ロッドホルダーベルトおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • ベルト取りつけ幅を確認して選ぶ
      →なかには3列車専用の製品もあったり、取りつけ幅が狭いものもあるので注意。
    • 固定方法を確認して選ぶ
      →できるだけ、アシストグリップに固定できるタイプを選んでおく方が安心。
    • 搭載可能本数を確認して選ぶ
      →それぞれ搭載可能本数が決まっているので、確認して購入する。

    【オルルド釣具】 車載用ロッドキャリー 「キャリルドA」 ロッドキーパーベルト・ロッドホルダーに/ ルアーロッド等リールを付けたままの釣竿の車載・収納に/最大5本まで対応 グレー qb500081c01n0
    【オルルド釣具】 車載用ロッドキャリー 「キャリルドA」 ロッドキーパーベルト・ロッドホルダーに/ ルアーロッド等リールを付けたままの釣竿の車載・収納に/最大5本まで対応 グレー qb500081c01n0

    釣りに車で行く際にあると便利なのが、ロッドを積む専用に作られたアイテムです。
    ロッドを車に積むアイテムはいくつかありますが、最も手軽で価格が安いのがロッドホルダーベルトというものです。
    意外ですがロッドホルダーベルトは釣具店においての取り扱い数が少なく、選ぶときにはネットで探してみる必要が多い製品となっています。
    本記事では釣り歴20年以上の筆者がロッドホルダーベルトの選び方やおすすめ品、使用時の注意点までをご紹介していきます。

    ロッドホルダーベルトとは

    タカ産業 ロッドキーパーベルト TYPEII 400986
    タカ産業 ロッドキーパーベルト TYPEII 400986
    ロッドホルダーベルトとは、車のアシストグリップや窓ガラスに吸盤で取りつけて使うものです。
    ロッドを車で持ち運ぶときには、ビス固定式のロッドキャリーもありますが、取りつけ取り外しに時間が掛かり、車を家族で共有していたりすると使い勝手の悪さもあります。
    ロッドホルダーベルトに関しては取りつけが数分で終わり、取り外しは1分と掛からないので手軽さの面では非常に便利です。

    【こちらもCHECK】ロッドホルダーに関連するおすすめ記事はこちら

    船用ロッドホルダーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.05.13

    ロッドホルダーおすすめ人気ランキングTOP15!船用や車用も【2018年最新版】

    2018.04.13

    車用ロッドホルダーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.29

    ロッドホルダーベルトを選ぶときの3つのポイント

    ① ベルト取りつけ幅を確認して選ぶ

    車 トランク


    ロッドホルダーベルトを選ぶときに最も重視したいのがベルト取りつけ幅です。
    ロッドホルダーベルトに関しては取りつけできる車幅が広く取ってあるものが多いですが、なかには3列車専用の製品もあったり、取りつけ幅が狭いものもあったりしますので注意してください。

    ② 固定方法を確認して選ぶ

    完全日本製 強力吸盤 車用カーサンシェード用 10個セット
    完全日本製 強力吸盤 車用カーサンシェード用 10個セット

    ロッドホルダーベルトにはアシストグリップに取りつけるタイプと、窓ガラスに吸盤で固定するタイプがあります。
    できるだけですが、アシストグリップに固定できるタイプを選んでおく方が安心です。
    窓ガラスに吸盤で固定するタイプは、吸盤の劣化や取りつけ面に残った空気の膨張によって外れることもありますので、しっかり取りつけできているかを確認して使うようにしてください。

    ③ 搭載可能本数を確認して選ぶ

    ロッドセイバー 車用ロッドキャリアー 7本用 RODSAVER
    ロッドセイバー 車用ロッドキャリアー 7本用 RODSAVER

    ロッドホルダーベルトにはそれぞれ搭載可能本数が決まっていますので、そちらも確認して購入するようにしてください。
    基本的には5本搭載可能なものが多く、製品によっては7本までロッドを載せられるものもあります。
    自分の持ち運びする予定本数にあった製品を選ぶようにしておきましょう。

    ロッドホルダーベルトおすすめ人気ランキングTOP5

    ここからはロッドホルダーベルトのおすすめ人気ランキングTOP5をご紹介。
    筆者がロッドホルダーベルト選びのポイントを踏まえたおすすめ品なので、ぜひ参考にしてみてください。

    5位 Booms Fishing VRC ロッドキャリー


    ベルト取りつけ幅:-cm

    アシストグリップ装着式の3列シート車専用のロッドホルダーベルト。
    マジックテープでしっかりとロッドグリップを固定できるのが魅力です。

    Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

    1,499円

    4位 タカ産業 ロッドキーパーベルト TYPEII 400986


    ベルト取りつけ幅:最大135 cm

    前方はアシストグリップ、後方は吸盤によって固定できるロッドホルダーベルト。
    黒吸盤の採用で直射日光によるゴムの劣化を抑える工夫がしてある製品です。

    Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

    2,898円

    3位 ロッドセイバー 車用ロッドキャリアー 7本用


    ベルト取りつけ幅:102-183cm

    最大7本まで搭載できるロッドホルダーベルト。
    バスフィッシングで持ち運ぶロッドが多い方や、数名で釣行をすることが多い方におすすめです。

    Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

    4,200円

    2位 オルルド釣具 車載用ロッドキャリー キャリルドA


    ベルト取りつけ幅:75-160 cm

    低価格の釣り具を多く販売しているオルルド釣具のロッドホルダーベルト。
    アシストグリップに取りつけることで、リールをセットしたままの状態でロッドを車に載せることができます。

    Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

    1,198円

    1位 エイチ・ワイ・エス 日吉屋 No.769ロッドキャリー Popular Edition


    ベルト取りつけ幅:75-150 cm

    2列シート、3列シートどちらの車にも対応するロッドホルダーベルト。
    取り付け方法がアシストグリップ式、吸盤式と選べるので自分の車にあったセッティングがしやすい製品となっています。

    Amazon商品価格(2018年5月18日現在)

    2,890円

    ロッドホルダーベルトを使用するうえでの注意点

    ロッドを載せたままにしない

    車上荒らし


    ロッドホルダーベルトを使用するときには、ロッドを載せたままにしないようにしてください。
    理由は2つあり、まずは盗難の危険性です。
    ロッドやリールは転売が可能なので、毎年のように盗難事件が発生しています。
    特に釣り場での発生が多いので、持ち運ぶ本数も使うものだけに絞っておくことをおすすめします。

    2つめの理由が落下の可能性があるからです。
    吸盤式のロッドホルダーベルトでは特に注意が必要で、落下してしまった場合はロッドに強い負荷が掛かり破損してしまうことがあります。

    ロッドホルダーベルトは便利なものですが、ちょっとした使用時の注意点を覚えて使ってみてください。

    Amazon&楽天のロッドホルダーベルト人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    自分の車にあったロッドホルダーベルトを選んで釣りに出掛けよう

    湖 夕日 釣り


    ロッドホルダーベルトは最も手軽に、ロッドやリールを安全に持ち運びできるアイテムです。
    ご紹介した選び方のポイントを踏まえ、自分の車にあった製品を選んでみてください。
    また、ロッドキャリータイプでは予算や取りつけの兼ねあいがつかないという方も、ぜひロッドホルダーベルトを使ってみることをおすすめします。

    【あわせて読みたい】ロッドに関連するおすすめ記事はこちら

    ヒラスズキロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.06.27

    シーバス用ベイトロッドおすすめ人気ランキングTOP10!安いものも【2018年最新版】

    2018.05.21

    ビッグベイトロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.05.21

    コンパクトロッド(パックロッド)おすすめ人気ランキングTOP15!スピニングタイプやベイトタイプも【2018年最新版】

    2018.04.25

    ナマズロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.13