シンキングミノーおすすめ人気ランキングTOP10!使い方も【2018年最新版】

選び方のポイント

  • ソルトウォーターでは飛距離重視で選ぶ
    →魚のいる場所までルアーを届けるといったことが最優先のため、飛距離重視すること。
  • 渓流や本流ではアクション重視で選ぶ
    →アクションの悪いルアーでは「餌ではない」と見切られてしまうことが多い。
  • 使い方によってボディタイプを選ぶ
    →使い方によってボディタイプを使い分けると、より釣果を伸ばしやすい。

ルアーと水滴


小魚をイメージしやすい細身のハードルアーのことをミノーと呼び、そのなかで沈むタイプをシンキングミノーと呼びます。
シンキングミノーは万能なルアーというわけではありませんが、ときにこれでしか釣れないといった状況があるので、欠かせないルアーの一つです。
このシンキングミノーですが種類が少なく、どのように選んで使っていったらよいのかわからない方も多いでしょう。
本記事では釣り歴20年以上となる筆者が、シンキングミノーの選び方やおすすめ品、使用時の注意点までご紹介していきます。

シンキングミノーとは

ミノー


シンキングミノーとは、沈むように重たくしてあるタイプのミノープラグです。
重さがあることによって飛距離が出しやすく、風や水流の影響を受けにくい特徴があります。
使用されることが多いのは、ソルトウォータールアーでのシーバスや青物・フラットフィッシュ狙い、そして渓流や本流におけるトラウトフィッシングでよく使われます。
ほかの釣り方で使われることは少ないですが、これらの釣りにおいては欠かすことができないルアーです。

【こちらもCHECK】ルアーに関連するおすすめ記事はこちら

シャッド(ルアー)おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.09

シーバスルアーおすすめ人気ランキングTOP15!種類やカラーも【2018年版】

2018.01.11

バス釣りルアーおすすめ人気ランキングTOP15!種類の説明も【2017年最新版】

2017.12.12

シンキングミノーを選ぶときの3つのポイント

① ソルトウォーターでは飛距離重視で選ぶ

魚 採寸


ソルトウォーターでシンキングミノーを使うのは、同じくソルトウォーターでよく使われるメタルジグだと釣れないような状況です。
よくある例として、水面で青物が小魚を追いつめて捕食している「ナブラ」が発生しているにも関わらず、ルアーの泳ぐ層やアクションの質によってメタルジグには見向きもしないことがあります。

また、ヒラメやマゴチといったフラットフィッシュにおいても活性が低く、メタルジグでは反応しないといったことも非常に多いです。
このようなときにシンキングミノーを投げてみると、同じ場所でも一発で食いついてくるといったことが珍しくありません。
このような状況においては、魚のいる場所までルアーを届けるといったことが最優先となりますので、ソルトウォーターでのシンキングミノーは飛距離重視で選ぶことが必要となります。

② 渓流や本流ではアクション重視で選ぶ

川 釣り


渓流でのヤマメやイワナ狙い、本流におけるサクラマス狙いにおけるシンキングミノーはアクション重視で選ぶようにしましょう。
これらの魚は非常に目がよく、アクションの悪いルアーでは「餌ではない」と見切られてしまうことが多いです。

また、流れがあるなかでルアーを泳がせる必要がありますので、アクションがよいシンキングミノーでないと使えないことも多いです。
選び方の目安としては、ボディの体高があるものや、リップが長めになっているものを選んでみてください。
細身でリップが小さなシンキングミノーは、流れのある渓流や本流では使いにくいのであまりおすすめできません。

③ 使い方によってボディタイプを選ぶ

ミノー


シンキングミノーの使い方は「ファストリトリーブ」と「リフト&フォール」の2つが主となります。
ファストリトリーブとはリールを速く巻き小魚が逃げる姿を演出する方法、リフト&フォールは底につけたシンキングミノーを50cmほど上方向に泳がせて再度底まで落とし込んでいく方法となります。
製品によって多少の違いはありますが、基本的にはファストリトリーブには細身のシンキングミノーが向き、リフト&フォールには体高のあるシンキングミノーが向いていることが多いです。

使い方によってボディタイプを使い分けると、より釣果を伸ばしやすいので選ぶときの参考にしてみてください。

【こちらもCHECK】シンキングミノーに関連するおすすめ動画はこちら

シンキングミノーおすすめ人気ランキングTOP10

ここからはシンキングミノーのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介。
筆者がシンキングミノー選びのポイントを踏まえたおすすめ品なので、ぜひ参考にしてみてください。

10位 バスデイ シュガーミノー ボトムトゥイッチャー 42ES

ルアーのサイズ:42mm
ルアーの自重:3.7g

少し川幅があったり、深さがある渓流で活躍してくれるバスデイのシンキングミノー。
ボディサイズと重さの割によくアクションしてくれるルアーで、ファストリトリーブではもちろん、トゥイッチやドリフトといった使い方にも対応してくれます。

Amazon商品価格(2018年5月15日現在)

1,294円

9位 ジャクソン アスリート スリム SS 120

ルアーのサイズ:120mm
ルアーの自重:21g

日本製のソルトウォーター用シンキングミノーとして歴史のある製品。
3本のフックをセットすることができ、食いついてきた魚を掛ける確率が高めてあります。
大きめにゆったりと泳ぐのが特徴で、シーバスやヒラメに効果的なルアーです。

Amazon商品価格(2018年5月15日現在)

2,052円

8位 デュオ スピアヘッドリュウキ45S

ルアーのサイズ:45mm
ルアーの自重:4g

アクションの立ち上がりの速さが特徴の渓流用シンキングミノー。
狭い渓流において使いやすく、低重心化されたボディによってキャストコントロールがしやすいです。
本流においても使えるアクションのキレがあるので、通常の本流用ミノーではルアーサイズが大きすぎるといったときにも活躍してくれます。

Amazon商品価格(2018年5月15日現在)

1,225円

7位 タックルハウス コンタクト フリッツ 90

ルアーのサイズ:90mm
ルアーの自重:42g

90mmのコンパクトなボディながら、42gと非常に重いウエイトを持ったソルトウォーター用シンキングミノー。
用途は青物のナブラ撃ちで、ブリやヒラマサといった大物がヒットしても壊れにくい平打ち内部貫通ワイヤーを採用しています。
ファストリトリーブでの使用が効果的で、自分の限界に近い速度で巻いて使ってみてください。

Amazon商品価格(2018年5月15日現在)

1,895円

6位 アムズデザイン スカリ DXS 85

ルアーのサイズ:85mm
ルアーの自重:18g
本流でのサクラマス狙い専用に設計されたシンキングミノー。
底のほうを探っても根掛かりしにくいように長めのリップが搭載されています。
自重が18gありますので、強風下のなかであってもしっかりとロングキャストでき、サクラマスをヒットへと導いてくれます。

Amazon商品価格(2018年5月15日現在)

1,696円

5位 アムズデザイン 魚道 ヘビーサーファー 90

ルアーのサイズ:90mm
ルアーの自重:28g

砂浜でのヒラメやマゴチ狙いに最適なアムズデザインのシンキングミノー。
ゆっくりとした速度では左右に揺れ、リトリーブスピードを速めるとバタバタと暴れるようなアクションとなるのが特徴です。
リフト&フォールで使うのが効果的で、一度底につけてからリールのハンドルを2~3回転させては止め、底を再度取りつつ使ってみてください。

Amazon商品価格(2018年5月15日現在)

2,052円

4位 アムズデザイン イッセン S 45

ルアーのサイズ:45mm
ルアーの自重:3.7g

前後のフックハンガーが回転するようになっている渓流用シンキングミノー。
ヤマメやイワナはヒットすると体を回転させてフックを外そうとしますが、フックハンガーが回転することによって外れることを防ぐ仕組みとなっています。
長さに対して高さがあることによって生まれる抵抗感で、操作感が失われにくいのもこのルアーの特徴です。

Amazon商品価格(2018年5月15日現在)

1,458円

3位 ラパラ カウントダウン CD9

ルアーのサイズ:90mm
ルアーの自重:12g

何十年にも及ぶ実績が積み重ねられてきているシンキングミノー。
以前はシンキングミノーというとこれしかないというほど貴重であり、今でもバルサ製のシンキングミノーとして唯一無二の存在です。
シーバス用として使うのには最適なシンキングミノーで、名前の通りカウントダウンして狙う層を少しずつ変えて使ってみるのがおすすめとなっています。

Amazon商品価格(2018年5月15日現在)

1,458円

2位 スミス D-コンタクト

ルアーのサイズ:50mm
ルアーの自重:4.5g

渓流でのヤマメやイワナ狙いで実績の高いシンキングミノー。
強い流れのなかでもしっかりと泳ぐ強いアクションが魅力となっています。
リトリーブだけでなくロッドで操作して使うのもよく、少し深さのあるようなポイントでも攻略しやすいルアーです。

Amazon商品価格(2018年5月15日現在)

1,521円

1位 デュエル ハードコア ヘビーシンキング90

ルアーのサイズ:90mm
ルアーの自重:26g

長めのリップで足元までしっかり泳がせられるソルトウォーター用シンキングミノー。
「トリプルミラーボディ」による光の反射でフィッシュイーターを誘ってくれます。
ソルトウォーターにおけるターゲットであるシーバスから青物、フラットフィッシュまでいずれにも対応できる汎用性の高いルアーです。

Amazon商品価格(2018年5月15日現在)

1,190円

シンキングミノーを使用するうえでの3つの注意点

① 根掛かりに注意して使う

海 ルアーフィッシング


シンキングミノーはほかのルアーに比べると、根掛かりに弱い特徴を持っています。
そのため底が岩のようなポイントや、水中に木があるようなポイントでは気をつけて使う必要があります。
根掛かりしやすいポイントにおいては、ほかのルアーを使った方が効率よく釣りができますので、適材適所で使い分けをした方がよいでしょう。
シンキングミノーを使うときは表層を中心に狙ったり、底が砂地の場所で使うのがおすすめです。

② キャストミスに注意

メバリングルアー


シンキングミノーは重さがありますので、投げたときに勢いよく飛んでいきます。
勢いよく飛んだシンキングミノーが岩などにぶつかってしまうと、ボディが割れたりリップが欠けてしまうことがありますので、キャストミスには注意しておきましょう。
特に渓流でシンキングミノーを使っていると、ポイントが狭いのでよく岩にぶつけてしまいがちです。

初心者の方においてはキャストミスをしてもルアーがぶつからないような開けた場所において、キャスト練習をしておくことをおすすめします。
また渓流においては上級者であっても、キャストミスによるルアーの破損を考慮して、よく使うシンキングミノーに関しては数個予備を持っていくのがよいでしょう。

③ やり取りではしっかりとラインを張る

釣り


重さのあるシンキングミノーは、魚が掛かって大きく暴れると外れてしまうことも多いルアーです。
これは重さがあることによって、ルアーの振れる幅が大きくなり、フックが外れてしまうからです。
フックが外れてしまうことを防ぐには、やり取りの最中にラインをしっかりと張っておくことが必要となります。
自分ではしっかりとラインを張っているつもりであっても、実は風や水流によってたるんでいることは非常に多いので注意してみてください。

またシンキングミノーに限らず、重さのあるバイブレーションやメタルジグといったルアーも、やり取り中にフックが外れやすいので気をつけておきましょう。

Amazon&楽天のルアー人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


シンキングミノーで海も渓流も攻略しよう!

ミノー ルアー


シンキングミノーはあまり種類が多くありませんが、持っておくと重宝する便利なルアーです。
ほかのルアーが注目されることが多いですが、シンキングミノーはときにほかを圧倒する釣果が出せることもありますので、持っていないのは非常にもったいないです。
ご紹介したおすすめ品のなかから、ソルトウォーター、渓流・本流それぞれに適したシンキングミノーを選んでぜひ使ってみてください。

【あわせて読みたい】釣り用品に関連するおすすめ記事はこちら

コマセミキサーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.07.11

釣り人向きの偏光グラスおすすめ人気ランキングTOP5!色による違いや種類の解説も【2018年最新版】

2018.05.31

フィッシングプライヤーおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.21

おしゃれな釣り用クーラーボックスおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.04.03

釣り用バッグおすすめ人気ランキングTOP15!防水も【2018年最新版】

2018.03.16