シーバス用ベイトロッドおすすめ人気ランキングTOP10!安いものも【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • パワーのある製品を選ぶ
      →パワーがあるシーバス用ベイトロッドを選ばないと、シーバスの引きに太刀打ちできないといったことも。
    • 適切な長さの製品を選ぶ
      →7~9フィート程度の長さである製品を選んでおくことをおすすめ。
    • ラインに優しいガイドが搭載された製品を選ぶ
      →できるかぎりグレードの高いガイドが搭載された製品がおすすめ。

    シーバス


    海のルアー釣りで大人気のシーバスフィッシング。
    このシーバスフィッシングでは一般的にスピニングロッドが使われていますが、近年ではシーバス用ベイトロッドのラインナップも多くなってきました。
    シーバス用ベイトロッドにはスピニングロッドにないメリットもあるので、それをうまく使っていくことで釣果をアップさせることも可能です。
    本記事では釣り歴20年以上となる筆者が、シーバス用ベイトロッドの選び方やおすすめ品、使用時の注意点までをご紹介していきます。

    シーバス用ベイトロッドとは

    釣り竿


    シーバス用ベイトロッドは重たいルアーの遠投や、正確に投げることがしやすいロッドです。
    スピニングロッドであれば30gほどまでの重さのルアーを投げるのに向いていることが多いですが、シーバス用ベイトロッドはそれ以上の重さを投げることに向いています。
    また、上から振りかぶるだけでなく、横や下側からもロッドを振りやすいので、ボートシーバスのように障害物周りを釣っていくときにも大きなメリットを生み出しやすいのがシーバス用ベイトロッドです。
    ベイトロッドというとバスフィッシングで多用されていますが、シーバス用ベイトロッドはそれよりもパワーと長さがあるというイメージで考えてもらうとよいでしょう。

    【こちらもCHECK】ベイトロッドに関連するおすすめ記事はこちら

    ビッグベイトロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.05.21

    コンパクトロッド(パックロッド)おすすめ人気ランキングTOP15!スピニングタイプやベイトタイプも【2018年最新版】

    2018.04.25

    シーバス用ベイトロッドを選ぶときの3つのポイント

    ① パワーのある製品を選ぶ

    アブガルシア(Abu Garcia) シーバス ロッド ベイト ソルティーステージ KR-X シーバス SXSC-832M-KR
    アブガルシア(Abu Garcia) シーバス ロッド ベイト ソルティーステージ KR-X シーバス SXSC-832M-KR
    シーバス用ベイトロッドでまず必要なのがパワーです。
    シーバスは通年のアベレージサイズが50~60cm、秋の荒食い時には70~80cmがヒットすることも珍しくありません。
    そのため、パワーがあるシーバス用ベイトロッドを選ばないと、シーバスの引きに太刀打ちできないといったことも多いです。
    特にベイトタックルの扱いに慣れていない方に関しては、ミディアムライトパワー以上のロッドを購入するのがおすすめです。

    ② 適切な長さの製品を選ぶ

    シマノ(SHIMANO) シーバス ロッド 18 ディアルーナ B86ML
    シマノ(SHIMANO) シーバス ロッド 18 ディアルーナ B86ML
    シーバス用ベイトロッドを選ぶときには、適切な長さの製品を選ぶこともポイントとなります。
    適切な長さのロッドはルアーの重みを感じ取りやすく、振り抜きやすいので遠投しやすくなります。
    遠投は、シーバスフィッシングにおいて大事なものとなりますので特に重点を置いておきましょう。
    シーバス用ベイトロッドとしては、7~9フィート程度の長さである製品を選んでおくことをおすすめします。
    シーバス用のスピニングロッドに比べると短い印象を受けますが、あまりにも長いとベイトタックルは使いにくいので注意が必要です。

    ③ ラインに優しいガイドが搭載された製品を選ぶ

    釣り竿 ルアー


    釣り竿にはラインを通すための「ガイド」があります。
    どのロッドにもついているこのガイドは見た目にほとんど差はありませんが、使用されている素材にグレードがあり、シーバス用ベイトロッドでは特に選ぶときに注意しておきたいポイントです。
    シーバス用ベイトロッドでは、「SiCガイドリング」や「トルザイトリングガイド」といったグレードが使われている製品を選ぶのがおすすめなので覚えておきましょう。
    価格を安く抑えたい場合はほかのガイドリングが搭載されていることも多いですが、できるかぎりグレードの高いガイドが搭載された製品の購入をおすすめします。

    シーバス用ベイトロッドおすすめ人気ランキングTOP10

    ここからはシーバス用ベイトロッドのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介。
    筆者がシーバス用ベイトロッド選びのポイントを踏まえたおすすめ品なので、ぜひ参考にしてみてください。

    10位 シマノ 18 ディアルーナ B76MH


    ロッドの長さ:7.6フィート
    ロッドの硬さ:ミディアムヘビー
    継数:2本
    適合ライン:PE1-3号
    適合ルアーのウエイト:12-65g

    ビッグベイトやビッグミノーの使用に最適なシーバス用ベイトロッド。
    大型河川においてコノシロやアユがベイトフィッシュとなっているときに、大型ルアーを使って攻略していくようなシチュエーションに最適な製品となっています。

    9位 ダイワ ラブラックス AGS 87MLB


    ロッドの長さ:8.7フィート
    ロッドの硬さ:ミディアムライト
    継数:2本
    適合ライン:PE0.6-1.5号
    適合ルアーのウエイト:7-35g

    ダイワ独自のカーボンフレームガイドを搭載したシーバス用ベイトロッド。
    振り抜きやすく、ウェーディングで広範囲を探っていくような場合におすすめです。

    8位 ダイワ モアザン AGS 87MLB


    ロッドの長さ:8.7フィート
    ロッドの硬さ:ミディアムライト
    継数:2本
    適合ライン:PE0.6-1.5号
    適合ルアーのウエイト:7-35g

    ダイワのシーバス用ベイトロッドの上位機種となる製品。
    徹底的に軽量化されていて振り抜きやすく、正確なキャスティングがしやすいロッドとなっています。
    これ以上ない性能が欲しい方におすすめです。

    7位 シマノ エクスセンス インフィニティ B806M/R


    ロッドの長さ:8.6フィート
    ロッドの硬さ:ミディアム
    継数:2本
    適合ライン:PE0.8-2.5号
    適合ルアーのウエイト:6-38g

    シマノのシーバス用ベイトロッドにおけるハイエンドモデル。
    カーボン製のグリップによる高感度が特徴の製品となっています。
    弾くようなコンパクトモーションキャストで遠投ができるので、中級者以上のシーバスアングラーにおすすめです。

    6位 シマノ ルナミス B806M


    ロッドの長さ:8.6フィート
    ロッドの硬さ:ミディアム
    継数:2本
    適合ライン:PE0.8-2.5号
    適合ルアーのウエイト:10-45g

    トップガイド以外がトルザイトリングのチタンフレームKガイド仕様となっていて、自重よりも軽く感じられるシーバス用ベイトロッド。
    手元に伝わってくる振動を感じ取りやすく、少し小さめのルアーを使っていきたいという方におすすめです。

    5位 メガバス ナダ ND832MLC


    ロッドの長さ:8.3フィート
    ロッドの硬さ:ミディアムライト
    継数:2本
    適合ライン:PE MAX 1.5号
    適合ルアーのウエイト:MAX28g

    遠投性と操作性のバランスが取りやすい長さとパワーを持ったシーバス用ベイトロッド。
    コストパフォーマンスに優れていて、エントリーモデルでは少し性能に物足りなさがあると感じる方におすすめです。

    4位 ヤマガブランクス バリスティック ベイト 85M NANO


    ロッドの長さ:8.5フィート
    ロッドの硬さ:ミディアム
    継数:2本
    適合ライン:PE1-2号
    適合ルアーのウエイト:8-42g

    ナノブランクスを採用してあり、曲がったときにパワーを発揮してくれるシーバス用ベイトロッド。
    価格が少し高めですが、一般的なシーバスアングラーが釣りをする河川や港湾部に最適な製品です。

    3位 ダイワ シーバス レイジー ベイトキャスティングモデル 89MLB


    ロッドの長さ:8.9フィート
    ロッドの硬さ:ミディアムライト
    継数:2本
    適合ライン:PE0.8-2号
    適合ルアーのウエイト:7-35g

    よく使われるバイブレーションやミノーが扱いやすいシーバス用ベイトロッド。
    人気のあるダイワ製品で、購入しやすい価格帯が魅力です。

    2位 ダイワ ラテオ 89MLB・Q


    ロッドの長さ:8.9フィート
    ロッドの硬さ:ミディアムライト
    継数:2本
    適合ライン:PE0.8-2号
    適合ルアーのウエイト:7-35g

    高弾性カーボンである「HVF」を使用したダイワのシーバス用ベイトロッド。
    ネジレにも強い構造で、鋭いキャスティングがしやすい製品です。

    1位 アブガルシア ソルティーステージ KR-X シーバス SXSC-902MMH-KR


    ロッドの長さ:9フィート
    ロッドの硬さ:ミディアムヘビー
    継数:2本
    適合ライン:PE1-2号
    適合ルアーのウエイト:8-45g

    少し重めのバイブレーションやメタルバイブまでを使用できるシーバス用ベイトロッド。
    PEライン対応のKRガイドが搭載されていて、コストパフォーマンスが高いおすすめの製品です。

    安いシーバス用ベイトロッドおすすめ人気ランキングTOP3

    ここからは安いシーバス用ベイトロッドのおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介。
    購入に掛かる費用を抑えたい方は、こちらのランキング内から選んでみてください。

    3位 メジャークラフト ソルパラ SPJ-B63SLJ


    ロッドの長さ:6.3フィート
    ロッドの硬さ:-
    継数:2本
    適合ライン:PE0.6-1.2号
    適合ルアーのウエイト:40-120g

    ボートシーバスでメタルジグを使っていくときにおすすめの製品。
    キャスティングには向いていませんが、東京湾などで人気のライトジギングには最適なロッドです。

    2位 モンスタースナイパー ベイトACS 76MHB


    ロッドの長さ:7.6フィート
    ロッドの硬さ:ミディアムヘビー
    継数:2本
    適合ライン:12-16ポンド
    適合ルアーのウエイト:10-28g

    シーバスをはじめとしてパワーが必要な釣りにおすすめの製品。
    シーバスと同じく海の人気ターゲットである、ロックフィッシュ狙いでも使いやすいです。

    1位 アブガルシア クロスフィールド XRFC-702M


    ロッドの長さ:7フィート
    ロッドの硬さ:ミディアム
    継数:2本
    適合ライン:PE0.8-1.5号
    適合ルアーのウエイト:3.5-24g

    場所、魚種を問わずに使えることをコンセプトに開発されているベイトロッド。
    先端のガイドがSiCガイドリングとなっていて、ラインに優しいところが魅力です。

    シーバス用ベイトロッドを使用するうえでの3つの注意点

    バックラッシュしにくいベイトリールを使う

    ダイワ(Daiwa) ベイトリール シーバス モアザン 14 PE SV 8.1L-TW
    ダイワ(Daiwa) ベイトリール シーバス モアザン 14 PE SV 8.1L-TW
    シーバス用ベイトロッドでは、それにあわせたベイトリールとPEラインを使用することがほとんどです。
    この際にベイトリール特有の「バックラッシュ」というトラブルが起きてしまうと、なおすのに時間が掛かったり、最悪の場合はラインを切って巻きなおしたりということが起きてしまいます。
    これをできるだけ防ぐためには、バックラッシュしにくいベイトリールを使うことが必要です。
    各メーカーからPEラインに対応したベイトリールが発売されているので、そちらを使ってみてください。
    一般的なベイトリールだと、フロロカーボンラインやナイロンラインにあわせて、レベルワインダーの動きやブレーキシステムが設計されているので、その製品でPEラインを使ってしまうとどんな上級者であってもトラブルは起きやすいので注意してください。

    ジョイント部分の抜けに注意

    男性 海 釣り


    シーバス用ベイトロッドは高弾性なカーボンを使用して設計されていることが多く、2本以上を継いで使うことが多いです。
    この継ぎ目の部分を「ジョイント」と呼びますが、シーバス用ベイトロッドではこのジョイント部分の抜けに注意してください。
    シーバス用ベイトロッドで投げ続けていると、どうしても高弾性カーボンとジョイントの性質上、30分も釣り続けていればだんだんと継ぎ目が緩んできてしまいます。
    緩んだ状態で強く投げたり、シーバスがヒットしたりすると破損してしまうことがありますので注意してください。
    ジョイント部分のチェックは2~3秒程度のほんの少しの時間で終わりますので、初心者の方は特に意識しながら釣りをしてみてください。

    できるだけ横風か追い風で投げる

    海 釣り キャスト


    シーバス用ベイトロッドをはじめとするベイトタックルは、どうしても向かい風に向かって投げるとトラブルが多くなります。
    海釣りにおいてはほとんどの場合風を伴いますので、できるかぎりではありますが横風、もしくは追い風でベイトタックルは使用したほうがよいでしょう。
    向かい風に無理に投げ続けるとトラブルが起きやすいだけでなく、風を切りつつ力を込めて投げる必要もあるので体力的にもきついことが多いです。
    シーバス用ベイトロッドは長さがあるので、竿自体が受ける風の抵抗も考慮しながら使うことをおすすめします。

    Amazonのシーバスロッド人気ランキング

    Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    シーバス用ベイトロッドを使いこなそう

    シーバス ルアー


    シーバス用ベイトロッドが使えると、スピニングタックルではできなかったような釣りもしやすくなります。
    特にメタルジグやスピンテールジグのフォーリングでバイトが取れるようになったり、ルアーを巻いてくるときの抵抗を感じ取りやすくなったりすることは大きなメリットです。
    本記事でご紹介したおすすめ品をぜひ使って、シーバス用ベイトロッドで釣りを楽しんでみてください。

    【あわせて読みたい】シーバスに関連するおすすめ記事はこちら

    シーバスルアーおすすめ人気ランキングTOP15!種類やカラーも【2018年版】

    2018.01.11

    シーバスロッドおすすめ人気ランキングTOP10!ダイワとシマノやエギングも【2017年最新版】

    2017.12.11

    シーバスリールおすすめ人気ランキングTOP10!シマノやダイワも【2017年最新版】

    2017.12.11

    シーバスラインおすすめ人気ランキングTOP5!太さやナイロンも【2017年最新版】

    2017.12.08

    シーバス用ワームおすすめ人気ランキングTOP10!ワームを使った釣り方も【2017年最新版】

    2017.12.01