短い突っ張り棒おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 耐荷重
    →突っ張り棒にはかける物の最大重量を示した耐荷重が表示されているので、あらかじめどれくらいの重さのものを置く予定なのか確認しておこう。
  • 突っ張り棒の用途
    →突っ張り棒は物をかけるという使い方のほか、簡易的な棚にしたり、縦に突っ張って物を立たせて収納することも可能。用途にあわせて選ぼう。
キッチン

突っ張り棒は、壁を傷つけずに収納スペースを増やせる便利な雑貨です。
そのうえアイデア次第で、さまざまな使用方法も可能。
本記事では「短い突っ張り棒」にスポットを当て、おすすめ商品や使い方のポイントなどをご紹介します。

短い突っ張り棒とは?

アイリスオーヤマ 突っ張り棒 伸縮棒 超スリム 幅45~70cm ホワイト RSV-70
アイリスオーヤマ 突っ張り棒 伸縮棒 RSV-70
突っ張り棒とは、部屋の壁や家具などの間に設置する、長さを自由に変えて使う棒のことです。
本記事では、50cm以下の長さで使用できる突っ張り棒を「短い突っ張り棒」と定義してご紹介します。

短い突っ張り棒は、部屋に置いた家具と壁との間や物を収納した棚の上部など、ちょっとしたデッドスペースを有効活用するのに便利なアイテムです。
トイレではトイレットペーパーを置くスペースを作ることができたり、洗面所では洗剤やケア用品を置くスペースを創出することができます。
また、キッチンではフライ返しやおたまを掛けるなど利用法はさまざまです。
家の間取りに関係なくスペースを生み出すことができる場合が多く、デッドスペースの活用以外にも小窓用にカフェカーテンを設置するなどの活用法もあります。

【こちらもCHECK】異なるサイズの突っ張り棒を紹介している記事はこちら

縦タイプの突っ張り棒おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.07.08

長い突っ張り棒おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.07.07

短い突っ張り棒の3つの選び方

① 突っ張り棒の長さ

サイズを測らず、深く考えずに大きい突っ張り棒を買ってしまった結果、スペースが狭くて設置できない経験をしている方が筆者の周りでも複数人います。
感覚に頼らずに突っ張り棒を設置したい場所の長さを正確に計測し、商品を選びましょう。

② 短い突っ張り棒の用途

突っ張り棒の活用法はさまざまで、簡易的な棚にしたり、縦に突っ張って物を立たせて収納したりすることも可能です。
重いものを載せない場合はインテリアにマッチしたものを、物を乗せる場合は見た目よりも耐荷重重視で選びましょう。

【こちらもCHECK】突っ張り棒で棚下収納を増やす方法を紹介している動画はこちら

③ 耐荷重

突っ張り棒には、かける物の最大重量を示した耐荷重が表示されており、耐荷重を超えて商品をのせたりかけたりすると、突っ張り棒が外れます。
また、2つの突っ張り棒で棚スペースを作った場合、一箇所に重たいものが集中すると耐荷重未満でも外れてしまうこともあります。
スペースがあるとついものを置いてしまう方は、想定している使い方よりも数キログラムは耐えられる突っ張り棒を購入しましょう。

短い突っ張り棒の最安値と価格帯の特徴一覧

短い突っ張り棒は100円ショップでも購入できますが耐荷重が1kgや2kgと低いものが多いです。
複数箇所に設置して統一性を図りたい場合は売れ筋価格帯の200円から500円付近の突っ張り棒を選びましょう。
突っ張り棒と棚の部分が一体となった商品は平均すると1000円程度ですが、楽をして棚を設置したい方にはおすすめです。

最安値売れ筋・人気高額・高級品
価格100円200円~500円約500円~
特徴100円ショップで購入できるもの。耐荷重は1kgから2kg。ホームセンターや通販で販売されており、耐荷重も2kgから10kg程度。デザインもさまざま。突っ張り棒と物を乗せる部分が組み合わさった「突っ張り棚」タイプ。耐荷重は2kgから20kgのものなど豊富。

短い突っ張り棒おすすめ人気ランキングTOP5

ここからは、大小さまざまな突っ張り棒を活用している筆者が、おすすめの短い突っ張り棒人気ランキングをご紹介します。
選び方のポイントを押さえつつ、ぜひ参考にしてみてください。

5位 平安伸銅工業 突っ張り棒 隙間収納

耐荷重
汎用性
総合おすすめ度

取付寸法:13〜16cm、16〜21cm、21〜29.5cm、29.5〜43cm
耐荷重:2kg
ポールの直径:10〜13mm
カラー:ホワイト

4種類という豊富なサイズ展開が特徴。
特に13〜16cmのサイズは珍しく、突っ張り棒のなかでも非常に短い商品です。
持て余していたスペースに設置して物をかけるなど、ほんの少しのデッドスペースを有効活用するのに最適です。
バリエーションが豊富ですが耐荷重が2kgとなっているのでこの順位としました。

4位 平安伸銅工業 突ぱりスマートポール木彫

耐荷重
汎用性
総合おすすめ度

取付寸法:32〜46cm、42〜66cm
耐荷重:4~8kg ※長さによって変化します
ポールの直径:10〜13mm
カラー:木目調

木目調のナチュラルな色合いで、どのような部屋にもあわせやすい突っ張り棒です。
サイズは32〜46cm、42〜66cmの2種類。
のれんやカフェカーテンをかけるのにもおすすめです。
32〜46cmのタイプはAmazonで503円(2018年8月31日現在)となっており、価格面を配慮して4位としました。

3位 テンションポール ゴールド


テンションポール ゴールド
耐荷重
汎用性
総合おすすめ度

取付寸法:28〜40cm、40〜70cm
耐荷重:3kg
ポールの直径:11〜13mm
カラー:ゴールド、シルバー

突っ張り棒のカラーはホワイトが多いですが、この商品は高級感のあるゴールドが特徴です。
一見突っ張り棒だとわからないので、生活感を出さずに役割を果たしてくれることでしょう。
リビングなど、人目につく場所に使用しやすい商品で、サイズは28〜40cm・40〜70cmの2種類あります。

2位 平安伸銅工業 突っ張り棚

耐荷重
汎用性
総合おすすめ度

取付寸法:12〜14cm、14.5〜18.5cm、19〜28cm、28.5~43cm
耐荷重:2kg
ポールの直径:-
カラー:ホワイト

こちらの商品は棚の形をしていて、突っ張り棒で長さが調節可能。
棚の幅が12〜14cm・14.5〜18.5cm・19〜28cm・28.5〜43cmの4種類あり、奥行きもスリム(12cm)とワイド(23cm)の2種類展開されています。
合計8種類あるサイズのなかから、使う場所にあったサイズの商品を選べる汎用性を評価してこの順位としました。

1位 アイリスオーヤマ 突っ張り棒 超スリム


アイリスオーヤマ 突っ張り棒
耐荷重
汎用性
総合おすすめ度

取付寸法:29〜46cm
耐荷重:4~8kg※長さによって変化します
ポールの直径:10〜13mm
カラー:ホワイト、木目ミディアムブラウン

非常にシンプルで、短い突っ張り棒のなかでは安価な価格帯ながらも耐荷重は4kg~8kgとなっている優れもの。
29〜46cmの活用できるスペースがあれば、こちらで間違いはありません。
カラーはホワイトと木目ミディアムブラウンの2種類あるので、設置場所にあうものを購入しましょう。

短い突っ張り棒使用上の2つの注意点

① 設置場所の強度を確認!

ノック

突っ張り棒を設置する場所の強度を、最初に確認しましょう。
強度が弱くやわらかい場所に設置すると、突っ張り棒が固定されず、外れやすくなってしまいます。
また、やわらかい場所で固定できても、外した跡がついてしまうこともあるので注意してください。

② 突っ張り棒の正しい設置方法を守る

突っ張り棒の取り扱い説明書には、商品ごとに正しい設置方法が記述されています。
正しい設置方法を守ることで外れにくくなり、安定して使用することが可能。
本記事でご紹介したタイプの突っ張り棒は、設置したい場所より少し長めに突っ張り棒を伸ばすのがポイント。
そして片側をしっかりと設置したい面に押しつけてから、突っ張り棒の長さを短くして調整していくとよいでしょう。

Amazon&楽天の突っ張り棒人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


短い突っ張り棒でデッドスペースを有効活用!

普段持て余しがちな狭いデッドスペースですが、短い突っ張り棒を使用することで有効活用することができます。
我が家では長い突っ張り棒も含めて10本以上活用していますが、キッチンや洗面台など、新たに短い突っ張り棒を購入して活用したいスペースが残っています。
日々の生活をより便利で快適に過ごすためにも、ぜひ短い突っ張り棒を使ってみてください。

【あわせて読みたい】収納に関連するおすすめ記事はこちら

壁掛けタイプのマガジンラックおすすめTOP5【2018年最新版】

2018.08.30

衣装ケースおすすめ人気ランキングTOP15!収納方法やサイズについても【2018年最新版】

2018.07.06

ハンガーラックカバーおすすめ人気ランキングTOP6【2018年最新版】

2018.05.28

食器棚おすすめ人気ランキングTOP15!収納術も紹介【2018年最新版】

2018.05.15

押し入れに入るハンガーラックおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

2017.11.30

ABOUTこの記事をかいた人

藤田まみ

猫・犬と戯れて過ごしているフリーライター

幼い頃から、気がつけば雑貨店巡りの日々。
かわいいデザインの雑貨を見つけると、買わずにはいられない。
休日は家族でペット用品・雑貨を求めて、あちこちへ出向いています。