カラーアイライナーおすすめ人気ランキングTOP5!ウォータープルーフタイプやメイク方法についても【2018年最新版】

メイク濃いめ


アイメイクに重要なアイテムといえば、アイシャドウやアイライナー、マスカラなどがあります。
なかでもアイライナーは、ブラックやブラウンなどシックな色の商品が多く、まぶたのキワの端から端まで引くと目元をひきしめ、印象を際立たせるのに便利です。

ベーシックなカラー以外にも色とりどりのカラーアイライナーは、トレンド感を演出できるアイテムで、目尻だけなど部分使いすることが多いのも特徴。
ブラックやブラウンなどのベーシックなものだけでなく、カラーアイライナーもリキッドやペンシルなどブランドごとにさまざまなタイプが発売されています。

そこで今回は、カラーアイライナーを選ぶ際のポイントや、おすすめの商品について詳しく紹介するので、チェックしてみてください。

カラーアイライナーとは?

ペンシル


カラーアイライナーは目元にアクセントとして入れる化粧品で、いつものメイクにプラスするだけで華やかな印象に仕上げることができます。
色味によって雰囲気も異なるので、気分やシーズンにあわせて使い分けてみるといいでしょう。

ブラックライナーやブラウンライナーのように、目のキワの端から端まで引くのではなく、目尻などに短く引いて使うのがポイント。
発色がいい商品はワンポイント入れるだけでも存在感を出せるので、雰囲気を手軽に変えることができます。

【こちらもCHECK】カラーアイライナーに関連するおすすめ記事はこちら

赤いアイライナーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.01.17

ブラウンアイライナーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.01.10

カラーアイライナー選びの2つのポイント

① 雰囲気やファッションに合わせてカラーを決める

ペンシル2


カラーアイライナーは色味を生かして目元を彩るアイテムなので、なんといってもカラーを重視して選ぶようにしましょう。
色によって印象がガラリと変わるため、ファッションなどと組みあわせて使うのもいいでしょう。

例えばピンク色はキュート、レッドは色気のある雰囲気、パープル系はミステリアス、ブルーは知的、グリーンやイエローは個性的な印象です。
ピンクやイエローなどのより目を引くカラーは、オフィスなどのフォーマルな場には不向きですが、ボルドーやパープルなどの落ち着いたカラーならポップになりすぎず、さり気なく目元の印象を変えることができます。

② 使いやすいと思うペン先のタイプで選ぶ

アイライナー


またアイライナーを選ぶ際に、もう一つチェックすべきなのがペン先のタイプです。
タイプにもペンシルやリキッド、ジェルなどがありますが、それぞれペン先の特徴も異なるので、自分が使いやすいと感じられるものを選びましょう。
初心者へのおすすめは一定の力でかけるペンシルタイプ。
はじめからリキッドタイプを使うと、筆のしなる感覚に慣れていないので、どのくらいの力を加えていいのかがわからず、線が太くなったり細くなったりしてしまうからです。

カラーアイライナーの最安値と価格帯の特徴一覧

カラーアイライナーの価格帯は300〜7,000円ほどです。
商品で重視すべきポイントの一つはにじみにくさですが、これは商品ごとに程度が違うので、価格とは比例しません。
迷ったらウォータープルーフタイプを選んでみるといいでしょう。

最安値売れ筋・人気高額・高級品
価格約300円~800円~2,000円約7,000円~
特徴カラーバリエーションが豊富だが、発色がよくないものもあります。肌になじませやすく、落ちにくいものも多いです。発色がよく、目元のケア成分も豊富なものが多いです。

カラーアイライナーのおすすめ人気ランキングTOP5

ここまではカラーアイライナーの選び方などを紹介してきましたが、実際にどんなものを選んだらいいのかわからないということもあるでしょう。
そこでここからは日本化粧品検定を持つ筆者が、使いやすさやキープ力、セット力を重視したおすすめの商品をランキングにしてご紹介します。

5位 ヴィセ リシェ カラーインパクトリキッドライナー

キープ力
セット力
使いやすさ
総合おすすめ度

カラーバリエーション:BK001・PK840・BR340・BR341・RD440・BL940・OR240・GR740(全8色)
形状タイプ:リキッド
ウォータープルーフ:対応

プチプラブランド「ヴィセ リシェ」から販売されているこの商品は、ひと塗りするだけでしっかりと発色し、目元に手軽に彩りをプラスすることができます。
汗や涙で落ちることのないウォータープルーフ処方で、一日中きれいなつけたての状態をキープできるのもうれしいポイントです。

使いやすさのポイントは筆ペンタイプならではの適度なコシ。
これにより、しっかり素肌に密着して発色し、にじむこともなく鮮やかな色が維持できます。

また、美容液成分としてコラーゲンやグリセリンも配合されていて素肌を潤すので、メイクしている間も快適で、しかもお湯で簡単に落とせるのもうれしいですね。

Yuka Itoさん(@yu_kaeve)がシェアした投稿

maasaさん(@maasszz)がシェアした投稿

【こちらもCHECK】ヴィセのカラーインパクトリキッドライナー比較動画はこちら

4位 クイーンズ・キー ワンダフルカラーアイライナー

キープ力
セット力
使いやすさ
総合おすすめ度

カラーバリエーション:デビルブラック・ビターブラウン・ミッドナイトブルー・フォレストグリーン・キャンディピンク・マーメイドブルー・キャラメルブラウン・クリームカーキ・シュガーピンク・コーラルグリーン・ワインレッド(全11色)
形状タイプ:リキッド
ウォータープルーフ:対応

人気キャラクター「ベティ・ブープ」が目印のクイーンズ・キーのワンダフルカラーアイライナーは、バリエーションの豊富さと発色のよさが魅力です。
スポンジペンを採用しているので肌あたりもよくなめらかで、肌への負担も少なくラインを引くことができます。

含まれている保湿成分は全部で3種類。
加水分解コラーゲン、プロポリスエキス、ローヤルゼリーエキスが配合されており、肌を潤しながらケアできます。

ウォータープルーフ処方で汗をかいてもにじみにくく、洗顔料ですっきり落とせるのもうれしいポイントです。
泡タイプの洗顔料を使えば、よりすっきりとオフできますよ。

ちょこさん(@chocolateblowny0129)がシェアした投稿

青木夏乃さん(@aokinatsuno)がシェアした投稿

【こちらもCHECK】クイーンズ・キー ワンダフルカラーアイライナーに関するおすすめ動画はこちら

3位 エチュードハウス プレイ101 ペンシル

キープ力
セット力
使いやすさ
総合おすすめ度

カラーバリエーション:ピンク系・ブラック系・ネイビー系・ブラウン系・レッド系・ホワイト系(全25色)
形状タイプ:ペンシル
ウォータープルーフ:対応

韓流コスメの人気ブランド「エチュードハウス」から販売されているこの商品は、バリエーションの豊富さが魅力です。
クリーミー・グリッター・シマーリング・マット・グロッシーなど質感や発色のニュアンスが異なるものが多く、メイクの雰囲気にあわせて使い分けることができます。

ほかのカラーアイライナーと違う大きなポイントは、なんといっても多機能性。
アイライナーとしてはもちろん、ぼかせばアイシャドウやアイブロウ、チーク、リップ、コンシーラーなど、さまざまなアイテムとして使用できます。
また、プチプラとは思えない発色やキープ力も魅力です。

ウォータープルーフタイプなのでにじみにくく、仕上げた状態を長時間キープできるのもうれしいポイント。
持ちがいいですが、落とす際にはクレンジング剤が必要です。

(22)さん(@im_addicted_to_cosmetic)がシェアした投稿

ラーコさん(@00rako00)がシェアした投稿

【こちらもCHECK】エチュードハウスのプレイ101レビュー動画はこちら

2位 ラブライナー カラーC

キープ力
セット力
使いやすさ
総合おすすめ度

カラーバリエーション:トゥルーブラック・ダークブラウン・ベビーブラウン・バーガンディブラウン・グレージュブラウン・カーキブラック・ピンクブラウン・アクアブルー・モスミント(全9色)
形状タイプ:リキッド
ウォータープルーフ:対応

保湿成分を配合したカラーアイライナーで、リンゴ果実培養細胞エキス、センブリエキス、センチフォリアエキス、パンテノール、ヒアルロン酸Naが含まれており、デリケートな目元をしっかりケアしながらメイクできます。
染料不使用なので肌に色素が沈着してしまう恐れもなく、お湯で簡単にすっきりと落とせるのも魅力です。

ブラシに適度なコシがあるのが大きなポイントで、持ち手はアルミボトルを使用した重量感のある設計。
0.1mmの極細毛が繊細なラインからまつ毛のキワまでぶれにくく、思い通りに太さを調整しながらラインが引けます。

mwnail.ktさん(@mwnail.kt)がシェアした投稿

moni.neさん(@moni.ne)がシェアした投稿

【こちらもCHECK】ラブライナーの全色レビュー動画はこちら

1位 メイベリン ハイパーシャープライナー

キープ力
セット力
使いやすさ
総合おすすめ度

カラーバリエーション:漆黒ブラック・ブラウンブラック・ソフトブラック・ナチュラルブラウン・バーガンディ・カーキ・ネイビー(全7色)
形状タイプ:リキッド
ウォータープルーフ:対応

人気プチプラブランド「メイベリン ニューヨーク」から販売されているこの商品は、0.01mmの超極細ラインを引けるのが大きな魅力です。

ブラシ部分にはコシのある弾力ブラシ設計を採用。
手に力を入れなくても安定したラインを引くことができ、初心者でも使いやすいでしょう。
まつ毛の隙間などの細かい部分まできちんと毛先をコントロールして描けるので、簡単にきれいに仕上がります。

また汗や涙、皮脂に触れても落ちにくいウォータープルーフ処方を採用。
色が薄れたり剥がれたりせず、きちんとまぶたに密着してつけたての状態を長時間保つことができます。
落とすときは洗顔料で手軽にオフできるのもうれしいポイントです。

Reeeee( Ꙭ )/''さん(@poohchanriiiii)がシェアした投稿

ちょこさん(@chocond.info)がシェアした投稿

【こちらもCHECK】メイベリンのハイパーシャープライナー3色比較動画はこちら

涙や汗でにじまないウォータープルーフアイカラー3選

リキッドタイプ ジルスチュアート キトゥンアイズライナー

人気ブランド「ジルスチュアート」から販売されているこのアイテムは、最も細い部分が0.18mmと、まつ毛のキワまでしっかりとラインが引けます。
毛量・コシ・長さは書きやすさにこだわって調整されており、しなやかで描きやすいのもうれしいポイントです。

一般的な商品と比べて液切れしにくいドライアップ設計を採用。
毛先までしっかりとカラー液が染み込み、最後までかすれにくい状態のままで使用できます。

カラーの違うパールが光を集めて乱反射し、上品にまぶたを彩ることが可能。
加えて大きなポイントとなるのがロングラスティングポリマー。
まぶたに塗って乾かすとしっかりとした膜を張り、にじみにくくて崩れにくく、1日中きれいなラインが維持できます。

acoさん(@aconeko)がシェアした投稿

あまねさん(@maoooooooo222)がシェアした投稿

【こちらもCHECK】ジルスチュアートのキトゥンアイズライナーレビュー動画はこちら

ペンシルタイプ ドーリーウィンク カラーライナー

モデルの益若つばさがプロデュースしたアイテムで、ペンシルタイプならではの書きやすさが魅力です。
芯がやわらかいため、なめらかに伸ばすことができ、肌への負担も少なくカラーメイクが楽しめます。
さらに、ぼかせばアイシャドウとして使用することも可能。

まぶたのケア成分として配合されている植物性エモリエント成分のホホバオイルが、肌をしっとりと包みこみ、ウォータープルーフ処方で汗や涙にもにじみにくく、つけたてのきれいな状態を長時間持続できるのもうれしいですね。

クレマチスさん(@clematismake)がシェアした投稿

a-tanさん(@atan_gram)がシェアした投稿

【こちらもCHECK】ドーリーウィンクのカラーライナーのレビュー動画はこちら

ジェルタイプ エクセル カラーラスティング ジェルライナー

エクセルのカラーラスティングジェルライナーは、ダークトーンのカラーがメインで、まぶたになじみやすいのが特徴です。
濃厚な発色でしっかりと目元を彩り、大きな瞳を演出することができます。

ジェルならではのなめらかな書き心地で、芯の太さは細めの2mmサイズ。
発色がよく、そのままでもぼかしてもまぶたをきれいに彩れるでしょう。

皮脂に耐性のあるスマッジプルーフとウォータープルーフのダブル処方で、汗や涙だけでなく皮脂の影響も受けず、しっかり密着させたあとはこすっても落ちにくく、指にもつきません。

【こちらもCHECK】エクセル 「カラーラスティングジェルライナー」のレビュー動画はこちら

【こちらもCHECK】落ちにくいアイライナーに関連するおすすめ記事はこちら

落ちないアイライナーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.07.30

ウォータープルーフアイライナーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.05.25

激安100均カラーアイライナー

100円ショップのコスメも機能や発色において、コスメブランドと肩を並べるほどの商品が多いです。
カラーアイライナーをはじめて使用する人は、まず100円ショップのアイテムを使って、似あう色味をチェックしてみるのもいいでしょう。

TMカラーアイライナー(キャンドゥ)

ぐりーむさん(@gurim08)がシェアした投稿


安いながらも使いやすいと口コミでも人気の商品です。
カラーバリエーションも6色あり、まとめ買いをして組みあわせて使用することもできます。

きれいに色をのせるためには2〜3回ほど重ねるのがベター。
アイラインとして使用する場合も何度か塗り重ねたり、アイシャドウのようにぼかしたりして使用するようにしましょう。

上まぶたにも下まぶたにも使用できるので、手持ちのアイシャドウやマスカラと組みあわせて、いろいろな雰囲気のメイクを楽しんでみてください。

エスポルール カラーライナー(ダイソー)

ダイソーのコスメブランド「エスポルール」から販売されているこのカラーライナーは、1本200円でコスメにお金をかけずにカラーメイクが楽しめます。

リキッドタイプでペン先は細く、見た目もほかのコスメブランドの商品と変わらないので、外見のクオリティを気にせず使用できるでしょう。

カラーはブラック・ダークブラウン・ライトブラウン・ブルーの4色展開。
適度な弾力があるので力を入れずに、きれいなラインが引けます。
また汗や水に耐性があり、朝つけても夕方ごろまでしっかりときれいなラインを維持することが可能です。

カラーアイライン初心者におすすめのメイク

ゆりねぇさん(@yurineet)がシェアした投稿


カラーライナーに初挑戦するという場合には、目尻側にアクセントとして入れるといいでしょう。
全体に入れる場合は、バランスを間違えるとくどくなってしまいがちですが、アクセントとしてワンポイトで入れると、ほどよくきれいになじみます。

MARINAさん(@0524marina)がシェアした投稿


カラーライナーを目頭から目尻まで引く場合には、ラインだけが目立ち過ぎてしてしまう可能性があるので、少しぼかしてアイシャドウ風に仕上げるのもおすすめです。

amiさん(@amimi_abc)がシェアした投稿


カラーライナーは下まぶたのみに引いて楽しむこともできます。
ピンク系のカラーを使うと愛らしい目元に仕上げられますし、ネイビーやカーキなどのシックなカラーなら、目元を引きしめてクールな印象にすることが可能です。

カラーアイライナーを使う際の注意点

カラーアイライナーを使う際には、通常のアイライナーと同様に、目に入らないよう細心の注意を払う必要があります。
またまぶたはデリケートなので、うまく色が乗らないからといって何度もペン先でこするのではなく、優しく重ねるようにしてラインを引き、色味を調整していきましょう。

カラーアイライナーをはじめて使う場合には、いきなり派手な色味を選ぶよりは、落ち着いたトーンから試して似あう色味がわかったところで、ポップな色に挑戦していくとよいでしょう。

カラーアイライナーを使って、メイクをもっと楽しもう


カラーアイライナーは、同じアイテムでも使い方次第でいろいろな雰囲気に仕上げることができる便利なアイテムです。
ブランドや商品によって魅力も異なるので、形状や色味をチェックして使いやすいものを選ぶようにしましょう。

ファッションやその日の気分にあったカラーアイライナーを使って、メイクをもっと楽しんでみてくださいね。

【あわせて読みたい】アイメイクに関する記事はこちら

おすすめの人気アイシャドウブランドランキングTOP5【2018年最新版】

2018.05.08

涙袋ライナーおすすめ人気ランキングTOP10!使い方についても【2018年最新版】

2018.05.05

アイメイクリムーバーおすすめ人気ランキングTOP5!落とし方も【2018年最新版】

2018.03.26

マスカラのブランドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.03.23

アイライナーおすすめ人気ランキングTOP15!色選びや二重の引き方についても【2018年最新版】

2018.01.21

ABOUTこの記事をかいた人

小熊 くるり

日本化粧品検定1級
二級愛玩動物飼養管理士


スキンケアに気を配り、肌断食などを実践中です。
また、食事は動物性食品をほとんど摂らず菜食をメインとして肌質改善にも努めています。
日本化粧品検定1級に合格したので、勉強で得られた知識を元に肌トラブルに悩む人々の助けになれるような記事を配信していきます。
自宅では犬(ポメラニアン)を飼っており、二級愛玩動物飼養管理士の資格を活かし、動物の生態やペットのための道具選びの参考になる情報もお伝えしていきます。