ヒラメ釣りにおすすめのルアー人気ランキングTOP15!釣り方やタックルも【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 複数種類のルアーを持っておく
    →日によって異なる釣り場の状況に対応できるようにしよう。
  • 釣り方にあわせて選ぶ
    →釣り方によって適するルアーの種類があるので使い分ける。
  • カラーは目立つものを基本に選ぶ
    →ヒラメが気づきやすいように目立つ色のものをチョイス。
ヒラメ

料亭や寿司で重宝される誰もが知っているであろう高級魚のヒラメ。

このヒラメは砂浜から狙うことが可能で、このヒラメ狙いで使われるルアーは専用に設計されていてヒラメルアーと呼ばれています。
釣れる状況になると、釣り人が所狭しと砂浜でルアーを投げる光景が見られます。

このヒラメルアーですが、人気のある釣り方とあって各メーカーから非常に多種類の製品が発売されていて、初心者の方が選ぶときには迷ってしまうことでしょう。
本記事では釣り歴20年以上となる筆者が、ヒラメルアーの選び方やおすすめ品、また適したロッドやリールまでをご紹介していきます。
ヒラメ狙いを長年行ってきた筆者の経験を元にご紹介していますので、ぜひヒラメルアーを選ぶ際の参考としてみてください。

目次

ヒラメルアーとは

釣り用品 ルアー

ヒラメルアーとは砂浜でヒラメを狙うために設計されたルアーのこと。
ヒラメは砂に隠れて捕食を行う魚で小魚に対して噛みつくように捕食する特徴を持っていて、かつ流れの強い状況や波が高いときにヒラメは捕食を行うことが多いです。
そのようなシチュエーションにあわせてヒラメルアーは設計されていて、状況により適したものを使っていくと釣果を出しやすいです。

ほかに海で使われるルアーを比べると、細身で飛距離が出しやすいこと、大きくアクションするように設計されているものが多いので覚えておきましょう。

【こちらもCHECK】ルアーに関連するおすすめ記事はこちら

太刀魚釣りにおすすめのルアー人気ランキングTOP10!時期や仕掛け例も【2018年最新版】

2018.05.15

スプーンルアーおすすめ人気ランキングTOP10!スプーンルアーとは【2018年最新版】

2018.05.01

ソルトルアーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.13

ヒラメルアーを選ぶときの3つのポイント

ポイント① 状況にあわせられる種類を持っておく

男性 海 釣り

ヒラメを狙いに行ってみると、波が高かったり低かったり、砂浜が遠くまで浅かったり足元から急に深くなっていたりとさまざまな状況に遭遇します。
同じ場所であっても日によって状況はさまざまですので、それらにあわせることができる種類のルアーを持っておくことが必要です。

ヒラメルアーの種類としては、ミノー・バイブレーション・メタルジグ・シンキングペンシル・スピンテールジグ・ワームといったものがあります。
すべての種類を持っておくのが理想ですが、初心者の方はまずこのなかから、ミノー・メタルジグ・ワームの3種類をそれぞれ持っておくことをおすすめします。
この3種類があれば釣り場の状況に対して臨機応変に対応しやすいですよ。

ポイント② 釣り方にあわせて選ぶ

男性 浜 釣り

ヒラメルアーの使い方は大きくわけて、「ただ巻き」と「リフト&フォール」といった2つにわけられます。

ただ巻きはリールを巻いてルアーが本来持っているアクションを引き出して誘う方法で、ヒラメの活性が高いときに効果的なことが多いです。
リフト&フォールは底まで沈めたルアーをロッドでリフトさせて、そのあとのフォールでヒットを狙う方法となっていて、ヒラメの活性が低いときに効果的となりやすいです。

基本的にただ巻きで使うのはミノー・バイブレーション・シンキングペンシル・スピンテールジグが適していて、リフト&フォールにはメタルジグ・ワームが適しています。
もちろん、ヒラメルアーによってはどちらの使い方もうまくこなしてくれる製品もあります。
ルアーの種類と釣り方を使い分けることで、釣果を得やすくなりますので覚えておきましょう。

ポイント③ カラーは目立つものを基本に選ぶ

ルアーケース 仕様

ヒラメは捕食する時間帯が限られていることが多く、そのタイミングでいかにルアーに気づいてもらうかが釣果を分けることも多いです。
そのためヒラメルアーのカラーは目立つものを基本に選ぶようにしてみてください。
ヒラメルアーではゴールドやシルバーが入ったもの、ピンク、コットンキャンディと呼ばれるカラーがおすすめです。
ほかのルアー釣りでは地味なカラーもよく使われますが砂浜では目立ちにくくなりがちで、ヒラメの近くをルアーが通ったとしても気づかれないことも多いのであまりおすすめしません。

ヒラメルアーおすすめ人気ランキングTOP15

ここからはヒラメルアーのおすすめ人気ランキングTOP15をご紹介。
筆者がヒラメルアー選びのポイントを踏まえたおすすめ品なので、ぜひ参考にしてみてください。

15位 シマノ 熱砂 スピンブリーズ130S

ルアーのサイズ:130mm
ルアーの重量:30g

バネによって重心移動をスムーズに行い、安定した飛距離を出しやすいシマノのシンキングミノー。
浮力の高い素材を使っているので、重さの割にキビキビとしたアクションが魅力です。

あまり深く潜らないので遠浅の砂浜において使いやすく、変化の少ないポイントを釣り歩いていくときに使ってみるのがおすすめです。

Amazon商品価格(2018年5月7日現在)

1,853円

14位 ダイワ モアザン ソルトバイブ 80S

ルアーのサイズ:80mm
ルアーの重量:21g

扁平なボディで浮き上がりにくく、ヒラメ狙いで使いやすいバイブレーション。
使い方は底につくかつかないかくらいのスピードでただ巻きしてくるのがおすすめです。

ミノーやメタルジグでバイトミスが多発するような状況において、リフト&フォールで使ってみるのもこのルアーでおすすめの使い方となっています。
波が高い状況において潜行深度の浅いルアーではうまく泳がせられないときに持っておくと便利な一面もあり、ヒラメ以外にシーバスやマゴチといった魚にも効果的です。

Amazon商品価格(2018年5月7日現在)

1,105円

13位 ダイワ フラットジャンキー ヒラメハンターZ 120S

ルアーのサイズ:120mm
ルアーの重量:24.8g

120mmのボディサイズから生み出される強いアピールが特徴のシンキングミノー。
ボディサイドのフラット面が光を反射して、ヒラメにアピールしてくれます。

広範囲を素早くサーチしていくのに向いていて、どこにヒラメが潜んでいるのかわかりにくい変化の少ない砂浜を探っていくことを得意としています。
約2mほど潜りますので、水深2.5mくらいまでの砂浜で使ってみてください。

また水が濁っていたり、波が高かったりしてヒラメがルアーに気づきにくい状況でも使いやすいです。
3つのトレブルフックがついているので、ヒラメの噛みつくようなバイトもしっかり掛けやすいおすすめのミノーです。

Amazon商品価格(2018年5月7日現在)

1,642円

12位 デュオ ビーチウォーカー フリッパー

ルアーのサイズ:80mm
ルアーの重量:40g

シンキングペンシルの形状を持ったヒラメ用のメタルジグ。
ラインアイを口の下側に設けることによって浮き上がりやすくなっており、重さがある割にはゆっくりと巻いて使うことが可能です。

また重さに対してボディサイズが小さめなので、ヒラメの活性が低くなりがちな冬場や、ベイトフィッシュが少ない状況において使ってみると効果的なことが多いです。

Amazon商品価格(2018年5月7日現在)

1,445円

11位 ダイワ フラットジャンキー ロデム 4インチ

ルアーのサイズ:4インチ
ルアーの重量:28g

どんな場所でも活躍してくれる4インチサイズのヒラメ用ワーム。
ラインアイが2つついていて、前側にセットすれば浅い水深を泳がせやすく、後ろにセットすれば深い場所で使いやすくなる設計となっています。

またワームのデメリットであるずれやすさを解消するためにヘッド側には3つのワームを固定するキーパーがあり、ワーム側にはそのキーパーを通しやすいようにスリットが設けられていますので、初心者の方でもセットしやすく使いやすい仕様となっています。
使い方はリフト&フォールを基本としながら使ってみるのがおすすめで、釣り人で賑わうような休日にはぜひ持っておきたいヒラメルアーです。

Amazon商品価格(2018年5月7日現在)

1,188円

10位 アムズデザイン 魚道 ヘビーサーファー 90

ルアーのサイズ:90mm
ルアーの重量:28g

ヒラメ用シンキングミノーとして長年人気のルアー。
しっかりと手元に感じる抵抗感がありながら、水中では左右に蛇行しながら泳ぎ、ウォブルとロールがミックスされたアクションでヒラメを誘い出してくれます。

投げるときにはタラシを少し長めに取ると飛距離を出しやすく、同じ場所を数回通してみるのがこのヒラメルアーを使うときのコツなので参考にしてみてください。

Amazon商品価格(2018年5月7日現在)

2,052円

9位 メジャークラフト ジグパラ ショアスロー JPSLOW

ルアーのサイズ:-mm
ルアーの重量:20-40g

フラットボディで砂浜において使いやすいメタルジグ。
逆風で波が高く、底取りもしづらいような状況においてリフト&フォールで使ってみるのがおすすめです。
リフト&フォールの際には底から30cm程度と、小さくアクションさせるのがコツとなので参考にしてみてください。

前後に最初からアシストフックが装着されていますので、パッケージから取り出してそのまま使用することができますので、セット方法や適切なフックサイズがわからない方でも使いやすい製品となっています。
重さはロッドの適合ルアーウエイトの範囲内において、最も重たい重量のものを選ぶとほかのルアーとの明確な使い分けができるのでおすすめです。

Amazon商品価格(2018年5月7日現在)

515円から

8位 シマノ 熱砂 ヒラメミノーIII 125S

ルアーのサイズ:125mm
ルアーの重量:25g

形状や内部構造を変え、時代にあわせた設計となっているヒラメミノー。
初代モデルから現在で3代目の形状となっていて、いまなお多くのヒラメ狙いの釣り人に人気がある製品となっています。

ほかのヒラメ用ルアーと比べると太めのボディとなっていて、アクションは強めのウォブンロールアクション、水深3mほどのサーフで使いやすい設計となっています。
投げるときには少しゆっくり投げると飛距離が出しやすく、初心者の方でも遠くまで投げやすいです。

Amazon商品価格(2018年5月7日現在)

2,160円

7位 ダイワ フラットジャンキー サーフハリケーン 90S

ルアーのサイズ:90mm
ルアーの重量:30g

90mmボディに30gの重さを持たせてあり飛距離が出しやすいシンキングミノー。
テストでは75mという驚異的な飛距離を叩きだしています。

コンパクトなボディサイズと一体型のリップ形状によって、逆風のなかでもきれいな飛行姿勢を保って遠くまで飛んで行ってくれるヒラメルアーです。
アクションはヒラメが好むロールを伴ったもので、フォール姿勢もきれいなのでミノーの基本的な使い方のただ巻きだけでなく、リフト&フォールにも対応できるようになっています。

水深が2m以上ある砂浜や、強い離岸流のなかでは特に活躍してくれるヒラメルアーです。

Amazon商品価格(2018年5月7日現在)

1,550円

6位 デュオ ビーチウォーカー バイブ100

ルアーのサイズ:100mm
ルアーの重量:21g

ヒラメが好む細身のイワシやキビナゴといったベイトフィッシュに近づけた形状のバイブレーション。
ほかに類を見ない形状のバイブレーションですが、バランスをうまくとってありキャスト中やフォール中の糸絡みが少ない設計としてあります。

アクションはタイトな振動をするようになっていて、ミノーやメタルジグとは違う動きでヒラメにアピールしてくれます。
ベイトフィッシュが多く、ヒラメが捕食対象をシルエットで判断しているときに使ってみるのがおすすめです。

Amazon商品価格(2018年5月7日現在)

1,215円

5位 ダイワ フラットジャンキー サーフブレイカー 95S

ルアーのサイズ:95mm
ルアーの重量:30g

ワイドなテールアクションが魅力となっているダイワのシンキングペンシル。
釣り人が多いような状況で、キビキビと動くミノーやメタルジグに反応が悪いときに持っておくと重宝します。

使い方としては左右へのワイドなアクションが損なわれない範囲で、ゆっくりと一定の速度で巻いてきてみてください。
テストでは90m以上の飛距離を出すこともできていて、比較的浅い水深を泳がせることができますので、ほかのルアーでは底についてしまうような遠浅な場所でも活躍してくれます。

Amazon商品価格(2018年5月7日現在)

1,514円

4位 メジャークラフト ジグパラ SURF

ルアーのサイズ:-mm
ルアーの重量:40g

サーフ専用設計のスピンテールジグ。
テールにセットされたコロラドブレードが回転してアピールするヒラメルアーです。

ボディに重さがあるのでロングキャストしやすいことも特徴となっています。
波がとても穏やかなときや、ベイトフィッシュが小さなときに使ってみてください。

Amazon商品価格(2018年5月7日現在)

842円

3位 シマノ シンキングルアー 熱砂 スピンビーム

ルアーのサイズ:67mm
ルアーの重量:32g

メタルジグのメリットである飛距離に、プラグのメリットであるトリプルフックを組みあわせたハイブリッド型のヒラメルアー。
圧倒的に飛距離が出せながらただ巻きで使えることによるメリットは非常に大きく、底取りやルアーアクションのつけ方に慣れていない初心者の方も使いやすい設計となっています。

アクションは不規則にバタバタと暴れるようなもので、ミノーやバイブレーションにはない動きでヒラメを誘ってきてくれます。
足元から急深になっている場所や、逆風でルアーが投げにくい状況で活躍してくれるヒラメルアーです。

Amazon商品価格(2018年5月7日現在)

1,180円

2位 デュオ ビーチウォーカー ハウル

ルアーのサイズ:-mm
ルアーの重量:21g

ヒラメ狙いで人気となっているビーチウォーカーシリーズのワーム。
初心者の方がヒラメ狙いでワームを使う際に迷ってしまうジグヘッドへのセット方法のわかりにくさを解消するために、パッケージから取り出したらすぐに使えるようにセッティングが終わった状態で販売されている製品です。

またヘッドカラーとワームカラーのおすすめの組みあわせとなっていますので、カラー選びに迷ってしまうこともありません。
ヒラメ狙いのワームとして最もおすすめしたい製品です。

Amazon商品価格(2018年5月7日現在)

972円

1位 アムズデザイン サスケ 裂波 120

ルアーのサイズ:120mm
ルアーの重量:17g

ボディとリップが一体となっているリップレスタイプのヒラメミノー。
発売から10年ほど経っていますが、いまなお高い実釣性能を持っている人気のミノーです。

ヒラメは波打ち際でヒットしてくることも多く、岸近くの「サーフスープ」と呼ばれる空気を多く含んだ状態の水であっても、このミノーはしっかりとアクションしてきてくれるのでヒットチャンスを逃しません。
向かい風に対して少し弱い一面もありますが、無風や追い風の状況においてはこれ以上ない使い勝手と、高い実釣性能を持っているおすすめのヒラメルアーです。

Amazon商品価格(2018年5月7日現在)

1,928円

ヒラメタックルでおすすめのロッドとリール

ここではヒラメタックルでおすすめのロッドとリールをご紹介します。
ヒラメ狙いではロングキャストができるロッドと、巻き取りが速いスピニングリールがおすすめです。
ぜひこちらでご紹介するロッドとリールを使ってみてください。

シマノ ネッサ BB S1102MMH

ロッドの長さ:11フィート
ロッドの硬さ:ミディアムヘビー
継数:3本
適合ライン(PE):0.8~2号
適合ルアーのウエイト:8~38g

シマノのヒラメルアー専用のロッドであるネッサシリーズで一番低価格なモデル。
初心者の方が手にしやすい価格帯であり、より遠くまで投げるために必要な11フィートの長さを持たせてあります。

ロッドが長くなるとパワーロスが発生しやすくなりますが、シマノの独自技術である「ハイパワーX」によってそのデメリットを解消してあるので、気持ちのよいキャストができ、ヒラメとのやり取りもしやすいです。
長さがあることによって、ヒラメの活性が低いときに効果的なリフト&フォールアクションも行いやすく、フッキングも決めやすいようになっています。

ヒラメはもちろんのこと、同じ砂浜でターゲットとなる青物にまで対応できるおすすめのロッドです。

Amazon商品価格(2018年5月7日現在)

18,371円

シマノ 17 サステイン 4000XG

自重:285g
巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):99cm
ドラグ最大値:11kg
巻き糸量:PE1号500m

上位機種にあたる「ツインパワー」の血統を引き継ぎながら、コストを抑えたおすすめのスピニングリール。
ハンドル1回転99cmの巻き取り量を持っていて、ルアーが受ける水の抵抗を感じ取りつつ、キャストミスした際の回収も行いやすい設計となっています。

ハンドル1回転が約1mとなっているので投げてから巻く回数を数えると、どれくらいルアーの飛距離がでているのか、またヒラメがヒットしたときにどの辺で釣れたのかといったことを把握しつつ釣りをしていくことも可能となっています。
ヒラメ狙い以外においても、シーバスやライトショアジギングで使える汎用性の高いおすすめのリールです。

Amazon商品価格(2018年5月7日現在)

25,307円

ヒラメルアーを使用するうえでの3つの注意点

① 替えのトレブルフックを持っておく

釣り フック

ヒラメルアーを砂浜で使っていると、思っているよりもフックの先端が鈍りやすいです。
これはルアーの回収時に波打ち際の砂と接触するためで、避けられない現象ですので替えのフックを持っておきましょう。

基本的にヒラメルアーに使われているフックは#6~#4程度の大きさなので、これらの替えとなるトレブルフックを準備しておくとよいでしょう。
各ヒラメルアーのパッケージには、そのルアーにどの大きさのトレブルフックがついているか表示してあるものもありますので、購入時に確認してみるのもよいです。
トレブルフックに関してはパッケージのまま持ち運んでもよいですが、スリットが入ったスポンジフォームのケースが発売されていますので、そちらに入れて持ち運ぶのがおすすめです。

② フローティングベストやウェーダーを装備しておく

海 ボート ライフジャケット

ヒラメルアーを使って釣りをする際には、安全のためや砂除けとしてフローティングベストやウェーダーを装備して釣りに出掛けるようにしておきましょう。
砂浜からのヒラメ釣りでは、大小さまざまな波が打ち寄せてくるので、釣りをしていると足元を波がさらっていくことが多いです。

万が一足元をすくわれた際に備えて、フローティングベストを装備しておくことが必要となりますので覚えておきましょう。
またフローティングベストに関しては安全面だけでなく、釣りがしやすいように収納スペースや、フィッシンググリップやプライヤーなど各ツールの持ち運びやすさを考えて設計してありますので、バッグで釣り具を持ち運ぶよりもフローティングベストの方が砂浜でのヒラメ釣りでは便利です。

ウェーダーに関しては砂、そして波除けとして装備しておくことをおすすめします。
普通の靴では歩いている最中に砂が入ってきてしまいますし、長靴でも思っている以上に砂は入り込んできます。

また不規則に打ち寄せてくる波に対応しにくいことも考えるとウェーダーを装備しておくことのがおすすめです。
ウェーダーに関しては「フェルトソール」か「ラジアルソール」の靴底で、「チェストハイタイプ」のものをおすすめします。

③ 波のタイミングを見て投げる

海 釣り キャスト

ヒラメルアーを使うときには波に向かって投げることがほとんどとなりますが、このときにタイミングを見て投げないと、せっかくよいヒラメルアーであってもしっかりと泳いできてくれません。
投げるタイミングとしては、波の手前でなく奥側にヒラメルアーが着水するように投げることです。

波の手前に投げてしまうと、波によってルアーが押されてしまいうまくアクションしてくれません。
また波をよく見ていると、小さなものと大きなものがあり、できるだけ小さな波のタイミングで投げるのがおすすめです。
ヒラメは小さな波のときに捕食する傾向がありますので、覚えておくと役立つでしょう。

Amazon&楽天のヒラメルアー人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

ヒラメルアーで大きなヒラメを釣り上げよう!

サンゴ礁 魚

砂浜からのヒラメ狙いでは、毎年80cmを越えるような大型の釣果も聞かれます。
釣れたヒラメに関しては持ち帰って刺身にして食べてみるのがおすすめです。

ヒラメは身が薄いので調理しやすく、臭みもほとんどありませんので、釣れたその日のうちに食べてみることをおすすめします。
持ち帰りの際には締めるためのフィッシングナイフや、運搬用としてクーラーボックスを持って行きましょう。
本記事でご紹介した内容を参考に、ヒラメルアーで大きなヒラメを釣り上げてみてください。

【あわせて読みたい】ルアーに関連するおすすめ記事はこちら

シャッド(ルアー)おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.09

ジャッカルのルアーおすすめ人気ランキングTOP15!ソルトルアー用も【2018年最新版】

2018.03.22

ライトショアジギングルアーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.03.08

ショアジギングルアーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.02.08

シーバスルアーおすすめ人気ランキングTOP15!種類やカラーも【2018年版】

2018.01.11