに関連するおすすめ記事はこちら

    シマノのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!メンテナンス方法も【2018年最新版】

    2018.06.27

    ダイワのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!メンテナンス方法も【2018年最新版】

    2018.06.26

    ベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!使い方やメンテナンスについても【2018年最新版】

    2018.02.16

    ベイトフィネスリールを選ぶときの3つのポイント

    ① 重量が軽いものを選ぶ

    釣り竿 川

    ベイトフィネスリールでは重量が軽いものを選ぶのが最初のポイントです。
    リールが上側にあるベイトタックルでは重量があると、繊細にルアーを動かすことが難しいです。
    各メーカーから発売されているベイトフィネスリールであれば200g以下の重量であることが多いので、そういった製品を選んでみるとよいでしょう。

    ② スプール径が小さなものを選ぶ

    釣り竿 テーブル

    ベイトフィネスリールでの投げやすさはスプール径の大きさによって決まります。
    具体的には32 mm以下のスプール径のものを選び使ってみるのがおすすめです。
    スプール径は1mm単位で投げやすさが変わり、小さくなるごとにトラブルが少なく投げやすくなりますが、飛距離は落ちる傾向があります。
    一般的なベイトリールにおいても、この選び方は応用ができるので覚えておきましょう。

    ③ 利き手や釣り方にあわせてハンドルの向きを選ぶ

    フィッシング 夕焼け

    ベイトフィネスリールではハンドルの向きが決まっています。
    ハンドルの向きは、利き手や釣り方にあわせて選ぶのがおすすめです。
    投げる距離が10m程度のワームやラバージグの釣りであれば利き手でロッドを持ってリールを逆の手で巻くタイプ、ハードルアーのように巻いて使うものであれば利き手でハンドルを回せるタイプが効率よく釣りができます。

    ベイトフィネスリールおすすめ人気ランキングTOP10

    ここからはベイトフィネスリールのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介。
    筆者がベイトフィネスリール選びのポイントを踏まえたおすすめ品なので、ぜひ参考にしてみてください。

    10位 アブガルシア REVO LTX-BF8

    リールの自重:129g
    ギヤ比:8.0
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:80cm
    ライン巻糸量:8ポンド50m

    現在市販されているベイトフィネスリールで最も軽量な129gとなっている製品。
    4色のカラードナットプレートが同梱されていて、つけ替えることによって巻いているラインを見分けることができますので、複数台持っておき使い分けをしていきたいという方におすすめです。

    Amazon商品価格(2018年5月6日現在)

    28,729円

    9位 ダイワ T3 エアー 8.6-TW

    リールの自重:160g
    ギヤ比:8.6
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:86cm
    ライン巻糸量:8ポンド50m

    ラインの放出抵抗がとても少ない「Tウィングシステム」を採用しているダイワのベイトフィネスリール。
    ハンドルノブはカーボン素材の「ZAION」を採用していて、通常のノブ素材とは違う感度のよさを実現しています。
    特にハードルアーを使っていきたいという方におすすめです。

    Amazon商品価格(2018年5月6日現在)

    52,777円

    8位 アブガルシア REVO ALC-BF7-L

    リールの自重:141g
    ギヤ比:7.1
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:71cm
    ライン巻糸量:8ポンド50m

    ソルトウォーターでベイトフィネスをやってみたい方におすすめの製品。
    アルミフレームを採用していますので、錆の心配を抑えて釣りをすることが可能です。
    アジやメバル、メッキというようなライトソルトウォータールアーゲームで活躍してくれます。

    Amazon商品価格(2018年5月6日現在)

    24,269円

    7位 ダイワ アルファス エア 7.2

    リールの自重:165g
    ギヤ比:7.2
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:71cm
    ライン巻糸量:8ポンド50m

    ソルトウォーターにも対応できる、ダイワのミドルクラスベイトフィネスリール。
    6~12ポンドクラスのラインを使っていくのに適していて、ネコリグやライトラバージグの釣りに使うのがおすすめです。
    ベイトフィネスはバスフィッシングにおいて多用されていますが、ソルトウォーターでのチヌやロックフィッシュ狙いでも使用することが可能となっています。

    Amazon商品価格(2018年5月6日現在)

    26,125円

    6位 シマノ 17 カルカッタコンクエスト BFS HG 右ハンドル

    リールの自重:200g
    ギヤ比:6.8
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:68cm
    ライン巻糸量:8ポンド45m

    ほとんど種類がない、丸型のベイトフィネスリール。
    ブラックバスや渓流において、ハードルアーを使っていく釣りにおすすめです。
    丸型リールならではの剛性に魅力を感じている方はぜひ使ってみてください。

    Amazon商品価格(2018年5月6日現在)

    39,761円

    5位 ダイワ 14 SS エア 8.1

    リールの自重:145g
    ギヤ比:8.1
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:81cm
    ライン巻糸量:8ポンド50m

    スプールの回転にあわせてブレーキの強さが変化するエアブレーキシステムを搭載したベイトフィネスリール。
    ロングキャストのようにスプールが高回転するときにはブレーキが強く効き、ピッチングのような近距離のキャストでは弱いブレーキしかかからないので、低弾道なキャストが可能となっています。
    アシ際のようなキャスト距離が変わりやすいシチュエーションでおすすめのリールです。

    Amazon商品価格(2018年5月6日現在)

    31748円から

    4位 ダイワ SV ライト リミテッド 6.3R-TN

    リールの自重:148g
    ギヤ比:6.3
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:63cm
    ライン巻糸量:8ポンド80m

    5~7gクラスの微妙なルアーウエイト帯に最適な仕様となっているベイトフィネスリール。
    特にスピナーベイトやスモールサイズのクランクベイトといった巻きものの釣りで活躍してくれます。

    Amazon商品価格(2018年5月6日現在)

    39,963円

    3位 シマノ 16 アルデバラン BFS XG

    リールの自重:130g
    ギヤ比:8.0
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:80cm
    ライン巻糸量:8ポンド45m

    自重130gと非常に軽量なベイトフィネスリール。
    各メーカーから発売されているベイトフィネスリールのなかでもトップクラスに軽く、繊細な操作が行いやすいリールです。
    スプール自体にマグネットブレーキをかける「FTB」という機能によって、キャスト性能が非常に高くなっています。
    高い性能を持ったベイトフィネスリールが欲しい方におすすめの製品です。

    Amazon商品価格(2018年5月6日現在)

    30,991円から

    2位 アブガルシア REVO LT7

    リールの自重:166g
    ギヤ比:7.1
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:71cm
    ライン巻糸量:8ポンド100m

    比較的価格が抑えられているアブガルシアのベイトフィネスリール。
    強度の高いアルミボディに、軽量な超々ジュラルミン製のスプールで淡水海水問わず使っていくことができます。
    ボディが低く作られているので、手の小さな方におすすめです。

    Amazon商品価格(2018年5月6日現在)

    17,449円

    1位 シマノ 17 スコーピオンBFS XG 左ハンドル

    リールの自重:165g
    ギヤ比:8.2
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:82cm
    ライン巻糸量:8ポンド45m

    シマノで人気のスコーピオンシリーズのベイトフィネスリール。
    スプールに直接マグネットブレーキをかける「FTB」によって、非常に投げやすいものとなっています。
    バスフィッシングでワームを使うのに最適で、ソルトウォーターにも対応している強度も魅力のベイトフィネスリールです。

    Amazon商品価格(2018年5月6日現在)

    23,580円

    安いベイトフィネスリールおすすめ人気ランキングTOP3

    ここでは安いベイトフィネスリールのおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介。
    購入時の費用をできるだけ抑えたいという方は、ここでご紹介する製品をぜひ使ってみてください。

    3位 ピシファン Torrent

    リールの自重:227g
    ギヤ比:7.1
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:76.2cm
    ライン巻糸量:8ポンド160m

    強めのマグネットブレーキでトラブルが起きにくい安いベイトフィネスリール。
    価格が安い分自重がベイトフィネスリールのなかでは重めですが、十分許容範囲なのでぜひ使ってみてください。

    Amazon商品価格(2018年5月6日現在)

    4,350円

    2位 プロックス ベイトリール バルトムBC-BF1 L81D

    リールの自重:218g
    ギヤ比:8.1
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:89cm
    ライン巻糸量:8ポンド80m

    ハンドル1回転あたりの巻き取りがとても速く、ワームフィッシングにおすすめの安いベイトフィネスリール。
    強度の高いアルミを使用したシャロースプールは、価格以上の性能を感じられることでしょう。

    Amazon商品価格(2018年5月6日現在)

    5,839円

    1位 スポーツライン CC FIREWOLF FW50H

    リールの自重:約200g
    ギヤ比:7.1
    ハンドル1回転あたりの最大巻上長:-cm
    ライン巻糸量:12ポンド80m

    マグネットブレーキと遠心力ブレーキのWブレーキシステムで投げやすい、安いベイトフィネスリール。
    握りやすいI字型ハンドルノブで巻き取りがしやすく、ギア比もベイトフィネスで汎用性が高いものとなっているおすすめの製品です。

    Amazon商品価格(2018年5月6日現在)

    5,483円

    ベイトフィネスリールを使用するうえでの注意点

    ブレーキ設定はしっかりと行う


    ベイトフィネスリールで使うルアーは軽量なので、通常のベイトリールよりもシビアにブレーキ設定を行う必要があります。
    基本はルアーを結んだ状態で、メカニカルブレーキを緩めていき、ゆっくりとラインが引き出されていく状態にすることです。
    あとはブレーキシステムの設定を弱めると、トラブルを少なくしつつ飛距離を出すことが可能となっています。

    Amazon&楽天のリール・ベイトフィネスリール人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    ベイトフィネスリールで今まで釣れなかった魚を攻略!

    釣り竿 桟橋 ルアー

    ベイトフィネスリールを使ってみると、今まで釣れなかったような魚も攻略しやすくなります。
    ベイトタックルのパワーと、スピニングタックルの繊細な操作性をあわせ持つベイトフィネスリールは持っておくととても便利です。
    ぜひ本記事の内容を参考に、ベイトフィネスリールを選んで使ってみてください。

    【あわせて読みたい】リールに関連するおすすめ記事はこちら

    船竿おすすめ人気ランキングTOP15!万能なタイプや竿受けも【2018年最新版】

    2018.05.11

    トラウトリールおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.13

    電動リールおすすめ人気ランキングTOP15!使い方やメンテナンスも【2018年最新版】

    2018.04.02

    エギングリールおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.27

    フライリールおすすめ人気ランキングTOP10!ケースやメーカーについても【2018年最新版】

    2018.03.14