シマノのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!メンテナンス方法も【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • 自重のスペックを見て選ぶ
      →220gを目安になるべく軽いものをチョイスしよう。
    • ギア比の違いを見て選ぶ
      →「ギア比」の数字が大きければ巻き取れる距離が長くなるが、反対に巻き取るときの力も必要となるので、釣り方にあわせたバランス取りが重要。
    • スプールの大きさを見て選ぶ
      →大きさによって投げやすいルアーの重さが決まってくるため、使うルアーや釣りによる適切なスプールの大きさを選ぼう。
    • ボディの形状を見て選ぶ
      →形状はロープロファイルと丸型がありそれぞれの特徴を知り、自分に適切なベイトリールを選ぼう。
    釣り竿 桟橋 ルアー

    巻き上げの強さが特徴のベイトリールは、淡水から海水まで多くのルアーフィッシングにおいて使用されています。
    重たいルアーを使うことに適していて、投げる動作をスムーズに行うことができるので効率よく釣れるのが魅力です。
    ベイトリールを製造している有名なメーカーにシマノがあります。

    シマノは高い金属成型技術を活かしてベイトリールを製造しているので、その性能の高さはお墨つき。
    しかし、種類が非常に多いので初心者の方は選ぶときに迷ってしまうことでしょう。
    本記事では釣り歴20年以上となる筆者が、シマノのベイトリールの選び方からおすすめ品、使用時の注意点までをご紹介していくので、せひ参考にしてみてください。

    目次

    シマノのベイトリールとは

    シマノ リール ベイトリール 18 アンタレス DC MD XG 右ハンドル

    シマノ リール ベイトリール 18 アンタレス DC MD XG 右ハンドル

    シマノは世界的にもトップクラスの高い金属成型技術を持っていて、ベイトリール以外では自転車のギア製造にその技術が使われているのは有名ですよね。
    スポーツ市場におけるシェアは世界の8割を握っているとも言われています。

    そんなシマノのベイトリールにおける特徴は、飛距離の出しやすさです。
    ほかにもベイトリールを製造しているメーカーはありますが、そのなかでもよりルアーを遠くまで投げられることが大きな魅力です。

    飛距離を出しやすい理由としては、採用されている「ブレーキシステム」に秘密があります。
    ブレーキシステムとは、ベイトリールを使用する際にラインを巻いているスプールが過剰に回転してラインが絡んでしまう「バックラッシュ」を軽減するための仕組みです。

    シマノのベイトリールには、スプールの回転に伴ってブレーキの強弱が変化する「遠心力ブレーキシステム」か、またはスプールの回転を電子制御する「デジタルコントロールブレーキシステム」のどちらかが基本的に搭載されています。
    このブレーキシステムによってシマノのベイトリールは、ルアーを投げたときの飛距離が出しやすくなっているのです。

    【こちらもCHECK】ベイトリールに関するおすすめ記事はこちら

    ダイワのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!メンテナンス方法も【2018年最新版】

    2018.06.26

    ベイトリールラインおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.02

    ベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!使い方やメンテナンスについても【2018年最新版】

    2018.02.16

    シマノのベイトリールを選ぶときの5つのポイント

    ここではシマノのベイトリールを選ぶときの5つのポイントをご紹介します。
    こちらでご紹介する選び方のポイントは、シマノに限らずほかのメーカーでベイトリールを選ぶときにも役立ちますので、ぜひ参考にしてください。

    ① 自重のスペックを見て選ぶ

    計量 はかり 重さ 箱


    シマノのベイトリールを選ぶうえでまず見ておきたいのが自重(重さ)です。
    ベイトリールに関してはとにかく軽いものを使用するようにしたほうがメリットが大きいです。
    軽いベイトリールを使用することによって得られるメリットは、疲労感の軽減、ルアーの振動や魚が食いついた瞬間を感じ取りやすくなること、さらには投げる精度の違いといったものに繋がってきます。
    基本的に自重は、価格帯が上がるほどに軽くなっていく傾向があるので、できるだけ予算内で高いものを買っておくのがおすすめです。
    ベイトリールの大きさにもよりますが、標準となる目安が220gで、さらに190g以下なら十分軽いモデルであると言えます。

    ② ギア比の違いを見て選ぶ

    釣り リール 竿


    シマノのベイトリールには「ギア比」というものがあり、リール本体やカタログに数字で記載されています。
    ギア比とはそのリールでハンドルを1回転させたときに、どれだけの距離を巻き取れるのかといったことに繋がり、数字が大きければ巻き取れる距離が長くなります。
    一方で数字が大きくなるほど巻き取るときの力が必要となるので、釣り方にあわせたバランス取りが重要です。

    使い分けの例としては、ギア比の数字が小さなモデルは巻くときの抵抗が大きなルアーや狙う魚がとても大型の場合に使用。
    数字が大きなモデルは巻くときの抵抗が少ないルアーや、狙う距離が15m程度で効率重視の場合に使用するといった使い方をします。

    シマノのベイトリールの場合は、パワーギア・ノーマルギア・ハイギア・エクストラハイギアの4つが主なギア比設定となっています。
    これらは製品名に「PG(パワーギア)」や「HG(ハイギア)」、「XG(エクストラハイギア)」とついていることから見分けることができ、何も記載がない場合は基本的にノーマルギアとなっているので覚えておきましょう。

    ③ スプールの大きさを見て選ぶ

    釣り竿 リール


    ベイトリールではスプールの大きさによって投げやすいルアーの重さが決まってきます。
    そのため使うルアーや釣りによる適切なスプールの大きさを選んでみてください。

    スプールの大きさはスペック表に記載があり、スプールが小さければ軽いルアーが投げやすく、大きければ重たいルアーがより遠くまで投げられます。

    選び方の目安として例を挙げると32mm径のスプールだとルアーの重さが10g以下、34mm径のスプールだと10~20gほど、36mm径だと20g以上のルアーを使うのに適しています。
    さらに中間的なサイズや大きなスプールサイズもありますが、上記を目安にして選んでもらうと適切な製品が選べるでしょう。

    ④ ボディの形状を見て選ぶ

    釣り リール


    ベイトリールには横から見て卵に近い形状の「ロープロファイル」と、丸型の製品があります。
    基本的な特徴として、ロープロファイルは手の小さな人でも握り込みやすく、丸型は強度が高いのが特徴となっています。
    これらの特徴を基本として、釣り方や自分に適切なベイトリールを選んでみてください。

    選ぶときの例としてロープロファイルはバスフィッシングやシーバス・鯛ラバといったつりに使用し、丸型は鉛製のルアーを使って船から行うジギングや最大1mにもなるライギョといった大型で引きの強い魚を狙うときに使ってみるとよいでしょう。

    ⑤ ブレーキシステムを見て選ぶ

    シマノ リール 夢屋 13 メタニウム BFSスプール Mg 31792 パーツ

    シマノ リール 夢屋 13 メタニウム BFSスプール Mg 31792 パーツ

    ベイトリールを選ぶうえで、ラインが絡む「バックラッシュ」を軽減してくれるブレーキシステムに、どのようなものが搭載されているかも選ぶときのポイントです。

    シマノのブレーキシステムには「遠心力ブレーキシステム」を搭載しているものが多く、次に電子制御でスプール回転を制御する「デジタルコントロールブレーキシステム」、また少数ながら磁力でスプール回転を制御する「マグネット式ブレーキシステム」があります。

    これらで最もトラブルを少なくしてくれるのは「デジタルコントロールブレーキシステム」ですが、価格が高めであったり自重が重たくなったりといったデメリットがあります。
    そのため初心者の方は価格面で手ごろな「遠心力ブレーキシステム」を搭載しているリールを選んでみてください。
    「マグネット式ブレーキシステム」搭載のベイトリールに関しては、軽量な10g以下のルアーを使用する際におすすめです。

    シマノのベイトリールの最安値と価格帯の特徴一覧

    ベイトリール


    シマノのベイトリールの価格帯は、5,000~80,000円。
    価格の違いは、ブレーキシステムの違いや自重の軽さ・強度によって決められています。
    売れ筋としては15,000円~40,000円程度のもので、この価格帯のものであれば扱いやすく、トラブルも少ないのでおすすめです。
    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約5,000円~15,000円~40,000円約40,000円~
    特徴基本的なブレーキシステムと中間的な大きさを持っている。以前は上位機種に搭載されていた機能を持っていることも多く使いやすい。最新の技術を搭載していることが多い価格帯。一般的な使用で過不足なく利用できるデジタルコントロールブレーキシステムを搭載していたり、大型魚狙いに使うベイトリールがこの価格帯。バックラッシュやギアの破損といったトラブルが起きることが非常に少ない。

    シマノのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15

    ベイトリール

    ここからはシマノのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15をご紹介。
    釣り歴20年以上となる筆者がシマノのベイトリール選びのポイントを踏まえ、初心者の方が快適に使えて、かつ価格面と性能のバランスを考慮し、ここから選べばまず間違いない!といったランキングにしています。
    ぜひ参考にしてみてください。

    15位 シマノ リール 13 オシア カルカッタ 300HG

    リールの軽さ
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    自重:350g
    ギア比:6.0
    スプール寸法:43mm
    ボディ形状:丸型
    ブレーキシステム:遠心力ブレーキシステム

    船からブリやヒラマサ、クエといった大物をジギングで狙うときに最適なベイトリール。
    太く強度のあるPEライン(複数のポリエチレン原糸を編んだ釣り糸)を十分に巻くことができ、力強く巻き上げできる大型パワーハンドルが搭載されているのが魅力です。

    14位 シマノ ベイトリール 17 カルカッタコンクエスト BFS HG 右ハンドル

    リールの軽さ
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    自重:200g
    ギア比:6.8
    スプール寸法:32mm
    ボディ形状:丸型
    ブレーキシステム:マグネット式ブレーキシステム

    渓流や管理釣り場で小型のルアーを使ってニジマスやヤマメを狙うときにおすすめのベイトリール。
    丸型ですが、とても小さなサイズとなっているので握りやすく使いやすいのが特徴です。

    13位 シマノ ベイトリール 15 クラド 200PG 右

    リールの軽さ
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    自重:210g
    ギア比:5.5
    スプール寸法:34mm
    ボディ形状:ロープロファイル
    ブレーキシステム:遠心力ブレーキシステム

    シーバスや大型の鯛狙いでおすすめのベイトリール。
    ほかのベイトリールよりも一回り大きなサイズとなっていて、ラインを巻ける量が増えているのが特徴です。

    12位 シマノ ベイトリール 17 スコーピオンBFS XG 左ハンドル

    リールの軽さ
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    自重:165g
    ギア比:8.2
    スプール寸法:32mm
    ボディ形状:ロープロファイル
    ブレーキシステム:マグネット式ブレーキシステム

    3~7g程度の軽量なルアーを使う「ベイトフィネス」におすすめのベイトリール。
    ブレーキシステムは「FTB」というマグネット式ブレーキシステムのものを採用しており、投げるときのトラブルが少ないのが特徴となっています。
    FTBとは、ベイトリールのスプールに直接磁力でブレーキを掛ける、通常のブレーキシステムとは違ったシマノ独自のものです。

    11位 シマノ ベイトリール 18 タイラバ 炎月 プレミアム 150HG 右巻き

    リールの軽さ
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    自重:250g
    ギア比:7.8
    スプール寸法:32mm
    ボディ形状:ロープロファイル
    ブレーキシステム:-

    液晶カウンターで水深や巻き上げ速度をチェックしながら釣りができる鯛ラバ(鉛とゴム製ラバーで作られたルアーで釣る方法)専用リール。
    仕掛けを落とし込んでいく際にトラブルが少なくなるよう、スプール径が小さくしてあるのが特徴です。
    また落とし込んでいく際のスピードをレバーで調整でき、真鯛や根魚が落ちてくるものに食いついてくるような状況で活躍してくれます。

    10位 シマノ ベイトリール 17 エクスセンス DC XG 右ハンドル

    リールの軽さ
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    自重:225g
    ギア比:7.8
    スプール寸法:37mm
    ボディ形状:ロープロファイル

    ブレーキシステム:デジタルコントロールブレーキシステム
    シーバスをベイトリールで狙うことに特化して設計された製品。
    ルアーを偽物と判断することが多いシーバスを、ギア比の高さを利用してルアーを速く巻いてくることで釣りやすくしてあります。
    またデジタルコントロールブレーキシステム搭載で、37mmの大きめのスプールとの相乗効果によって、よりルアーを遠くまで投げて釣りをしていくことが可能です。

    9位 シマノ ベイトリール 16 アンタレス DC HG

    リールの軽さ
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    自重:220g
    ギア比:7.4
    スプール寸法:37mm
    ボディ形状:ロープロファイル
    ブレーキシステム:デジタルコントロールブレーキシステム

    デジタルコントロールブレーキを搭載したシマノベイトリールのフラッグシップモデル。
    テストでは100mを超える飛距離も計測されていて、とにかく遠投していきたいという方におすすめの製品です。

    8位 シマノ ベイトリール 16 スコーピオン 70 右ハンドル

    リールの軽さ
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    自重:190g
    ギア比:6.3
    スプール寸法:32mm
    ボディ形状:ロープロファイル
    ブレーキシステム:遠心力ブレーキシステム

    バスフィッシングで少し軽めのルアーを使う方におすすめの製品。
    比較的コンパクトなボディ設計となっていて握りやすく、手の小さな方や女性にもおすすめのベイトリールとなっています。

    7位 シマノ ベイトリール 15 メタニウム DC 右ハンドル

    リールの軽さ
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    自重:190g
    ギア比:6.2
    スプール寸法:34mm
    ボディ形状:ロープロファイル
    ブレーキシステム:デジタルコントロールブレーキシステム

    デジタルコントロールブレーキシステムを搭載した製品のなかで最も軽量なベイトリール。
    一番トラブルが少なく、汎用性が高いといえる製品です。
    価格が少し高いのがデメリットですが、予算があえばぜひ使ってみてください。

    6位 シマノ リール ベイトリール ブラックバス 18 バンタム MGL HG 右ハンドル

    リールの軽さ
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    自重:220g
    ギア比:7.1
    スプール寸法:34mm
    ボディ形状:ロープロファイル
    ブレーキシステム:遠心力ブレーキシステム

    パーツ間の継ぎ目を極力なくした「コアソリッドボディ」を採用している最新型のベイトリール。
    コアソリッドボディは一体型成型とすることで強度のアップを図り、またパーツを固定するためのビスが少なくできているので、従来のベイトリールよりもコンパクトに作られているのが特徴です。
    従来のベイトリールよりも強度があり、コンパクトで力を入れやすいおすすめの製品となっています。

    5位 シマノ ベイトリール 17 クロナーク MGL 150 XG 右ハンドル


    シマノ (SHIMANO) ベイトリール 17 クロナーク MGL 150
    リールの軽さ
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    自重:190g
    ギア比:8.1
    スプール寸法:34mm
    ボディ形状:ロープロファイル
    ブレーキシステム:遠心力ブレーキシステム

    バスフィッシングでテキサスリグ(弾丸型のオモリを使用した仕掛け)やフロッグ(蛙をイメージしたルアー)、海でのハタやアイナメといった根魚狙いにおすすめの製品。
    ハンドル1回転あたり最大86cm巻き取れるので、効率よく釣りをしていくことが可能です。

    4位 シマノ 16 メタニウム MGL HG SHIMANO 16 Metanium MGL

    リールの軽さ
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    自重:175g
    ギア比:7.4
    スプール寸法:34mm
    ボディ形状:ロープロファイル
    ブレーキシステム:遠心力ブレーキシステム

    軽い素材を使用することで自重175gを実現した製品。
    大きさが同じくらいのほかのベイトリールと比べて、15~20gほど軽く作られているのが特徴です。
    巻き上げがとても静かな歯の細かいギアが使用してあり、より小さな魚のアタリも感じ取れる製品となっています。

    3位 シマノ ベイトリール 17 スコーピオン DC

    リールの軽さ
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    自重:215g
    ギア比:6.3
    スプール寸法:34mm
    ボディ形状:ロープロファイル
    ブレーキシステム:デジタルコントロールブレーキシステム

    電子制御によってスプールの回転を制御する「デジタルコントロールブレーキシステム」搭載のベイトリール。
    デジタルコントロールブレーキは、スプールの回転を検知してブレーキの強弱を電子制御するもので、遠心力ブレーキシステムやマグネット式ブレーキシステムでは防ぐのが不可能なところまで、「バックラッシュ」によるラインの絡みを防いでくれるものとなっています。
    デジタルコントロールブレーキシステムを搭載した製品では、最も価格が安いのが特徴で、淡水海水問わず使用できるおすすめの製品です。

    2位 シマノ ベイトリール タイラバ 17 炎月BB 100HG 右ハンドル

    リールの軽さ
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    自重:185g
    ギア比:7.2
    スプール寸法:34mm
    ボディ形状:ロープロファイル
    ブレーキシステム:遠心力ブレーキシステム

    船からの鯛ラバ用エントリーモデルとしておすすめの製品。
    ギア比がハイギアなため、ゆっくりと巻き上げをしてくることが可能で、小さな鯛のアタリも取りやすいのが特徴です。

    1位 シマノ ベイトリール 16 カシータスMGL 100 右ハンドル

    リールの軽さ
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    自重:190g
    ギア比:6.3
    スプール寸法:34mm
    ボディ形状:ロープロファイル
    ブレーキシステム:遠心力ブレーキシステム

    かつては不可能だったスプール側面への穴開けを施した「MGLスプール」を搭載したベイトリール。
    ライン絡みのバックラッシュが起きる原因である「慣性力」を抑えつつ、スプール自体を軽くすることで、ルアーの飛距離は出せるといった相反する要素を実現したものとなっています。
    価格面でも軽さでも上位機種に負けない性能を持っているおすすめの製品です。

    【こちらもCHECK】シマノ16カシータスMGLのレビュー動画はこちら

    【こちらもCHECK】シマノ16カシータスMGLのメンテナンス動画はこちら

    シマノの安いベイトリールおすすめ人気ランキングTOP3

    ここからはシマノの安いベイトリールのおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介。
    シマノのベイトリールは安くても性能面は充実しているので、予算が限られている方や、まずはベイトリールを使ってみようと考えている方は、ご紹介したランキング内の製品をぜひ使ってみてください。

    3位 シマノ リール ソルティーワンPG

    リールの軽さ
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    自重:205g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):54cm
    ギア比:5.1
    ドラグ最大値:4.5kg
    スプール寸法:34mm
    巻き糸量:12ポンド165m

    船からの鯛ラバやシーバスジギングにおすすめの製品。
    低価格ながらギア比の設定があり、大きな魚が掛かったときでも力強く巻き上げることができます。

    2位 シマノ(SHIMANO) リール ベイトリール 18 バスライズ

    リールの軽さ
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    自重:200g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):77cm
    ギア比:7.2
    ドラグ最大値:5kg
    スプール寸法:34mm
    巻き糸量:12ポンド130m

    シマノのベイトリールで最も低価格な製品。
    必要とされる最低限の機能に絞って価格を安くしてあります。
    安価でも、外部のダイヤル設定だけで簡単に調整ができる「イージーマグ機構」が魅力の製品で、ベイトリールがどんなものか体験してみたい初心者の方におすすめです。

    1位 シマノ (SHIMANO) ベイトリール 17 バスワンXT 150 右ハンドル

    リールの軽さ
    使いやすさ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    自重:210g
    巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):77cm
    ギア比:7.2
    ドラグ最大値:5kg
    スプール寸法:34mm
    巻き糸量:12ポンド130m

    エントリーモデルとして定番となっているバスワンシリーズの最新モデル。
    汎用性が高い34mmのスプールを搭載していて、海水での使用も大丈夫な安くておすすめのベイトリールです。

    【こちらもCHECK】シマノ17バスワンXTのレビュー動画はこちら

    シマノのベイトリールを使用するうえでの5つの注意点

    ブレーキ設定はシビアに行う

    釣り


    シマノのベイトリールで気をつけたいのがブレーキ設定です。
    ベイトリールはハンドル横のツマミで調整する「メカニカルブレーキ」と、ハンドルの反対側にある「ブレーキシステム」の2つでブレーキ設定を行います。
    このブレーキ設定がうまくできていないと、投げたときにラインが絡まってしまうバックラッシュが起きてしまいます。
    シマノのベイトリールに関しては、ほかのメーカーのベイトリールよりもシビアにブレーキ設定を行う必要があり、気持ち強めに設定を行ってみてください。

    具体的なメカニカルブレーキの設定は、ベイトリールのクラッチボタンを押したときに、ルアーの重みでラインがゆっくりと出ていく状態にし、ブレーキシステムはダイヤルのメモリが3以上の設定で使うのがおすすめです。

    メンテナンスはスプール周辺を重点的に行う

    釣り スプール メンテナンス


    シマノのベイトリールは飛距離が出やすいのがメリットですが、それに伴ってスプールが高速で回転するので、ベアリングの油切れが起きやすいといった特徴があります。

    定期的なメンテナンスは釣行2~3回ごとに、スプール両サイドにあるベアリングへ釣り具向けオイルを1滴ずつ垂らすだけで十分です。
    また年に1回はメーカーにメンテナンスの依頼(オーバーホール)をしたり、自分で分解して釣り具向けの「パーツクリーナー」で各部の汚れを徹底的に落とすことをおすすめします。

    パーツクリーナーにはさまざまなものがありますが、釣り具向け以外のものを使用すると、パーツが溶けてしまうこともあるので注意してください。
    メンテナンス不足は、ベイトリールの使用できる年数を減らしてしまう原因となるので注意してください。

    【こちらもCHECK】シマノのベイトリールメンテナンス動画はこちら

    ブレーキシューを落とさないよう注意

    シマノ リール 夢屋 アルデバランBFSスプール パーツ

    シマノ リール 夢屋 アルデバランBFSスプール パーツ

    シマノのベイトリールでは遠心力ブレーキシステムが多く使用されています。
    遠心力ブレーキシステムとは、スプールの回転に伴って「ブレーキシュー」という小さなパーツが、ブレーキ壁に接触することでブレーキを掛ける仕組みのこと。

    調整の際はこのブレーキシューのオン・オフを指先で調整しますが、あまり力を入れすぎると外れて落ちてしまうことがあります。
    ブレーキシューを釣り場で落としてしまった場合は見つけるのが困難なので、調整のときは外れないように注意しながら設定するようにしてください。

    万が一なくしてしまった場合ですが、購入したときに数個スペアが添付されていることも多いのでそちらを使ったり、ない場合にはメーカーからパーツを取り寄せたりできるので覚えておきましょう。

    ブレーキの効きが悪くなったら内部をチェック


    シマノのベイトリールを使っていると急にブレーキシステムが効かなくなることがあります。
    これはブレーキシステム内に水が入り込んでしまったことが原因である場合が多いです。
    初心者の方はこのことを知らずに釣具店に持ち込んでしまうこともありますが、このような場合の対策としては、内部の水を拭き取るだけで十分なので覚えておきましょう。

    根掛かりしたときは回収アイテムを使う

    ダイワ  ルアーキャッチャー ヘビーウエイト

    ダイワ ルアーキャッチャー ヘビーウエイト

    釣りをしていると針が岩や木に引っ掛かってしまう「根掛かり」が起きることがあります。
    このとき無理矢理引っ張ることは避けるようにしてください。
    理由としてはシマノのベイトリールはスプールの軸が長く作られていることが多く、一定の負荷以上が掛かると曲がってしまいがちだからです。

    根掛かりしたときはロープやポールを使って回収する「根掛かり回収機」や、ラインを真っすぐ引っ張ることができる「ノットスティック」を使用して回収をはかるようにしてください。

    Amazon&楽天のベイトリール人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    シマノのベイトリールで快適なルアーフィッシングを!

    釣り竿 ルアー


    シマノのベイトリールは、一度使うとその飛距離の出しやすさに驚くでしょう。
    飛距離の差は釣果に大きな影響を与えます。
    本記事でご紹介した選び方を参考に、シマノのベイトリールを使って、ぜひルアーフィッシングを楽しんでみてください。

    【あわせて読みたい】リールに関連するおすすめ記事はこちら

    穴釣り用リールおすすめ人気ランキングTOP6【2018年最新版】

    2018.09.15

    【釣り】リールの種類を徹底解説!ベイトリールからスピニングリールまで

    2018.08.31

    ベイトフィネスリールおすすめ人気ランキングTOP10!低価格な商品も【2018年最新版】

    2018.05.16

    電動リールおすすめ人気ランキングTOP15!使い方やメンテナンスも【2018年最新版】

    2018.04.02

    ショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.21