メンズ向け着圧ソックスおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

選び方のポイント

  • サイズのあうものを選ぶ
    →サイズがあわないものを使うと足にとって悪影響となることもあるので、足の大きさやふくらはぎの太さ、太ももの太さをしっかり計ってから選ぶようにしよう。
  • 圧力の度合いで選ぶ
    →圧力の強さは10〜30mmHgほどと幅があるので、むくみがひどい場合に履くのか、夜寝る際に履くのか、と用途に合わせて適切な圧力の商品を選ぼう。
  • 長さで選ぶ
    →種類は、足首だけの長さのもの、ふくらはぎまであるもの、太ももまであるものなど長さにも幅がある。こちらも用途にあわせてチョイスしよう。

ランニングシューズ ハイソックス
足のむくみや疲れが気になるのは、女性だけではありません。
男性も日々忙しく動き回るなかで、足に負担をかけて気づけばパンパンに……ということもあるでしょう。

そのようなときは着圧ソックスを使ってケアをしていきましょう。
ここでは男性用に開発された商品を紹介していくので、気になるものを見つけたらぜひ使ってみてください。

メンズ向け着圧ソックスとは?

PAX-ASIAN 紳士 ( メンズ 25~27cm ) 着圧靴下 ムクミ解消 締め付け サポート 抗菌 ソックス 黒色 ( ブラック ) 2足組

PAX-ASIAN 紳士 ( メンズ 25~27cm ) 着圧靴下 ムクミ解消 締め付け サポート 抗菌 ソックス 黒色 ( ブラック ) 2足組

着圧ソックスというと女性用を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、男性用に作られているものも多くあります。
着圧ソックスとは足に圧力を加えて血行を促し、むくみのないすっきりとした状態に整えてくれるソックスのことを言います。

男性が女性用のものを使うこともできますが、サイズがあわず足に負担をかけてしまうため気をつけなければなりません。
男性用の着圧ソックスは女性用と比べてサイズの大きいものが多く、男性の足にもぴったりとフィットして効果的に足を刺激することができます。

【こちらもCHECK】着圧ソックスに関するおすすめ記事はこちら

着圧ソックスおすすめ人気ランキングTOP15!効果も【2018年最新版】

2018.03.29

メンズ向け着圧ソックスを選ぶ3つのポイント

ポイント① サイズのあうものを選ぶ

サイズ選びのポイントとしては、足の大きさやふくらはぎの太さ、また太ももの太さをしっかり計るようにしましょう。
着圧ソックスは圧力が加わるようになっているので、サイズがあわないものを使うと足にとって悪影響となることも。
自分の足に対してソックスが小さすぎると、足を必要以上に締めつけて血行を悪化させてしまい、せっかくのフットケアも逆効果となってしまいます。

ポイント② 圧力の度合いで選ぶ

圧力が強すぎると体調を崩してしまうこともあるため気をつけなければなリませんが、逆にゆるすぎると足に適度な圧力がかからないため、思うような効果が得られずソックスを履いている意味がなくなってしまいます。

用途にあった適度な圧力とは一体どれくらいなのでしょう。

市販の着圧ソックスは病院で使われる医療用よりも圧力が低めにできており、10〜30mmHgほどの幅があります。
むくみがひどい場合にはある程度しっかり圧力がかけられる20〜30mmHgのものを選ぶといいでしょう。
ただ、寝るときには圧力がかかりすぎると体を十分に休めることができないので、20mmHgのものを選ぶようにしましょう。

ポイント③ 長さで選ぶ

着圧ソックスと言ってもさまざまな長さのものがあるので、自分が使いやすいものを選ぶことが大切です。
種類としては足首だけの長さのもの、ふくらはぎまであるもの、太ももまであるものなどがあります。

基本的には足首がもっとも圧力が少なく、ふくらはぎ、太ももと上に上がるほど圧力値が段階的に上がっていきます。
足のポンプ機能を高めて血行をアップさせるためにはふくらはぎまでのものでも十分ですが、立ち仕事などをして足の筋肉全体が疲れている場合にはふくらはぎくらいまであるものを選びましょう。

また、足先が出ているものと出ていないもの、5本指ソックスタイプなど足先の形状もさまざまなので、使っていて心地よいと感じられるものを選ぶといいでしょう。
足先の着圧はさほどなく、効果としてはどちらも大差ありませんが、出勤時に使いたいという場合には靴の下にも履ける足先まで覆うタイプ、家で使うならリラックスできる足先なしのタイプが適しています。
五本指のタイプは足先が蒸れにくいのがうれしいポイントです。

メンズ向け着圧ソックスの最安値と価格帯の特徴一覧

電卓 ペン
メンズ向けの着圧ソックスの価格帯は、600円〜4,000円ほどです。
安いものでも圧力をしっかり加えられますが、デオドラント機能などは採用されていない場合があります。
また、売れている製品は通気性や吸湿性に優れており、快適に使えるものが多いです。

最安値売れ筋・人気高額・高級品
価格約600円~1,000円~2,000円約4,000円~
特徴適度な圧力はかけられるが、そのほかの機能は少ないストレッチ性やフィット感があり、使いやすい人気ブランドの商品が多く、デオドラント作用など多機能

メンズ向け着圧ソックスのおすすめ人気ランキングTOP5

ここまでメンズ向け着圧ソックスの選び方について紹介してきましたが、実際にどのようなものを選んだらいいのかわからないという人のために、ここからはおすすめの商品をピックアップして紹介します。

5位 癒足 メンズ 着圧ハイソックス

上質 メンズ 靴下 ビジネス 着圧ハイソックス
上質 メンズ 靴下 ビジネス 着圧ハイソックス

圧力
機能性
使いやすさ
総合おすすめ度

色:グレー・ブラック・チャコール・ネイビー
サイズ:24〜28cm
サイズ展開:24-25cm、25-26cm、26-27cm、27-28cm

足首から上に向かうごとに段階的に圧力が変わるので、全体をムラなく適度な力でケアすることができます。
表糸にはコットンを100%配合しており、肌触りがよいだけでなく吸水性に優れているので汗をかいても蒸れにくいのがメリットです。

抗菌防臭加工が施されていて、においが気になることもなく1日中快適に過ごせます。
爪先は縫い目のないリンキング加工が施されているため、つなぎ目がデコボコせず、革靴など伸縮性の少ない靴でも痛くなりにくいでしょう。

Amazon商品価格(2018年6月12日現在)

1,480円

4位 FEEL GOOD FOR MEN メンズ用着圧・加圧ソックス

FEEL GOOD FOR MEN メンズ用着圧・加圧ソックス
FEEL GOOD FOR MEN メンズ用着圧・加圧ソックス

圧力
機能性
使いやすさ
総合おすすめ度

色:ブラック
サイズ:25〜29cm
サイズ展開:25-27cm、27-29cm

この商品は開発の段階から現役の鍼灸師や整骨院の院長が携わっており、足に加えるべき適度な力などが考慮され、品質に関しては折り紙つき。

二重の着圧ラインが交差した設計になっていて、ふくらはぎ部分にしっかり圧力を加えて疲労をケア。
かかとの部分からふくらはぎにかけて、中心、左右と三方向に分かれて着圧ラインが入っており、激しく動くスポーツや長時間の立ち仕事もしっかりケアして足がつりにくい状態を作ることができます。

また、消臭作用を持つゲルマニウムやナノ銀、亜鉛などを配合した防臭・抗菌・疲労軽減設計なので、ムレやにおいを気にすることなく着用できるのもうれしいポイントです。

Amazon商品価格(2018年6月12日現在)

1,580円

3位 コンバース 着圧ハイソックス

圧力
機能性
使いやすさ
総合おすすめ度

色:ブラック/Vゴールド
サイズ:23〜29cm
サイズ展開:23-25cm、25-27cm、27-29cm(S、M、L、XL)

スニーカーで有名な人気ブランド「コンバース」の商品で、ふくらはぎまで覆うことができる着圧ソックスです。
スポーツ中もしっかりと足のポンプの働きを維持することができ、足の疲労を軽減できるうえ抗菌・防臭作用も兼ね備えています。

サイズはS〜XLまであるため、足が大きい人でも小さい人でもしっかりとフィットさせることができるでしょう。
カラーも本体はブラックとホワイトの2色から選べて、さらにロゴの色も複数色から選択可能。
着圧ソックスはシンプルなものが多いですが、この商品は本体色やロゴの色味を選んで使えるので、コンバース好きな人はきっと満足できるはず。

Amazon商品価格(2018年6月12日現在)

1,480円

2位 MAXTID 着圧 ハイソックス

MAXTID 靴下 着圧 ハイソックス

圧力
機能性
使いやすさ
総合おすすめ度

色:ブラック
サイズ:22〜28cm(フリーサイズ)
サイズ展開:22〜28cmのみ

足裏に滑り止めがついているスポーツをするのに適した便利なアイテムで、激しく動いても足と靴が擦れて痛みが出てしまうのを抑えてくれます。
活動量の多いスポーツにもしっかり対応でき、日常的にスポーツをしている人やランニングなどをする習慣がある人にもぴったりです。

滑り止めだけでなく耐久性や速乾性、吸汗性もあり、汗をかいても蒸れにくく保湿力も備えているので足を乾燥から保護することもできます。
メンズ向けのアイテムではありますが女性でも使用でき、いくつか持っておけば家族みんなで使えるでしょう。

Amazon商品価格(2018年6月12日現在)

980円

1位 PUMA 5本指 段階着圧設計ハイソックス

PUMA 5本指 段階着圧設計 ハイソックス
PUMA 5本指 段階着圧設計 ハイソックス

圧力
機能性
使いやすさ
総合おすすめ度

色:ブルー・ホワイト
サイズ:25〜27cm
サイズ展開:25〜27cmのみ

スポーツ用品ブランド「PUMA」から販売されているこの商品は、足首とふくらはぎで圧力が異なり、効果的に足に力を加えてマッサージできます。
疲労がたまりにくい理想的な位置で固定させることができるので、時間が経っても快適に動くことが可能です。

足底にはドット状の滑り止めがついていて、足が滑って摩擦が生じ痛みが起こるのを抑えてくれます。
足甲の部分にはメッシュ加工が施されており、汗や湿気を溜めにくく快適です。

さらに動いている間も足指を自由に動かせる5本指タイプのソックスで、足の1本1本に力が入れられるため運動能力がグンとアップします。

Amazon商品価格(2018年6月12日現在)

2,160円

メンズ向け着圧ソックスを使う際の3つの注意点

① 持病のある人は使わない

脚 足 男性
着圧ソックスは足に圧力をかけるものなので、人によっては適さない場合があります。
特に動脈の血行障害など持病がある人は注意が必要です。
閉塞性動脈硬化症や糖尿病、バージャ病を患っている人は、着圧ソックスをつけることで症状が悪化してしまう可能性もあるので十分に気をつけましょう。

自分は使えるかどうか不安だという人は、一度医師に相談してチェックしてもらってから使うようにしてください。

② 長時間履き続けない

時計 砂時計
着圧ソックスは適度な圧力で足を刺激し、血行を促すことができる便利なアイテムです。
しかし足に断続的に力を加えることになるので、ずっと着用していると足に負担となってしまうこともあります。

例えば長時間履き続けることによって蒸れてしまうと、かぶれや湿疹などの肌荒れを起こしてしまう場合がありますし、つま先まですべて覆うタイプは、足先に力をかけて巻き爪を引き起こしてしまう可能性もあるのです。

そのため着圧ソックスを使う際には使用時間を決めて長く使いすぎないように気をつけましょう。

③ 重ねばきはしない

靴下 男性
冬場の寒いときなどは靴下を重ねばきして暖を取ることがありますよね。
重ねばきは保温という意味では有効な方法ですが、着圧ソックスの場合は足に思わぬ悪影響を与えてしまうので気をつけましょう。

着圧ソックスを重ねて履くと、通常よりも大きな圧力が足にかかってしまうため、血行を阻害してしまう可能性があります。
そうなると体調不良やさまざまなトラブルにつながってしまうので、着圧ソックスの上に重ねる場合は通常の靴下を使うようにしましょう。

Amazon&楽天の着圧ソックス人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

メンズ向け着圧ソックスを使って、足の疲れを吹き飛ばそう!

ランニング 男性 靴下
今回は着圧ソックスの選び方や注意点、おすすめの商品について紹介してきました。
着圧ソックスは便利なものですが、長時間の使用や重ねばきをすると体調を悪化させてしまう可能性があるので要注意です。

正しい使い方を心がければ足の疲れを癒してむくみをケアし、すっきりと軽い状態に整えることができるので、ぜひ試してみてください!

【あわせて読みたい】メンズケア用品に関連するおすすめ記事はこちら

メンズ美容液おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.18

メンズの洗顔フォームおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.10

メンズヘアワックスおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.03.06

メンズボディソープおすすめ人気ランキングTOP10!香りや加齢臭対策も【2018年最新版】

2018.01.04

メンズボディクリームおすすめ人気ランキングTOP10!香りがよいものは芸能人も使っている?【2018年最新版】

2017.12.11

ABOUTこの記事をかいた人

小熊 くるり

日本化粧品検定1級
二級愛玩動物飼養管理士


スキンケアに気を配り、肌断食などを実践中です。
また、食事は動物性食品をほとんど摂らず菜食をメインとして肌質改善にも努めています。
日本化粧品検定1級に合格したので、勉強で得られた知識を元に肌トラブルに悩む人々の助けになれるような記事を配信していきます。
自宅では犬(ポメラニアン)を飼っており、二級愛玩動物飼養管理士の資格を活かし、動物の生態やペットのための道具選びの参考になる情報もお伝えしていきます。