ソイプロテインおすすめ人気ランキングTOP15!3つの効果についても【2018年最新版】

選び方のポイント

  • タンパク質の含有量で選ぶ
    →より質の高いものを求める場合はタンパク質の含有量をチェックする。
  • プロテインの種類で選ぶ
    →一般的にはプロテイン=粉末というイメージがあるが、ほかにもスティックタイプや錠剤タイプなどさまざまな種類がある。
  • 味で選ぶ
    →好きなテイストのプロテインを選ぶには、一度試飲をしてみたり、一袋500円~1,000円前後のお試し品にチャレンジしてみる。
プロテイン

健康や美容、ダイエット効果が高く期待される“大豆”が主成分のソイプロテイン。
女性ホルモンのバランスを整える、美容をサポートする、ダイエットに効くなどの理由で絶大な人気を誇っています。

プロテインと言えば、アスリートや肉体改造中の男性が利用するイメージをお持ちの方も多いですが、実は女性の美容と健康のケアにも向いているのです。

本記事では元スポーツトレーナーの筆者が、ソイプロテインの効果や正しい飲み方などを詳しく解説いたします。
話題の人気の商品もランキング形式でご紹介しますので、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

あなたのトレーニングライフにソイプロテインを取り入れて、より健やかな体づくりを目指しましょう!

 

目次

ソイプロテインとは?

大豆

ソイプロテインとは、その名のとおり“大豆(soy)”を主成分としたプロテインのこと。

良質な植物性タンパク質が豊富に含まれているため、効率よく筋肉強化をサポートしてくれます。
体に必要な栄養素もぎっしり詰まっており、普段運動をしない方が不足しがちな栄養を補えるという点もソイプロテインの特徴です。

最近では十分な栄養補給ができるよう、健康フードを混ぜたものやスムージータイプなども販売されています。

食物性タンパク質であるソイプロテインは体内での吸収が緩やかなので、満腹感が持続するのも人気の理由のひとつ。
ダイエット中に間食としてソイプロテインを摂取することで、空腹感を感じずにボディメイクが成功できるケースも少なくありません。

【こちらもCHECK】プロテインに関連するおすすめ記事はこちら

ダイエットプロテインおすすめ人気ランキングTOP10!ダイエット効果&美味しい飲み方も【2018年最新版】

2018.08.04

ホエイプロテインおすすめ人気ランキングTOP15!効果についても【2018年最新版】

2018.07.26

カゼインプロテインおすすめ人気ランキングTOP15!効果や飲み方も【2018年最新版】

2018.06.26

ホエイプロテインとの違いは?

プロテイン

肉体改造トレーニングやスポーツのパフォーマンス能力向上を目指している方のなかには、ホエイプロテインを選んでいる方も多いです。

牛乳が主成分で吸収が早いホエイプロテインは、筋肉の回復をスムーズにする効果が期待されるため、筋疲労を少なくしてトレーニングの結果を早く出したい方に向いています。

そんなホエイプロテインとソイプロテインの大きな違いは価格です。

ソイプロテインの方が比較的安価な商品が多いため、経済的に継続しやすいのが大きなポイントです。
さらにうれしいのが、脂肪や糖質をカットしているものが多いため、ダイエッターにも向いているという点。

短期間で肉体改造をしたい方はホエイプロテイン、よりコストをおさえてダイエットを成功させたい方はソイプロテインを選ぶとよいでしょう。

男性が飲むのはアリ?

プロテイン

ソイプロテインは大豆イソフラボンが豊富に含まれていることで知られています。

大豆イソフラボンは体内で女性ホルモンと似た働きをするため、女性が摂取するものだと思い込んでいる方も多いのですが、ソイプロテインには、大豆イソフラボンのみならずビタミンやミネラルなどの栄養素も含まれているため、性別を問わず飲むことができます。

ホエイプロテインやカゼインプロテインではお腹をこわしてしまうという方も、ソイプロテインでタンパク質を摂取するといいでしょう。
また脂肪や糖質がカットされているものが多いため、ダイエット中の男性にも向いています。

ソイプロテインとホエイプロテインが混ざっている商品もあるので、はじめての方はそのようなハーフタイプから試してみるのもよいでしょう。

 

ソイプロテインの3つの選び方

① ダイエット効果

プロテイン

ソイプロテインはダイエット効果が高いため、モデルのようなメリハリボディを目指している女性や、細マッチョに憧れる男性にも向いています。
比較的糖質が少ないソイプロテインは、余分なカロリー摂取の心配もなく、またうれしいのが、大豆を主成分としているため食物繊維が豊富に含まれており、腸の働きを活発にして便通を促してくれる点。
便秘でお悩みの方は、ぜひソイプロテインを利用してお腹をすっきりさせましょう!

さらに食物繊維は腸内で大きく膨らむため、満腹感が持続するというのもうれしいポイントですね。
ソイプロテインをうまく取り入れれば、空腹を感じずに無理なくダイエットを継続することができますよ。

② 筋肉量を増やす

プロテイン

ソイプロテインには豊富な植物性タンパク質が含まれているため、運動後に摂取すれば筋肉量の増加に効果的です。

筋トレを行って傷ついた筋繊維を素早く修復し、次のトレーニングに備えられるため、筋肉の成長を早めることができるのです。
その効果を得るためには、栄養の吸収率が高まる運動後30分以内のタイミングでプロテインを摂取するとよいでしょう。

筋肉量が増えると基礎代謝が上がり、痩せやすい体質に近づくというメリットもあるため、ぜひソイプロテインで筋肉の成長を促し、本格的な肉体改造に役立ててみてください。

③ 女性ホルモンのバランスを整える

先述した通り、ソイプロテインに含まれている大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをします。
そのためソイプロテインを取り入れることで、肌トラブルに働きかけたり生理中のイライラを緩和する効果も期待されます。

一度飲んだからといって明日美肌になれるというものではないので、最低でも3か月間は継続して様子を見てください。

多くの女性がお悩みの便秘の症状を和らげる効果も高いので、ホルモンバランスとともに腸内環境も整えて健やかな体づくりを目指しましょう。

 

ソイプロテインを選ぶときの3つのポイント

ポイント① タンパク質の含有量で選ぶ

タンパク質はどのプロテインにも豊富に含まれていますが、より質の高いものを求める場合はタンパク質の含有量をチェックしてみてください。

各パッケージに記載されている栄養成分を確認して、自分にあったプロテインをチョイスしましょう。

タンパク質の含有量を「アミノ酸スコア」で表記している商品もありますが、このアミノ酸スコアの数値が100とされているものは良質なタンパク質を含むプロテインだと言えます。

ポイント② プロテインの種類で選ぶ

プロテイン

一般的にはプロテイン=粉末というイメージがありますが、そのほかにもスティックタイプや錠剤タイプなどさまざまな種類があります。

粉末は飲みにくいと感じる方や、お腹がゆるくなるという方は、スティックタイプや錠剤を試してみるとよいでしょう。
スティックタイプはコンビニやスーパーで気軽に購入できますし、錠剤タイプは外出先でも手軽に飲めるといったメリットがあります。

粉末タイプやスティックタイプ、錠剤タイプをあなたのライフスタイルにあわせて選んでくださいね。

ポイント③ 味で選ぶ

プロテインの粉っぽさや味が苦手で、飲みづらいと感じている方も多いですよね。
そのため多くのメーカーが飲みやすさにこだわって、ココアやストロベリー、ヨーグルト味などの美味しいプロテインを開発しています。
スーパーフードを混ぜた喉越しのよいスムージータイプもあります。

お好きなテイストのプロテインを選ぶには、一度試飲をしてみたり、一袋500円~1,000円前後のお試し品にチャレンジしてみたりするとよいでしょう。

無理なく継続するためにお好みの味のソイプロテインを見つけて、意欲的なトレーニングライフをお過ごしください。

ソイプロテインの最安値と価格帯の特徴一覧

筋トレ プロテイン

ソイプロテインを購入する際に気になるのが価格です。

初心者がリーズナブルなものから試したいという場合は、1本約100円~200円で販売されている1回きりスティックタイプのプロテインにトライしてみるとよいでしょう。
一般的な粉末タイプのプロテインは一袋2,000円~3,000円、粉末タイプで大容量の商品や錠剤タイプは3,000円~5,000円前後で販売されています。

プロテインは最低でも3か月間は同じ種類を飲み続ける必要があるため、継続できる価格のものを選ぶようにしてくださいね。

最安値売れ筋・人気高額・高級品
価格約100円~約2,000円~3,000円約3,000円~
特徴コンビニやフィットネスクラブでも購入できるスティックタイプのソイプロテイン。使い切りタイプなので、続けたい方はまとめ買いしておくとよいでしょう。1か月前後で飲みきれる容量の商品が多いです。配合されている栄養素や味の種類に富んでおり、満足感が高いことが特徴。優れた栄養素が豊富に含まれているものや、3か月間分などの大容量の商品も多いです。

ソイプロテインおすすめ人気ランキングTOP15

プロテイン

ここからは、ソイプロテインの総合ランキングTOP15を紹介していきます!
総合ランキングに続き、無理なく続けるカギとなる美味しいソイプロテインのランキングも見ていきますので、あなたの目的にあうソイプロテインを選んでトレーニングを充実させましょう。

15位 AYA’Sセレクション スーパーフード ソイプロテインスムージー 300g

AYA'Sセレクション スーパーフード ソイプロテインスムージー
コストパフォーマンス
フレーバー
栄養成分
総合おすすめ度

内容量:300g
タンパク質含有量:7.9g(20gあたり)
カロリー:76.9Kcal(20gあたり)

今メディアで話題沸騰中のトレーナー・モデルのAYAさんが監修しているソイプロテイン。
タンパク質以外にも5つのスーパーフードや葉酸などが含まれており、ヘルスケアに関心の高い女性に人気です。
まるでスムージーのような味わいなので、プロテインが苦手な方でも無理なく続けることができますよ。

こんな方におすすめ

  • AYAトレーナー監修のプロテインが気になる方
  • スーパーフードが含まれているソイプロテインをお探しの方

【こちらもCHECK】ソイプロテインスムージーを紹介している動画はこちら

14位 スリムアップスリム 乳酸菌+スーパーフードシェイク ミックスベリーラテ 315g

コストパフォーマンス
フレーバー
栄養成分
総合おすすめ度

内容量:315g
タンパク質含有量:27g(60gあたり)
カロリー:195kcal(60gあたり)

タンパク質に加え、3種類の乳酸菌やコラーゲンなどの美容成分が含まれている商品です。
運動はしていなくても、プロテインで中からきれいを目指している方や、ダイエットを成功させたいという方に向いています。
1日のうち1食をソイプロテインに置き換えて摂取カロリーをカットし、憧れのボディに近づきましょう!
腸内環境を整える栄養成分が豊富に含まれているため、便通を促す効果も期待できますよ。

こんな方におすすめ

  • 便秘でお悩みの方
  • 1日1食をプロテインに置き換えたい方

13位 ハイクリアー ソイプロテイン100

ハイクリアー ソイプロテイン100
コストパフォーマンス
フレーバー
栄養成分
総合おすすめ度

内容量:771g
タンパク質含有量:アミノ酸スコア100
カロリー:364g(100gあたり)

アミノ酸スコア100の良質なタンパク質が摂取できるソイプロテインです。
なんといってもダマにならず、ホットで飲めるのがうれしいポイント。
冷たい牛乳だとお腹がゴロゴロしてしまうという方は、ぜひともハイクリアーのソイプロテインを試してみてください。

こんな方におすすめ

  • ホットで飲めるソイプロテインをお探しの方
  • アミノ酸スコアが100のプロテインを購入したい方

12位 タンパクオトメ ピュアプロテイン

タンパクオトメ ピュアプロテイン
コストパフォーマンス
フレーバー
栄養成分
総合おすすめ度

内容量:358g
タンパク質含有量:11g(15gあたり)
カロリー:56kcal(15gあたり)

砂糖や人口甘味料を一切使用していないタンパクオトメシリーズのソイプロテイン。
あと味がサラッとしているため、お料理やデザートに混ぜて摂取するのに向いています。
クリームシチューやパンケーキなどお好きなものにプロテインを混ぜて、効率よくタンパク質を取り入れましょう!
キュートなパッケージも人気の理由のひとつで、インスタなどのSNSに写真を投稿して楽しみながら続けられそうですね。

こんな方におすすめ

  • 美容成分よりもタンパク質のみを摂取したい方
  • 普段の食事にプロテインを混ぜて食べたい方

11位 ユニマットリケン SOYプロテイン

コストパフォーマンス
フレーバー
栄養成分
総合おすすめ度

内容量:150g(150粒入)
タンパク質含有量:1.47g(5粒あたり)
カロリー:18.8kcal(5粒あたり)

「プロテインの味が苦手」「シェイクする手間を省きたい」「カロリーを抑えたい」という方は、錠剤タイプのソイプロテインをチョイスしましょう!
こちらの商品には、プロテインのみならずHMB、BCAAなどの筋肉強化に必要な栄養素がぎっしり詰まっています。
バニラ風味のタブレットなので、外出先などで手軽に飲めるのもうれしいですね。

こんな方におすすめ

  • 粉末プロテインの味が苦手な方
  • 筋肉をつくるために必要な栄養素が豊富なプロテインをお探しの方

10位 DNS Woman ソイフィットプロテインバー

コストパフォーマンス
フレーバー
栄養成分
総合おすすめ度

内容量:38g
タンパク質含有量:16.0g(38gあたり)
カロリー:140kcal(38gあたり)

大手メーカーのDNSが開発したソイプロテインバーのチョコレート&ナッツ味です。
タンパク質だけでなく、女性の美に欠かせないビタミンやミネラルが含まれているのが特徴。
パクッと食べやすいバータイプなので、トレーニング後や大切な試合前後の栄養補給にも向いています。
朝食に置き換えてカロリーを抑え、ダイエットを実践するものよいでしょう。

こんな方におすすめ

  • スティックバータイプのプロテインが欲しい方
  • 美に磨きをかける栄養素も摂取したい方

9位 Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン

Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン
コストパフォーマンス
フレーバー
栄養成分
総合おすすめ度

内容量:1kg
タンパク質含有量:14.5g(20gあたり)
カロリー:77.5kcal(20gあたり)

アスリートに向けた多くの食品を開発しているケンタイのソイプロテイン。
筋肉をつけて痩せやすい体質に変えながらボディを引き締めたい方に向いており、豊富な食物繊維がデトックスを促すのも人気の理由です。
内容量が1kgと大容量なので、数か月しっかり続けて摂取したい方に向いているプロテインです。

こんな方におすすめ

  • 信頼性の高いメーカーが開発しているプロテインを摂取したい方
  • 大容量のプロテインを購入したい方

【こちらもCHECK】Kentai ウェイトダウン ソイプロテインのレビュー動画はこちら

8位 明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味

コストパフォーマンス
フレーバー
栄養成分
総合おすすめ度

内容量:1050g
タンパク質含有量:16.8g(21gあたり)
カロリー:79kcal(21gあたり)

減量を目的とする方のために作られたこちらの大豆プロテインは、カルシウムや鉄、マグネシウムなどの減量時に不足しやすい栄養素も補ってくれます。
ミキサーにかけたバナナやキウイフルーツと混ぜるなど工夫して、美味しく続けられるトレーニングライフを目指しましょう。

こんな方におすすめ

  • ダイエット中に不足しやすい栄養素が豊富なプロテインを購入したい方
  • 減量に特化したプロテインをお探しの方

7位 アルプロン 大豆プロテイン

アルプロン 大豆プロテイン
コストパフォーマンス
フレーバー
栄養成分
総合おすすめ度

内容量:1kg
タンパク質含有量:16.8g(20gあたり)
カロリー:73.6g(20gあたり)

スポーツ栄養食品ブランドのアルプロンが開発したこちらのソイプロテインは、砂糖・保存料・増粘剤フリー。
アミノ酸スコアが100のタンパク質は体にゆっくり吸収され、空腹を感じにくくしてくれます。
ほんのり甘いいちごミルク風味なので、大豆のにおいが苦手な方も利用しやすい商品ですよ。

こんな方におすすめ

  • すぐに空腹を感じてしまう方
  • 砂糖・保存料・増粘剤が不使用のプロテインを購入したい方

【こちらもCHECK】アルプロン 大豆プロテインのレビュー動画はこちら

6位 Kentai 100%SOYパワープロテインタブ

コストパフォーマンス
フレーバー
栄養成分
総合おすすめ度

内容量:468g(900粒入)
タンパク質含有量:7.5g(20粒あたり)
カロリー:40.7kcal(20粒あたり)

アスリート向けの食品を研究し続けるケンタイによる、“100%植物由来”の良質なタンパク質で作られたこちらの商品。
人工甘味料・香料・着色料が不使用なので、必要な栄養素のみを摂ることができるのも人気の理由です。
サッと飲める錠剤タイプは外出先や移動中にも重宝するでしょう。

こんな方におすすめ

  • プロテインを持ち運ぶ機会が多い方
  • 人工甘味料や香料などの添加物が含まれていないソイプロテインをお探しの方

5位 ウイダー おいしい大豆プロテイン

ウイダー おいしい大豆プロテイン
コストパフォーマンス
フレーバー
栄養成分
総合おすすめ度

内容量:800g
タンパク質含有量:10.0g(20gあたり)
カロリー:72kcal(20gあたり)

栄養機能食品でおなじみのウイダーが開発した“高タンパク低脂肪”に着目したこちらのプロテインは、ダイエット中の方にぜひ試していただきたいアイテムです。
減量中は空腹などでイライラしてしまう方も多いですが、プロテインに含まれているカルシウムにはメンタルを落ち着かせる作用があるため、ダイエットに集中することができます。
さらにカルシウムの吸収を促すビタミンDも含まれているので、上手にストレスをコントロールしながらシェイプアップに励みましょう。

こんな方におすすめ

  • ダイエット中にイライラしやすい方
  • 穏やかな気持ちでシェイプアップを成功させたい方

4位 ボディウイング 大豆プロテイン

コストパフォーマンス
フレーバー
栄養成分
総合おすすめ度

内容量:998g
タンパク質含有量:84.6g(100gあたり)
カロリー:360kcal(100gあたり)

こちらのプロテインは糖質がカットされており、余分なカロリー摂取を避けたい減量中の方に向いています。
大豆プロテイン特有のにおいをおさえて飲みやすくなっている点もうれしいですね。
保存料や香料などの添加物が含まれていないので、健康意識の高い方にも好評ですよ。

こんな方におすすめ

  • 非遺伝子組み換え大豆配合の商品をお探しの方
  • 保存料・着色料・香料不使用のプロテインが欲しい方

【こちらもCHECK】ボディウイング 大豆プロテインのレビュー動画はこちら

3位 Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン

コストパフォーマンス
フレーバー
栄養成分
総合おすすめ度

内容量:1kg
タンパク質含有量:14.0g(20gあたり)
カロリー:76.4kcal(20gあたり)

体力維持の食品を開発し続けるケンタイが生み出した、甘さ控えめなウェイトダウン向きのソイプロテイン。
ソイプロテインは大豆のにおいを紛らわせるために甘みの強い商品が多いですが、こちらはあと味がすっきりしているため飲みやすいですよ。
プロテインを飲んだことがない方は、ぜひともケンタイの甘さ控えめバナナ風味ソイプロテインをチョイスしてみてくださいね。

こんな方におすすめ

  • ソイプロテインを飲み慣れていない方
  • 甘すぎるプロテインが苦手な方

2位 マイプロテイン ソイプロテイン

コストパフォーマンス
フレーバー
栄養成分
総合おすすめ度

内容量:1kg
タンパク質含有量:27g
カロリー:116kcal

チョコレート・ストロベリー・抹茶の3種類のフレーバーから選べるのがうれしいこちらのソイプロテイン。
大豆イソフラボンが豊富に含まれており、筋肉の強化だけでなく美容効果も期待されますよ。
タンパク質で構成されている髪や爪、肌が潤うという喜びの声も多数あがっています。

こんな方におすすめ

  • フレーバーが選べるおいしいプロテインが飲みたい方
  • 髪や爪、肌にも栄養を届けたい方

1位 ディアナチュラアクティブ ソイプロテイン

コストパフォーマンス
フレーバー
栄養成分
総合おすすめ度

内容量:360g
タンパク質含有量:8.5g
カロリー:61kcal

こちらの商品には、葉酸やHMBカルシウムなどの女性が必要とする栄養成分がたっぷり含まれています。
ソイミルク味は甘すぎず大豆特有のにおいもしないので、愛用している方からも飲みやすいと好評です。
ビタミン・ミネラルなど23種類の成分が含まれていて、日々の不足しがちな栄養素を補うことができるのもうれしいポイント。

こんな方におすすめ

  • 飲みやすさ重視の方
  • 葉酸やHMBカルシウムなどの不足しがちな栄養素が補えるプロテインをお探しの方

【こちらもCHECK】ディアナチュラアクティブ ソイプロテインを紹介している動画はこちら

美味しいソイプロテインおすすめ人気ランキングTOP3

プロテイン

ここからは、無理なく続けられる美味しいソイプロテインのランキングTOP3を紹介していきます!

3位 ウイダー おいしい大豆プロテイン

ウイダー おいしい大豆プロテイン
コストパフォーマンス
フレーバー
栄養成分
総合おすすめ度

内容量:800g
タンパク質含有量:10.0g(20gあたり)
カロリー:72kcal(20gあたり)

味にこだわりがある美味しいプロテインといえばウイダーがあげられます。
こちらの商品の魅力は味だけではなく、ボディメイクを成功させるために必要なカルシウムやビタミンが一緒に摂れる点。
溶けやすいので、運動後もスムーズに体に必要な栄養素を摂取できますよ。

こんな方におすすめ

  • コーヒー風味がお好きな方
  • タンパク質のみならずダイエットに必要な栄養が一緒に摂れるプロテインが欲しい方

2位 AYA’S セレクションスーパーフードソイプロテインスムージー

コストパフォーマンス
フレーバー
栄養成分
総合おすすめ度

内容量:300g
タンパク質含有量:7.9g(20gあたり)
カロリー:76.9Kcal(20gあたり)

インスタで話題になったフィットネストレーナーのAYAさんが監修しているソイプロテイン。
ベリースムージーのような美味しく喉越しのよいプロテインなので、体のためと我慢しがちなプロテインの味のイメージを変えてくれます。
スーパーフードが豊富に含まれており、美意識の高い方にもぜひ手に取っていただきたい商品です。

こんな方におすすめ

  • タンパク質とあわせてスーパーフードも摂取したい方
  • スムージーがお好きな方

1位 明治 ザバス ウェイトダウンチョコレート風味

コストパフォーマンス
フレーバー
栄養成分
総合おすすめ度

内容量:1kg
タンパク質含有量:16.5g(約21gあたり)
カロリー:79kcal(約21gあたり)

おなじみのプロテインメーカー・ザバスが開発したチョコレート風味のソイプロテインです。
その美味しさに驚く人が続出する話題のプロテインなので、ストレスなく継続することができますよ。
水または牛乳にサッと溶け、運動後に手をわずらわせることなく摂取できる点もうれしいですね!

こんな方におすすめ

  • 病みつきになる味のプロテインに出会いたい方
  • 溶けやすいプロテインをお探しの方

ソイプロテインの飲み方

プロテイン

ソイプロテインは水や豆乳、牛乳で割って飲むのが一般的です。

特に豆乳と一緒に飲むことで、さらなる大豆イソフラボンの効果が期待されますが、注意したい点は、糖質が多く含まれているジュースに混ぜて余分なカロリー摂取をしないようにすること。

ソイプロテインを飲むタイミングとしては、運動後の30分以内が吸収率が高いため効果的です。
美容効果を発揮させたい方は、朝食をソイプロテインに置き換えて栄養補給するのもひとつの手ですよ。

Amazonのソイプロテイン人気ランキング

Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

ソイプロテインを摂取して魅力的なボディを手に入れよう

プロテイン

ボディメイクを成功させるためには、運動と栄養は必要不可欠です。

適度なトレーニングを行い、ソイプロテインで筋肉の大切な構成要素であるタンパク質を効率よく摂取して、理想のボディラインと内側からの美しさを両方手に入れましょう!

【あわせて読みたい】サプリメントに関連するおすすめ記事はこちら

BCAAサプリおすすめ人気ランキングTOP10!効果や副作用、飲み方についても【2018年最新版】

2018.05.07

アミノ酸サプリおすすめ人気ランキングTOP15!効果や副作用についても【2018年最新版】

2018.04.30

HMBサプリおすすめ人気ランキングTOP15!効果や副作用&飲むタイミングについても【2018年最新版】

2018.04.30

オルニチンサプリおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.04.24

グルタミンサプリおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.24

ABOUTこの記事をかいた人

咲大井

スポーツインストラクター歴3年
ベビーヨガライセンス所持

スポーツトレーナーとして、多くの方のボディメイクをサポートしてきました。
現在はベビーヨガを担当しながら2児の子育てを楽しんでいます。
ボディメイクを成功させたい方や、大切な赤ちゃんを想うママとパパに必要な情報を厳選してお伝えいたします。
本当に必要なグッズを手に取って今より快適なライフスタイルをお送りできるようにと願い執筆しているので参考にしていただければ幸いです。