なまこ石鹸おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 色で選ぶ
    →大きく分けて黒・白・赤の3色があり、使用しているなまこによって色が変わる。
  • 製造方法で選ぶ
    →石鹸は製造方法も重視して選ぶことが大切。
  • 産地で選ぶ
    →日本産のなまこ石鹸は美容成分を配合しているものが多く、より効率的にスキンケアをすることが可能。
石鹸 タイル 泡

顔や体を洗う際に、固形石鹸を使用しているという人もいますよね。
固形石鹸は泡立ちがよく、濃密な泡で素肌を優しく洗い上げるので、地肌に負担をかけずにケアをしたいときにおすすめです。
なかでもなまこ石鹸は、なまこの持つネバネバ成分によって肌を効果的に保湿できます。

しかし、いざ選ぼうと思うといろいろな商品があって、どんなものがいいのか悩んでしまう人も多いはず。
そこで今回は、肌をしっかりケアしながら洗える、なまこ石鹸について紹介します。

なまこ石鹸とは?

石鹸 スキンケア


なまこ石鹸とは、マレーシア土産の定番とも言える、海の生物であるなまこの成分を配合した石鹸です。
なまこには、身を守るために自分で体を溶かし数日後に再生するという特徴が。

加えてコラーゲンやコンドロイチン、ホロトキシンといった美容成分が豊富に含まれており、手軽に素肌ケアができると、近年注目されはじめたアイテムでもあります。

【こちらもCHECK】素肌ケア用石鹸に関連するおすすめ記事はこちら

ジャムウソープ・石鹸おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.05.17

デリケートゾーン石鹸おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.09

ピーリング石鹸おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.03.16

なまこ石鹸の3つの選び方

ポイント① 色で選ぶ

なまこには大きく分けて黒・白・赤の3色があり、使用しているなまこによって色が変わってきます。

黒い石鹸は乾燥やたるみ・アトピーのケアなどに効果的で、サポニンやセラミド・コラーゲンなどが豊富に含まれているのが特徴です。
白は肌の弾力をアップさせるコラーゲンが含まれていて、加齢などで肌のハリが悪くなった人に適しており、洗い心地がソフトなので初心者にもぴったり。
なかでもレアなのが赤なまこ石鹸で、捕獲量自体が少ないため製品の数も少なく、ほかの色と比べて価格は高めですが、コラーゲンが豊富で肌をもっちりと仕上げられるのが特長です。

ポイント② 製造方法で選ぶ

なまこ石鹸に限ったことではありませんが、石鹸は製造方法も重視して選ぶことが大切です。

「機械練り製法」で作られたものは大量生産できるので安価ですが、せっかくの成分が壊れやすくなってしまうので注意しなければなりません。
「コールドプロセス製法」で作られているものは熱を加えずに作るため、なまこに含まれる豊富な美容成分を壊すことがなく使用できるのがメリット。
例えば製造過程で発生する保湿成分「グリセリン」も壊れにくいため、素肌をしっとりと潤してくれるでしょう。
時間をかけてじっくりと作り上げる、「枠練り製法」で作られた石鹸もおすすめできます。

ポイント③ 産地で選ぶ

なまこ石鹸の元祖といえばマレ−シアですが、泡立ちがよく洗い上がりがすっきりと仕上がるのが特徴です。
ただし現地でお土産として購入する場合と、日本で輸入品として購入する場合とではどうしても後者の方が割高になってしまいます。

日本産のなまこ石鹸はなまこ以外の美容成分を配合しているものが多く、より効率的にスキンケアをすることが可能です。
加えて品質や安全面でも、安心して使用することができるという魅力があります。

なまこ石鹸の最安値と価格帯の特徴一覧

なまこ石鹸の価格帯は、800〜4,000円ほどです。

最安値売れ筋・人気高額・高級品
価格約800円~1,500円〜2,500円約3,000円~
特徴国産品が多く、汚れを落とす吸着成分などが含まれているなまこ石鹸の本場であるマレーシア産が多く、ヒアルロン酸などの保湿成分が豊富作り方にこだわっており、グリセリンなどの成分が残っている

なまこ石鹸のおすすめ人気ランキングTOP10

ここまでなまこ石鹸の選び方について紹介してきましたが、実際にはどんなものを選んだらいいのかわからないということもあるでしょう。
そこでここからは日本化粧品検定の資格を持つ筆者が、洗浄力や保湿力を重視したおすすめの商品を紹介します。

10位 海洋深層水となまこの石鹸

洗浄力
保湿力
肌への優しさ
総合おすすめ度

富山湾の海洋深層水に青森県産のなまこエキスを配合したもので、すっきりと汚れを落としながらしっとりと潤すことができるアイテム。
天然由来の保湿成分を使用しているので地肌に負担なく肌をケアすることができ、敏感肌の人でも使用できます。

また汚れを吸着するために、ベントナイトやファンゴ・炭などの成分を含んでいるのも魅力で、毛穴に詰まった汚れもすっきりと落とすことが可能。

フレッシュマリンの爽やかな香りで、リラックスしながらケアできる点もおすすめです。

こんな方におすすめ

  • 天然由来成分が豊富なものがいい
  • 汚れをしっかり落としたい

9位 なまこ石鹸

なまこ石鹸

なまこ石鹸

1,298円(08/19 03:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

Amazon

洗浄力
保湿力
肌への優しさ
総合おすすめ度

なまこエキスのほかに、海塩や海藻エキス・ヒアルロン酸Naやコラーゲンなどを配合した石鹸です。
真空加圧製法で、素材の成分を壊すことなく仕上げられています。

水を加えていないので溶けにくく、浴室で使う際にも快適。
また海塩には殺菌成分があるため、石鹸内部で雑菌が繁殖してしまうこともなく、衛生的な状態が維持できます。

シンプルな形状で使いやすく、しっかり泡立てることで地肌に負担をかけずに使用できるのもうれしいポイントです。

こんな方におすすめ

  • 製造方法も重視したい
  • 雑菌が繁殖しにくいものがいい

8位 [シンガポールお土産] なまこ石けん

洗浄力
保湿力
肌への優しさ
総合おすすめ度

シンガポールのお土産として人気の石鹸で、豊富なコラーゲンを持つなまこのエキスを配合。
使用感はしっとりとしており、上質な香りに癒されながらケアできます。

3個セットになっているので長く使用でき、家族でシェアしながら使えるのもうれしいポイントです。

コロンとした丸い形状がかわいらしく、置いておくだけでもおしゃれな雰囲気が楽しめますよ。

こんな方におすすめ

  • 本場の商品が欲しい
  • たくさん入っているものがいい

7位 黒なまこの石鹸

黒なまこの石鹸
洗浄力
保湿力
肌への優しさ
総合おすすめ度

長崎県大村湾で獲れるなまこのエキスを配合した日本製のアイテム。
ほかにもコラーゲン・セラミド・サポニン・コエンザイムQ10・炭と言ったさまざまな美容成分が含まれているので、肌の乾燥やトラブルをケアすることができます。

専用泡立てネットで細かい泡を作り、ボディにも顔にも使用でき、髪質によってはシャンプーとしても使える魅力的な商品。

石鹸の色は黒ですが泡立てると真っ白で濃密な泡が立ち、すっきりと汚れを落とせます。

こんな方におすすめ

  • 全身に使えるものが欲しい
  • 肌のトラブルをなんとかしたい

6位 なまこ フェイシャルソープ 海の恵み

なまこ フェイシャルソープ 海の恵み
洗浄力
保湿力
肌への優しさ
総合おすすめ度

北海道産のなまこを使った国産アイテムで、保湿成分であるセラミドやハリアップに効果的なマリンコラーゲンペプチド、洗浄成分であるサポニンが含まれています。
なまこの加工工場が作ったものなので、品質の面で不安なく使用できるのもうれしいポイント。

美容成分が豊富なうえにパラベンや着色料も使用していないので、敏感肌の人でも使用できます。
竹炭とラベンダーの優しい香りで、リラックスしながらケアできるのも魅力です。

こんな方におすすめ

  • 添加物が少ないものがいい
  • 国産のものがいい

5位 瀬戸内石鹸 なまこの想い

洗浄力
保湿力
肌への優しさ
総合おすすめ度

昔ながらの釜炊きけん化法・枠練り製法で作られていて、原料の油脂に含まれるグリセリンが自然な形で残っています。
釜炊きけん化法は釜に油脂を入れて加熱し、とかして攪拌して水酸化ナトリウムを加えて作る方法です。
釜炊き製法で石けん素地ができたら、今度は枠練り製法で成型。
枠練り製法では色素などを加えて混ぜあわせ、枠に流し込んで長時間冷やし固めます。
製造過程で溶け崩れやひび割れを起こすこともなく、固形化させるための成分を配合する必要がないので自然な仕上がりに。

付属の泡立てネットでしっかり泡立てて使うことができ、クリーミーな濃密泡で肌を優しくいたわりながらケアできます。
防腐剤や合成界面活性剤・安定剤などを使用せずに作られており、地肌に負担をかけることがないのもメリットです。

こんな方におすすめ

  • 成分が壊れにくいものがいい
  • 泡立ちがいいものが欲しい

4位 海のクリスタル 黒なまこエキス配合石鹸

海のクリスタル 黒なまこエキス配合石鹸
洗浄力
保湿力
肌への優しさ
総合おすすめ度

黒なまこのエキスを配合した石鹸で、植物性原料を使用しているため地肌に負担をかけず、優しく洗い上げることができます。
キメが細かく泡立ちも豊かで、地肌をしっとり優しく潤してキメを整え、きれいな素肌へ導くと同時に、洗浄成分として使われている吸着作用のある炭が、古い角質を除去して透明感のある明るい肌へと仕上げてくれます。

90gと容量も多いので、1つ持っていれば長く使用できるのもうれしいポイントです。

こんな方におすすめ

  • 長く使えるものが欲しい
  • 植物性原料を使ったものがいい

3位 能登の赤なまこ石けん

洗浄力
保湿力
肌への優しさ
総合おすすめ度

枠練り製法で丁寧に作られている商品で、コラーゲンが豊富な赤なまこからエキスを抽出しているため素肌をしっとりと潤すことができます。
さらにペカンの種子からフラボノイドを含むペカン殻エキスや、サトウキビから抽出したBGも含んでいるので、肌を潤しながらシミなどのトラブルも抑えることができ、より効率的なケアが可能。
ペカン殻エキスには抗酸化作用や消臭作用、BGには保湿作用があります。

石鹸が赤いのは福寿草から抽出したエキスによるもので、抗酸化作用を持つアスタキサンチンが含まれています。
天然由来成分にこだわって作られており、地肌への負担が気になるという人にもおすすめです。

こんな方におすすめ

  • 天然由来成分が豊富なものがいい
  • 抗酸化作用があるものが欲しい

2位 海生堂 白なまこ石鹸

洗浄力
保湿力
肌への優しさ
総合おすすめ度

界面活性剤や石油製品などを使用せずに仕上げた地肌に優しい固形石鹸で、敏感肌の人でも使用できます。

沖縄の海で特定のなまこを丁寧に採取し、コールドプレス製法で手間と時間をかけて仕上げており、顔だけでなく全身に使えるのが特長。
90gとたっぷり使用できるので家族で共用することも可能です。

こんな方におすすめ

  • 化学成分が含まれていないものがいい
  • 敏感肌で肌にあう石鹸がなかなか見つからない

1位 なまこ石鹸(ランカウイの伝説)

洗浄力
保湿力
肌への優しさ
総合おすすめ度

マレーシア産の商品ですが、日本人の肌にあうように成分配合を工夫しているのが大きなポイント。
ランカウイ島のアンダマン海近海にだけ生息すると言われる通称「黄金なまこ」と呼ばれるなまこを使用しています。
通常のなまこよりも、サポニンやコラーゲン・セラミドなどの量が豊富なので、地肌が乾燥しやすいという人にぴったりです。

第三者機関により軽度のアトピーパッチテストを行っているのもポイントと言えます。

こんな方におすすめ

  • アトピーが起こらないか不安
  • 肌が乾燥しやすい

なまこ石鹸を使用する際の3つの注意点

① 手やネットを清潔な状態に保つ

石鹸 泡立てネット


なまこ石鹸だけに限らず、洗顔時にはきちんと手や泡立てネットをきれいにしておくことが大切です。

汚れた状態で使用するとニキビが悪化したり、炎症などの肌トラブルが怒ったりするので、要注意。
また泡立てネットは、湿気のあるところに放置すると雑菌が増えてしまうため、使用後にはしっかり洗って乾燥させてから保管してください。

② ぬるま湯ですすぐ

水 洗顔


洗顔のあと泡をすすぐ際には、地肌の温度よりも少し低いぬるま湯を使いましょう。
熱めのお湯だと必要な皮脂まで落としてしまい、地肌が乾燥しやすくなってしまいますし、逆に低すぎると肌の汚れをしっかり落とすことができなくなってしまいます。

洗顔の際は20回以上すすいで肌に洗顔料が残らないようにし、洗顔後は乾いたきれいなタオルを肌に軽く当てて、水気を吸い取るようにしてください。

③ 保管場所に注意する

石鹸


なまこ石鹸を使い終わったら、しっかりと乾燥させてから保管しましょう。

なまこの持つ独自の成分により、ほかの石鹸よりも溶けやすいので、浴室など湿気の多いところに置いておくとどんどん溶けてしまう可能性があります。

また表面が濡れた状態で放置すると雑菌が繁殖する可能性もあるので、使用後には風通しのよい場所に置いて乾燥させましょう。

なまこ石鹸で、ふんわり美肌を目指そう!

風呂 石鹸 泡


今回はなまこ石鹸について選び方や注意点、おすすめの商品について紹介しました。

肌によい成分を含むなまこ石鹸ですが、保管場所や洗い方を間違えると品質の劣化を早めたり、肌にダメージを与えたりしてしまうことがあるので要注意です。

清潔な状態で保管して丁寧に扱い、弾力のある潤い肌を目指しましょう!

【あわせて読みたい】なまこ石鹸のような風変わりな石鹸を探している方にはこの記事もおすすめ

レモン石鹸おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.05.28

米ぬか石鹸おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.06

柿渋石鹸おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.03.07

炭石鹸おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.02.14

お茶石鹸おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.02.07

ABOUTこの記事をかいた人

小熊 くるり

日本化粧品検定1級
二級愛玩動物飼養管理士


スキンケアに気を配り、肌断食などを実践中です。
また、食事は動物性食品をほとんど摂らず菜食をメインとして肌質改善にも努めています。
日本化粧品検定1級に合格したので、勉強で得られた知識を元に肌トラブルに悩む人々の助けになれるような記事を配信していきます。
自宅では犬(ポメラニアン)を飼っており、二級愛玩動物飼養管理士の資格を活かし、動物の生態やペットのための道具選びの参考になる情報もお伝えしていきます。