シーバスルアーおすすめ人気ランキングTOP15!種類やカラーも【2018年版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 飛距離優先で選ぶ
      →シーバスは足元に居ることが少なく、より遠くまで投げることで釣れる確率を高められるので、最低でも30メートル投げられるルアーを選択しよう。
    • ベイトの大きさや種類を考慮する
      →シーバスは季節や場所によって捕食しているベイトが変わるので、7センチ、10センチ、12センチと数センチごとに違ったサイズのルアーを持つのがベター。
    • ルアーの「アクション」も大切
      →大きなアクションのルアーは水が濁っていたりベイトが多かったりするときに、小さなアクションのルアーは水が澄んでいたりベイトが少なかったりする際に効果的。
    ルアー 釣り 釣り具

    シーバスはエサでもルアーでも釣ることができますが、ゲーム性の高さもあり人気があるのはルアー釣りです。
    シーバスは一年のなかでも浅いところや深いところ、河川から磯や砂浜までさまざまな場所に姿を現し、それに伴って捕食しているエサもさまざまな種類があります。

    ルアーには多くの種類がありますので、そのときの状況によってうまく使い分けることがシーバスを釣るために大事なことになります。
    このシーバスルアーはとにかく種類が多くありますので、初心者の方を始め、ルアー選びに苦労することも多いでしょう。

    本記事においては、シーバス釣り歴10年以上となる筆者がシーバスルアーの選び方やおすすめ商品についてご紹介します。
    シーバスを釣るためのルアー選びに役立つ情報をお届けします。



    シーバスルアーとは

    ルアー 釣り 釣り具

    シーバスは小魚やエビ、ゴカイなどの動くエサを捕食しているため、それらを模したルアーを使って釣ることができます。
    ルアーフィッシングにおいては、エサのことを「ベイト」と呼ぶことがほとんどですので、覚えておきましょう。

    シーバスのルアーは基本的に捕食対象となるベイトの形や動きをイメージさせたものがほとんどで、見た目にも釣れそうと感じるものが多いです。
    シーバスルアーはどちらかというと、浮くタイプよりも沈むタイプのルアーが多い傾向があります。

    浮くルアーは「フローティングタイプ」、沈むルアーは「シンキングタイプ」と呼ばれ、この名称が使われていることがほとんどです。
    フローティングタイプは水面近くを釣るのが得意で、シンキングタイプは2メートルよりも深い水深を釣るのが得意としているので、それに沿って使い分けていくのが基本となります。

    【こちらもCHECK】シーバス用品を購入するならこちらの記事もおすすめ

    シーバスロッドおすすめ人気ランキングTOP10!ダイワとシマノやエギングも【2017年最新版】

    2017.12.11

    シーバスリールおすすめ人気ランキングTOP10!シマノやダイワも【2017年最新版】

    2017.12.11

    シーバスラインおすすめ人気ランキングTOP5!太さやナイロンも【2017年最新版】

    2017.12.08

    シーバスルアーを選ぶときの5つのポイント

    ① 種類ごとに持っておく

    【イーサン恵】釣りルアーセット 56個 ミノー ルアーセット フローティングミノー シーバス ルアー シーバス ルアー ピーナッツ ルアー 釣り道具 さまざまな柄があり、一日の釣りは飽きません! たくさんの種類があるのでどれでも行ける、選択はもう戸惑わない!
    【イーサン恵】釣りルアーセット 56個 ミノー ルアーセット フローティングミノー シーバス ルアー シーバス ルアー ピーナッツ ルアー 釣り道具 さまざまな柄があり、一日の釣りは飽きません! たくさんの種類があるのでどれでも行ける、選択はもう戸惑わない!

    シーバスは活発に捕食しているときは水面近くに居たり、休憩しているときは障害物周りや深い場所に居るなどそのときによって居る場所が1日のなかでも結構変わります。
    シーバスを釣るためには居場所に適したルアーを多く持っておくほうが有利になることは間違いありません。

    シーバスルアーには大きく分けてハードルアーとソフトルアーの2種類が使われます。

    ハードルアーはそれぞれに特徴が違い種類は下記になります。

    • トップウォーター
    • ミノー
    • シンキングペンシル
    • バイブレーション
    • スピンテール
    • メタルジグ

    ソフトルアーの種類についても下記にまとめてご紹介します。

    • シャッドテール
    • ピンテールワーム
    • スティックベイト

    シーバスフィッシングではまずこれらのルアーをできるかぎり多く用意しておくことが重要になってきます。

    ② 飛距離を優先して選ぶ

    釣り 男性 海

    シーバスはほとんどの場合、足元に居ることは少なく、より遠くまで投げることで釣れる確率を高めることができます。
    釣り場では狙いたいポイントに対して、釣りができるスペースも限られることが多かったりするので、シーバスルアーは飛距離を優先して選んでおくことがおすすめ。

    特に初心者の方であればあるほど、飛距離の出るルアーを選んでおくとよいでしょう。
    シーバスフィッシングにおいては、最低でも30メートルは投げられるルアーを目安にしてください。

    慣れた釣り人によっては50メートル以上投げることができ、釣れる確率が高くなっていきます。
    飛距離を出すことに最も向いている重たいルアーはシンキングタイプと覚えておくことも重要になります。

    ③ ベイトの大きさや種類を考えて選ぶ

    魚 マイワシ

    シーバスは季節や場所によって捕食しているベイトが変わってきます。
    例を下記にまとめますので参考にしてください。

    • イワシやアジなどの小魚
    • エビやシャコなどの甲殻類
    • ゴカイ
    • イカ
    • アミ

    季節や場所によって何種類ものベイトを捕食していて、そのときに最も捕食しやすいベイトをシーバスは狙って捕食しています。

    シーバスは周りの水と一緒にベイトを吸い込むため、ゴカイやアミのような小さなものは群れごと吸い込んで食べてしまいます。
    シーバスは特にそのとき捕食しているベイトの大きさにかなりシビアで、これを「偏食」と呼びます。

    偏食しているときには、適したルアーを使っていないとどんなにシーバスの動きが活発であっても釣れないといったことが多いです。
    サイズ選びでおすすめなのは7センチ、10センチ、12センチと数センチごとに違ったサイズのルアーを持っておくことです。

    ④ 大きなアクションと小さなアクションのルアーを選ぶ

    ルアー 釣り 釣り具

    シーバスフィッシングをしていると水が濁っていたり澄んでいたり、さらにはベイトが多かったり少なかったりといった状況があります。
    そのときに大きなアクションと小さなアクションのルアーを持っておくと釣りやすくなります。

    大きなアクションのルアーは水が濁っていたりベイトが多いときに、小さなアクションのルアーは水が澄んでいたりベイトが少ないときに使うと効果的であることが多いです。

    大きなアクションは「ワイドアクション」、小さなアクションは「タイトアクション」と呼びますので覚えておきましょう。
    おすすめ商品内でもこれらのアクションについても触れておきますので、参考にしてみてください。

    ⑤ カラーは多く揃える

    フローティングミノー 10cm 8g 8色  シーバス ハードベイト フィッシングルアー  釣り フック
    フローティングミノー 10cm 8g 8色  シーバス ハードベイト フィッシングルアー 釣り フック

    シーバスルアーには多くのカラーラインナップがあります。
    これは時間帯や釣り場の状況によって使い分けていくことで、シーバスを釣りやすくなる傾向があるからです。
    シーバスルアーで代表的なカラー例とおすすめの使い分けを下記にまとめました。

    ・ベイトフィッシュカラー

    使い分け: 日中

    ・チャートリュース

    使い分け: 水が濁っているとき

    ・レッドヘッド

    使い分け: 夜間

    ・アカキン

    使い分け: 朝や夕方の時間帯

    シーバスルアーはこの使い分けを基本として、1種類につきカラーを3~4種類持っておくことがおすすめになります。

    カラーを変更していくことを「カラーローテーション」と言いますが、同じルアーであってもカラーローテーションをしただけで釣果が変わってくることも珍しくありませんので、できるだけ多くのカラーを持っておきましょう。

    シーバスルアーおすすめ人気ランキングTOP15

    ここからはシーバスルアーのおすすめ人気ランキングTOP15をご紹介。
    筆者がシーバスルアー選びのポイントを踏まえたセレクトをしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

    15位 アイマ GUN吉

    サイズ:80ミリ
    自重:30グラム
    タイプ:シンキング
    動き:ワイドアクション

    シーバスルアーの種類の中で最も遠くまで投げることができるメタルジグに属するルアー。
    ほかのルアーではポイントまで届かないときや、20メートル以上水深がある場所を狙っていくときに使いやすいルアーです。

    使うときにはロッドで上に跳ね上げるように細かくアクションを加えつつ、ときどき落とし込む「フォール」を交えていくのがおすすめ。
    シーバスは逃げるベイトだけでなく、落ちてくるものに対しても良く反応してきますので覚えておきましょう。

    フックは前側に「アシストフック」という糸付きのフックを使うと、シーバスが掛かりやすいのでおすすめになります。

    14位 ジャンプライズ ぶっ飛び君ライト95SS

    サイズ:95ミリ
    自重:16グラム
    タイプ:シンキング
    動き:ワイドアクション

    非常によく飛び、浮き上がりが速いシンキングペンシルで、干潟や浅い河川といった遠くまで浅い水深が続く場所でも巻くとすぐに浮き上がってくるので引っかかりにくく使いやすいおすすめのルアー。

    使い方としてはただ巻きを基本として、流れが強く手元に伝わってくる抵抗が大きくなるポイントで巻く速度をゆっくりにしてシーバスに喰い付く間を与える使い方がおすすめです。

    干潟で「潮目」という流れの変化や、河川の橋脚周りで「流れのヨレ」が見えたときにはぜひ使ってもらいたいルアーとなっています。

    13位 オンスタックルデザイン マナティー90

    サイズ:90ミリ
    動き:ワイドアクション

    ワインド釣法で使うことを前提に設計されているソフトルアー。
    専用のジグヘッドにセットして、ロッドで操作することによって左右へ大きく飛び跳ねる動きでシーバスを誘います。

    釣果を出すための最大のポイントはジグヘッドにきれいに真っ直ぐセットすること。
    真っ直ぐセットできたかを確認するには、セットしてから投げて速く巻いてみたときに、自分に向かって真っすぐ泳いでくるかどうかといったことになります。

    真っ直ぐ泳いできてくれると、ロッドで操作したときに一番よい動きでシーバスを誘ってくれます。
    使うときには底まで沈めてからロッド操作を2~5回程度繰り返しては少し沈めて、再度ロッド操作を加えるといった使い方がよいです。

    シーバスが喰い付くときは一気に引っ張られたり、逆にルアーの重みが感じられなくなったりと多彩な反応があるので、集中しておくようにしましょう。

    12位 ダイワ TDソルトペンシル 95F

    サイズ:95ミリ
    自重:9グラム
    タイプ:フローティング、シンキング
    動き:ワイドアクション

    口からエラにかけて水が通り抜けるようになっているトップウォーター。
    ロッドで操作すると水面で水しぶきを上げたり、水中に潜っては浮き上がったりといろんなアクションをしてシーバスを誘います。

    水面でシーバスがベイトを追っているときに使ってみると、シーバスの強烈な捕食シーンを見ることができたりと視覚的にも楽しめるルアーです。
    シーバス狙いのトップウォーターではアクションを止めることなく、ずっと連続させて引いてくることがおすすめ。

    止めてしまうとシーバスに「エサではない」と認識されることが多いので注意しましょう。
    シーバスは水面を泳いでいるベイトに対しては尻尾で叩いて弱らせてから捕食したりすることもあるので、シーバスがしっかり喰い付いたことをロッドに伝わってくる重みで確認してからアワセを入れるようにするのが釣るためのコツになります。

    11位 マーズ R-32

    サイズ:3.2インチ
    動き:タイトアクション

    ナイトゲームで絶大な威力を発揮してくれるピンテールワームで非常に細かくボディーが震えてシーバスにアピールしてくれます。

    特に釣り人が常に入れ替わっているような、シーバスにプレッシャーが掛かって警戒しているような状況で持っておきたいソフトルアーで、プレッシャーが掛かっている状況だけでなく、シラスやイカを偏食しているときにもかなり効果的。

    使い方としては5グラム前後のジグヘッドにセットして、泳がせる層をコントロールしながらゆっくり巻いてくる使い方がよいです。
    最初の1投目では5秒沈めて巻き始める、次は10秒沈めて巻き始めると狙う深さを変えつつ狙っていくとシーバスが泳いでいる層を効率よく見つけていくことができます。

    注意点としてはリーダーを6~8ポンドと少し細めのものを使う方がよいことになります。
    シーバスがヒットしたときにはリールのドラグをしっかりと使ってラインを切られないように寄せてきて、最後はネットを使って取り込むようにすることをおすすめします。

    10位 マリア マールアミーゴII 80

    サイズ:80ミリ
    自重:23グラム
    タイプ:シンキング
    動き:タイトアクション

    中身まで詰まったソリッドボディーのバイブレーション。
    中空のバイブレーションとは一味違った振動によってシーバスにアピールしてくれます。

    ソリッドボディーはフックとボディーが干渉したときの音も抑えてくれるといった大きなメリットがあります。
    また、ぶつけても壊れにくいので初心者の方が障害物周りで釣りをするときに使うのにもおすすめです。

    9位 ジャクソン にょろにょろ

    サイズ:60~125ミリ
    自重:3.5~14グラム
    タイプ:シンキング
    動き:タイトアクション

    ほとんど動いていないように見えるほど細かなアクションが特徴のシンキングペンシルで、特に春先に起きるゴカイの産卵行動の「バチ抜け」と呼ばれるときには絶大な人気を誇るルアー。

    使い方はそのときに泳いでいるゴカイの大きさにあわせて4サイズの中から適切なサイズを選び、泳いでいるゴカイのスピードにあわせて巻くスピードを決めていくことです。

    シーバスが喰い付いてくるときは軽く吸い込まれることが多く、このようなときには徐々に力を入れるようにしてアワセを入れるようにするのがおすすめになります。
    軽く吸い込まれるようなときにほかのルアーと同じように思いっきりアワセを入れても掛かりにくいので注意してみてください。

    8位 エコギア パワーシャッド

    サイズ:3~6インチ
    動き:タイトアクション

    張りのある素材とテールの生み出すアクションがとても良いバランスのシャッドテールワームは、シーバスが小魚を捕食しているときはもちろん、エビを捕食しているときにも効果的となってくれることが多いソフトルアー。

    7~28グラムまでの下側にトレブルフックを装着できるタイプのジグヘッドにセットして使うとよいでしょう。
    ジグヘッドとの一体感を増すために、頭の先を少しカットして使うのがおすすめ。

    使い方は中程度より速めでの一定速度で巻くのがよく、あまりリトリーブスピードに変化を入れないほうがよいですね。
    ベイトのサイズにあわせやすい3インチから6インチまでのラインナップも魅力的なルアーとなっています。

    7位 ガイア エリア10

    サイズ:100ミリ
    自重:9グラム
    タイプ:フローティング
    動き:タイトアクション

    非常にタイトなアクションで水面直下攻略に使いやすいリップレスミノー。
    サヨリやゴカイが水面近くを泳いでいるときはシーバスがとてもルアーに対してセレクティブになりがちですが、そういったときに出番となるのがこのルアーです。

    セレクティブな状況ではシーバスの喰い付きも浅くなりがちですが、そんなときでも3本のトレブルフックが搭載されているので、しっかりと掛けていくことができます。

    使い方はゆっくり一定速度を保って巻くことで、巻くスピードに変化をつけるとかえってシーバスに見切られてしまうことが多いので気をつけてください。

    6位 コアマン アイアンプレート IP-26

    サイズ:75ミリ
    自重:26グラム
    タイプ:シンキング
    動き:ワイドアクション

    バタバタと暴れるようなワイドアクションが特徴のメタル製バイブレーションで特に濁った場合やベイトがとても多い場所での使用がおすすめ。

    重さの割にコンパクトなボディー設計となっており、飛距離を出すことが可能で、使い方は底まで沈めてから一定速度でルアーの振動を感じつつ巻いてくることです。

    シーバスが喰い付いてきたときはリールを巻いている手が止められるほど、ガツンとした手ごたえが手元に伝わってくることが多いので、しっかりロッドを持っておくようにしましょう。

    注意点としては標準フックが刺さりがよい一方であまり強くないので、替えフックを準備しておくことをおすすめします。

    5位 コアマン パワーブレード PB-30

    サイズ:125ミリ
    自重:30グラム
    タイプ:シンキング
    動き:タイトアクション

    テールに取り付けられたブレードによってシーバスにアピールするスピンテール。
    巻くとブレードが回転して光を反射して、かつゆっくりと引いてくることが可能です。

    先端についているアイは底に着いたときに面でなく点で接するため、感覚が伝わってきやすい特徴があります。
    このスピンテールタイプのルアーはブレードにシーバスがアタックしてくることも多いですが、テールの根元にフックを設けることによってそのアタックも掛けることができます。

    一定層を引いてくることを得意としていて、ベイトの群れが居るときにその下をゆっくり通してくる使い方がおすすめ。
    ほかのルアーに比べて重さがあるので、シーバスがヒットしたときには特にジャンプさせないようにしてやり取りするようにしましょう。

    重たいルアーはシーバスがジャンプしたときに大きく振れてフックが外れやすい傾向がありますので、注意してください。

    4位 エバーグリーン アイアンマービー

    サイズ:75ミリ
    自重:25グラム
    タイプ:シンキング
    動き:タイトアクション

    金属で作られているメタル製バイブレーションで重心がお腹側に集中しているのでとても遠くまで投げることができ、重さがあるので深い場所でも手返し良く釣っていくことができます。

    このメタルバイブレーションは速く沈むルアーで起きがちな、ラインとフックの絡みが非常に抑えられた設計。
    飛距離が出るルアーで投げてから遠くでラインとフックが絡んでルアーが動かないことは非常にストレスになりますので、そういったことが少ないことは釣りをするうえで大きなメリットとなっています。

    使い方としてはリトリーブスピードに変化をつける「ストップ&ゴー」がおすすめです。
    速く巻いては少しだけ止めるといった使い方をしてみてください。

    3位 アムズデザイン サスケ裂波120

    サイズ:120ミリ
    自重:17グラム
    タイプ:フローティング
    動き:ワイドアクション

    ボディーとリップを一体化することによって飛距離とアクションのバランスを取っているリップレスミノー。
    3本フックで掛かりがよく、河川や砂浜で活躍してくれることが多いルアーです。

    中の構造はウエイトが動くことによって飛距離を出す「重心移動システム」が採用されていて、きれいな飛行姿勢で逆風下でも飛距離が出ます。

    使い方としては流れを利用する方法がおすすめで、流れを横切らせて使う「Uエフェクト」や、流れに乗せて漂わせる「ドリフト」で使うことでシーバスの喰い付きを効果的に誘っていくことができます。
    シーバスだけでなく、海のフィッシュイーターに広く使えるおすすめのルアー。

    2位 タックルハウス ローリングベイトRB77

    サイズ:77ミリ
    自重:15グラム
    タイプ:シンキング
    動き:タイトアクション

    名前にあるようにボディーを回転させるようなロールアクションが得意なハードルアー。
    ほかに類を見ないボディー形状が特徴的ですが、発売当初は売り切れが続出したほどの人気で、今なおシーバスルアーとして定番となっています。

    使い方は簡単で投げて巻くだけで十分シーバスを誘ってきてくれます。
    カラーラインナップも多く、よく飛びよく泳いでくれるとてもおすすめのルアーです。

    1位 バスデイ レンジバイブ70ES

    サイズ:70ミリ
    自重:15グラム
    タイプ:シンキング
    動き:タイトアクション

    シーバスフィッシングをしている釣り人で知らない人は居ないといっても良いほど定番のバイブレーションでサイズ感も重さも使う場面やタックルを選びにくいので、河川から磯、砂浜まで1年を通して活躍する場面が多いルアー。

    シーバスが小魚を捕食しているときにかなり効果的なことで有名ですが、一方でエビやシャコなどの甲殻類を捕食しているときにも釣果をもたらしてくれることが多いです。
    デイゲームにおいて、巻くスピードに大きく変化をつけながら使う方法がおすすめの使い方になります。

    数メートル早く巻いては、途中で一旦スピードを緩めてといった使い方をしてみると、シーバスにルアーを見切られにくくヒット率が高くなりますので、ぜひやってみてください。

    シーバスルアーを使用するうえでの5つの注意点と応用

    注意点① 強い衝撃に注意

    ルアー 釣り 釣り具

    シーバスルアーは主にプラスチックや金属で作られており、普通に釣りをしているだけでは壊れることは少ないですが、投げたときに障害物にぶつけてしまったりすると割れたり変形してしまって使えなくなってしまうことがありますので注意しましょう。

    特に投げることに慣れていない初心者の方は、障害物が少ない場所で投げ方のコントロールができるようにしてから、障害物周りの釣りにチャレンジすることをおすすめします。

    投げる距離をコントロールするには「サミング」や「フェザーリング」と言われる、指でラインの出るスピードを調整するテクニックが必要となります。
    まずはルアーを結んだ状態で投げずに、ロッドの先端から地面までの距離を使い、落ちていくスピードを指で止めたり出したりして練習するのがおすすめです。

    注意点② 替えフックを準備しておく

    マルト(MARUTO)トレブルフック1092 丸型 20本入り (# 6)
    マルト(MARUTO)トレブルフック1092 丸型 20本入り (# 6)

    ルアーには鋭い針がついており、これをルアー釣りでは「フック」と呼び、ハードルアーに付いている3つの針先があるフックは「トレブルフック」と呼ばれますので、覚えておきましょう。

    シーバスフィッシングにおいては、替えフックを準備しておくことをおすすめします。
    フックは金属でできており、掛かりをよくするために軸が細くされていたり粘りを持たせてあり、ときには曲がったり折れたり、フックの先端が鈍ったりすることもあります。

    一度曲がったフックはペンチなどで元の形に戻せても、強度が低下していますので、そこに大型のシーバスが掛かったりすると簡単に曲がってせっかくヒットしたシーバスも外れてしまいます。
    フックはシーバスを釣るために重要な接点となりますので、替えフックを準備しておくことが重要になります。

    【こちらもCHECK】おすすめのトレブルフックを紹介している記事はこちら

    トレブルフックおすすめ人気ランキングTOP5!サイズと形状も【2018年最新版】

    2018.04.04

    注意点③ ルアーにあったリーダーを使う

    モーリス(MORRIS) ショックリーダー  バリバス シーバス フロロカーボン 30m 8kg 16lb ナチュラル
    モーリス(MORRIS) ショックリーダー バリバス シーバス フロロカーボン 30m 8kg 16lb ナチュラル

    リーダーとはシーバスの強い引きや歯で擦れてラインが切れてしまわないようにするためにする先糸のことです。
    このリーダーはシーバスを釣るために必須のものですが、タイトアクションのシーバスルアーはリーダーの太さによってはうまくアクションしなくなってしまうことがあります。

    うまくアクションしない場合はリーダーを細くすることで解消することがほとんどで、シーバス用リーダーとしては12ポンドから20ポンドがおすすめ。

    これを逆手にとって、ワイドアクションのルアーで太いリーダーを使ってアクションの大きさを小さくするといったこともできますので覚えておきましょう。

    【こちらもCHECK】おすすめのリーダーを紹介している記事はこちら

    ショアジギングリーダーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.05.12

    エギングリーダーおすすめ人気ランキングTOP10!結び方や長さも【2018年最新版】

    2018.05.09

    アジング用リーダーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.18

    注意点④ 結束には強めのスナップを使う

    OWNER(オーナー) 72802 P-02 クイックスナップ 1.5
    OWNER(オーナー) 72802 P-02 クイックスナップ 1.5

    ルアーとラインを結ぶ小さな金具のことを「スナップ」と言います。
    スナップを使うことによってルアーの交換を素早く行えたり、ルアーのアクションが大きくなったりといったメリットが生まれます。

    スナップですが、さまざまな種類があり、強さもさまざまあり、シーバスフィッシングにおいては破断強度20ポンド以上のスナップを使っておきましょう。
    これより弱い破断強度のスナップを使っていると、ルアーを投げているときやシーバスがヒットしてやり取りしている間にスナップが壊れてしまうこともありますので、注意して選ぶようにしてください。

    【こちらもCHECK】おすすめのスナップを紹介している記事はこちら

    釣り用スイベル・スナップおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.02

    注意点⑤ 投げるときには細心の注意を払う

    釣り 夕日 影

    シーバスルアーにはシーバスを掛けるために鋭いフックがついており、刺さったら簡単に抜けないように「カエシ」という小さな出っ張りが設けられています。

    フックが万が一刺さってしまったときは大変ですので、投げるときには周りに誰も居ないこと、また障害物がないことを確認して投げるようにしましょう。

    シーバスで使うロッドは長さが9フィート以上あり、思っている以上に振りかぶるのに必要とする範囲は広いので細心の注意を払うようにしてください。

    シーバスルアーはほかの魚でも応用して使える

    魚 カレイ ヒラメ

    シーバスルアーを使うとほかの「フィッシュイーター」と呼ばれる魚も釣ることができます。

    代表的なフィッシュイーターとしては、ブリやサワラなどの回遊魚、海底に生息するヒラメやカサゴといった魚たちがいます。

    フィッシュイーターたちはシーバスと同じように小魚や甲殻類を捕食していますので、シーバスルアーを使って釣ることが可能です。
    実際にロッドやリール、ラインもシーバスタックルをそのまま使って釣りをしている人も非常に多いので、これらの魚が釣れるときにはぜひ狙ってみてください。

    シーバスルアーは選び方で釣果が変わる

    ルアー 釣り 釣り具

    シーバスルアーには多くの種類がありますが、選び方によってかなり釣果が変わり、使い方によっても釣れる釣れないの差は非常に大きいです。

    地域によってもさまざまな状況はありますが、おすすめランキングで紹介したルアーについては、筆者が経験に基づいて各地で使えるようなルアーとその使い方を紹介していますので、ぜひ参考にして選んでみてください。

    シーバスは釣る楽しみもですが、刺身やムニエルにして食べる楽しみもありますので、本記事を参考にしながら、シーバスルアーを選び、ぜひ大物を釣り上げましょう。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】ルアー選びの際に読んでおきたいおすすめ記事はこちら

    スプーンルアーおすすめ人気ランキングTOP10!スプーンルアーとは【2018年最新版】

    2018.05.01

    ソルトルアーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.13

    ジャッカルのルアーおすすめ人気ランキングTOP15!ソルトルアー用も【2018年最新版】

    2018.03.22

    メバリングルアーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.10

    バス釣りルアーおすすめ人気ランキングTOP15!種類の説明も【2017年最新版】

    2017.12.12