無線LANアダプタおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 無線ルーターの無線通信規格をチェック!
    →購入前には必ず無線ルーターの無線通信規格を確認し、「IEEE802.11ac」に対応可能かというところを注意しながら、自分の環境に最適な製品を選ぼう。
  • 接続するUSB端子の規格を確認!
    →購入前には、接続する機器がどのUSB規格に対応しているのか(「USB3.1」「USB3.0」「USB2.0」など)を確認しよう。
  • 無線LANアダプタのセキュリティ規格
    →現在の最新のセキュリティ規格は「WPA2」(または「WPA2-AES」「WPA2-PSK」などと表記される)。製品を選ぶ際は、この規格に対応しているものを選ぼう。
pc sns パソコン ネットワーク

最近では、電波で通信できる機器のみで構成された無線LANを家庭内LANとして採用するところが増えています。
これは、近年爆発的に普及したスマートフォンの影響が大きく、無線LANは有線LANとは違い設置にLANケーブルが必要ないため、手軽に導入できることが要因です。

無線LANを構築するためには、無線LANに対応した機器が必要です。
スマートフォンやタブレットであれば問題ないのですが、パソコンは対応していない機種もあります。
最近はネット動画配信サービスが普及してきたこともあり、テレビもインターネット接続の需要が高まっていますが、無線LANに対応したテレビ製品はそれほどありません。
数年前のテレビともなると、対応していない製品がほとんどでしょう。

この問題を安価な値段で解決してくれるのが、今回ご紹介する無線LANアダプタです。
では、無線LANアダプタの詳細と、おすすめの商品を見ていきましょう。

無線LANアダプタとは?

600Mbps USB WIFI無線LAN 子機、 Techkey デュアルバンド USB WIFI アタブター、ワイヤレスネットワーク アダプタ((2.4G/150Mbps+5G/433Mbps) 無線LANアンテ 対応 デスクトップ/ PC /ラップトップ/Windows10/8.1/8/7/XP/Vistaなど
600Mbps USB WIFI無線LAN 子機、 Techkey デュアルバンド USB WIFI アタブター、ワイヤレスネットワーク アダプタ((2.4G/150Mbps+5G/433Mbps) 無線LANアンテ 対応 デスクトップ/ PC /ラップトップ/Windows10/8.1/8/7/XP/Vistaなど
無線LANアダプタには無線LAN内に飛び交っている電波を送受信する機能があり、これを使えば無線LAN通信機能がない機器でも無線LANに参加することができます。
また、この機器は無線LAN子機と呼ばれることもあります。

【こちらもCHECK】無線通信に関連するおすすめ記事はこちら

ワイヤレスマウスおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.08.30

無線LAN(Wi-Fiルーター)おすすめ人気ランキングTOP5!マンションや一戸建て向け&規格などのスペック情報も【2018年最新版】

2018.07.05

無線LAN中継機・アクセスポイントおすすめ人気ランキングTOP10!スイッチングハブについても【2018年最新版】

2018.07.05

接続方法は基本的にUSB接続

パソコン PC USB メモリ コネクタ


無線LANアダプタは、パソコンの周辺機器を接続する機能を持つUSBに接続して使用します。
パソコンであればUSBポートは搭載されていますし、テレビでも数年前の製品であれば大抵搭載されています。
サイズはコンパクトなものもあり、製品によってはノートパソコンに接続したまま持ち歩いても問題ないほどです。

【こちらもCHECK】USBに関連するおすすめ記事はこちら

USBメモリおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.07.15

無線LANアダプタを選ぶときの3つの選び方

① 無線ルーターの無線通信規格をチェック!

ルーター 黒


無線LAN内では、無線通信規格という規格に則って通信が行われています。
無線LANアダプタや無線LAN内の中心的存在である無線ルーターの製品パッケージに必ず記載されている項目であり、「IEEE802.11ac」「IEEE802.11n」と表示されているものです。
基本的に語尾のアルファベットが規格の種類となっているため、省略して「ac」「n」と記載されることもあります。

この無線通信規格は、通信する双方が同じ規格に対応している必要があります。
現在市場に出ている製品のほとんどは、「n」までの規格には対応しているため、規格を意識せずに無線LANアダプタを購入しても、通信ができないということはありません。

ただし、無線ルーターが最新の規格である「ac」に対応している場合は注意が必要です。
実をいうと、この無線通信規格は種類によって通信速度が違います。

最新の「ac」では最大速度が6.9Gbps、1つ前の「n」では300Mbpsです。
これらは最大速度であるため、このままの速度が常に出るわけではありませんが、それでもこの両者の速度差は容易に体感できます。

もし無線ルーターが「ac」に対応しているにもかかわらず、「n」までしか対応していない無線LANアダプタを購入してしまうと、「n」規格の通信速度しか出ません。
普通の文書データの転送ならば「n」でも問題ありませんが、データ量の多い動画の転送などでは力不足を感じてしまいます。
無線LANアダプタを購入する前には必ず無線ルーターの無線通信規格を確認し、それにあった製品を選びましょう。

② 接続するUSB端子の規格を確認!

無線LANアダプタは、基本的にUSBで接続しますが、規格の種類は主なもので「USB3.1」「USB3.0」「USB2.0」があり、通信速度に直結しています。

「USB3.1」で最大10Gbps、「USB3.0」で最大5Gbps、「USB2.0」で最大480Mbps。
無線通信規格と同様に双方であわせる必要があるので、無線LANアダプタを購入する前に接続する機器が対応しているUSB規格かを確認しておきましょう。

③ 無線LANアダプタのセキュリティ規格

無線LANアダプタ2


無線LANは有線LANに比べて、導入も簡単で非常に便利ですが弱点もあります。
それは通信のセキュリティです。

無線LANは電波を飛ばして通信しますが、相手に向かって一直線に飛んでいくものではなく、常に全方向に向かって飛んでいきます。
そのため、無線LANの電波を別の機器でキャッチするのは容易で第三者に読み取られることもあります。

他人に悪用されないよう無線LANは、電波をキャッチされても中身が見えないよう暗号規格にもとづいて暗号化を施していますが、1つ問題が。
それは、現在の技術だと古い暗号規格をたやすく解読できてしまうという点です。
古い暗号規格しか搭載されていない無線LANアダプタを使用した場合、通信は丸裸も同然。

無線LANでは本人が思っている以上に個人情報を交換しているので、セキュリティは万全にしておきましょう。
現在の最新の規格は「WPA2」で「WPA2-AES」「WPA2-PSK」とも表記されます。
製品を選ぶ際は、この規格に対応しているものを選ぶようにしてください。

無線LANアダプタの最安値と価格帯の特徴一覧

無線LANアダプタの価格は、およそ500~5,000円。
売れ筋・人気は外部アンテナがついたタイプで、通信の質と価格のバランスに優れています。

最安値売れ筋・人気高額・高級品
価格約500円~約1,000~約3,000円約4,000~約5,000円
特徴サイズがコンパクトなタイプが主流。外付けアンテナがついたタイプがメイン。
コスパが最も優れている。
複数の外部アンテナがついた製品が多い。

無線LANアダプタおすすめ人気ランキングTOP10

上記の説明を踏まえたうえで、ここからはいよいよおすすめの商品を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。
このランキングでは製品の「コストパフォーマンス」「最大通信速度」「暗号規格」に着目し、総合的に優れたものをランクインさせています。

10位 I-O DATA WN-G300UA

コストパフォーマンス
最大通信速度
暗号規格
総合おすすめ度
  • 無線通信規格:IEEE802.11n
  • 最大通信速度:300Mbps
  • USB規格:USB2.0
  • 対応OS:Windows 10/8.1/8/7/Vista
  • 暗号規格:WEP128、WPA-PSK、WPA2-PSK

本製品はn規格までに対応した無線LANアダプタ。
通信速度はac規格の製品に劣りますが、それ以外の機能では優れた性能を持ちます。

無線LANアダプタのほかに、無線LANルーターとしても動作させることが可能。
操作方法も簡単で、パソコンに本機を接続し、モードを親機モードに変更するだけです。

さらに、n規格までの製品で外付けアンテナを搭載しているのは珍しく、通信の安定性が欲しい方にもおすすめできます。

9位 BUFFALO WLI-UC-GNM2S

コストパフォーマンス
最大通信速度
暗号規格
総合おすすめ度
  • 無線通信規格:IEEE802.11n
  • 最大通信速度:150Mbps
  • USB規格:USB2.0
  • 対応OS:Windows10/8.1/7
  • 暗号規格:WPA2-PSK、WPA-PSK、WEP

nまでの規格に対応したシンプルな無線LANアダプタです。
OSはWindowsにしか対応しておらず、VistaやXPでは機能しないので注意が必要。

しかし、機能がシンプルな分、acに対応した無線LANアダプタよりも価格はかなり抑え目です。
最大通信速度も150Mbpsと遅いですが、動画データを通信しなければそれほど問題はありません。
文書データをメインに扱う場合は、選択肢に入れる価値が十分にあります。

8位 TP-Link TL-WN725N

コストパフォーマンス
最大通信速度
暗号規格
総合おすすめ度
  • 無線通信規格:IEEE802.11n
  • 最大通信速度:150Mbps
  • USB規格:USB2.0
  • 対応OS:Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP、MacOS 10.7~10.12
  • 暗号規格:WPA2-PSK、WPA-PSK、WEP

無線規格は「n」までしか対応しておらず、USBもUSB2.0までの対応です。
一見すると性能が劣っているように見えますが、無線LANはどのデータを多用するかで必要な通信速度が変わってきます。
特に文書データを通信することが多い場合、「n」の通信速度でも問題なく、USBも2.0で十分です。

この製品は性能を抑えた分、価格が非常に安いという魅力があります。
サイズもコンパクトで、ノートパソコンにつけっぱなしで鞄の中にいれてもまったく気になりません。

7位 ANEWKODI B06XSHV359

コストパフォーマンス
最大通信速度
暗号規格
総合おすすめ度
  • 無線通信規格:IEEE802.11ac
  • 最大通信速度:433Mbps
  • USB規格:USB2.0
  • 対応OS:Windows 10/8.1/8/7/XP/Vista、Mac OS 10.4~10.12対応
  • 暗号規格:WPA-PSK、WPA2-PSK、WPA2

5GHzと2.4GHzの2種類の電波に対応したデュアルバンド接続の商品。

5GHzと2.4GHzはそれぞれに特徴があり、5GHzは電波干渉に強く通信速度が速いため、動画などの通信に向き、2.4GHzは対応機種が豊富で電波が届く距離が長いので、離れた場所での通信に向いています。

デュアルバンド接続を搭載したアダプタは2つの電波の切り替えが可能なので、接続する機器にあわせて通信を行えば、より安定したインターネット環境が構築できます。

6位 I-O DATA EX-WNPU1167M

コストパフォーマンス
最大通信速度
暗号規格
総合おすすめ度
  • 無線通信規格:IEEE802.11ac
  • 最大通信速度:867Mbps
  • USB規格:USB2.0
  • 対応OS:Windows10/8.1/7
  • 暗号規格:WEP、WPA-PSK、WPA2-PSK

MU-MIMO機能、ビームフォーミング機能を搭載した無線LANアダプタ。
MU-MIMO機能とは複数の端末に対して同時に電波を出せるもので、ビームフォーミング機能は端末に対して直接電波を出せるものです。
どちらも通信の速度と安定性を向上させてくれる便利な機能です。

また、通信速度は867Mbpsと高速なうえに本体サイズはコンパクト。
ノートパソコンに接続したままでもまったく邪魔になりませんが、ほかの製品に比べて価格がやや高めであるというデメリットもあります。

5位 WAVLINK WL-WN691A1

コストパフォーマンス
最大通信速度
暗号規格
総合おすすめ度
  • 無線通信規格:IEEE802.11ac
  • 最大通信速度:433Mbps
  • USB規格:USB2.0
  • 対応OS:Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP
  • 暗号規格:WPA2-PSK、WPA-PSK、WEP

アンテナが内蔵されているため、露出している製品にくらべて速度と安定性が劣りますが、その分小さく邪魔にならない商品です。
携帯性が非常に高く、ノートパソコンに接続したまま持ち歩くことができます。

4位 BUFFALO WI-U2-433DHP

コストパフォーマンス
最大通信速度
暗号規格
総合おすすめ度
  • 無線通信規格:IEEE802.11ac
  • 最大通信速度:433Mbps
  • USB規格:USB2.0
  • 対応OS:Windows 10/8.1/7/Vista、MacOS 10.11~10.8
  • 暗号規格:WPA2-AES、WPA-PSK、WEP

最大通信速度は433Mbpsと上位の製品に比べれば劣りますが、通信の安定性は抜群!
これは本製品に搭載された高感度のアンテナに加えて、ビームフォーミング機能によるところが大きいです。

ビームフォーミング機能は通信する双方で対応している必要がありますが、無線LANアダプタから端末に対して直接電波を送ることができるため、安定した通信が可能となります。

常にサクサクした通信ができるため、遅延が起きやすい動画データに威力を発揮する商品です。

【こちらもCHECK】BUFFALO WI-U2-433DHPのレビュー動画はこちら

3位 Zenoplige H05

コストパフォーマンス
最大通信速度
暗号規格
総合おすすめ度
  • 無線通信規格:IEEE802.11ac
  • 最大通信速度:867Mbps
  • USB規格:USB3.0
  • 対応OS:Windows10/8/7/Vista/XP、MacOS 10.4~10.12
  • 暗号規格:WPA2

通信速度が867Mbpsと非常に速く、USB3.0でも接続できる製品。
大きなハイパワーアンテナは電波の感度がよく、USB端子から離れているのでパソコン操作の邪魔にならず快適性が高いです。

無線LAN子機のほかにも、モードを変更すれば親機として動作できるだけでなく、デュアルバンド接続も可能なので、多くの機器と通信しても速度が落ちにくいといったメリットがあります。
多彩な機能を持つため、Amazonでも多くのレビューがつく人気商品です。

2位 Dootoper 1200M

コストパフォーマンス
最大通信速度
暗号規格
総合おすすめ度
  • 無線通信規格:IEEE802.11ac
  • 最大通信速度:866Mbps
  • USB規格:USB2.0
  • 対応OS:Windows 10/8/7/Vista/XP、MacOS 10.4~10.12
  • 暗号規格:WPA2-AES、WPA-PSK、WEP

長いアンテナが特長の無線LANアダプタです。
アンテナは長ければ長いほど感度が高く、通信の安定性と速度も向上します。
大きなアンテナは角度調整が可能なので、ノートパソコンに接続したときは横に倒すことで作業の邪魔になるのを防ぐことができます。

また、デュアルバンド接続に対応しているため、2つの電波を同時に使用でき、無線ルーターと安定性の高い通信を行える製品です。

1位 エレコム WDC-867SU3SBK

コストパフォーマンス
最大通信速度
暗号規格
総合おすすめ度
  • 無線通信規格:iEEE802.11ac
  • 最大通信速度:867Mbps
  • USB規格:USB3.0
  • 対応OS:Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP
  • 暗号規格:WPA2-PSK、WPA-PSK、WEP

ac規格に対応していて、しかもボディはコンパクト。
通信速度も867Mbpsと高速で、USB3.0にも対応しています。

優秀な性能を持ちますが、5GHzの電波にしか対応していないという欠点があります。
無線LANで使用されている電波には5GHzと2.4GHzの2種類がありますが、この無線LANアダプタは2.4GHzの電波では通信できないので、所有する無線ルーターが5GHzに対応しているか必ず確認しましょう。

コストパフォーマンスは非常に優れている製品です。

【こちらもCHECK】エレコム WDC-867SU3SBKのレビュー動画はこちら

Amazon&楽天の無線LANアダプタ人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


無線LANアダプタの使用上の注意点

無線LANアダプタ

無線LANアダプタは製品によって、さまざまな機能を持ちます。
無線ルーター機能(無線親機機能)などが代表的な機能であり、このような付加機能は便利なので、とりあえずついているものを購入すればいいように見えます。

しかし、これらの機能は無線LANアダプタ本来の機能ではありません。
例えば無線ルーター機能にしても、本来の無線ルーター製品の性能には遠く及びません。
接続できる端末はせいぜい1台程度です。

よって、接続する端末が1台程度ならばともかく、数台の端末を接続したいならば無線ルーター製品の購入をおすすめします。
無線LANアダプタの付加機能は、必要最低限の性能しか持っていないということを覚えておいてください。

無線LANアダプタをうまく活用できれば快適なネット環境が作れる!

無線LANアダプタは、新たに無線LAN環境を構築する際に最も威力を発揮します。

有線LAN環境で使われていたテレビやパソコンは、基本的に無線LANに対応していない場合が多いですが、無線LANアダプタがあれば、数千円で無線LANに参加できます。

たとえ無線LANを搭載していたとしても、数年前のテレビやパソコンは「ac」規格に対応していない機器がほとんどです。
このような機器に「ac」規格対応の無線LANアダプタを接続すれば、高速通信が可能になります。

最新の通信規格を利用するためには、規格に対応したものに買い替える必要があり、パソコンであれば数万円以上の出費です。
しかし、無線LANアダプタは高くても数千円。
通信の高速化はあらゆる作業に影響を及ぼすため、無線LANアダプタの購入は非常にコストパフォーマンスがよい投資なのです。

また、部屋の床にケーブルがあるとそれだけで掃除が面倒。
ケーブルがなければクリーナーもかけやすいので、掃除のしやすさにも無線LANは一役買ってくれます。

無線LANアダプタを上手に活用し、ストレスのない快適な生活を送りましょう。

【あわせて読みたい】パソコン周辺機器に関連するおすすめ記事はこちら

トラックボールおすすめ人気ランキングTOP9【2018年最新版】

2018.10.05

外付けDVDドライブおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.09.04

キーボードおすすめ人気ランキングTOP10!無線と有線&マウス付きタイプも【2018年最新版】

2018.08.04

ネットワークハブおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.08.02

HDDおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.23

ABOUTこの記事をかいた人

藤堂泰寛

元IT管理部

サーバーやパソコンに関する技術や知識に触れてきました。
パソコン周辺機器にはわかりにくい用語や勘違いしやすい項目が多いですが、それをわかりやすく発信していきたいと思っています。