セルフホワイトニンググッズおすすめ人気ランキングTOP10!ジェルも【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

小熊 くるり

日本化粧品検定1級
二級愛玩動物飼養管理士


スキンケアに気を配り、肌断食などを実践中です。
また、食事は動物性食品をほとんど摂らず菜食をメインとして肌質改善にも努めています。
日本化粧品検定1級に合格したので、勉強で得られた知識を元に肌トラブルに悩む人々の助けになれるような記事を配信していきます。
自宅では犬(ポメラニアン)を飼っており、二級愛玩動物飼養管理士の資格を活かし、動物の生態やペットのための道具選びの参考になる情報もお伝えしていきます。

    選び方のポイント

    • アイテムで選ぶ
      →種類としては「歯磨き粉・消しゴム&ペン・ジェル」の3タイプある。それぞれの特徴や使い方を理解し自分が使いやすいものをチョイスしよう。
    • 使い続けられるものを選ぶ
      →継続してケアすることが大事なので、頻度や使い方がシンプルなものを重視して選ぼう。
    • コストパフォーマンスで選ぶ
      →なるべくお財布に負担にならないものを選ぼう。その際容量が多い=コスパが高いというワケではないことにも注意しよう。

    女性 口 歯


    白い歯は清潔感があり見た目の印象もいいので憧れている人もきっと多いはず。
    しかし日々の食生活や嗜好品によって、知らない間に歯が黄ばんでしまうことも。

    きれいな歯を保つためには毎日のブラッシングも大切ですが、そこにもう一つケアアイテムを取り入れて歯の着色汚れを除去する必要があります。
    ということで今回は自宅でできるセルフホワイトニンググッズのおすすめ商品を紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

    セルフホワイトニンググッズとは?

    ホワイトニング 歯磨き粉


    セルフホワイトニンググッズとは、自宅で歯の着色を抑え、黄ばみをケアできるもののことを言います。
    歯をきちんと磨いているつもりでも、着色汚れは気づかぬうちについてしまっているもの。
    グッズには歯磨き粉やジェルを塗って光を照射するホワイトニング施術さながらのものなどいろいろなものがあり、歯科医院に行かなくても手軽にホワイトニングケアができます。

    【こちらもCHECK】セルフホワイトニングに関するおすすめ記事はこちら

    ホワイトニング歯磨き粉おすすめ人気ランキングTOP15!市販の商品も多数ランクイン【2018年最新版】

    2018.05.30

    セルフホワイトニンググッズの3つの選び方

    ① アイテムで選ぶ

    ホワイトニング 歯磨き粉


    セルフホワイトニンググッズと言ってもさまざまなものがあり、アイテムの特徴や使い方を理解すれば自分が使いやすいものがわかります。
    では具体的にどのようなタイプのアイテムがあるのか説明していくので参考にしてみてください。

    歯磨き粉

    Brabianca(ブラビアンカ) ホワイトニング 歯磨き粉 シロクナリーナ 【歯を白くする歯磨き粉】

    Brabianca(ブラビアンカ) ホワイトニング 歯磨き粉 シロクナリーナ 【歯を白くする歯磨き粉】

    セルフホワイトニング用の歯磨き粉は研磨剤が含まれているので、歯の表面にある着色汚れをしっかりと削り取ることが可能です。
    また、歯の汚れを浮かせて落とす成分が配合されているものもあり、使用し続けることで歯本来の自然な白さが取り戻せます。
    特別なものを使わず、普段と同じようにケアをしたいという人にぴったりです。

    歯磨き粉なので元の歯よりも白くすることはできませんが、タバコをよく吸う人など歯の黄ばみが気になるという人は、通常の歯ブラシでは落としにくいヤニなども分解して落とせるので便利です。

    歯の消しゴム・ペン

    歯の消しゴム トゥースティック

    歯の消しゴム トゥースティック

    歯の消しゴムやホワイトニングペンというものもドラッグストアなどで手に入ります。
    これは表面に研磨剤が配合されているので、着色汚れなどをしっかりと削り落とせる便利なアイテムです。
    形としてはスポンジのような四角いものとペンのように先が細くなっているものがあります。

    ただし力を入れすぎたりこすりすぎたりすると、歯に大きなダメージを与えてしまうことがあるので注意が必要です。
    使用する際には適度な力で丁寧に行うことを心がけ、できるだけ優しく歯をケアしましょう。

    ジェル

    一般医療機器 ホワイトニング スマートデント【Smart Dent】

    一般医療機器 ホワイトニング スマートデント【Smart Dent】

    ホワイトニングジェルは、基本的に専用のLEDライトなどと組みあわせて使うものです。
    ジェルとLEDライトがセットになっている場合もありますが、別途購入の製品もあります。

    使い方はジェルを塗ったあとに光を照射。
    ジェルに配合されている酸化チタンとLEDライトの反応による光触媒の力によって、歯の表面にある着色汚れや細菌を分解して落とし歯を白くします。

    歯磨きだけではなかなか落としきれない着色汚れなども効率的に除去できるため、黄ばみが気になって仕方がないときに役立ちます。
    歯科医院でホワイトニングの施術を受けるよりも、手軽に自宅で行うことができるのもうれしいポイントです。

    ② 使い続けられるものを選ぶ

    歯磨き 歯ブラシ


    どんなに評価がよいセルフホワイトニンググッズでも、自分が使いやすいと感じられなければ意味がありません。
    面倒に感じながらケアをしても結局長続きしなくなり、効果的なケアができなくなってしまうからです。
    したがって頻度や使い方がシンプルなものを重視して選ぶようにしましょう。

    例えば普段のケア以外に面倒なことはしたくないという人には歯磨きタイプがぴったりですし、入念にケアしたいという人にはジェルタイプがいいですよ。

    ③ コストパフォーマンスで選ぶ

    財布


    歯磨き粉などでも通常のものよりはホワイトニング用のもののほうが価格が割高な場合があるので、なるべくお財布に負担にならないものを選びましょう。

    ホワイトニンググッズは容量や試用期間、効果や目安などによってもコストパフォーマンスが異なるため、たっぷり入っているものがいいというわけではないので覚えておいてください。

    セルフホワイトニンググッズの最安値と価格帯の特徴一覧

    セルフホワイトニンググッズは400円〜4,000円ほどの価格帯で販売されています。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約400円~1,500円~3,000円約4,000円~
    特徴スポンジや歯磨き粉などが多く、手軽に使えるのが魅力コストパフォーマンスがよく使いやすい値段のものが多い光を照射するなど、手間がかかる専門商品が多い

    セルフホワイトニンググッズおすすめ人気ランキングTOP10

    ここまでセルフホワイトニンググッズの選び方について紹介してきました。
    ここから日本化粧品検定1級を持つ筆者が、使いやすさや作用などのポイントを重視して、自宅で手軽に使用できる歯磨き粉をランキング形式で紹介していきます。

    10位 シロクナリーナ


    Brabianca(ブラビアンカ) ホワイトニング 歯磨き粉 シロクナリーナ
    Brabianca(ブラビアンカ) ホワイトニング 歯磨き粉 シロクナリーナ
    配合成分
    手軽さ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    アイテムのタイプ:歯磨き粉・ライト照射

    歯磨き粉タイプのホワイトニンググッズで、毎日の歯磨きをこれに変えるだけで効率的に美白ケアができます。
    LEDライトは別売りですが、光触媒の力で歯の着色汚れを浮かせて落とせるので、歯の黄ばみが気になる人にもぴったりです。

    また殺菌作用や消臭作用があり、口の中に細菌が増えたり嫌なにおいがするのを抑えてくれます。
    歯の表面をきれいに磨き上げれば新たな汚れや着色も抑えることが可能です。

    基本的には歯になじませたあとにLEDライトを照射し歯の汚れを落とすのですが、ライトなしでも使用できます。

    9位 ププレ 歯のマニキュア


    ププレ 歯のマニキュア
    配合成分
    手軽さ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    アイテムのタイプ:マニキュア

    歯に白い薬剤を塗ることで、即席で歯を白く見せることができるマニキュアタイプのホワイトニンググッズです。
    先端がブラシ状になっていて手軽に歯を色づけでき、初心者でも簡単に使用できます。

    歯の汚れやくすみをしっかり隠せるので手軽に印象をアップ!
    ヒドロキシアパタイト、ポリリン酸、チャ葉エキス、マスチックといった美白・口内ケア成分が含まれており、しっかり歯をきれいに仕上げることができます。

    【こちらもCHECK】ププレ歯のマニキュアの使い方を紹介している動画はこちら

    8位 ホワイトWスタージェルⅡ

    配合成分
    手軽さ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    アイテムのタイプ:ライト照射

    酸化チタンを含んだセルフホワイトニングジェルで、青色LEDと反応させることにより歯の汚れ・細菌を分解させて除去できます。
    歯の汚れをしっかり落とせるので、自然な色に戻せるのが大きな魅力です。

    歯磨きをしたあとにジェルを塗って15分ライトを照射、そのあとまた歯磨きをするので手間はかかりますが、その分歯磨きだけよりも汚れをしっかり落とすことができます。
    LEDライトは別売りなので別途で用意してください。

    【こちらもCHECK】ホワイトWスターの使い方を紹介している動画はこちら

    7位 トゥースMD ホワイトEX


    トゥースMDホワイトEX
    トゥースMDホワイトEX
    配合成分
    手軽さ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    アイテムのタイプ:歯磨き粉

    いつも使っている歯磨き粉をこれに変えるだけで、歯の汚れを落として効率的にきれいにすることができます。
    シリーズ累計90万本を突破している人気商品で、専用の歯磨き粉もついてくるので手に入れたそのときからすぐに使用可能です。

    歯のヤニや着色汚れが落とせるうえに、口臭や歯石沈着なども抑えられます。

    【こちらもCHECK】トゥースMD ホワイトEXを使った茶渋除去の実験動画はこちら

    6位 ホワイトニング スマートデント


    ホワイトニング スマートデント
    ホワイトニング スマートデント
    配合成分
    手軽さ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    アイテムのタイプ:LEDライト

    LED照射型ホワイトニングジェルと一緒に使うLEDライトです。
    シリコン素材でできているため、歯や歯茎を必要以上に傷つけることなく優しくケアできます。

    スマートフォンにつないで使用するものなので、いつでもどこでも手軽にケアが可能。
    iPhoneには対応していないので注意が必要ですが、USB端子がついているものであれば接続できます。
    使用中も両手が空くためほかの作業ができ、時間をムダにすることもありません。

    【こちらもCHECK】ホワイトニング スマートデントの開封動画はこちら

    5位 トゥービー・ホワイト ホワイトニングエッセンス プレミアム


    トゥービー・ホワイト ホワイトニング エッセンス プレミアム
    トゥービー・ホワイト ホワイトニング エッセンス プレミアム
    配合成分
    手軽さ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    アイテムのタイプ:歯磨き粉

    オーラルケアの人気ブランド「トゥービー・ホワイト」から販売されている商品で、研磨剤が配合されていないので、歯を必要以上に削ってダメージを与えることもなく優しく歯の汚れだけを落とせます。

    電動ブラシ派の人でも使用でき、スイカズラプロエキスという美白成分をたっぷり含んでいるのもポイントです。

    4位 歯を白くする su・po・n・ji


    歯を白くするsu・po・n・ji
    配合成分
    手軽さ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    アイテムのタイプ:スポンジ

    スポンジを歯に当ててこすることで汚れを落とす便利なアイテムです。
    コーヒーやワイン、タバコなどの頑固な着色汚れをすっきり落とし、自然な歯の色に戻すことができます。

    8個も入っていてコストパフォーマンスがよいので、お金をかけずにケアしたいという人にぴったりです。

    3位 Dr.オーラル ホワイトニングパウダー


    Dr.オーラル ホワイトニングパウダー
    Dr.オーラル ホワイトニングパウダー
    配合成分
    手軽さ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    アイテムのタイプ:歯磨き粉

    卵殻アパタイトを配合した歯磨き粉パウダーです。
    黄ばみや歯垢、口臭をケアできるので、磨いたあとは歯を自然な白さに戻すだけでなく、すっきりとした爽快感も得られます。

    卵殻アパタイトはペーストだと硬くなりすぎてしまうため、パウダーにして効果的に使用できるよう工夫されているのもうれしいポイントです。

    【こちらもCHECK】Dr.オーラル ホワイトニングパウダーを紹介している動画はこちら

    2位 薬用しろえ 歯磨きジェル


    薬用しろえ歯磨きジェル ホワイトニング
    薬用しろえ歯磨きジェル ホワイトニング
    配合成分
    手軽さ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    アイテムのタイプ:歯磨き粉

    12種類もの植物由来成分を配合しており、自然の優しい力で歯を健やかな状態に導いてくれます。
    歯を白くするだけでなく、歯周炎や歯肉炎、口臭や虫歯をケアして、口の中を清潔な状態に保てるのもうれしいポイントです。

    ジェル状の歯磨き粉なので優しく磨けて、泡立ちすぎないことから磨き残しもなくすっきりと洗えます。

    1位 Phantom Bright ジェル

    Phantom Bright ジェル 30g

    Phantom Bright ジェル 30g

    3,200円(11/14 23:09時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    Phantom Bright ジェル 30g
    配合成分
    手軽さ
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    アイテムのタイプ:ライト照射

    酸化チタンを配合している歯みがきジェルで、LEDライトを照射することで歯の汚れを効率的に落とせます。
    別途でLEDライトを用意する必要がありますが、ジェル自体は1つで30〜40回ほど使えるので、コストパフォーマンスの面でも満足できるでしょう。

    1回15分くらいの照射時間がかかりますが、歯みがきだけするよりも歯の汚れをすっきり落とすことができます。

    【こちらもCHECK】オーラルケアに関連するおすすめ記事はこちら

    オーラルケアグッズおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.08.08

    セルフホワイトニンググッズを使う際の2つの注意点

    ① 真っ白にすることはできない

    歯 色


    セルフホワイトニンググッズは便利なものですが、歯科医院で行うホワイトニングのように元の歯の色より白くすることはできません。
    歯科医院では基本的に過酸化水素という薬剤を使って歯を「漂白」するので、色を真っ白にできるのです。
    しかし日本の法律で過酸化水素は、歯科医師などの専門医しか扱うことができないため市販されていません。
    市販品はあくまで歯の着色汚れを落とすためのものであり、歯を元の色以上に白くはできないの覚えておきましょう。

    ② やりすぎない

    歯磨き


    セルフホワイトニングのなかには研磨剤が配合されているものがありますが、ゴシゴシこすりすぎると研磨剤が歯を削ってしまうことがあるため注意が必要です。

    照射タイプも歯磨き粉タイプも少なからず歯に負担をかけてしまうので、パッケージをよくチェックして適度な頻度で行いましょう。

    Amazonのセルフホワイトニンググッズ人気ランキング

    Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

    セルフホワイトニンググッズで、きれいな歯に仕上げよう!

    笑顔 歯 口


    セルフホワイトニンググッズは歯の着色汚れを落としてナチュラルな色に戻すことができるものですが、本来の歯の色よりも白くはできないので注意が必要です。
    また、使い方を間違えると歯に負担をかけてしまうため、使う頻度や力の入れすぎには気をつけてください。

    セルフホワイトニンググッズを上手に使って、魅力的なきれいな歯を保ちましょう。

    【あわせて読みたい】美容に関連するおすすめ記事はこちら

    泡で出るハンドソープおすすめ人気ランキングTOP10!無添加のものも【2018年最新版】

    2018.08.16

    美容ドリンクおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.05.15

    洗顔ブラシおすすめ人気ランキングTOP15!毛穴が広がる効果やニキビにも【2018年最新版】

    2018.04.24

    美容家電おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.29

    プレゼントに最適な美容家電おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.05

    ABOUTこの記事をかいた人

    小熊 くるり

    日本化粧品検定1級
    二級愛玩動物飼養管理士


    スキンケアに気を配り、肌断食などを実践中です。
    また、食事は動物性食品をほとんど摂らず菜食をメインとして肌質改善にも努めています。
    日本化粧品検定1級に合格したので、勉強で得られた知識を元に肌トラブルに悩む人々の助けになれるような記事を配信していきます。
    自宅では犬(ポメラニアン)を飼っており、二級愛玩動物飼養管理士の資格を活かし、動物の生態やペットのための道具選びの参考になる情報もお伝えしていきます。