カメラレンズケースおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

東雲沙耶

ガジェットオタク歴9年
高校生時代に写真部への入部がきっかけでガジェットに魅了され、家電量販店のカメラ売り場の店員を経験。
現在は自分のノウハウを活かし、モノ系メディアの執筆活動をしています。
小学生でも理解できるような情報発信を心掛けています!

    選び方のポイント

    • カメラレンズに適したサイズかチェック
      →レンズより大きいケースは内部にスペースができてしまうためNG。サイズは必ず確認しよう。
    • 耐衝撃性の高さをチェック
      →デザインよりも衝撃に強い素材かどうかを判断することが大切。
    • 機能性もチェック
      →防水仕様やショルダーベルトつきなど、機能性がよいかかも確認しよう。
    カメラ 写真撮影 一眼レフ

    おしゃれな写真をSNSに投稿して、「いいね!」やフォロワーを増やしたいという若者の間で起こったカメラブーム。
    それにより、スマホでは出せない表現ができる「一眼レフカメラ」を使用する人が増えてきました。

    2017年頃から、コンパクトサイズのミラーレス一眼レフカメラが各メーカーより多数発売されるようになり、特に女性や初心者に持ち運びやすさ、撮影のしやすさ、価格の手ごろさが受け入れられ主流になりつつあります。
    カメラ・交換レンズのなかから優れたアイテムを選ぶ「カメラグランプリ2018」では、ソニーの「α9」が大賞を受賞、パナソニックの「LUMIX G9 PRO」がカメラ記者クラブ賞を受賞したことからもわかる通り、確実にミラーレス一眼レフカメラの市場は拡大していると言えるでしょう。

    カメラは普段から持ち歩く人も多いですが、レンズキャップがついているからとそのまま鞄に入れてしまうと、傷がついたり、鞄を置いた際の衝撃に耐えられず割れてしまったりします。
    そういったアクシデントを防ぐために、「カメラレンズケース」は必須。

    本記事では、一眼レフカメラを使用している人やこれから購入を検討している人へおすすめしたいカメラレンズケースを、ランキング形式でご紹介します!
    初心者でもわかるように、選び方のポイントや商品のおすすめポイントもしっかり解説しますね。

    カメラレンズケースとは?

    カメラ ケース レンズ 一眼

    カメラレンズケースとは、レンズを収納するケースのこと。
    一眼レフカメラは、さまざまなレンズを取りつけて使用するため、持ち歩く場合にはレンズケースに入れる必要があります。
    レンズケースを使用することで、接触や落下による傷や破損を回避できます。

    カメラにレンズを装着したまま入れられるケースもありますが、複数のカメラレンズを持ち歩く人や、よくカメラを持ち歩く人は個別に保護するほうがよいでしょう。

    【こちらもCHECK】カメラレンズに関連するおすすめ記事はこちら

    カメラレンズおすすめ人気ランキングTOP15!種類や掃除も【2018年最新版】

    2018.03.01

    カメラレンズクリーナーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.02.01

    カメラレンズケースの3つの選び方

    ① カメラレンズに適したサイズかチェック

    カメラ レンズ

    カメラレンズのサイズはさまざまなので、レンズケースもサイズにあわせて選ぶ必要があります。
    レンズよりも大きいケースを選んでしまうと、ケース内部にスペースができて持ち運ぶ際に傷がついてしまう可能性があるので要注意です。

    ② 耐衝撃性の高さをチェック

    割れた ガラス

    女性は特にデザイン性を重視してレンズケースを選びがちですが、本来の目的はレンズを衝撃から守ることなので、素材を重視しましょう。
    商品パッケージやホームページの商品説明欄をよく確認し、衝撃に強い素材かどうかを判断することが大切。
    耐水効果のあるネオプレーンや衝撃吸収効果が期待できるフランネル素材を採用しているレンズケースがおすすめです。

    【こちらもCHECK】カメラ女子におすすめの記事はこちら

    カメラ女子即買いのカメラおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.05.22

    自撮り向けデジカメおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.27

    ポートレートに最適なカメラおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.06

    ③ 機能性もチェック

    カメラ レンズ ケース

    屋外で使用する場合は、急な雨から守ってくれる防水仕様だと安心!
    出し入れしやすいケースなら、レンズ交換の際に手間取らないので便利です。
    また、ショルダーベルトやベルトループつきのケースであれば、肩から下げたり鞄につけたりして両手を空けられるだけでなく、ほかの荷物に紛れてしまう心配もありません。

    カメラレンズケースおすすめ人気ランキングTOP5

    ここからはカメラ女子歴9年目の筆者が、サイズ、耐衝撃性、機能性に着目し厳選したカメラレンズケースをランキング形式で紹介します。
    ぜひレンズケース選びの参考にしてください。

    5位 ハクバ ソフトレンズポーチ 80-70

    サイズ・重さ
    耐衝撃性
    機能性
    総合

    メーカー:HAKUBA
    製品型番:KLP-SF8070
    カラー:ブラック・オレンジ・ネイビー
    サイズ:直径8cm×高さ7cm
    重量:約35g
    材質:ナイロン
    ベルト通し:あり

    ミラーレス一眼レフカメラを使用している人や、購入を検討している人向けの小さめのレンズケース。
    内側の衝撃吸収クッションがやや薄い印象ですが、かさばらないので使用感はちょうどいいです。
    また、たて開きのファスナーとケース背面のベルトのおかげで、レンズの出し入れがしやすいのも便利。

    カメラ関連のアクセサリーは黒が多く、鞄の中が黒のアイテムばかりだと見つけづらいこともあるのですが、こちらの商品のオレンジカラーならば、レンズを探しやすいです。

    8種類のサイズ展開があるため、さまざまなサイズのレンズを同シリーズで揃えられるのもうれしいポイントと言えます。

    Amazon商品価格(2018年6月5日現在)

    1,286円

    【こちらもCHECK】ミラーレス一眼レフカメラ記事はこちら

    デジタル一眼レフ&ミラーレス一眼カメラ人気ランキングTOP10!初心者用も【2017年最新版】

    2017.12.14

    4位 エレコム ZSB-DSL001BK

    サイズ・重さ
    耐衝撃性
    機能性
    総合

    メーカー:ELECOM
    製品型番:ZSB-DSL001BK
    カラー:ブラック(ホワイトは販売終了)
    サイズ:直径8cm×高さ14cm
    重量:86.2g
    材質:ウレタン
    ベルト通し:あり

    電子機器などのアクセサリーで有名なエレコムはカメラレンズケースも優秀!
    内側はウェーブ状の低反発ポリウレタンで、しっかりと衝撃を吸収し、開閉はファスナーと面ファスナー(マジックテープ)のため、防水性にも優れています。
    ただし、使用してみるとサイズが表記よりも小さいように感じたという口コミもあるので、ジャストサイズのレンズを選ぶと少し窮屈かもしれません。

    ケース内のスペースを調整できる仕切りクッションがついているため、レンズがケースより小さくても、ある程度の隙間はカバーできるのも高評価ポイント!
    予備のバッテリーやSDカードが収納できるポケットがついているのも便利です。

    Amazon商品価格(2018年6月5日現在)

    1,198円

    【こちらもCHECK】「エレコム ZSB-DSL001BK」の紹介動画はこちら

    3位 AMERTEER 4パックレンズポーチレンズケース

    サイズ・重さ
    耐衝撃性
    機能性
    総合

    メーカー:AMERTEER
    製品型番:AMERTEER-FLM2727JP
    カラー:外側ブラック・内側オレンジ
    サイズ:Sサイズ(約)直径8cm×高さ10cm(単焦点用)、Mサイズ(約)直径10cm×高さ13cm(広角用)、Lサイズ(約)直径10cm×高さ17cm(標準用)、XLサイズ(約)直径10cm×高さ22cm(望遠用)
    重量:4つで322g
    材質:ネオプレーン
    ベルト通し:あり・フックつき

    S・M・L・XLの4サイズがセットになっているため、サイズの異なるレンズを複数持っている人におすすめ!
    防塵・防水・傷防止効果があり、厚さ5mmのネオプレーン素材を外側に採用することで機能性も抜群。
    ケースが汚れても洗うことができるうえ、低価格なのがうれしいポイントです。
    内側はフランネル素材で、レンズを傷からしっかりと守ってくれます。

    きんちゃく袋タイプなので口を閉めると少々隙間ができてしまうため、上部は完全防水ではないので気をつけましょう。

    Amazon商品価格(2018年6月5日現在)

    1,599円

    【こちらもCHECK】「AMERTEER 4パックレンズポーチレンズケース」の紹介動画はこちら

    2位 ハクバ ネオプレンレンズケース S

    サイズ・重さ
    耐衝撃性
    機能性
    総合

    メーカー:ハクバ
    製品型番:KLC-NPS
    カラー:ブラック
    サイズ:直径約6cm×高さ4cm
    重量:約32g
    材質:ポリエステル・クロロプレンゴム
    ベルト通し:カラビナあり

    2018年カメラレンズのトレンド、パンケーキレンズの使用や購入を考えている人におすすめのアイテム。
    クッション性があり、伸縮性も少しあるのでギリギリのサイズでもジャストフィットしてくれて安心です。

    面ファスナーが2面あってしっかりと閉じれるなど、細かい部分にまで配慮が行き届いています。
    カラビナがついているため、ベルトループや鞄に取りつけられるのも便利。

    パンケーキレンズとは、明かりをきれいに撮り込み、ほどよいボケ感を出してくれるコンパクトで薄いレンズのこと。

    Amazon商品価格(2018年6月5日現在)

    1,256円

    1位 Lowepro レンズケース 13X32CM

    サイズ・重さ
    耐衝撃性
    機能性
    総合

    メーカー:ロープロ
    製品型番:LP36307
    カラー:ブラック
    サイズ:直径13cm×高さ32cm
    重量:481g
    材質:ポリエステル・ナイロン
    ベルト通し:ショルダーストラップ・ハンドルあり

    大きいカメラレンズもすっぽりと収まり、重量も軽いため、望遠レンズを持ち歩くのに最適なケース。
    レンズを縦に入れるタイプなのでファスナーが上部にしかなく、開口部が底よりも細い作りになっています。
    出し入れがしにくい点が少し残念ですが、クッション材の厚さは20mmと全体的にしっかりとした作りになっており、耐衝撃性に優れています。

    Amazon商品価格(2018年6月5日現在)

    4,800円

    Amazon&楽天のカメラレンズケース人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    カメラレンズケースでレンズを守って最高の写真を残そう

    カメラ 一眼レフ フォトグラファー 撮影 レンズ

    レンズの保護を忘れてしまうと、内部にホコリが入ったり、傷ついたりして写真をきれいに撮れません。
    そういったことを防ぐためには、レンズのサイズにあったケースに収納し、衝撃や傷から守る環境を作ることが大切。

    純正製品は値段も高くおしゃれに作られている分、機能性が心配なものも多いですが、他メーカーから発売されているケースは、低価格ですが機能性に特化しているので、お値段以上の満足感があります。

    今回ピックアップした商品のなかから、みなさんが望む機能や予算にあったものを見つけて、ぜひ最高の写真を撮りに出かけてみてください。

    【あわせて読みたい】カメラ収納グッズをお探しの方におすすめの記事はこちら

    ショルダータイプのカメラバッグおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.22

    カメラケースおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.16

    カメラ用リュックサックおすすめ人気ランキングTOP13!防水や登山、一眼レフも【2018年最新版】

    2018.04.16

    カメラバッグおすすめ人気ランキングTOP15!バックパックや可愛い&おしゃれなカメラバッグも【2018年最新版】

    2018.02.27

    カメラストラップおすすめ人気ランキングTOP15!革製やおしゃれなアイテムのセレクトに付け方の解説も【2018年最新版】

    2018.02.19

    ABOUTこの記事をかいた人

    東雲沙耶

    ガジェットオタク歴9年
    高校生時代に写真部への入部がきっかけでガジェットに魅了され、家電量販店のカメラ売り場の店員を経験。
    現在は自分のノウハウを活かし、モノ系メディアの執筆活動をしています。
    小学生でも理解できるような情報発信を心掛けています!