鯉竿おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • パワー重視で選ぶ
      →鯉は手前まで引き寄せてきても重さがあるため竿のパワー(硬さ)を重視する。
    • グラスが入った製品を選ぶ
      →軽量化よりもグラスによる粘り強さを持たせていたほうが、鯉がヒットしたときに安心してやり取りができる。
    • 自分にあった長さを選ぶ
      →鯉竿は2.5mほどのものから、6mを超えるものまでさまざま。初心者の方ほど短いほうがおすすめ。

    鯉 釣り


    最大1m以上の大きさとなることも珍しくない鯉。
    野生の鯉は「野鯉」と呼ばれ、そのサイズと引きに魅了されている釣り人も多いです。
    日本では一般的とは言えませんが、海外に目を向けると「カープフィッシング」という一つのカテゴリーを作り出しています。
    本記事では釣り歴20年以上となる筆者が鯉竿の選び方やおすすめ品、使用時の注意点までご紹介していきます。

    鯉竿とは

    釣り 夜


    鯉竿は重い仕掛けを投げ込むため、そして針に掛かった鯉の強い引きをうけとめるための調子で作られているものがほとんどです。
    鯉釣りで釣れるサイズは小さくても50cmほどとほかの釣りに比べると大きく、80cmを超えるものが釣れることも珍しくないので、パワーのある竿を選んでおく必要があります。
    太さに関しては船釣りの竿に近い太さがあり、長さに関しては磯竿のような長さを持つものが多いです。
    調子は手元まで大きく曲がるような「胴調子」のものが多く、大きな鯉が掛かっても安心して寄せてくることができるようになっています。

    【こちらもCHECK】釣竿に関連するおすすめ記事はこちら

    チヌ竿おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.05.16

    船竿おすすめ人気ランキングTOP15!万能なタイプや竿受けも【2018年最新版】

    2018.05.11

    磯竿おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.02.12

    鯉竿を選ぶときの3つのポイント

    ① パワー重視で選ぶ

    キャンプ 釣り


    鯉はヒットすると一気に走り出し、手前まで引き寄せてきても重さがあるのでやり取りが大変です。
    そのため鯉竿を選ぶときには、パワー(硬さ)重視で選んでおくのが最初のポイントとなります。
    鯉竿のなかにはリールを使用しない延べ竿式のものもありますが、基本的にリールがセットできるタイプを使っておくのがおすすめです。

    ② グラスが入った製品を選ぶ

    川 釣り


    釣り竿では近年軽量化のため「高弾性カーボン」が使われるものが多いですが、鯉竿に関してはグラスが入った製品を選ぶようにしておきましょう。
    鯉竿は釣りの最中は置き竿にしておくことがほとんどで、軽量化よりもグラスによる粘り強さを持たせていたほうが、鯉がヒットしたときに安心してやり取りができます。

    ③ 自分にあった長さを選ぶ

    キャンプ


    鯉竿は2.5mほどのものから、6mを超えるものまでさまざまです。
    そのため自分にあった長さのものを選ぶようにしておきましょう。
    基本的な選び方としては、初心者の方ほど短いほうがおすすめで、慣れてきて遠投が必要となった場合や中級者以上の方に関しては4m以上のものがおすすめです。

    鯉竿おすすめ人気ランキングTOP5

    ここからは鯉竿のおすすめ人気ランキングTOP5をご紹介。
    筆者が鯉竿選びのポイントを踏まえたおすすめ品なので、ぜひ参考にしてみてください。

    5位 ダイワ 大鯉専科 MH485遠投・N


    竿の長さ:4.85m
    竿の重さ:480g
    継数:5本
    仕舞寸法:115cm
    オモリ負荷:20-30号

    重い仕掛けを大遠投して、遠くのポイントまで攻略できる鯉竿。
    遠投性を高めるため「HVFカーボン」が使用されていて、継ぎ目を「V-ジョイント」とすることで、投げるときも鯉が掛かったときもスムーズに曲がってくれます。
    遠投重視で釣りをしていきたい方におすすめの製品です。

    Amazon商品価格(2018年5月15日現在)

    20,792円

    4位 宇崎日新 スーパースクエア RX 飛鯉 6207


    竿の長さ:6.2m
    竿の重さ:7g
    継数:725本
    仕舞寸法:106cm
    オモリ負荷:20-30号

    市販されている鯉竿のなかで最長の部類となる製品。
    スムーズに曲がるのが特徴で、ブッコミ釣りからウキ釣りまでこなしていくことができる鯉竿となっています。
    汎用性の高いものが欲しい方におすすめの製品です。

    Amazon商品価格(2018年5月15日現在)

    22,807円

    3位 ダイワ マッドドラゴンT 3-360


    竿の長さ:3.6m
    竿の重さ:355g
    継数:3本
    仕舞寸法:133cm
    オモリ負荷:10-30号

    大きな鯉とのやり取りでも安心な強度を持つダイワの鯉竿。
    EVA仕様のグリップエンドで、パワーもあるのでブッコミ釣りのような重い仕掛けを使う釣りに最適です。

    Amazon商品価格(2018年5月15日現在)

    12,337円

    2位 アルファタックル ユーロスポルト クレイジーカープ NEO 360MH-T


    竿の長さ:3.6m
    竿の重さ:285g
    継数:5本
    仕舞寸法:82.5cm
    オモリ負荷:MAX35号

    持ち運びに便利な振出式の鯉竿。
    仕舞寸法が82.5cmと小さくできるので、釣り場までの移動に距離がある場合や、公共の交通機関で移動となる方におすすめの製品です。

    Amazon商品価格(2018年5月15日現在)

    9,191円

    1位 ダイワ リーガルライトカープ 86ML


    竿の長さ:2.59m
    竿の重さ:140g
    継数:2本
    仕舞寸法:134cm
    オモリ負荷:3-15号

    カープフィッシングにチャレンジしやすい2本継ぎの鯉竿。
    用意がしやすい2本継ぎで、仕掛けも簡単なものをセットして使えるので初心者の方におすすめです。

    Amazon商品価格(2018年5月15日現在)

    8,546円

    鯉竿を使用するうえでの注意点

    取り込みの最後はネットを使う

    釣り用ネット(ギャフ)


    鯉が釣れたときは鯉竿で自分まで引き寄せることは難しいので、取り込みの最後はネットを使うようにしておきましょう。
    ネットはできるだけ枠が大きく、網の深さがあるものを選んでおくのがポイントです。
    枠が小さく網が浅いものだと、鯉がネットに入りきらず取り込みができませんので注意してください。

    【こちらもCHECK】釣り用ネットのランキング記事はこちら

    釣り用ネット(ギャフ)おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.02

    Amazonの鯉竿人気ランキング

    Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    淡水でも鯉竿があれば大物が釣れる!

    鯉


    鯉は淡水魚のなかでは最大級で、近場の池や川で狙うことができるので、比較的手軽に狙える大物です。
    餌に関しても専用の配合餌や固形餌をはじめ、パンなどでも狙うことができるので、手軽に釣りを楽しんでみるとよいでしょう。
    本記事でご紹介したおすすめの鯉竿を持って、ぜひ淡水の大物釣りに挑戦してみてください。

    【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    ロッドホルダーベルトおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.05.21

    フィッシングプライヤーおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.05.21

    シーバス用ベイトロッドおすすめ人気ランキングTOP10!安いものも【2018年最新版】

    2018.05.21

    ヒラメ釣りにおすすめのルアー人気ランキングTOP15!釣り方やタックルも【2018年最新版】

    2018.05.16

    太刀魚釣りにおすすめのルアー人気ランキングTOP10!時期や仕掛け例も【2018年最新版】

    2018.05.15