子犬用おやつおすすめ人気ランキングTOP5!ガムや国産のおやつも【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

加藤櫻

元出張ネイリスト
愛娘のマルプー(マルチーズ×トイプー)をこよなく愛す
趣味で始めたセルフネイルがきっかけで資格を取得し、出張ネイリストとして活動していました。
また私生活では愛犬と暮らしており、フードやドッググッズは出来る限り良質で安心して使えるモノを探します。
今までの経験が、少しでもお役に立てればと思い執筆しています。

    選び方のポイント

    • 安心して与えるために合成添加物は避ける
      →特に商品の酸化を防ぎ長持ちさせるために使用される酸化防止剤は要注意。
    • 愛犬の性格や行動を考慮する
      →喉に詰まりにくい小さな形状のおやつを選ぶなど十分な工夫が必要。

    子犬


    食事と違っておやつは、子犬が成長するために必ず与えなければいけないものではありません。
    そのため「子犬におやつは必要?」と感じている方も多いのではないでしょうか。

    しかしその一方で、しつけやトレーニングの際におやつが効果的だったり、愛犬とのコミュニケーションに利用できたりと、使い方次第で子犬と飼い主との関係をより深めてくれる便利なツールであるのも事実です。

    ここではおやつが大好きな愛犬のために、犬用おやつを7年間試しに試した筆者が、子犬用おやつについて紹介します。

    子犬用おやつの2つの選び方

    ① 安心して与えるために合成添加物は避ける

    添加物には天然由来成分のものと合成添加物があり、商品を長持ちさせる目的で使用されるほか、いいにおいや色をつけるためにも使われます。
    危険とされているのは合成添加物で、特に商品の酸化を防ぎ長持ちさせるために使用される酸化防止剤は要注意です。
    合成添加物は人間に対して健康を害すると指摘されていることから、「犬にも危険な可能性があり、避けたほうがいい」と考えられるようになりました。
    特にジャーキー系には、子犬だけでなく成犬も避けるべき商品が多く存在します。

    数年前、中国産ジャーキーを食べた犬が約1000頭死亡するという事件がアメリカでありました。
    この事件をきっかけに、ジャーキーに対する多くの不安の声や注目が世界中から集まり、調査が行われたのです。
    その結果、市販されているジャーキーの多くは、ほかのおやつに比べてかなり多くの合成添加物が使用されていることが判明。
    もちろん、原材料から製造工程、商品管理までしっかり責任を持って製造されている商品もありますが、「ジャーキー系には要注意」という認識は持っておいた方がいいでしょう。

    ② 愛犬の性格や行動を考慮する

    食に対する執着が強い子やフードをあまり噛まずに飲みこんでしまう子、おもちゃで遊んでいるとき頑なにおもちゃを離そうとしない子は誤飲してしまう可能性がかなり高いです。
    そのため、喉に詰まりにくい小さな形状のおやつを選ぶなど、十分な工夫が必要となります。

    【こちらもCHECK】犬用おやつに関連するおすすめ記事はこちら

    犬用おやつおすすめ人気ランキングTOP15!国産や手作りについても【2018年最新版】

    2018.07.25

    子犬用おやつおすすめ人気ランキングTOP5

    ここからは子犬用おやつランキングTOP5を紹介していきます!
    総合ランキングに続いて、子犬用ガム、国産の子犬用おやつランキングもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

    5位 フリーズドライドッグトリーツ ワイルドボア(オリジン)

    品質
    価格
    食べやすさ
    総合おすすめ度

    原材料:新鮮イノシシレバー、新鮮へリテージ豚レバー、新鮮イノシシ肉、新鮮ヘリテージ豚肉
    原産国:カナダ
    内容量:42.5g

    ドッグフードで定評のオリジンのイノシシ肉を使ったおやつです。
    原材料の新鮮なイノシシ肉は、テキサスの牧場で牧草とドングリを食べて育ったイノシシです。
    数々の受賞歴のあるオリジンのドライトリーツであるため、内容量100gで数百円~1,000円台のおやつが主流のなか、この商品はとても高価な点がマイナスポイント。

    4位 ミックスボーロ(帝塚山ハウンドカム)


    帝塚山ハウンドカム犬おやつ 無添加ボーロ
    品質
    価格
    食べやすさ
    総合おすすめ度

    原材料:馬鈴薯澱粉、キャベツ、ブルーベリー、ブルーベリーペースト、粉ミルク、麦芽糖、蜂蜜、豆乳、食物性油脂
    原産国:日本
    内容量:100g

    ボーロとは、人間のベビー向けおやつの代表的存在である小さな丸い焼き菓子で、この商品は犬に適した材料で作られています。
    帝塚山ハウンドカムは「自然の食材を使ってワンちゃんを長生きさせたい」という強いコンセプトのもと商品を作っているメーカーで、このボーロも無添加・着色料不使用でおすすめです!

    【こちらもCHECK】帝塚山ハウンドカム「愛犬が20歳まで元気に生きられるように」の動画はこちら

    3位 ベリーバイツ チキン&レジューム(ナチュラルバランス)


    ナチュラルバランス ベリーバイツ
    品質
    価格
    食べやすさ
    総合おすすめ度

    原材料:鶏肉、エンドウ豆、ベジタブルグリセリン、ヒヨコマメ、糖蜜、ゼラチン、鶏脂肪(天然混合トコフェロールとクエン酸で酸化防止)、自然風味、乾燥スキムミルク
    原産国:アメリカ合衆国
    内容量:170g

    グレインフリー(穀物不使用)で酸化防止剤や合成着色料は使っていません。
    自社だけでなく第三者検査機関の検査を通った商品のみが出荷されるので、品質や原材料にこだわる方におすすめです。
    しっとりとしたやわらかさのセミモイストなので、噛む力が弱い子犬でも食べやすいです。

    2位 和の究み 厳選鶏ささみ(jp)

    品質
    価格
    食べやすさ
    総合おすすめ度

    原材料:鶏ささみ
    原産国:日本
    内容量:35g×6袋(210g)

    国内指定農場で飼育された「森林どり」をレトルト加工しています。
    肥料を工夫し育てた森林どりは、低脂肪・低カロリーで、ビタミンEがかなり豊富です。
    鶏ささみを加熱加工しただけの商品なので、森林どりの栄養価がそのまま入っています。

    1位 ヤギミルクでやわらか煮込み鶏(ペットルーツ)

    品質
    価格
    食べやすさ
    総合おすすめ度

    原材料:鶏ささみ、ヤギミルク
    原産国:日本
    内容量:20g×10袋(210g)

    添加物など余計なものが入っていないので安心。
    ヤギミルクは犬の母乳に近い成分で、ワンちゃんの食欲をそそります。
    やわらかいので子犬でも食べやすいです。

    【こちらもCHECK】ヤギミルクでやわらか煮込み鶏を食べる様子の動画はこちら

    子犬用おやつ『ガム部門』おすすめ人気ランキングTOP3

    ガムは歯垢予防のほか、歯の生え変わり時期に感じるむずむずも解消します。
    ここからは子犬でも噛みやすいガムのランキングTOP3を紹介します!
    子犬は噛む力がまだ弱く、ガムの誤飲事故が多いことから、ガムランキングのみ評価項目を変えました。
    参考にしてくださいね。

    3位 食後の歯みがきガム 超やわらかタイプ 超小型犬~小型犬用/シニア犬用(ペットキッス)

    食後の歯みがきガム 食後の歯みがきガム
    品質
    形状
    やわらかさ
    総合おすすめ度

    原材料:牛皮、米粉、チキンエキス、食物繊維、大豆たん白、鶏レバー、増粘安定剤(加工でん粉、増粘多糖類)、グリセリン、酸化防止剤(ミックストコフェロール)、ほか
    原産国:日本
    内容量:約35本

    やわらかくても長持ちするガムなので、歯の弱い子犬やシニア犬でも噛めます。
    「歯の汚れを落とし、コートして予防する」ことを重視して作られたガムです。
    ただ添加物が多いのがやはり気になりますね。

    2位 デンタルナチュラルスティック(ベストパートナー)

    品質
    形状
    やわらかさ
    総合おすすめ度

    原材料:牛皮、タピオカでん粉
    原産国:日本
    内容量:50本

    無添加・無着色!
    国産の牛皮を使用しているので、原材料は安心できます。

    1位 グリニーズプラス(グリニーズ)

    品質
    形状
    やわらかさ
    総合おすすめ度

    原材料:小麦粉、小麦タンパク、ゼラチン(豚由来)、米粉、オーツ麦繊維、エンドウタンパク、ポテトタンパク、タンパク加水分解物、グリセリン ほか
    原産国:アメリカ合衆国
    内容量:60本

    成犬用と表記がありますが、生後6ヶ月から与えられます。
    グリニーズは世界55ヶ国で販売されており、日本で販売されている正規品は、原材料・製造・輸送・パッケージ(高温多湿に適した)に至るまで、すべて日本販売専用に管理されています。
    日本で販売されている犬用ガムで、米国獣医口腔衛生協議会(VOHC)と日本の試験を両方クリアしているのはグリニーズだけです。
    「ガムといえばグリニーズ」と長年言われ続けているのは、このような企業努力があるからでしょう。

    子犬用おやつ『国産部門』おすすめ人気ランキングTOP3

    残念ながら『国産=安心』とはいえない現状もありますが、ここからは信頼できる国産の子犬用おやつランキングTOP3を紹介します!

    3位 子犬のおやつ(デビフ)

    品質
    価格
    食べやすさ
    総合おすすめ度

    原材料:鶏ささみ、小麦粉、鶏レバー、コーンスターチ、ミルクカルシウム、グリセリン(植物性)
    原産国:日本
    内容量:20g×5袋(100g)

    新潟の自社工場で食品用の鶏肉を使って商品を製造しています。
    グリセリンは植物性のものを使用しているようですが、小麦粉を使っているところが気になる点。
    小麦粉はアレルギーを起こしやすいですし、犬は小麦粉に含まれるグルテンを分解できず、消化が悪いので避けたいです。

    2位 和の究み 厳選鶏ささみ(jp)

    品質
    価格
    食べやすさ
    総合おすすめ度

    原材料:鶏ささみ
    原産国:日本
    内容量:35g×6袋(210g)

    国内指定農場で育った鶏肉を使い、日本国内で製造されています。
    品質管理も厳しく行っている商品ですので、安全度は文句なしです!

    1位 ヤギミルクでやわらか煮込み鶏(ペットルーツ)

    品質
    価格
    食べやすさ
    総合おすすめ度

    原材料:鶏ささみ、ヤギミルク
    原産国:日本
    内容量:20g×10袋(210g)

    国産、100%無添加なので、安心して愛犬に与えることができます。
    犬の母乳に近い成分のミルクを含んでおり、ワンちゃんにとって最高のご馳走になることでしょう!

    子犬用おやつを与える際の3つの注意点

    ①おやつを与え始める時期

    子犬


    少なくとも生後4ヶ月~生後6ヶ月までは与えないようにしましょう。
    子犬は成犬よりも多くの良質な栄養が必要なため、この時期は子犬用ドッグフードだけでお腹を満たして成長していくのが望ましいです。
    しつけのご褒美を与えるなら、常時食べているドッグフードを使いましょう。
    そしてご褒美に使った分は通常の食事量から減らすことも必要です。

    ②誤飲などの事故に十分注意する

    子犬


    とくにガムの誤飲事故は年齢を問わず多く起こっています。
    丸飲みしてしまったり、尖った部分で喉や内臓を傷つけたりしないように、常に目を離さずいつでも取り上げられるように、注意してあげてください。
    おやつの形状によっては、尖った部分を取ってから与えたり、食べやすいよう小さくしたりなどの工夫をしましょう。

    ③与え過ぎは禁物

    子犬


    おやつばかり与えてしまうと、フードを食べるのを嫌がるようになる子がいます。
    おやつのほうが美味しく感じたり、食が細いとおやつだけで食欲を満たしてしまうこともあるからです。
    逆にカロリーの取り過ぎで肥満になってしまう子もいます。
    おやつを食べたら食事量は少し減らすなど調整をしましょう。

    Amazon&楽天の犬用おやつ人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    子犬用おやつで愛犬との絆を強めましょう!

    子犬


    子犬にもそれぞれおやつの好みがありますし、アレルギーのある子犬もいますので、みなさんの愛犬とこの記事の内容を照らしあわせながら、参考にしていただけたらうれしいです。

    子犬と過ごせる時間には限りがあります。
    たまに美味しいおやつを与えながら、立派な成犬へと成長していく姿を見守ってあげてくださいね!

    【あわせて読みたい】犬用グッズに関連するおすすめ記事はこちら

    犬用ボールおすすめ人気ランキングTOP10【2018最新版】

    2018.10.12

    犬用食器おすすめ人気ランキングTOP12!プラスチック製・ステンレス製・陶器製の種類別に紹介【2018年最新版】

    2018.10.11

    犬用バリカンおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.08.30

    犬用おもちゃおすすめ人気ランキングTOP15!ぬいぐるみやボールも【2018年最新版】

    2018.07.04

    犬用ハーネスおすすめ人気ランキングTOP15!革製&かわいいアイテムのやつけ方についても【2018年最新版】

    2018.03.07

    ABOUTこの記事をかいた人

    加藤櫻

    元出張ネイリスト
    愛娘のマルプー(マルチーズ×トイプー)をこよなく愛す
    趣味で始めたセルフネイルがきっかけで資格を取得し、出張ネイリストとして活動していました。
    また私生活では愛犬と暮らしており、フードやドッググッズは出来る限り良質で安心して使えるモノを探します。
    今までの経験が、少しでもお役に立てればと思い執筆しています。