傷まない?ダメージが少ない市販ヘアカラーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

小熊 くるり

日本化粧品検定1級
二級愛玩動物飼養管理士


スキンケアに気を配り、肌断食などを実践中です。
また、食事は動物性食品をほとんど摂らず菜食をメインとして肌質改善にも努めています。
日本化粧品検定1級に合格したので、勉強で得られた知識を元に肌トラブルに悩む人々の助けになれるような記事を配信していきます。
自宅では犬(ポメラニアン)を飼っており、二級愛玩動物飼養管理士の資格を活かし、動物の生態やペットのための道具選びの参考になる情報もお伝えしていきます。

    選び方のポイント

    • 色味で選ぶ
      →まず自分がどのくらいの色に染めたいのかということを、しっかり決めておくことが大切。
    • タイプで選ぶ
      →クリームタイプや泡タイプなど、製品によって形状やタイプが異なる。
    • ケア成分で選ぶ
      →髪を染める際には、なるべく保湿成分などのケア成分が配合されているヘアカラー剤をチョイスしよう。
    • 使い勝手で選ぶ
      →製品の中には出した分だけ使って、残りはとっておけるものもあるので、部分使いの際にはそこもチェックしてみよう。
    • 用途で選ぶ
      →ヘアカラー剤には主におしゃれ染め用と白髪染め用があり、それぞれ色の入り方が異なるため自分の用途にあうものを選ぼう。
    ヘアカラー

    髪色もおしゃれの一環ですから、毎回市販のヘアカラー剤を使って髪を染めている人も多いでしょう。
    市販のヘアカラーは美容院での施術よりもリーズナブルに髪色をチェンジすることができて便利ですが、髪を染めるという行為は少なからず毛髪に負担をかけてしまいます。
    きれいに色を入れるためには、あらかじめ元の色素を抜く必要があるため、色を抜くときに髪にダメージがかかってしまうのです。
    カラー剤によってはケア成分が含まれているものもあるので、髪へのダメージが気になる人は、今回おすすめする「ダメージが少ない市販ヘアカラー」を試してみるとよいでしょう。

    傷まない市販のヘアカラーってないの?

    ドライシャンプー トラブル 守る


    できることなら髪になるべく負担をかけず、髪色を変えておしゃれを楽しみたいところですよね。

    アッシュ系や濃いめの茶髪などは色をさほど抜かなくて済むので、その分負担は軽減されますが、金髪やシルバーヘアなど、明るい髪色にする場合には、色素をしっかりと抜かなければならないので、髪にとっては大きな負担となります。

    ただし、いずれにしても髪色を抜くとなると負担はかかってしまうので、「まったく傷まないヘアカラー」というものは現状存在しません。
    もし傷まないヘアカラー剤があったとしても、それではきれいに髪を染めることはできないでしょう。

    【こちらもCHECK】ヘアカラーに関するおすすめ記事はこちら

    メンズ向け市販ヘアカラーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.05.02

    ヘアカラートリートメントおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.16

    【カラーリスト厳選】市販のヘアカラーおすすめランキングTOP10!人気カラーのピンクやグレー&メンズ用も【2018年最新版】

    2018.01.01

    傷まない(傷みにくい)市販ヘアカラーを選ぶ5つの選び方

    ① 色味で選ぶ

    リーゼプリティア 泡カラー プロヴァンスロゼ [医薬部外品]

    リーゼプリティア 泡カラー プロヴァンスロゼ [医薬部外品]

    ヘアカラーを選ぶ際には、まず自分がどのくらいの色に染めたいのかということを、しっかり決めておくことが大切です。

    ヘアカラー剤にはさまざまなものがありますが、5〜14トーンのカラーが主流です。
    地毛に近い色にしたい人やあまり明るくしたくない人は、5〜6トーンのものを選ぶとナチュラルに染まります。
    髪色トーンの最大は13〜14ですが、これはブロンドヘアの外国人のようなはっきりとした明るい色になるので、初心者では使いにくいでしょう。
    明るい髪色にするときは顔に似あうかどうかも重要なので、判断に迷ったら美容師などに相談してみましょう。

    ② タイプで選ぶ

    ホーユー ビューティーラボ ミルキィヘアカラー (スイートアッシュ) 1剤40g+2剤80mL+PHC8mL+美容液5mL [医薬部外品]

    ホーユー ビューティーラボ ミルキィヘアカラー (スイートアッシュ) 1剤40g+2剤80mL+PHC8mL+美容液5mL [医薬部外品]

    クリームタイプや泡タイプなど、ヘアカラー剤は製品によって形状やタイプが異なります。

    クリームタイプは、しっかりブロッキングしたうえで塗らないと、きれいに広げることができませんが、伸びがよいのでムラなく染まりやすいのがメリットです。
    泡タイプは髪に軽くなじませるだけで隅々まで行き渡らせることができるため、手軽にヘアカラーを仕上げたいという人に向いています。

    初心者や慣れていない人は、ブロッキングしなくてもきれいに塗り広げることができる泡タイプを使うといいでしょう。

    ③ ケア成分で選ぶ

    ヘアカラー


    髪を染める際には、なるべく保湿成分などのケア成分が配合されているヘアカラー剤を選びましょう。

    ダメージを受けた髪はパサつきやすくなりますが、しっかりとケア成分が配合されたものを使えばトラブルも軽減されます。
    ヘアカラー剤付属のアフタートリートメントなどが配合されたものであれば、髪を保護するとともにきれいな髪色を保つこともできます。

    ④ 使い勝手で選ぶ

    ヘアカラー


    全体をきれいに染めたい人はたっぷり使って染めればよいだけですが、色が落ちてきた箇所にだけ部分使いしたい場合は、カラーリング剤が余ってしまうこともありますよね。
    製品の中には出した分だけ使って、残りはとっておけるものもあるので、部分使いの際にはそこもチェックしてみましょう。

    また髪の長さによっては一つでは足りない場合もあるので、ロングヘアの人はあらかじめ2〜3個まとめ買いをしておくと、足りずにあたふたすることもありません。

    ⑤ 用途で選ぶ

    ヘアカラー


    ヘアカラー剤には主におしゃれ染め用と白髪染め用がありますが、それぞれ色の入り方が異なるため自分の用途にあうものを選びましょう。
    色が落ちてきた部分のみ染めたいときには、リタッチ用のヘアカラーを使うと色ムラなくきれいに仕上がります。

    用途にあったものを選ばないと、思うように仕上がらず後悔することもあるので、あらかじめ商品パッケージはしっかり読んで確認しておきましょう。

    傷まない(傷みにくい)市販ヘアカラーの最安値と価格帯の特徴一覧

    傷まない(傷みにくい)市販ヘアカラーの価格帯は、500〜1,000円ほどです。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約500円~600円~700円約800円~
    特徴髪をきれいに染めることができるが、ケア成分は少なめカラーバリエーションが豊富で、きれいに染まるケア成分がたっぷり配合されている

    傷まない(傷みにくい)市販ヘアカラーのおすすめ人気ランキングTOP5

    ここまではヘアカラーの選び方について紹介してきましたが、髪への負担を軽減しながらカラーリングをするための商品には、具体的にどんなものがあるのでしょうか。
    ここからは使用感に関して満足度の高い商品をピックアップして紹介します。
    ヘアカラー剤で注目すべき発色やヘアケア力などを重視して選んでみたので、ぜひチェックしてみてください。

    5位 ルシードエル ミルクジャムヘアカラー


    ルシードエル ミルクジャムヘアカラー クラシックミルクティ
    発色
    ヘアケア力
    使用感
    総合おすすめ度

    色:ヘーゼルナッツ・生チョコガナッシュ・きゃらめる・カフェシフォン・クラシックミルクティ
    タイプ:クリームタイプ
    ケア成分:コラーゲン・パールエキス・シルクエッセンス・ツバキオイル
    アフタートリートメント:あり
    手袋:あり

    人気ヘアケアブランド「ルシードエル」の商品で、ミルクのようなトロッとした質感が魅力です。
    クリーム状のテクスチャーなので髪に伸ばしやすく、馴染ませたあとはしっかり密着、ムラなくきれいに染め上がります。
    適度にツヤ感が出せるので、髪も健康的に見えるでしょう。

    カラーは落ち着いた生チョコガナッシュ、くすみ系のカフェシフォンやクラシックミルクティ、明るいきゃらめるやヘーゼルナッツなどがあります。

    カラー剤特有のツンとした香りが抑えられているため、ケア中や使用後の不快感もないでしょう。
    またこの商品はコラーゲンやツバキオイル、パールエキスやシルクエッセンスなどの美容成分がたっぷり入っているので、髪を保護して潤いを与えながら優しくカラーリングができます。

    【こちらもCHECK】ルシードエル ミルクジャムヘアカラーのレビュー動画はこちら

    4位 フレッシュライト 泡タイプ カラー


    フレッシュライト 泡タイプカラー シュガーアッシュ
    発色
    ヘアケア力
    使用感
    総合おすすめ度

    色:ローズマカロン・クリームシフォン・バニラベージュ・スウィートモカ・エアリーアッシュ・ベリーアッシュ・シュガーアッシュ
    タイプ:泡タイプ
    ケア成分:ウォーターリリーエキス
    アフタートリートメント:あり
    手袋:あり

    泡タイプのヘアカラーで、手軽に髪全体をきれいに染められるのが大きな魅力です。
    セミロング程度の髪の長さなら1箱あれば全体的にカバーできるので、コスパの面でも非常に優秀。
    片手で操作できるポンプタイプは、手がふさがりがちな染髪中にはありがたいですね。

    乾いた髪になじませて30分ほど放置し、洗い流せば終了なので慣れていない人でも簡単に使用できます。
    専用のヘアマスクがついており、ヘアカラー後の髪をしっかりとケアすることも可能。

    潤い成分としてウォーターリリーを配合しているため、適度なツヤ感を保ちながらきれいな髪色に染められます。

    【こちらもCHECK】フレッシュライト 泡タイプ カラーのレビュー動画はこちら

    3位 ビューティーン メイクアップカラー


    ビューティーン メイクアップカラー カーキアッシュ
    発色
    ヘアケア力
    使用感
    総合おすすめ度

    色:グレーアッシュ・ピンクアッシュ・モノトーングレージュ・キャメルオリージュ・スモーキーブルージュ・カシスベリージュ・セピアグレージュ・ピンクコーラル・ネイビーブルー・ミントアッシュ・ラベンダーアッシュ・カーキアッシュ
    タイプ:クリームタイプ
    ケア成分:ヒマワリオイル・ツバキオイル
    アフタートリートメント:あり
    手袋:あり

    発色や色持ちに定評のあるアイテム。
    色をキープするためにテアニンやタウリンといったダブルのアミノ酸を配合しており、また天然由来のヒマワリオイルやツバキオイルにより、髪を潤しながらカラーリングできます。
    テクスチャーは乳液状ですが、髪になじませることで泡状に変化し、全体にくまなく広がってムラなく染め上がるのがポイントです。

    カラーリング後に使用するアフター美容液が付属されているので、カラーリング後の髪のパサつきも抑えることができるでしょう。

    【こちらもCHECK】ビューティーン メイクアップカラーのレビュー動画はこちら

    2位 ホーユー ビューティーラボ ヘアカラー

    発色
    ヘアケア力
    使用感
    総合おすすめ度

    色:ナチュラルブラウン・ダークラベンダーアッシュ・リッチロゼブラウン・クラシックブラウン・ロマンティックアッシュ・ディープブラウン・エンジェルベリー・ジュエリーピンク・ロイヤルブラウン・ヴィーナスブラウン・ミルキーブラウン・シナモンベージュ・ヌーディベージュ・ハニーベージュ・グラマラスアッシュ・ナチュラルアッシュ
    タイプ:クリームタイプ
    ケア成分:はちみつ・シアバター
    アフタートリートメント:あり
    手袋:あり

    ホーユーの人気ブランド「ビューティーン」のヘアカラーで、ツヤ感をもたらしながら滑らかな状態に仕上げます。
    髪の潤いを保つためにはちみつを配合しており、さらにしっとり感を出すためにシアバターもプラス。

    テクスチャーは垂れにくく伸びのよいミルク状で、髪にムラなく馴染ませ密着させることで、しっかりと色が入ります。
    カラーリング後に使う美容液が付属しているのもうれしいですね。

    【こちらもCHECK】ミルキィヘアカラーの使い方を紹介している動画はこちら

    1位 リーゼ プリティア 泡カラー


    リーゼプリティア泡カラー ブリティッシュアッシュ
    発色
    ヘアケア力
    使用感
    総合おすすめ度

    色:プロヴァンスロゼ・ブリティッシュアッシュ・カリフォルニアベージュ・アイリッシュブラウン・ニューヨークアッシュ・フレンチベージュ
    タイプ:泡タイプ
    ケア成分:ローヤルゼリーエキス・シルクエッセンス
    アフタートリートメント:あり
    手袋:あり

    Amazonのおしゃれ染めランキングで1位を獲得した実績のある商品。
    派手になりすぎず、爽やかで透け感のある、ナチュラルな優しい印象の髪色に仕上がるので、ヘアカラー初心者にも向いています。

    泡タイプのカラーリング剤は、たっぷり髪に馴染ませられるのがうれしいところ。
    刺激臭を抑えているので使用中も心地よく、ローヤルゼリーエキスやシルクエッセンス配合で地肌のケアも抜かりありません。
    黒髪にも使用できるため、いちいち色を抜くのが面倒だという人でも手軽に使えて便利です。

    カラーはプロヴァンスロゼ、ブリティッシュアッシュ、ニューヨークアッシュ、アイリッシュブラウン、カリフォルニアベージュ、フレンチベージュの6色から選ぶことができます。

    【こちらもCHECK】リーゼ プリティア 泡カラーの使い方を紹介している動画はこちら

    市販ヘアカラーを使う際の3つの注意点

    ① 換気をしながら行う

    換気扇


    ヘアカラー剤は室内の換気をしながら使用してください。
    お風呂場で染髪をする場合は、空気がこもらないように換気扇を回し、ドアを開けてカラーリングを行うようにしましょう。

    においが抑えられた製品もありますが、カラー剤特有の刺激臭を嗅ぎ続けていると、気分が悪くなることがあるので注意が必要です。

    ② 手袋をして行う

    手袋


    ヘアカラー剤は髪に着色するものですが、爪につくと手のタンパク質と反応して、染まってしまうことがあるので注意が必要です。
    指や手が染まってしまうと落とすのも大変なので、あらかじめ手袋をしておきましょう。
    カラー剤には製品ごとに手袋が付属しているものがほとんどなので、ぜひ活用してください。

    また首周りにもカラー剤がつきやすいので、汚れてもいい格好や雨合羽を着用するなどして、染髪するとよいでしょう。
    こめかみやおでこの部分は、先にクリームを塗っておくと、肌の染色を抑えられます。

    ③ 根元からつける

    髪 根元 ヘアカラー


    ヘアカラー剤を、つけやすい毛先から馴染ませるという人もいるかもしれませんが、きれいに仕上げるためには根元からつけるようにしましょう。
    毛先は比較的染まりやすいのですが、根元は染まりにくいのでたっぷりつけることが大切です。
    根元から毛先の順にクリームや泡を伸ばしていくと、ムラなくきれいに染まるでしょう。

    【こちらもCHECK】美容師がセルフカラーのやり方を解説している動画はこちら


    Amazon&楽天の市販ヘアカラー人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    傷まない(傷みにくい)市販ヘアカラーで、ヘアスタイルを楽しもう!

    髪


    今回は、おすすめの傷みにくいヘアカラーとともに、選び方や使用上の注意点について紹介しました。

    髪のダメージをケアしながら染めることができるカラー剤は魅力的ですが、注意点を守らないと爪や皮膚が染まったり、気分が悪くなったりしてしまいます。
    きちんと対策をして、傷みにくいヘアカラー剤でおしゃれな髪色を楽しんでみてください!

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】ヘアカラー・スタイリングに関連するおすすめ記事はこちら

    ヘアスプレーおすすめ人気ランキングTOP15!使い方についても【2018年最新版】

    2018.07.29

    ヘアチョークおすすめ人気ランキングTOP15!落とし方や使い方も【2018年最新版】

    2018.05.15

    アッシュ系市販ヘアカラーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.12

    ピンク系市販ヘアカラーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.12

    ヘアカラーシャンプーおすすめ人気ランキングTOP10!市販品もランクイン【2018年最新版】

    2018.01.11

    ABOUTこの記事をかいた人

    小熊 くるり

    日本化粧品検定1級
    二級愛玩動物飼養管理士


    スキンケアに気を配り、肌断食などを実践中です。
    また、食事は動物性食品をほとんど摂らず菜食をメインとして肌質改善にも努めています。
    日本化粧品検定1級に合格したので、勉強で得られた知識を元に肌トラブルに悩む人々の助けになれるような記事を配信していきます。
    自宅では犬(ポメラニアン)を飼っており、二級愛玩動物飼養管理士の資格を活かし、動物の生態やペットのための道具選びの参考になる情報もお伝えしていきます。