スティックファンデーションおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

選び方のポイント

  • テクスチャーをチェック
    →液体に近いものから硬めのものまで好みの質感をチョイス。
  • 配合成分に注目
    →解決したい肌悩みから選んでみるのがおすすめ。
  • 肌にあったトーンで選ぶ
    →普段使っているファンデーションを基準にトーンを選ぼう。
コンシーラー 種類 タイミング

新しいコスメとしてじわじわ人気が高まっているスティックファンデーションを使ってみたいけれど、どう選べばいいか迷っていませんか?
コンパクトでかさばりにくく、肌へのフィット力があるスティックファンデーションはほかのタイプにはない魅力がつまっています。

スティックファンデーションについて知りたい!という方のために、メリットや選び方・正しい使い方を紹介。
話題のコスメにチャレンジしてベースメイクの完成度をアップさせましょう。

スティックファンデーションの魅力とは?

女性 スティックファンデーション

口紅のように容器から繰り出して使うスティックファンデーションは、フィット力・カバー力に優れているのが一番の魅力。
パウダーやリキッドに比べて密着力がよく、クマ・くすみ・シミなどを隠すのが得意です。
顔にラインを引くようにファンデーションを滑らせ、スポンジでなじませるだけで均一に仕上がるのも魅力のひとつ。
塗り広げるのが難しいイメージがありますが、実はスティックタイプは初心者でも扱いやすいのが人気のポイントです。

スティックファンデーションで顔全体をカバーするのが基本ですが、コンシーラー代わりに使うこともできます。
スティックファンデーションはカバー力が高めに作られているため、ナチュラルに仕上げたい場合はほかのファンデーションと組み合わせて使うといいでしょう。

【こちらもCHECK】ファンデーションに関連するおすすめ記事はこちら

プチプラリキッドファンデーションおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.04.26

デパコスファンデーションおすすめ人気ランキングTOP5!カバー力で比較【2018年最新版】

2018.02.11

パウダーファンデーションおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

2017.12.16

スティックファンデーションを選ぶ3個のポイント

ぴたっと密着して肌悩みをスマートに隠すスティックファンデーションは、どのような基準で選べばいいのでしょうか?
スティックタイプ初心者でもお気に入りの1本がすぐに見つかるコツを紹介します!

ポイント① テクスチャーをチェック

コンシーラー1

スティックファンデーションは製品ごとに固さが異なり、好みにあわせて選ぶ必要があります。
みずみずしいタッチが好みなら液体に近いものを、密着力とカバー力を優先するなら固めのスティックがおすすめです。

ポイント② 配合成分に注目

ドクター 成分

スティックファンデーションは製品ごとに配合している成分が異なります。
乾燥から肌を守るのが得意な製品や、石鹸でオフできるものなどブランドごとに特徴が違うことに注目してください。

普段抱えているベースメイクの悩みにマッチするか考えながら選ぶとベストです。

ポイント③ 肌にあったトーンで選ぶ

コスメ 道具

ベースメイクアイテムは肌の色にあうかどうかが重要なポイント。
元の肌の色にあわせてオークル系・ベージュ系・ピンク系から選びましょう。

普段使用しているファンデーションの色系統を確認し、それを基準に色選びをしてみてください。
「自分にあう色がどの系統かわからない!」という方は、一度化粧品カウンターで肌のトーンを診断してもらうことをおすすめします。

【こちらもCHECK】ベースメイクに関連するおすすめ記事はこちら

おすすめの人気ファンデーションブランドランキングTOP5【2018年最新版】

2018.05.08

コンシーラーおすすめ人気ランキングTOP15!コンシーラーとは?使い方についても【2018年最新版】

2018.05.05

スティックファンデーションおすすめ人気ランキングTOP10

ぴたっと密着して肌悩みをカバーしてくれるスティックファンデーションは、どの製品が人気を集めているのでしょうか?
使用感や仕上がりの違いを比較して、肌悩みにマッチしたスティックファンデーションを見つけましょう!

10位 エスティローダー ダブル ウェア ヌード クッション スティック

 

みずみずしい感触のクッションをスティックにしたエスティローダーファンデーションは、2017年2月に発売された製品。
練り状のスティックだと固すぎて使いにくいと感じるなら、肌に軽く叩き込むだけでメイクできるクッションスティックがおすすめです。

ダブルウェアならではの軽いタッチとカバー力はそのままに、初心者でも簡単にプロ級仕上げが叶います。

Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

4,581円

こんな方におすすめ

  • みずみずしい質感のファンデーションが好み
  • 固いスティックは苦手

9位 チャコット スティックファンデーション

 

植物性紫外線防止成分を配合したチャコットのスティックファンデーションは、舞台メイクとしても使われるほどカバー力に優れています。
薄くつければ顔全体に塗ってもわざとらしくなく普段使いもOK。

ポイント塗りすればコンシーラーとしての役割も発揮します。
油性ファンデーションで汗・皮脂に流れにくく、化粧崩れに悩む方におすすめです。

Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

1,944円

こんな方におすすめ

  • 肌悩みをしっかりカバーしたい
  • 化粧崩れに悩んでいる

8位 エチュードハウス プレイ101スティック ファンデーション

韓国の人気プチプラコスメブランド、エチュードハウスのスティックファンデーションは伸びがいいなめらかなタッチが特徴です。
日本人の肌色にマッチする色展開で、2色をブレンドしてトーンを調節してもOK!

やわらかくパサつきにくい質感で、リップコンシーラーとして使えるのも人気のポイント。
血色感をアピールするグラデーションリップのベース作りにもおすすめです。

Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

1,728円

こんな方におすすめ

  • リーズナブルな価格のファンデーションが欲しい
  • リップコンシーラーとして使えるものを探している

7位 24hプレミアム スティックカバーF

敏感肌の愛用者が多いブランド、24hコスメのプレミアムスティックカバーFは保湿オイルがたっぷり配合されています。
ホホバ・ヒマシ・ツバキなどの植物由来のオイルが肌を乾燥から守り、毛穴・くすみ・シミをしっかりカバー。

スティックタイプの密着力はそのままに、肌負担を感じにくい軽いタッチを実現しました。
クレンジング不要で石鹸で落とせるタイプで、洗浄時の負担を軽減したい方におすすめです。

Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

5,569円

こんな方におすすめ

  • 保湿オイル配合タイプが好み
  • 石鹸で落とせるファンデーションが欲しい

6位 ナチュラグラッセ クリームバー ファンデーションN

 

軽い使用感ながら優れたUVカット機能を持つナチュラグラッセのファンデーションは、肌を焼きたくない方におすすめ。
SPF50+・PA++++で紫外線から肌を守り、ホホバオイルをはじめとした保湿成分がパサつきをブロックします。

ベタ塗りした印象になりにくいセミマット仕上げタイプで、つるんとなめらかな肌に見せるのが特徴。
肌悩みを隠せるカバー力も口コミで評価されています。

Amazon商品価格(2018年5月1日8現在)

4,320円

こんな方におすすめ

  • 紫外線をしっかりカットしたい
  • マットすぎない仕上がりが好み

5位 10minミネラル スティックファンデ

コンシーラーとファンデーションが一体化したような高いカバー力を求めるなら、10minミネラルがぴったり。
エイジングケア成分を配合しているファンデーションで、メイクしながらスキンケアしたい願いを叶えてくれます。

紫外線カット力も優れており(SPF50+・PA++++)、UVダメージから肌をしっかりガード。
隙のない女優肌のように仕上げたい方におすすめです。

Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

6,980円

こんな方におすすめ

  • コンシーラー級のカバー力を求めている
  • エイジングサインが気になる

4位 マナラ BBリキッドバー

 

スティックなのにリキッドのようなタッチが特徴のマナラBBリキッドバーは、毛穴の目立ちに悩む方におすすめです。
ナチュラルなカバー力で素肌っぽさを残しつつ、ソフトフォーカスパウダーの働きで毛穴のデコボコをぼかします。

スティックの密着力と手軽さはそのままに、2018年のトレンドである透明感もゲットできる注目のファンデーションです。

Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

3,000円

こんな方におすすめ

  • なめらかに伸びるファンデーションが欲しい
  • 毛穴の目立ちが気になる

3位 毛穴パテ職人 BBメルティバー

 

良質なスティックファンデーションが1,000円以下で買える!と話題なのが、毛穴パテ職人のBBメルティバーです。
オーリブオイル・ローズヒップオイル・スクワランが肌を乾燥から守り、ほんのりツヤをプラスします。

毛穴をフラットにする3Dフィット処方で肌のデコボコを補正し、思わず触れたくなるようなつるんとした仕上がりに。
SPF50+・PA++++の紫外線カット力があり、日焼け対策をしっかり行いたい方におすすめです。

Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

899円

こんな方におすすめ

  • 毛穴のデコボコを隠したい
  • 透明感がある肌に仕上げたい

2位 24h ミネラルスティックファンデ

第7位で紹介した24hコスメのお手ごろスティックファンデーションがこちら。
スティック初挑戦の方でも手に取りやすい価格と使い切りサイズが評価されています。

クレンジング不要で石鹸で落とせるファンデーションで、高いカバー力とナチュラルな仕上がりを求める方におすすめです。

Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

1,944円

こんな方におすすめ

  • 肌になるべく負担をかけたくない
  • 自然に仕上がるタイプが好み

1位 カバーファクトリー BBクリームバー

 

ふんわりヴェールをかけたような透明感ある仕上がりで、フェイスパウダーなしでも美肌に見えると人気なのがカバーファクトリーBBクリームバーです。
保湿成分が肌を乾燥から守りつつ、化粧崩れをブロックするパウダーがテカリを抑えます。

やわらかくツヤ感が出るファンデーションだと油浮きしてしまう方は、こちら使用するとよいでしょう。

Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

1,510円

こんな方におすすめ

  • 乾燥とテカリを同時に抱えている
  • 化粧崩れを抑えてサラサラした状態をキープしたい

スティックファンデーションの使用上の3個の注意点

メイクアップ初心者でも簡単に扱えるスティックファンデーションは、正しく使わないとヨレや化粧崩れを起こしてしまいます。
美しい仕上がりをキープするためにも、スティックファンデーションの使用上の注意を確認しておきましょう。

① 基礎化粧品が肌になじんでから使う

顔 スキンケア メイク 髪 肌 あご

ベースメイクをする前に気をつけたいのが、基礎化粧品がなじんでからファンデーションを塗ることです。
余分な水分や油分が残っている状態でファンデーションをのせると、均一に肌にフィットせずムラになってしまいます。

忙しく時間がない朝は、大きめのメイクアップスポンジで肌に残った基礎化粧品をなじませてからメイクするといいでしょう。

② 重ね塗りしすぎない

女性 メイク コンシーラー

スティックファンデーションは一度塗りでもしっかりカバーできるだけに、重ねて塗ると厚ぼったく見えてしまいます。
くすみ・シミが気になる場合は2度塗りまでにし、何度も重ねないように注意してください。

③ 折れないように短く繰り出す

コンシーラー2

スティックファンデーションは長く繰り出しすぎると口紅のように折れてしまうため、短く出して使いましょう。
数mm繰り出すだけでも問題なく使用できるため、短めに出すことを意識してメイクアップしてください。

【こちらもCHECK】スティックファンデーションの塗り方解説動画はこちら

Amazon&楽天のファンデーション人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

スティックファンデーションで肌悩みをスマートに隠そう!

女性 笑顔

リキッドファンデーションはきれいに仕上げるのが難しいし、パウダーファンデーションだとパサつく。
そんなベースメイクに関する悩みを抱えているなら、スティックファンデーションを使ってみてください。

なめらかに広がって初心者でもムラになりにくいスティックファンデーションは、使い勝手だけでなくカバー力も秀逸。
テクニック不要でプロ級の仕上がりがゲットできます。

人気のスティックファンデーションは製品ごとに配合成分や仕上がりが異なるため、好みにあわせて選んでみてください。
肌悩みをスマートに隠せるスティックファンデーションで、自信が持てる肌を作り上げましょう!

【あわせて読みたい】肌悩みがある方におすすめのコスメ記事はこちら

クマを消すのに最適な化粧品おすすめ人気ランキングTOP10!コンシーラーの即効性についても【2018年最新版】

2018.05.30

美白パックおすすめ人気ランキングTOP10!洗い流すタイプや韓国コスメも【2018年最新版】

2018.05.16

プレストパウダーおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.03

エイジングケア商品おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.04.23

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

音響好きの元エステティシャン

美容の専門家として勤務していた経験を武器に、きれいになるために本当に必要な情報だけを厳選してお届けします!
また、音楽大学付属高校に在籍経験があり、大学時代にはライブやボーカル大会に出演。
音響マニアたちと、スピーカーやサラウンドについて夜が明けるまで話したことも……。
音楽の現場で経験した音響の知識を元に、好みや目的にあう家電の選び方をお届けします!