ダウンショットシンカーおすすめ人気ランキングTOP5!使い方や重さについても【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • シンカーの形状を知って選ぶ
      →形状は使い分けると釣りやすさが変わり、それに伴って釣果が変わってくる。
    • 重さを数種類揃える
      →バスの活性や釣りをするポイントにあわせて、重さを数種類持っておく。
    • 素材の違いを知って選ぶ
      →初心者は鉛合金のものから始めて、慣れたらタングステン素材を使ってみると釣りがしやすくなる。

    シンカー


    バスフィッシングで使うリグにはさまざまなものがあります。
    そのなかにおいて、ダウンショットリグ専用で使うオモリのことを「ダウンショットシンカー」と言います。
    このダウンショットシンカーは意外にその選び方で釣果が変わってくるものです。

    本記事では釣り歴20年以上となる筆者が、ダウンショットシンカーの選び方やおすすめ品、使用時の注意点をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

    ダウンショットシンカーとは

    TAKAMIYA(タカミヤ) FALKEN R ダウンショットシンカー KSE-702  3/16oz
    TAKAMIYA(タカミヤ) FALKEN R ダウンショットシンカー KSE-702 3/16oz

    ダウンショットシンカーとは、ダウンショットリグ専用のオモリのこと。
    ダウンショットリグは針よりも下側にオモリがくる仕掛けで、一か所に留まることを得意としているリグです。
    もともとは海外においてパイクという魚を狙うための仕掛けだったようですが、現在ではバスフィッシングにおいて多用されるものとなっています。

    【こちらもCHECK】にバス釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    ラバージグおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.05.16

    ジャッカルのルアーおすすめ人気ランキングTOP15!ソルトルアー用も【2018年最新版】

    2018.03.22

    バス釣りスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

    2017.11.17

    ダウンショットシンカーを選ぶときの3つのポイント

    ① シンカーの形状を知って選ぶ

    シンカー


    ダウンショットシンカーには現在大きくわけて3つの形状があります。
    その3つの形状は、最も一般的で汎用性が高い「ラウンドタイプ」、棒状で引っ掛かりの少ない「スティックタイプ」、涙型をして安定性の高い「ティアドロップ」の3種類となっていて、それぞれの特徴を知っておき選ぶことが重要です。

    まず初心者の方が選ぶのに最適なのは汎用性の高いラウンドタイプ、岩場やテトラ帯など根掛かりしやすい場所で使うにはスティックタイプ、ブラックバスが低活性であまり動かないときにはティアドロップタイプを使ってみるのがおすすめです。
    ダウンショットシンカーの形状は使い分けると釣りやすさが変わり、それに伴って釣果が変わってくるので、ぜひ使い分けをしてみてください。

    ② 重さを数種類揃える

    レインズ(reins) TG タングステンダウンショットシンカー 1/32~3/8oz ・1/4oz(7.0g)
    レインズ(reins) TG タングステンダウンショットシンカー 1/32~3/8oz ・1/4oz(7.0g)

    ダウンショットシンカーはバスの活性や釣りをするポイントにあわせて、重さを数種類持っておくと便利です。
    目安としてスピニングタックルで使用する場合は1.8・2.6・3.5gのように揃え、ベイトタックルの場合は7・10・14gのような形で揃えるのがおすすめです。

    基本的な使い分けですが、バスの活性が低いときや水深が浅い場所では軽いものを使い、バスの活性が高いときや水深が深い場所、また風が強い場合には重たいダウンショットシンカーを使ってみてください。

    ③ 素材の違いを知って選ぶ

    ZAPPU(ザップ) スタンダードシンカーダウンショット3/16oz5g
    ZAPPU(ザップ) スタンダードシンカーダウンショット3/16oz5g

    ダウンショットシンカーには鉛合金を使ったものと、タングステン素材を使った製品があります。
    鉛合金は価格が安いのが特徴で、タングステン素材は比重があるので小さい形状にできて手元に伝わってくる感度がよいのが特徴となっています。

    初心者の方においては鉛合金のものから使い始めてみて、使い方が分かったらタングステン素材を使ってみると釣りがしやすくなるでしょう。

    ダウンショットシンカーおすすめ人気ランキングTOP5

    ここからはダウンショットシンカーのおすすめ人気ランキングTOP5をご紹介。
    筆者がダウンショットシンカー選びのポイントを踏まえたおすすめ品なので、ぜひ参考にしてみてください。

    5位 レイン タングステン ヘビーダウンショットシンカー

    ベイトタックルで使える、とにかく重たいダウンショットシンカーが欲しいという方にはこの製品がおすすめ。
    ラインナップには最大42gという重さがあり、ほかのメーカーにはない唯一無二の製品です。
    価格は高いですが、重さを求める方はぜひ使ってみてください。

    Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

    1,166円

    4位 カツイチ スルスル君 DS-2

    シンプルなティアドロップタイプのダウンショットシンカー。
    価格が安く、重さのラインナップも幅広いのでスピニングタックルでもベイトタックルでも使っていきやすい製品です。

    Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

    432円

    3位 ジャッカル JKタングステンスティック ダウンショトシンカー

    タングステン製でスティックタイプの珍しいダウンショットシンカー。
    細身の形状であることによって、隙間が多い岩場やテトラ帯でも引っ掛かりにくい特徴をもっています。
    スティックタイプとしては一番おすすめの製品です。

    Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

    441円から

    2位 モーリス グラン ノガレス ゴブリンバット

    シンカー表面に小さな突起を設けてあるティアドロップタイプのダウンショットシンカー。
    突起があることによって、ほかの同じ重さのシンカーよりも引っ掛かる力が強く、1か所を集中して釣りたいときに使いやすいです。
    特にバスが低活性となっている状況でおすすめのダウンショットシンカーとなっています。

    Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

    535円

    1位 デコイ ダウンシンカー/コツコツ君

    汎用性が高く使いやすいラウンドタイプのダウンショットシンカー。
    初心者の方から上級者まで使いやすく、重さのラインナップも幅広いため、最もおすすめしたい製品です。

    Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

    340円から

    ダウンショットシンカーを使用するうえでの注意点

    針先が上になる結び方をする

    針 釣り


    ダウンショットシンカーを使うときには、針先が上になる結び方をする必要があります。
    そのためほかのリグとは少し違った結び方が必要となり、これを行うことによってセットするワームの上下がはっきりとし、ブラックバスが喰いつきやすくなります。
    結び方を覚えるためには、最初はタコ糸や毛糸のような太い糸で順序を覚えて、それから釣り糸でやってみると上達が早いです。

    【こちらもCHECK】ダウンショットリグの結び方に関連するおすすめ動画はこちら

    Amazon&楽天のシンカー人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    ダウンショットシンカーの使い分けでどんな季節も攻略!

    魚


    ダウンショットシンカーを使った釣り方は、ブラックバスの活性や釣り場の状況にあわせやすく、季節を問わずに使うことができる便利なものです。
    ほかの釣り方と使い分けることによって、釣果を伸ばしていくことができるでしょう。
    ダウンショットシンカーの選び方を覚えて、最適な製品を使って釣りを楽しんでみてください。

    【あわせて読みたい】バス釣り用品に関連するおすすめ記事はこちら

    バス釣りロッドおすすめ人気ランキングTOP15!スピニングや硬さや選び方も【2018年最新版】

    2018.05.21

    バス釣りルアーおすすめ人気ランキングTOP15!種類の説明も【2017年最新版】

    2017.12.12

    バス釣り用ワームおすすめ人気ランキングTOP10!リグや仕掛けのポイントも【2017年最新版】

    2017.11.30

    バス釣りラインおすすめ人気ランキングTOP10!太さや結び方についても【2017年最新版】

    2017.11.21

    バス釣りリールおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

    2017.11.21