文鳥餌おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

藤岡ゆきこ

動物飼育歴20年

子供のころから動物が好きで、犬や猫をはじめ爬虫類や鳥類などさまざまな動物の飼育経験があります。
今までの飼育経験を活かして、みなさんの大切なペットのためになるお役立ち情報や商品を紹介していけるようにがんばります!

    選び方のポイント

    • 餌の種類で選ぶ
      →文鳥餌には、穀物などのシードタイプと粉末状にして固めたペレットタイプがある。
    • 副食も与える
      →好き嫌いや食べ残しによる栄養不足を補うため、野菜やボレー粉などの副食も与える。
    文鳥

    昔から手乗りペットとしても人気の高い文鳥はもともとインドネシア原産の鳥で、日本には江戸時代に入ってきた歴史の古い鳥でもあります。
    鳴き声も小さく飼い主にも慣れやすいため、はじめて飼う人の鳥としても文鳥はおすすめです。
    文鳥餌を調べてみるといろいろな種類の商品が販売されていて、はじめて飼う人はどんな餌を与えたらいいのか迷ってしまうでしょう。
    本記事ではそんな文鳥の生態や、餌を食べないときの対処法、おすすめの餌を紹介します。

    文鳥とは

    文鳥


    文鳥はスズメ目に属するスズメの仲間で、江戸時代に日本に輸入されてきてから現在まで、美しい毛並みと飼い主へのなつきやすさからペットとして人気があります。
    基本的なカラーは黒白の頭と黒い尾、グレーの体にピンクのくちばしですが、現在では薄い茶色のシナモン文鳥や全身真っ白の白文鳥など、カラーにもバリエーションがあります。

    【こちらもCHECK】文鳥好きにおすすめの記事はこちら

    文鳥好きが選んだおすすめの文鳥グッズランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.10.10

    文鳥餌の2つの選び方

    ① 餌の種類で選ぶ

    文鳥 餌


    文鳥は穀類を主食としていて、アワやヒエ、カナリアシードなどが混ざった混合シードか、穀物を粉末状にして栄養を加えたペレット状の餌があります。
    混合シードは文鳥が普段自然界で食べているものに近く、ほとんどの文鳥がすぐに慣れて食べてくれることが多いですが、このシードだけでは栄養のバランスが悪いため、シードのほかにも小松菜や豆苗など補助食を与えてあげる必要があります。
    ペレットは文鳥に必要な栄養素をすべて含んだ総合飼料なので、基本的にはペレットだけで文鳥を育てることが可能です。

    ただし、ペットショップなどで売られている文鳥のほとんどはシード食で育てられていることが多く、ペレットに慣れるまでに時間がかかる場合もあるため注意が必要です。

    ② 栄養バランスを補うために副食も与える

    野菜


    ペレット状の餌は人工的にすべて粉末にしてあるため、栄養のバランスもよく配合されていますが、穀物の餌は文鳥によって好き嫌いが出ることがあります。
    主食の餌だけで栄養バランスを補いきれない場合は、新鮮な野菜やボレー粉などを副食として与えましょう。

    文鳥餌おすすめ人気ランキングTOP5

    ここからは動物飼育歴20年の筆者が、栄養素、信頼性を考慮して選んだおすすめの文鳥の餌5つをランキング形式で紹介します。
    どれを買ったらいいのか迷ったら、このランキングから選んでみてください!

    5位 黒瀬ペットフード ネオ・フード 文鳥専用フード 300g


    種類:ペレット
    内容量:300g
    原材料:玄米粉、脱脂米糠、乾燥さなぎ、ホミニフィード、ビートパルプ、小麦粉、発酵脱脂大豆、大豆粉、炭酸カルシウム、卵殻カルシウム、ステビア、ほか

    文鳥が好む厳選された原材料をバランスよく配合したペレットタイプの餌です。
    着色料や保存料を一切使用せずに国内で製造しているので、安心して与えることができます。

    ペレットの大きさも文鳥が食べやすい大きさになっているので、食べ残しや餌の飛び散りが少ないのもおすすめポイントです。

    4位 マイフレンド 皮むき ブンチョウ 700g


    種類:混合シード
    内容量:700g
    原材料: ムキキビ、ムキアワ、青米、ムキヒエ、ミネラルボレー、ムキシード、黒米、大麦、小麦ふすま、小麦胚芽、とうもろこし澱粉、クロレラ、ビール酵母、オリゴ糖

    むき餌は殻の飛び散りが少なく便利ですが、殻つきよりも栄養が少なくなってしまう面があります。
    この商品は、むき餌の不足しがちな栄養(小麦胚芽、小麦ふすま、クロレラ、オリゴ糖)を添加することにより、主食として与えても十分な質に。

    むき餌は殻の飛び散る心配もなく、食べ残しの分量もわかりやすいため、文鳥の健康管理もしやすく便利です。

    3位 ナチュラルペットフーズ エクセル文鳥 600g


    種類:混合シード
    内容量:600g
    原材料:アワ(皮つき)、ヒエ(皮つき)、キビ(皮つき)、カナリアシード(皮つき)、青米、アワ(皮ムキ)、赤アワ(皮つき)、赤キビ(皮つき)、ほか

    文鳥が好きな野菜やフルーツと、種子をバランスよくミックスした文鳥専用餌です。
    天然のハチミツやカルシウムなどを添加することで不足しがちな栄養素を補っているので、主食としても与えられます。

    2位 ハッピーホリデイ カスタムラックス 文鳥ブレンド 0.83L


    種類:混合シード
    内容量:830g
    原材料:青米、カナリーシード、玄あわ、赤あわ、玄ひえ、赤ひえ、玄きび、赤きび、もみ、小麦、大麦、大根の種

    カスタムラックスに使用しているシードは、土に撒けば発芽もする新鮮な種子を使用している文鳥餌です。
    自然界の小鳥たちが食べる餌に限りなく近い配合にしてあるので、主食としての用途に最適!

    また殻つきの餌は、むき餌よりも栄養価が高く、殻をむく行為はストレス発散にもつながります。

    1位 黒瀬ペットフード プロショップ専用 mania 文鳥 1L


    種類:混合シード
    内容量:680g
    原材料:ヒエ、シード、アワ、ニガシード、ボレー粉、赤アワ、青米、エゴマ、 野菜顆粒(ケール、大麦若菜、モロヘイヤ、カボチャ、ニンジン、チンゲン菜)、ほか

    オゾン洗浄した天然のヒエやアワなどの皮つき穀物をバランスよく配合した文鳥餌です。
    文鳥の健康を考え、穀物以外にもビール酵母やフルーツの顆粒をミックスしています。

    ショップでも使用されるほど、信頼性も高く安心して与えられるおすすめの餌です。

    文鳥に餌を与えるときの2つの注意点

    ① 文鳥の餌の量に注意する

    秤 重さ


    文鳥が食べる1日の餌の量ですが、体重の10%くらいが目安と言われています。
    平均体重が20~25gくらいですので、餌の量はおおよそ2gとなります。

    与えすぎは肥満の原因になるので注意が必要ですが、食べ散らかす分を考慮して少し多めに与えるのがおすすめです。

    ② 餌を食べない場合は保温する

    文鳥


    文鳥は暖かい地域の生き物なので、冬は保温が必要です。

    文鳥が餌を食べずに元気がない場合、寒さや病気が原因かもしれません。
    鳥かごの中は28度から30度くらいまで保温し、糞などに異常がある場合はすぐに病院に連れていきましょう。

    【こちらもCHECK】文鳥の飼育温度に関連するおすすめ動画はこちら

    Amazon&楽天の文鳥餌人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    文鳥の好みにあった餌をあげよう!

    文鳥 ぬいぐるみ


    文鳥の餌にはシード食やペレット食などがあり、一般的にペットショップなどではシード食で育てられていることが多いです。
    そのためペレット食を餌として認識してくれるまでに時間がかかるので、最初はシード食から徐々に切り替えていくのがおすすめですよ。
    シードには殻つきとむき餌があり、むき餌は殻の飛び散りが少ないですが、栄養価的には殻つきより低くなってしまいます。
    食べ残しや健康状態をしっかりとチェックし、副食を適宜与えるなどしましょう。

    かわいい文鳥と長く楽しい時間を過ごすためにも、今回のランキングを参考にベストな文鳥の餌を見つけてくださいね!

    【あわせて読みたい】ペット用品に関連するおすすめ記事はこちら

    犬用冬服おすすめ人気ランキングTOP10!サイズ選びについても【2018年最新版】

    2018.07.28

    うさぎおもちゃおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.07.28

    うさぎ用ハウスおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.07.26

    犬用ブラシおすすめ人気ランキングTOP9【2018年最新版】

    2018.01.26

    猫用水やりおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.12.11

    ABOUTこの記事をかいた人

    藤岡ゆきこ

    動物飼育歴20年

    子供のころから動物が好きで、犬や猫をはじめ爬虫類や鳥類などさまざまな動物の飼育経験があります。
    今までの飼育経験を活かして、みなさんの大切なペットのためになるお役立ち情報や商品を紹介していけるようにがんばります!