ラバージグおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 使い方にあわせて形状を選ぶ
    →使い方によってそれぞれの形状を選び使い分けるのが、ラバージグを使いこなすうえで必要な最初のポイント。
  • 重さでアクションを使い分ける
    →ブラックバスの活性にあわせてラバージグの重さを使い分けると、釣果を伸ばしやすい。
  • 太いフックのものを選ぶ
    →ラバージグに喰いついてくるブラックバスは大型であることが多く、細いフックだと掛かっても伸びてしまう。
  • ラバーの種類を知って選ぶ
    →「ファインラバー」と「シリコンラバー」があり、それぞれに特徴がある。
  • トレーラーがずれにくいものを選ぶ
    →トレーラーをセットして使うので、それらがずれないようにするためのワームキーパーがあるものを選ぶ。

ラバージグ


数あるルアーのなかで、ブラックバス釣り専用ともいえるルアーがラバージグです。
どうみても餌には見えないこのルアーですが、大きなブラックバスを釣るのにとても適したルアーで、ビッグバスハンターと呼ばれるような釣り人やトーナメントアングラーに好んで使われています。
このラバージグですが、見た目に大きな違いが見られないので初心者の方は選ぶのに迷ってしまうことでしょう。

本記事では釣り歴20年以上となる筆者が、ラバージグの選び方やおすすめ品、使用時の注意点までを一挙にご紹介します。

ラバージグとは

ラバージグ


ラバージグとは、オモリが一体となったフックにゴム製の細いラバーを巻きつけたルアーのことです。
細いラバーは動かしているときにはしぼんだり広がったりしてブラックバスを誘い、止めているときも水流でゆっくりと動いて誘い続ける特徴があります。

ブラックバス以外では海のチヌ狙いで使われることもありますが限定的であるので、ラバージグはブラックバス釣り専用ルアーといってよいでしょう。
ラバージグのメリットとしては表層から底まで探ることができることや、ほかのルアーでは引っかかってしまうような複雑な障害物にも投げ込んでブラックバスを釣ることができる点です。

またラバージグを使うときには、パワーのあるベイトタックルで使用するのが基本となりますので覚えておきましょう。

【こちらもCHECK】バス釣りに関連するおすすめ記事はこちら

バス釣りルアーおすすめ人気ランキングTOP15!種類の説明も【2017年最新版】

2017.12.12

バス釣り用ワームおすすめ人気ランキングTOP10!リグや仕掛けのポイントも【2017年最新版】

2017.11.30

バス釣りリールおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

2017.11.21

ラバージグを選ぶときの5つのポイント

① 使い方にあわせて形状を選ぶ

メガバス(Megabass) ルアー SURVIVAL JIG(3/8oz) ファイヤークロー
メガバス(Megabass) ルアー SURVIVAL JIG(3/8oz) ファイヤークロー
ラバージグは表層から底まで探ったり、障害物に投げ込んだりと用途は幅広いです。
そのため、それぞれの使い方にあわせてオモリの形状が3種類に分けられています。

ラバージグのオモリの形状は、三角形の「アーキーヘッド」、楕円形の「フットボールヘッド」、丸い形の「ラウンドヘッド」があります。
アーキーヘッドはコブラヘッドとも呼ばれることがありますので、覚えておきましょう。
それぞれの特徴としては、アーキーヘッドは引っかかりにくいので障害物周りで使い、フットボールヘッドは安定性が高いので中層での使用に向き、ラウンドヘッドはどんな場所でも万遍なく使える性能が特徴となっています。

使い方によってそれぞれの形状を選び使い分けるのが、ラバージグを使いこなすうえで必要な最初のポイントとなります。

② 重さでアクションを使い分ける

シリコン ラバースカート 自作ルアー ストレート 鯛 バス 雷魚 スモラバ タイラバ ラバージグ - シャドック釣り 10本セット ランダム色
シリコン ラバースカート 自作ルアー ストレート 鯛 バス 雷魚 スモラバ タイラバ ラバージグ – シャドック釣り 10本セット ランダム色
ブラックバスはその日の状態によって活性が高かったり低かったりしますので、それにあわせてラバージグの重さを使い分けると、釣果を伸ばしやすいです。
ラバージグが重たいとアクションは強くなり、軽いとアクションは弱くなるので、それを活性にあわせて使い分けてみてください。
活性が高いときには14g以上の重たいもの、活性が低いときには10g以下のものを使ってみるのが基本です。
ただし、重さの使い分けに正解はなく、ブラックバスの活性が低いときに28gほどの重たいラバージグを使って素早くアクションさせたほうがよいこともあります。
いずれにしても幅広い重さを揃えておき、いろいろと試しながら使ってみるのがよいでしょう。

③ 太いフックのものを選ぶ

デプス(deps) ラバージグ ヘッドロックジグ 1/4oz チャートリュース #11
デプス(deps) ラバージグ ヘッドロックジグ 1/4oz チャートリュース #11
ラバージグを選ぶときには太いフックのものを選ぶことも重要です。
ラバージグに喰いついてくるブラックバスは大型であることが多く、細いフックだと掛かっても伸びてしまいます。
初心者の方においては「ファインワイヤー」というような記載がしてあるラバージグは避けた方がよいでしょう。
また太いフックは掛かったブラックバスを逃さないだけでなく、トレーラーをセットしたときにずれにくいといったメリットもありますので、ラバージグを選ぶときには太いフックのものを選ぶのがおすすめです。

④ ラバーの種類を知って選ぶ

k-outdoor シリコン ラバースカート ルアーDIY ストレート スモラバ タイラバ 鯛 バス 雷魚釣り ルアースレッド ジグヘッド ルアー製作 カラフル (12*50pcs)
k-outdoor シリコン ラバースカート ルアーDIY ストレート スモラバ タイラバ 鯛 バス 雷魚釣り ルアースレッド ジグヘッド ルアー製作 カラフル (12*50pcs)
ラバージグに使われているラバーには「ファインラバー」と「シリコンラバー」があり、ファインラバーは断面が円形のもので黒や紫の単色が多く、シリコンラバーに関しては断面が四角形でラメが入っていたりカラーが途中で変えられていたりといった特徴があります。
またラバーには太さの違いもあり、細いものはわずかな水流でもしっかり動き、太いものはメリハリのあるアクションが特徴となっています。

各メーカーから販売されているラバージグには、それぞれの重さに適した太さと本数がセットされていますのでそのまま使って大丈夫です。

⑤ トレーラーがずれにくいものを選ぶ

ラバージグ


ラバージグにはトレーラーをセットして使いますので、それらがずれないようにするためのワームキーパーがあるものを選んでみてください。
ワームキーパーはできるだけトレーラーを切り裂かないようにしてありつつ、ずれないように工夫してあるものを選ぶと使いやすいです。

メーカーによってはこのワームキーパーに、そのラバージグのウエイトが表示してあるものもあり、釣り場で重さを選ぶときに便利なものもありますので参考にしてください。

ラバージグおすすめ人気ランキングTOP10

ここからはラバージグのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介。
筆者がラバージグ選びのポイントを踏まえたおすすめ品なので、ぜひ参考にしてみてください。

10位 ノリーズ ガンタージグフリップ 3/8oz

アシのように延々と続く障害物を細かく釣っていくときにおすすめのラバージグ。
フリッピングキャストで静かに着水させられるようにしてあるヘッド形状が魅力です。
近距離で強いフッキングを行っても曲がらない太いフックも、このラバージグのおすすめポイントとなっています。

Amazon商品価格(2018年5月8日現在)

550円から

9位 ジャッカル ナカタ ジグ 1/4oz

変則的なフットボール形状をしているラバージグ。
フットボールヘッドのデメリットである横倒れのしやすさを改善したこのヘッド形状は、底付近で使っていても根掛かりの危険性を避けながら釣りをすることが可能です。
ヘッドの素材は樹脂タングステンとなっているので、手元に伝わってくる感覚も明確なものとなっています。
平坦な地形の場所で、ブラックバスがどこにいるかわかりにくい状況で使ってみるのがおすすめです。

Amazon商品価格(2018年5月8日現在)

865円

8位 久遠 バレッジスイマージグ

スイミングで使うことをメインに設計されたラバージグ。
目玉つきのラバージグは珍しく、スイミングでブラックバスが喰いつく目印となってくれる役割も持っています。
本数少なめのブラシガードがセットされているので、特にウィードエリアを釣っていくときに使いやすいです。

Amazon商品価格(2018年5月8日現在)

578円から

7位 エバーグリーン リアクションフットボール

フットボールタイプとしては珍しいブラシガードがセットされた製品。
ボトムを小突きながら使う「ボトムパンピング」での使用がおすすめで、バイトが一瞬となりやすいこの釣り方でもしっかりと針掛かりさせられるように横アイセッティングとなっています。
ラバーのカラーリングが細かいのも魅力のラバージグです。

Amazon商品価格(2018年5月8日現在)

664円

6位 プロズファクトリー ハイブリッドエキップ 1/2oz

コストパフォーマンスに優れたアーキーヘッドタイプのラバージグ。
水を受けやすいヘッド形状となっていて、フォーリングでブラックバスが喰いついてくる可能性が高い製品です。
またほかのメーカーにはないチャートやレッドといった目立ちやすいカラーもラインナップしてあり、濁った水域で多いアシやヒシモといった水生植物の周りで使うのに適しています。

Amazon商品価格(2018年5月8日現在)

454円

5位 ダイワ マルチジグSS 6g

コンパクトサイズで釣り人が多いような状況で使いやすいラウンドヘッドラバージグ。
45度にセットされた横アイは少ない力でフッキングを可能としてくれますので、ベイトフィネスタックルのようなライトパワーのベイトタックルでも使いやすいです。
中層をスイミングさせたり、ライトカバーに引っ掛けてシェイクしたりして使ってみてください。

Amazon商品価格(2018年5月8日現在)

434円

4位 オーエスピー ゼロワンジグ 9g シリコンVer.

初心者の方が障害物周りで使ってみるのにおすすめのアーキーヘッドラバージグ。
ラインを結ぶアイが横向きになっているのが特徴で、障害物に接したときにはフックが障害物から一番遠くになり根掛かりしにくく、ブラックバスが喰いついてフッキングするときには口のなかで立ち上がり掛けられる可能性を高くできるといったメリットがあります。
ワームキーパーの部分にウエイトの表示がしてあるので、重さをしっ仮と確認しながら釣りをしていくことが可能です。

Amazon商品価格(2018年5月8日現在)

270円

3位 デプス ハイパーフットボールジグ シリコンVer

中層スイミング専用で設計されたフットボールタイプのラバージグ。
フックは太軸で長めとしてあり、中層でブラックバスが喰いついてきたときのフッキング率を高める工夫がしてあります。
トレーラーには、シャッドテールワームやグラブといった水を受けてアクションするものを組みあわせて使うのがおすすめです。

Amazon商品価格(2018年5月8日現在)

561円

2位 エバーグリーン キャスティングジグ シリコンラバー 3/8oz

立ち木や桟橋の下といった隙間に撃ち込んで使うのがおすすめのアーキーヘッドタイプのラバージグ。
ヘッドの素材は樹脂タングステンとすることで、通常の鉛よりもコンパクトなサイズとなっていて、障害物に対してのすり抜け性能が向上しています。
ビッグバスのヒット時にもびくともしない太軸のフックで、多少強引なやり取りをしても大丈夫です。

Amazon商品価格(2018年5月8日現在)

720円から

1位 O.S.P オーエスピージグ ゼロ スリー ハンツ 14g

どんな場所でもオールマイティに使えるラウンドヘッドタイプのラバージグ。
シリコンラバーの特徴を活かした幅広いカラーラインナップが魅力で、水質にあわせたカラーを選んで使うことが可能です。
ブラシガードもついているので、ある程度の障害物に対して投げても引っかかりにくい特徴を持っています。
始めてラバージグを使うという方はぜひこの製品から使ってみてください。

Amazon商品価格(2018年5月8日現在)

626円

ラバージグを使用するうえでの5つの注意点と応用

① 必ずトレーラーをセットして使う

ジグ


ラバージグは単体ではほぼ釣れないルアーで、トレーラーをセットして使うのが大前提となります。
トレーラーとはワームやポークといったやわらかな素材が使用されたものを、ラバージグにセットして使うもののことを指します。
ラバージグのトレーラーにおすすめのワームは、クローワームやグラブのようなコンパクトな形状のワームを使ってみるのが基本です。
ポークは豚の脂や皮を利用したラバージグ専用のトレーラーであり、特に冬の低水温期に効果的となってくれることが多いです。
ただポークは乾きやすく高水温の時期に使用するのはあまり向いていません。
使い分けとしては春から秋にかけてはワーム、冬はポークをラバージグのトレーラーとして使うのがおすすめです。

② トレーラーをセットしたまま保管しない

釣り道具


ラバージグはトレーラーをセットしたまま保管しないようにしてください。
セットしたままだとワームに混入されている塩によってフックが錆びてしまったり、ラバーが溶けてしまったりといったことが起き、ラバージグが使えなくなってしまいます。
また、使ったあとに水分が残ったままの状態が長く続くと、ラバーが硬くなったり変色したりしてしまうこともあります。
ラバージグは釣りが終わったらトレーラーを外し、ケースの蓋を開けて乾燥させて保管するようにしてください。

③ 高温になるところでは保管しない

太陽光パネル


ラバージグのラバーは高温になると溶けてラバー同士がくっついてしまったり、変色したりしてしまいます。
一度くっついてしまったラバーや変色したものは、元に戻すことができませんので注意しましょう。
特に車のなかにおいたままにしておくと、ラバージグは使えなくなってしまうことが多いです。
ブラックバスで使うほかのルアーに関しても高温には弱いので、釣りが終わったらタックルは車から降ろしておくことをおすすめします。

④ ブラシガードは調整して使う

エバーグリーン(EVERGREEN) ラバージグ モード IRジグ 1/4oz シークレットスモーク #202
エバーグリーン(EVERGREEN) ラバージグ モード IRジグ 1/4oz シークレットスモーク #202
ラバージグの根掛かり回避性能を高めるためにつけられているブラシガードですが、パッケージから出したままの状態だとフックを守る力が強すぎることが多いです。
フックを守る力が強すぎると、ブラックバスがラバージグを喰って針掛かりさせようとしたときに邪魔になってフッキングできないこともあります。
そのためブラシガードは間引いたり、横に押し広げて使うことを基本としてみてください。
注意点としてはブラシガードの長さを短くしないことで、短くするとかえって硬くなってしまい、さらにフッキングの邪魔となってしまいます。
ブラシガードの本数の調整に関しては、プライヤーで根元から抜いてしまうのがおすすめです。

⑤ フックが鈍ったらヤスリで研ぐ

第一精工 セラミック砥石
第一精工 セラミック砥石
ラバージグのフックは交換することができませんので、針先が鈍ったときにはヤスリを使って研ぐようにしておきましょう。
針先が鈍っていると
ヤスリの種類は「セラミック」や「サファイア」といったものを使ってください。
ダイヤモンドヤスリも多く販売されていますが、ラバージグのフックに関しては削れ過ぎてしまうので注意してください。
ヤスリを使うときには針先に向って一方向で、研ぐ面を変えながら行うとうまく針先をとがらせることができるので覚えておきましょう。

ラバージグは自作もできる

がまかつ(Gamakatsu) コブラ27(NSB) #2/0-10g
がまかつ(Gamakatsu) コブラ27(NSB) #2/0-10g
ラバージグは重めのジグヘッドとラバー、そしてラバーを固定するためスレッド(糸)のがあれば自作することもできます。
ハードルアーやワームを自作するとなると非常に手間が掛かりますが、ラバージグは慣れてしまえば1つあたり5分と掛からずに作ることが可能です。
また1つあたりの費用も市販品に比べるとかなり抑えて安く作ることができますので、各メーカーから販売されているラバージグ用のヘッドやラバーを使って自作にチャレンジしてみるのもおすすめです。

自作するときにはラバーを少し長めにして作っておき、あとで長さを揃えるのがポイントとなりますので参考にしてください。
自作したルアーでブラックバスを楽しむといった体験を、ラバージグでは行いやすいのでぜひやってみてください。

Amazon&楽天のラバージグ人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


ラバージグでビッグバスを攻略してみよう!

釣果 ブラックバス


ラバージグは季節を問わず、ビッグバスが狙いやすいルアーです。
ほかのルアーと比べると見た目からは釣れるイメージが湧きにくいですが、使ってみると使い勝手がよく、使わないと損なルアーだと実感できることでしょう。

今回ご紹介したように、ブラックバスが潜んでいるカバーや、中層での使用に適したラバージグを選んで使ってみるのが釣果を得るためコツとなります。
またラバージグを使う際には、ワームやポークといったトレーラーを必ずセットして使うことも忘れないようにしておきましょう。

本記事でご紹介したおすすめ品を参考に、ぜひラバージグを使ってビッグバスを釣り上げてみてください。

【あわせて読みたい】釣り用品に関連するおすすめ記事はこちら

バス釣りロッドおすすめ人気ランキングTOP15!スピニングや硬さや選び方も【2018年最新版】

2018.05.21

ベイトフィネスリールおすすめ人気ランキングTOP10!低価格な商品も【2018年最新版】

2018.05.16

バス釣りラインおすすめ人気ランキングTOP10!太さや結び方についても【2017年最新版】

2017.11.21

バス釣りスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

2017.11.17