うさぎ用ヒーターおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

藤岡ゆきこ

動物飼育歴20年

子供のころから動物が好きで、犬や猫をはじめ爬虫類や鳥類などさまざまな動物の飼育経験があります。
今までの飼育経験を活かして、みなさんの大切なペットのためになるお役立ち情報や商品を紹介していけるようにがんばります!

    選び方のポイント

    • うさぎの年齢でヒーターを選ぶ
      →仔うさぎや高齢のうさぎは体温調節が苦手なので、しっかりと保温してあげるようにする。
    • うさぎの性格でヒーターを選ぶ
      →怖がりなうさぎは、はじめて見るヒーターに警戒して使ってくれないことも。
    • ヒーターの種類で選ぶ
      →床面に設置して使用するボードタイプ、ケージなどに掛けて使用する保温球タイプ、ケージの外から温めるヒータータイプがある。


    ふわふわの毛なみと、ピョンピョンと跳ねる姿がなんとも愛らしいうさぎ。
    うさぎはめったに鳴かず、おとなしい性格なので、一人暮らしや集合住宅でも飼いやすいと人気のペットです。

    うさぎは温かな毛に覆われているため、底冷えするような寒さでなければ飼えますが、うさぎが健康に過ごすためにあると便利なのが、ヒーターです。
    本記事では動物飼育歴20年の筆者が、数あるヒーターのなかでも特におすすめしたいうさぎ用のヒーターを5つ紹介します。
    どんな種類を買ったらいいか迷っている人も必見です。

    うさぎ用のヒーターとは?

    うさぎ


    うさぎ用のヒーターは、うさぎが冬の寒い時期でも快適に過ごせるように設計された暖房器具です。
    床面に敷いて使用するボードタイプや、ケージの外から温めるタイプなど種類も豊富。
    ボードタイプは、仔ウサギやネザー種などの小さいうさぎ用から、ロップ種などの大型うさぎ用に広めのものまであり、サイズが選べます。

    【こちらもCHECK】うさぎ用グッズに関連するおすすめ記事はこちら

    うさぎ用おやつおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.08.14

    うさぎおもちゃおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.07.28

    うさぎ用ハウスおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.07.26

    うさぎ用ヒーターを選ぶときの3つのポイント

    ① うさぎの年齢でヒーターを選ぶ


    うさぎが快適に過ごせる気温は18℃から24℃くらいで、この気温を下回る寒い時期は保温が必要です。
    仔うさぎや高齢のうさぎは体温調節が苦手なので、しっかりと保温してあげるようにしましょう。
    また体調を崩したり、病気のうさぎも保温してあげると回復の手助けになることもあります。
    万が一の場合に備えて、ヒーターを用意しておくと安心です。

    ② うさぎの性格でヒーターを選ぶ


    個体差はありますが、うさぎは臆病な性格です。
    怖がりなうさぎは、はじめて見るヒーターに警戒して使ってくれないことも。
    ヒーターを選ぶときは、飼っているうさぎの性格で選ぶのも大切です。

    ③ ヒーターの種類で選ぶ

    ヒーター


    うさぎ用のヒーターには、床面に設置して使用するボードタイプ、ケージなどに掛けて使用する保温球タイプ、ケージの外から温めるヒータータイプがあります。
    ボードタイプは、ケージの中に敷くだけなので簡単に設置できます。
    ケージやうさぎのサイズによってボードの大きさを選びましょう。

    電球タイプは熱を放射して空気を温めるタイプで、遠赤外線効果で体の芯から温めます。
    石油ヒーターのように空気を汚すこともないので、一酸化炭素中毒などの心配もありません。

    ボードタイプや保温球タイプは比較的安価で購入できますが、病気や高齢なために自分で移動して温度調節ができないと、低温やけどの原因になります。
    またかじりグセがあるうさぎは、コードやヒーター本体をかじってしまい、火災やケガにつながることもあるためおすすめできません。

    ケージの外から温める置き型ヒーターは、価格は高めですがケージ全体を温められ、遠赤外線効果で体内も温められます。
    ヒーターやコードに直接触れないので、かじったりヤケドしたりする心配もありません。

    また、外から温めるヒーターには、ケージの外底に敷いて温めるシートタイプもあります。
    コードやヒーターはケージの外なので、かじられてしまう心配がなく安全ですが、すのこなどでケージ底から離れている場合には不向きです。

    うさぎ用ヒーターおすすめ人気ランキングTOP5

    ここからは、安全性や使いやすさを基準に選んだおすすめの商品5つをランキング形式で紹介します。

    5位 ハイペット ほーっと気分 大きめうさぎ用

    安全性
    省エネ
    慣れやすさ
    総合

    ・ヒーター種類:ボードタイプ
    ・表面材:ABS樹脂
    ・ワット数:20W
    ・本体サイズ:幅30cm×奥行21cm×高さ1.4cm
    ・本体重量:750g

    高温面と低中温面がリバーシブルになっている、ボードタイプのうさぎ用ヒーターです。
    高温38℃、中低温30℃に設定されていて、ボードを裏返すことで簡単に温度変更ができます。
    電源プラグは180度可動式タイプなので、挿しにくい箇所のコンセントでも使いやすいのがポイント。
    汚れが拭き取りやすいABS樹脂製で、お手入れもラクラク。
    万が一コードをかじっても安全なように、電源コードをコイル状の金属で保護してあるのも特徴です。

    4位 ジェックス ラビんぐ ホッとうさぽかヒーター Lサイズ

    安全性
    省エネ
    慣れやすさ
    総合

    ・ヒーター種類:ボードタイプ
    ・表面材:ABS樹脂
    ・ワット数:15W
    ・本体サイズ:幅29.7cm×奥行20.1cm×高さ1.6cm
    ・本体重量:760g

    ケージ内に設置した際にコードが邪魔にならないよう、コードをボードの角に配置し、設置がしやすくなっています。
    ボードの表面は凸凹になっており、うさぎが乗っても滑りにくいです。
    コード部分は金属製のカバーで覆われているため、万が一かじってしまっても安全です。
    ボードの表裏で高温と中低温が選べるリバーシブル仕様なので、うさぎの状態や気温に応じで簡単に温度を変えられます。

    【こちらもCHECK】ホッとうさぽかヒーターのレビュー動画はこちら(※動画では同商品のMサイズを紹介しています)

    3位 ジェックス シートヒーターL(小動物用ヒーター)

    安全性
    省エネ
    慣れやすさ
    総合

    ・ヒーター種類:シートタイプ
    ・表面材:PP
    ・ワット数:14W
    ・本体サイズ:幅30.5cm×奥行23cm×高さ1cm
    ・本体重量:187g

    ケージの下に敷いて温める、シートタイプのうさぎ用ヒーターです。
    うさぎにヒーターが直接触れないので、低温やけどやヒーターをかじられてしまう心配もありません。
    またヒーターの表面温度を一定に保つ自己温度制御機能を搭載し、温度調節の手間もなく、ヒーター全体が均一に温まりおすすめです。

    2位 マルカン 保温電球40W(カバー付)

    安全性
    省エネ
    慣れやすさ
    総合

    ・ヒーター種類:電球タイプ
    ・材質:カバー=スチール 保温電球=ガラス・ニクロム線 ほか
    ・ワット数:40W
    ・本体サイズ:直径7.5cm×高さ17cm
    ・コンセントコード:190cm
    ・保護コイル:19.5cm

    ケージの側面などに掛けて使用する保温電球タイプのヒーターです。
    赤外線効果でケージ全体をソフトに温めてくれ、空気が汚れません。
    保温電球に直接触れないように、金属製カバーがついているので安心です。

    1位 フューチャーアロー 遠赤外線マイカヒーターII

    安全性
    省エネ
    慣れやすさ
    総合

    ・ヒーター種類:置き型タイプ
    ・材質:カバー=スチール 保温電球=ガラス・ニクロム線 ほか
    ・ワット数:60W
    ・本体サイズ:幅35cm×奥行46.6cm×高さ4cm
    ・本体重量:1045g

    遠赤外線で体の中からしっかりと温めてくれる、置き型のヒーターです。
    ケージの外に設置するので、低温やけどやかじられる心配もありません。
    ボードタイプのヒーターが苦手なうさぎや、多頭飼いで同時に複数のケージを温める際にもおすすめです。

    【こちらもCHECK】マイカヒーターIIのレビュー動画はこちら

    うさぎ用ヒーターを使用する際の2つの注意点

    ① 温度が高くなり過ぎないように注意する


    寒い季節にうさぎを温めてくれる便利なヒーターですが、ほとんどのヒーターは温度調節ができません。
    熱くなりすぎてうさぎが脱水症状にならないように、いつでも新鮮な水が飲めるようにしておきましょう。
    また熱くなりすぎるのを防ぐために、設定した温度で電源を自動でオンオフしてくれるサーモスタットを使うのもおすすめです。

    ② 感電する恐れのあるコードはしっかりと保護する


    うさぎ用のヒーターは、コードを保護するために金属などで覆っているものがほとんどです。
    商品によってはコードの途中までしか保護していないため、うさぎが引っ張ってかじってしまうなど、思わぬ事故につながることもあります。
    ヒーターを使用する際はコードがしっかりと保護されているか確認し、かじられないように固定するなどの工夫をしましょう。

    うさぎ用ヒーターで快適に過ごせる環境をつくろう

    うさぎ


    うさぎ用ヒーターは、寒い冬でもうさぎが快適に過ごせる便利アイテム。
    ヒーターはうさぎの年齢や性格にあわせて選ぶのがベストです。
    ぜひ今回の記事を参考に、飼っているうさぎに合ったヒーターを見つけてくださいね。

    【あわせて読みたい】ペット用品に関連するおすすめ記事はこちら

    犬用おもちゃおすすめ人気ランキングTOP15!ぬいぐるみやボールも【2018年最新版】

    2018.07.04

    文鳥餌おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.06.25

    またたびおすすめ人気ランキングTOP15!効果や中毒性についても【2018年最新版】

    2018.06.01

    犬用ブラシおすすめ人気ランキングTOP9【2018年最新版】

    2018.01.26

    猫じゃらし人気おすすめランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.11.24

    ABOUTこの記事をかいた人

    藤岡ゆきこ

    動物飼育歴20年

    子供のころから動物が好きで、犬や猫をはじめ爬虫類や鳥類などさまざまな動物の飼育経験があります。
    今までの飼育経験を活かして、みなさんの大切なペットのためになるお役立ち情報や商品を紹介していけるようにがんばります!