グルーガンスティックおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 幅で選ぶ
    →グルーガン本体によってセットできるグルースティックの幅が決まっている。
  • 温度で選ぶ
    →グルーガン本体は低温タイプと高温タイプに分かれているので、グルーガンスティックも本体のタイプで選ぼう。
  • カラーで選ぶ
    →カラーバリエーションが揃っているものやラメ入りもあるので、使い方を楽しもう。

みなさんはグルーガンをご存知ですか?
グルーガンは接着剤を出すための工具で、主にDIYや模型作りといった工作に使用されるもの。
最近ではリースやブローチなどの装飾品や、グルーアートなどのハンドメイド作品にも使われ話題になっています。

内部でグルーガンスティックと呼ばれる接着剤を溶かし、溶けた溶剤で部品間を接着するのがグルーガンの仕組み。
グルーガンスティックが冷えて固形に戻ると、部品と部品が固定されます。

手軽で便利なため、一度使うと手放せないという人も多いです。

この記事では、グルーガンで使用するさまざまなグルーガンスティックや、お手ごろで人気の商品についてご紹介します。

グルーガンスティックとは?

グルーガンスティック
グルースティック透明材質ホットメルトかつ強力粘着 11mm*30mm 高温ボンドガン/グルーガン/ピタガン替え用 30本入 (クリア)

グルーガンスティックとは、グルーガンにセットして溶かして使うバー状の接着用溶剤のこと。

グルーガン本体にセットして熱で溶かし、液状となった状態でパーツを接着させます。
グルーガンは、段ボール・布・木・金属・陶磁器など多種多様な素材同士を強力に接着できる便利なアイテムです。
使用するときは、グルーガンスティックの予備を用意して作業をはじめましょう。
安価なセット商品で構いませんので、準備しておけばスティックが途中でなくなったときに、作業を中断せずにすみます。

【こちらもCHECK】グルースティックの活用法についての動画はこちら

グルーガンスティックを選ぶ3つのポイント

ポイント① 幅

KMS グルースティック ボンドガン グルーガン 用 ホット スティック ボンド 11mm×30cm (30本セット)
KMS グルースティック ボンドガン グルーガン 用 ホット スティック ボンド 11mm×30cm (30本セット)

グルーガンスティックの幅は、7~8mmと11~12mmの2種類があります。
グルーガン本体によって、セットできるグルースティックの幅が決まっているので、本体にあわせた幅のスティックを選びましょう。

ポイント② 温度

溶融グルースティック30本 強力粘着 接着剤 DIY 仕事 手芸 布 木材 皮革 プラスチック 家庭 オフィス (7mmスティック)
溶融グルースティック30本 強力粘着 接着剤 DIY 仕事 手芸 布 木材 皮革 プラスチック 家庭 オフィス (7mmスティック)

グルーガンスティックには、低温タイプと高温タイプがあります。
グルーガン本体も低温タイプと高温タイプに分かれているため、グルーガンスティックも本体の種類にあわせて選ぶようにしましょう。

低温タイプは温度設定が低いため、接着剤のグルーガンスティックが早く固まります。
高温タイプは165度以上の高温となり、発泡スチロールのような熱に弱い素材はグルーガンスティックの温度で溶けてしまいます。
熱に弱い素材を接着する場合は、低温タイプのグルーガンを選ぶとよいでしょう。
グルーガンで接着するときは、素材にあわせて高温タイプと低温タイプを使い分けてください。

ポイント③ 色

28本入 グルースティック ホットメルト接着剤 7mmφx 100mm DIY工芸品 ホットメルトスティック カラー7色アソート 各4本入 (28)
28本入 グルースティック ホットメルト接着剤 7mmφx 100mm DIY工芸品 ホットメルトスティック カラー7色アソート 各4本入 (28)

グルーガンスティックには、クリア・半透明・白といったノーマル色以外にも、色鉛筆やクーピーのようなカラーが楽しめるものもあります。
さらに同じような色でもキラキラ光るラメ入りなど、さまざまなカラーバリエーションが揃っているのも特徴の一つ。
単純に接着剤として使用するだけでなく、さまざまな用途で楽しむことができるのが、グルーガンの面白いところです。
素材にあわせて同系色のグルーガンスティックを使用するもよし、クリア・白系のものを使用して、色を目立ちにくくするもよしです。

【こちらもCHECK】グルースティック(カラー)の活用法についての動画はこちら

グルーガンスティックの最安値と価格帯の特徴一覧

グルーガンスティックの最安値と、人気の手ごろな価格帯、高額で特殊なものをご紹介します。

最安値売れ筋・人気高額・高級品
価格約179円~1,000円~1,999円約2,000円~
特徴入っている数は30本ほどで少なめでも、必要な量だけ使用したいときに便利。作品作りに腰を据えて取り掛かりたい人向け。数がおよそ50本~100本と、たくさん入っているので途中で予備がなくなる心配がなく安心して作業できる。一本の単価が約10数円からあるので、一本300円を超える高単価品と比べても、コストパフォーマンスがよいのでおすすめ。数千本入りの大容量パックが基本。工作というよりは、セミプロの大工や修理向け。車のへこみを引っ張り上げるパテとして使用する製品が多い。

グルーガンスティック7mmのおすすめ人気ランキングTOP5

ここまではグルーガンスティックの選び方についてご説明してきました。
ここからは7mmの商品をランキングでご紹介!
続いて11mmのランキングも紹介していくので、最後までお見逃しなく!

5位 SK11 ボンドガン ピタガン用スティック

コストパフォーマンス
内容量(本数)
対応している材質
総合おすすめ度

内容量(本数):50本
色:クリア
タイプ:高温タイプ

複数の作品作りをすると、10本程度の予備では作業途中でグルーガンスティックを切らしてしまう可能性もあります。
この商品は50本入りのため、すぐに予備がなくなることはないですし、一回の購入価格を抑えられるのもうれしいポイント。
1本あたりの商品単価は、18.2円です。

透明タイプのグルーガンスティックで、素材の色を気にせずいろいろなパーツに使用できて便利です。
ただし高温タイプなので、熱で溶けやすい部品(ウレタン)には使用しないでください。

Amazon商品価格(2018年6月11日現在)

910円

4位 Ewparts ホットスティック高温 グルースティック15色セット

コストパフォーマンス
内容量(本数)
対応している材質
総合おすすめ度

内容量(本数):75本
色:カラード(75本彩色)
タイプ:高温タイプ

グルーガンスティックのカラー版15色セット・75本入りで、単価は17.1円の商品。
ブラック・レッド・オレンジ・ブルー・グリーンなど1色につき5本入っていて、大きな作品でなければ余裕をもって使用できるはず。
同系色のカラーが何種類かずつセットになっているため、接着したいパーツの色合いにあわせて、グルーガンスティックを選ぶことができます。

Amazon商品価格(2018年6月11日現在)

1,281円

3位 高儀 EARTH MAN グルースティック

コストパフォーマンス
内容量(本数)
対応している材質
総合おすすめ度

内容量(本数):100本
色:クリア
タイプ:低温タイプ

100本セットで、乾いたあとの仕上がりは固め。
単価も16.6円と割安なので、作品作りの数をこなしていこうと思っている段階の人などにおすすめです。

Amazon商品価格(2018年6月11日現在)

1,658円

2位 グルースティッククリア材質ホットメルトかつ強力粘着

コストパフォーマンス
内容量(本数)
対応している材質
総合おすすめ度

内容量(本数):100本
色:クリア
タイプ:高温タイプ

100本入りで、濁りがないとてもきれいなクリアタイプのグルーガンスティック。
単価は10.7円で、かなりお手頃です。
100本あれば、ちょっとしたサークルなどで生徒さんと一緒にモノ作りをすることもできるでしょう。
段ボールからガラス製品まで接着できるので、DIYからハンドメイド・アクセサリー・おもちゃ・タイルなど、さまざまな用途に使用できます。

Amazon商品価格(2018年6月11日現在)

1,069円

1位 PORAXY グルースティック クリア材質 速乾接着剤

コストパフォーマンス
内容量(本数)
対応している材質
総合おすすめ度

内容量(本数):200本
色:クリア
タイプ:高温タイプ

200本の大量セットなので、予備を気にせずひたすらモノ作りに使用できます。
その分単価も低く、1本あたり9円。
高温タイプで、150℃~180℃までの温度で使用可能です。

Amazon商品価格(2018年6月11日現在)

1,800円

グルーガンスティック11mmのおすすめ人気ランキングTOP3

ここからはグルーガンスティック11mmのランキングTOP3を紹介していきます!

3位 グルースティック ボンドガン用 スティック

コストパフォーマンス
内容量(本数)
対応している材質
総合おすすめ度

内容量(本数):30本
商品重量:871 g
色:-
タイプ:低温タイプ

低温用グルーガンスティックなので、およそ10秒ほどで固まり、手早く作品を接着したいときにおすすめ。
単価は50円で容量も多いので、予備を気にせずたくさん使えて便利です。

Amazon商品価格(2018年6月11日現在)

1,499円

2位 グルースティッククリア材質ホットメルトかつ強力粘着

コストパフォーマンス
内容量(本数)
対応している材質
総合おすすめ度

内容量(本数):30本
色:クリア
タイプ:高温タイプ

色がクリアなので、どんな素材に使っても溶剤が乾いたあとが目立ちません。
高温タイプのグルーガンスティックで、本数30本入り・単価36.6円です。

Amazon商品価格(2018年6月11日現在)

1,099円

1位 グルースティッククリア材質ホットメルトかつ強力粘着

コストパフォーマンス
内容量(本数)
対応している材質
総合おすすめ度

内容量(本数):30本
色:クリア
タイプ:高温タイプ

長さと柔軟性のある、クリアカラーのグルーガンスティックです。
11mmの幅のスティックなので、椅子の継ぎ目など少し大きめの素材同士の接着もできます。
単価39.9円で、ボリュームがあるので余裕を持って作品作りができます。

Amazon商品価格(2018年6月11日現在)

1,198円

グルーガンスティックの使用上の3つの注意点

①グルーガンのON・OFFに気をつける

グルーガンには、電源スイッチがついているものとついていないものが。
スイッチつきのグルーガンは、予熱するときや使用開始の際にスイッチを入れて使います。
しかし、スイッチがついていないグルーガンは、コンセントを差し込んだ瞬間から電気が入り、そのまま電気が繋がりっぱなしになります。
コンセントにグルーガンを繋いだまま、席を離れてしまうのはもちろん危険!
高温の状態でグルーガンを放置すれば、本体が発火する危険もあります。
スイッチがついていないグルーガンは、コードの抜き差しで電源のONとOFFを切り替える必要があるため、細心の注意を払ってください。
スイッチつきのものでもスイッチなしのものでも、グルーガンを使用するときは、スイッチの切り替えに注意しましょう。

②使用後の置き方とスティック溶剤の乾燥に気をつける

グルーガンを置くときには、縦に正しい形で置いてください。
グルーガンを横に置いて放置すると、高温になって液体化したグルーガンスティックがグルーガンから溶け出し、テーブルなどに垂れ続けることがあります。
大量に溶剤が流れ出ると、グルーガン本体の発火の危険と同時に、溶剤が冷えたとき本体とテーブルなどがくっついて、一緒に固まってしまう可能性があります。
高温で液体化したグルーガンスティックが溢れてくる瞬間は、予測もコントロールもできません。
皮膚にかかると火傷の危険もありますから、グルーガンを使用するときは本体を置きっぱなしにしない、グルーガンを上に向けて使用しないなど、注意してください。

③色の混ざり

グルーガンには前に使用したスティックの色が残っていて、次の色にきれいに切り替わるまで、マーブル状に多少色が混ざったまま出てきます。
前回使用したグルーガンスティックの色が完全に排出されるには少し時間がかかるため、スティック交換時には混ざった色のグルーガンを溶かして押し出したあと、きれいな色になったことを確認して使うとよいでしょう。

Amazon&楽天の接着・接合工具人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

グルーガンスティックでDIYを楽しもう


グルーガンは、ホビー・インテリア小物・アクセサリー・工芸作品・コサージュなど、いろいろなものを作るのに使用されています。
グルーガンスティックは短時間で強力にパーツを接着してくれますから、工作やハンドメイドにはもってこい!

価格が高めのグルーガンは、自動車のへこみをならすためにも使えます。
自動車用のグルーガンのセットで、金属のへこみを引っ張り出して平らにする方もいます。
このようにたくさんの使いかたがあるグルーガンスティックを、日常で便利に使いこなしてみましょう。

【あわせて読みたい】DIY用品に関連するおすすめ記事はこちら

充電式電動ノコギリおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.26

家庭用電動ノコギリおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.23

インパクトドライバーおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.04.03

インパクトドライバーセットおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.03.28

電動ノコギリおすすめ人気ランキングTOP15!使い方も【2018年最新版】

2018.03.23

ABOUTこの記事をかいた人

薬師寺由紀子

自作パソコンとDIY暦10年

10年以上DIYを行ってきた経験を活かし記事の執筆を行っています。
パソコンのパーツ販売と自作からプログラミングまでこなし、自宅ではDIYには特にこだわりをもっています。
ホームセンターは日常の一部になっています。
DIY好きな方のためになる情報を発信できればと思っています。