手帳用バンドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

選び方のポイント

  • タイプで選ぶ
    →「シンプルタイプ」「クリップタイプ」「筆記具タイプ」から好みや用途に合わせて
  • 対応サイズで選ぶ
    →ゴム製のバンドは伸縮性があるが、手帳のサイズを図っておくのが無難
  • デザインで選ぶ
    →ただ手帳に掛けるだけのシンプルな形状だからこそ、材質や色、ワンポイントつきや機能性に優れたものをチョイスするのも◎

ノート


モバイル生活がすっかり主流になった今でも、日々のタスク管理は手帳でないと!という人は意外と多いですよね。

でも付箋を貼ったり名刺などを挟んだりしているとかさばって、持ち歩くにはちょっと不便なのではないでしょうか。
少なくとも1年間はしっかり使うことになるツールだから、バッグに入れても開かないよう固定しておきたい……そんな人におすすめなのが、手帳用バンドです。

バンドを手帳に掛けておくことで、ページが勝手に開いて折れ曲がったり汚れたりするのを防いでくれます。
今回は手帳用バンドについて、タイプ別の紹介や選ぶ際のポイントを解説します。
さらに後半では、おすすめの手帳用バンドをご紹介していきますので、手帳派の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

手帳用バンドとは?

ライオン事務器 ゴムバンド ゴムdeパッチ 15mm幅 GP-151MX ミックス
ライオン事務器 ゴムバンド ゴムdeパッチ 15mm幅 GP-151MX ミックス
手帳用バンドとは文字通り、手帳に巻いてページが開かないよう留めておくバンドのことで、ゴム製のものが主流です。

伸縮性のあるもので押さえることで、手帳のページ折れや汚れが防げます。
バンドはタテヨコ、どちらの向きにも掛けられるので、好みや使い勝手によって選べるのも魅力のひとつ。

手帳を使うたびにバンドを外したり掛けたりするひと手間はかかりますが、ケースなどに収納するよりはずっと手軽に使えますよね。
なかにはペンをはさんで手帳と一緒に持ち歩けるホルダーが搭載されたバンドや、手帳とのコーディネートを楽しめるおしゃれなバンドもあり、機能性のほかファッション性を重視するのもおもしろいかもしれません。
いつも使うものだからこそ、自分にぴったりの手帳用バンドを選んでみましょう。

手帳用バンドのタイプ

さまざまな種類が揃う手帳用バンドですが、ここでは主なタイプをご紹介します。
商品ランキングでも以下のタイプ別に分類しましたので、ご参考になさってください。

シンプルタイプ

本やノートの持ち運びに!★べんりー ベルト★(2本入り)
本やノートの持ち運びに!★べんりー ベルト★(2本入り)
一般的な平ゴム製の手帳用バンドです。
シンプルなデザインのものが多いのですが、なかには織りを工夫したきれいな色合いのものや、キャラクターのワイポイントがついたものもあります。
留め部分に本革を使用し、高級感を味わえるものもあり、学生から社会人まで幅広い年代にあったものから用途に応じて選ぶことができます。
手帳用バンドを始めて使うのであれば、まずシンプルなものを選んでみるといいでしょう。

クリップタイプ

ミドリ ブックバンド クリップバンド B6用 えんじ 62311006
ミドリ ブックバンド クリップバンド B6用 えんじ 62311006
バンド部にクリップがついている手帳用バンドです。
クリップを手帳の背表紙などに挟み込むことで、ゴムバンドを外しても手帳と一緒に持ち運べ、ゴムバンドを紛失する心配がありません。
外したゴムバンドをうっかりどこかに置いて失くしそうだという人は、このタイプの手帳用バンドがおすすめです。
外出時など、外したゴムバンドを置く場所がないときにも便利ですね。

筆記具タイプ

ほぼ日手帳WEEKS用 ブックバンド【ネイビー】
ほぼ日手帳WEEKS用 ブックバンド【ネイビー】
バンド部に筆記具を収納するパーツがついている手帳用バンドです。
収納できる本数や形状などはさまざまですが、手帳と筆記具を一緒に携帯できるので、書き込みたいときにペンを探す必要がないのがポイント。
つねにペンケースは持ち歩かないという人や、手提げバッグの中には必要最低限のものしか入れない人にはおすすめのタイプです。

今回はこれらの3タイプに分類して、商品をご紹介していきます。
商品ランキングともあわせて、ぜひ参考にしてみてくださいね!

手帳用バンドを選ぶ3つのポイント

ポイント① タイプ

オーガナイザーバンド クリップ付き A5サイズ綴じ手帳用【ピンク】 60863 [オフィス用品](プランナー関連)
オーガナイザーバンド クリップ付き A5サイズ綴じ手帳用【ピンク】 60863 [オフィス用品](プランナー関連)
手帳用バンドには先に解説した「シンプルタイプ」「クリップタイプ」「筆記具タイプ」のように、さまざまな種類が揃っています。
自分が使うとしたらどのような手帳用バンドが最適なのか、イメージしてみましょう。

ポイント② 対応サイズ

ゴム製のバンドは伸縮性がありますが、手帳のサイズに合ったものを選ぶことも重要です。
手帳用バンドを購入するときは、使用している手帳のサイズをあらかじめ確認しておきましょう。
対応するサイズがどの商品にも明記されているので、手帳の幅や厚みを控えておけば、あわないサイズのものを買って後悔するような失敗もありません。

ポイント③ デザイン

基本的にはただ手帳に掛けるだけのシンプルな形状なだけに、色味やバンドの幅、見た目や材質・機能性別にさまざまなデザインのものがあります。
手帳に馴染んで掛けやすいものが第一ですが、使い勝手だけで選ぶのも味気ないもの。
いつも使うものだからこそ材質や色にこだわったり、ワンポイントつきを選んでみる、など使う人それぞれの個性や好みを出してみるのもいいでしょう。
ペンホルダーがついているような、機能性に優れたものを選ぶのもいいですよね。

手帳用バンドの価格傾向

手帳用バンドは、材質などによって値段が違ってきますが、ほとんどのものは500円~1,000円台で販売されています。
ブランド品や高価な素材を使用しているものでない限り、手ごろな価格で購入することができるようです。

購入時には予算にあったものを選んでみましょう。

手帳用バンドおすすめ人気ランキングTOP5

ここまでは、手帳用バンドのタイプや選ぶ際のポイント、価格傾向について解説してきました。
ここからはおすすめ商品の人気ランキングをご紹介していきます。

選ぶポイントで挙げた「タイプ」「対応サイズ別」「デザイン」などに重点を置いて、流行の商品を選んでみました。
ぜひ本記事を参考に、自分にぴったりなアイテムをチェックしてみてくださいね!
なお今回は、カラーバリエーションの多いものを優先的に選び、ペンホルダーやクリップのついているものについては、機能性の高いものとして評価しました。

5位 アピカ A6用ブックバンド

カラーバリエーション
機能性
総合おすすめ度

製品型番:CDB52-BK
色:ブラック、ネイビー、ブラウン、キャメルブラウン、ライトブラウン、ワインレッド
対応サイズ:A6
商品重量:9.07g
手帳用バンドのタイプ:シンプル

「紳士なノート」ハードカバーA6サイズに対応した、シンプルな手帳用バンド。
オリジナル12mm幅の綾ゴムを使用し、本革のワンポイントがアクセントになっている、落ち着いた気品あるアイテムです。

厚さ15mmの場合の適用サイズは、100~140mmなので、A6サイズの手帳に使うなら、タテにもヨコにも留めることが可能。
使う人を選ばないブラックのほか、5色カラーバリエーションが揃っているのも嬉しいポイントですね。

4位 ミドリ B6用クリップバンド

カラーバリエーション
機能性
総合おすすめ度

製品型番:62311006
色:黒、紺、えんじ
対応サイズ:B6
商品重量:18.1g
手帳用バンドのタイプ:クリップ

ステンレス製のクリップがついた、7mm幅のスマートな手帳用バンド。
背表紙にクリップを差し込んで使用できるため、ゴムバンドを外しても、つねに手帳と一緒に携帯することができます。
うっかり紛失する心配がないのがうれしいですよね。
カラーバリエーションはえんじ色のほか、紺色と黒色があり、クリップの色もゴールドや黒・シルバーと、バンドの色にマッチしたコーディネートになっています。

3位 パイロット 革製ペン差し付き手帳バンド

カラーバリエーション
機能性
総合おすすめ度

製品型番:4902505441981
色:ワインレッド
対応サイズ:B6
商品重量:45.4g
手帳用バンドのタイプ:筆記具

15mm幅の平ゴム製バンドに、高級感のある牛革製のペン差しをつけた手帳用バンド。
ゴムバンドに沿って包み込むような形で筆記具が収納でき、ペンと手帳をしっかりと固定して一緒に携帯しやすいのが特長です。

ペン差しは軸径約14.5mmまでの筆記具に対応するので、太めのボールペンなども挿し込むことができます。
ゴムバンドはワインレッドとブラックの2色で、どちらもベージュカラーのペン差しにぴったりのコーディネートです。

2位 マークス ダイアリーバンド ネコ

カラーバリエーション
機能性
総合おすすめ度

製品型番:-
色:ブラック、アイボリー、レッド
対応サイズ:B6
商品重量:31.8g
手帳用バンドのタイプ:シンプル

筆記体の書き文字がプリントされたゴムバンドに、クロ猫のチャームがワンポイントになった”大人かわいい”手帳用バンド。
ゴムバンドは手帳の色とコーディネートしやすい、ブラック・アイボリー・レッドの3色が揃い、それぞれ表情の違うクロ猫のチャームがついています。

猫のしぐさや表情がとてもかわいく、猫好きな人には特におすすめです。

1位 デルフォニックス ストライプループバンドMペンホルダー付

カラーバリエーション
機能性
総合おすすめ度

製品型番:-
色:ブラウン、レッド、ベージュ
対応サイズ:-
商品重量:-
手帳用バンドのタイプ:筆記具

日本の文具ブランドDELFONICS(デルフォニックス)の、ペンホルダー搭載型手帳用バンド。
シックなストライプの平織ゴムを採用したバンドは、男女を問わず使用できるスタイリッシュなデザインで、手帳とのカラーコーディネートが楽しめます。

搭載されているペンホルダーは、筆記具を挿し込みやすい幅で、書きたいときにサッと取り出せるのも便利ですね。

手帳用バンドの使用上の注意点2つ

① 対応サイズを確認する

メジャー


手帳用バンドは、それぞれ手帳のサイズに対応するよう作られています。
対応サイズを守らずに使用すると、バンドが壊れてしまったり、手帳を傷つけてしまったりする恐れがあります。
いくら素敵なバンドだなと思って購入しても、肝心の手帳にサイズがあっていなければ本末転倒です。
手帳用バンドを購入するときは、手帳のサイズに対応した商品であるかを、まず確認しましょう。

もし新調した手帳のサイズが、以前から使っているバンドとあわないようなら、これを機に手帳用バンドを買い替えるのもいいかもしれませんね。

② 劣化に気をつける

手帳用バンドはゴム素材のものが多く、長期間使用しているとゴムが劣化し、バンドの機能が落ちてしまうことがあります。
ゴムが劣化してしまえば、手帳をしっかり留めておくこともできず、使い勝手はもちろん見た目も美しくないので、新しいものと交換しましょう。

劣化自体は避けられませんが、必要以上に伸ばさない、手帳バンド以外の用途に用いないなど、普段から手帳用バンドを大切に扱うことも大事です。

お気に入りの手帳にあった手帳用バンドを探してみよう!

手帳2


手帳用バンドを使うことで、見た目がすっきりするだけでなく、勝手にページが開くのを防いだり、つねに筆記具と一緒に持ち運びできたりとメリットがあります。
いろいろな種類のものが揃っているので、手帳を型崩れなく大切に使いたい方は、ぜひ試してみてください。
お気に入りの手帳にあったお気に入りの手帳用バンドを、この機会に探してみませんか?

【あわせて読みたい】手帳に関するおすすめ記事はこちら

ビジネス手帳おすすめ人気ランキングTOP10!使い方も【2018年最新版】

2018.06.02

おしゃれな手帳おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.30

革の手帳おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.30

システム手帳のアクセサリおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.04.28

手帳おすすめ人気ランキングTOP15!使い方も【2018年最新版】

2018.01.09

ABOUTこの記事をかいた人

藤田尚眞

幼少期よりガジェットに囲まれた生活を送る生粋のガジェット好き

ガジェットや雑貨をチェックするのが日課。
毎年新しいiPhoneを購入するのはもちろんのこと、AppleのKeynote(基調講演)をリアルタイムで視聴するほどのApple推し。
気になる雑貨は購入して試さずにはいられない。
ガジェットや雑貨を得意とするフリーライターとして活動しています。