釣り用レインウェアおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

選び方のポイント

  • サイズで選ぶ
    →体のサイズにあっていないと雨水を完璧に防ぎきれないので、試着して自分の体にしっかりとフィットしているか確認してから購入しよう。
  • ポケットの防水性や位置で選ぶ
    →雨水の侵入を防ぐ「止水ファスナー」がポケットに採用されていたり、手の届きやすい位置にポケットがついているか、というところにも注目しよう。
  • 動きやすさで選ぶ
    →動きやすいレインウェアを選ぶためには、体のあらゆる動きを計算に入れた立体的な生地裁断パターンを採用しているものを重要視しよう。

レインコート レインウェア


釣り用レインウェアは動きやすさ、防水性やポケットの位置、フードをかぶった際の視界など、雨の日の釣りでの使用に最適な作りになっています。
この記事では、一押しの「釣り用レインウェアおすすめ人気ランキングTOP5」とともに、タイプごとのメリットやデメリット、選び方のポイントや使い方の注意点についてもご紹介。
防寒対策としても使用できる、簡易防水の釣り用レインウェアもあわせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

釣り用レインウェアとは?

釣り レインウェア レインコート


釣り用レインウェアはアウトドア用レインウェアの一つで、仕掛けアイテムの収納ケースやボビン巻きの各種ラインといった大きめのタックルでも収納できるよう、大きめのポケットが手の届きやすい位置についています。
連続の屈伸運動や、体をひねる動作といった釣りならではの動きを妨げないよう、生地に用いる素材や裁断のパターンが工夫されている点などが、ほかのアウトドア用レインウェアと異なる特徴。

【こちらもCHECK】釣り用ウェアに関するおすすめ記事はこちら

釣り用ファッションウェア(服装)おすすめ人気ランキングTOP15!男性向けや女性向けも【2018年最新版】

2018.03.26

釣り用レインウェアのタイプごとのメリットやデメリットとは?

釣り用レインウェアにはさまざまなタイプやメリット、デメリットがあるため、特徴を学んだうえで自分にあうタイプの釣り用レインウェアを選択することが肝心。
ここでは、3種類の釣り用レインウェアについてご紹介します。

① 上下セットタイプのメリットやデメリット

アブガルシア(Abu Garcia) レインウエア スタンダードレインスーツ ブラック x カーキ パンツ M 釣り

アブガルシア(Abu Garcia) レインウエア スタンダードレインスーツ ブラック x カーキ パンツ M 釣り

上下セットタイプの釣り用レインウェアは、上半身に着る「ジャケット」と下半身にはく「パンツ」とがセットになって販売されているタイプの釣り用レインウェアです。

上下セットタイプは、着用時にジャケットがしっかりとパンツに重なるように作られているため、隙間から雨水が侵入して濡れる心配がありません。
ジャケットとパンツを別々に購入するよりもお買い得である場合が多く、「統一されたデザインである」ということもメリットの一つ。

ただしサイズも統一されており、例えばジャケットを大きいサイズにしようとするとパンツも太くて長いサイズになってしまうので、極端な体型の方にとってはジャケットとパンツのいずれかのサイズがあわないことも。

② 上下別タイプのメリットやデメリット

シマノ XEFO・GORE-TEX SHORT JACKET RA-211P バーガンディ L

シマノ XEFO・GORE-TEX SHORT JACKET RA-211P バーガンディ L

上下別タイプの釣り用レインウェアは、ジャケットかパンツいずれか単体で販売されているタイプの釣り用レインウェアです。

上下別タイプのメリットは、サイズの異なるジャケットとパンツを選べる点です。
ただしあわせるジャケットの丈や、パンツの股上を考慮して選ばないと、隙間から雨水が入って濡れてしまうことも。

上下の相性を確認しながら選ぶことが難しいので、インターネット通販で購入する場合は、事前に釣具店などで実物を確認したうえで購入するのが無難でしょう。
また製品グレードが同等の釣り用レインウェアと比較すると、どうしてもコストパフォーマンスが悪くなるデメリットもあります。

③ 携帯タイプのメリットやデメリット

ダイワ(Daiwa) フィッシングジャケット レインウェア レインマックス ポケッタブルレインジャケット DR-3207J グリーンカモ M

ダイワ(Daiwa) フィッシングジャケット レインウェア レインマックス ポケッタブルレインジャケット DR-3207J グリーンカモ M

携帯タイプの釣り用レインウェアは、小さく折り畳んで携帯することができるタイプの釣り用レインウェアです。

携帯タイプは、タックルボックスやバッグに入れて気軽に持ち運べるため、急な雨に対応できる点がメリット。
雨が降ることを事前に分かっていれば、はじめから上下のレインウェアを用意できますが、急な雨が降ってきたような場合には、携帯タイプのレインウェアが大いに活躍します。
ただし小さく折り畳めるように簡易的な作りになっており、長時間雨に打たれ続けると隙間や生地から雨水が侵入する恐れがあるため、あくまで一時的な雨をしのぐためのレインウェアと考えるのが適切でしょう。

また携帯タイプのほとんどは、上半身のみを覆うものや膝上までしか隠れない丈のものであるため、履いているパンツが防水仕様でない場合、小雨にしか対応できないというデメリットもあります。

釣り用レインウェアの3つの選び方

雨の日でも快適に釣りを満喫するためには、用途にあったベストな釣り用レインウェアを選ぶ必要があるので、ここでは釣り用レインウェア選びの3つのポイントについて解説します。

ポイント① サイズで選ぶ

体のサイズにあっていないと、内側の着衣との間に隙間ができてしまったり、体全体をしっかりと覆えなかったりして雨水を完璧に防ぎきれません。
サイズの選択は着用時の動きやすさにも大きな影響を与えるので、試着して自分の体にしっかりとフィットしていることを確認したうえで購入することが望ましいです。

基本的には、内側に厚手のウェアの着用を想定し、体にジャストフィットするよりもワンランク大きいサイズをチョイスするとよいでしょう。
ただし海釣りでは、落水した際に体を浮かせるためのフローティングベストを着用するため、あまりにも大きいサイズのレインウェアでは、動きづらくなってしまうので注意が必要です。

【こちらもCHECK】フィッシングベストに関するおすすめ記事はこちら

フィッシングベストおすすめ人気ランキングTOP10!渓流やメッシュも【2018年最新版】

2018.05.31

ポイント② ポケットの防水性や位置で選ぶ

実際の釣りでは、携帯電話や使用頻度の多い各種タックルなどをポケットに収納する機会が多くあります。
海釣りのフローティングベストや川釣りのフィッシングベストにもそれぞれポケットはついていますが、ほとんどは防水でないか、水が入りにくい簡易的な作りであるため、水気が苦手なものを収納するには不安があります。

そんなときは、樹脂製フィルムによって雨水の侵入を防ぐ「止水ファスナー」がポケットに採用されているかを確認しておきましょう。
また手の届きやすい位置にポケットがついていることも快適性を左右する重要な要素であり、特にフローティングベストをうえから着用する場合は、邪魔にならない位置にポケットがついているものがベストです!

ポイント③ 動きやすさで選ぶ

雨に濡れることを防ぐという基本性能はもちろん、動きやすさも重要なポイント。
釣行中は無意識にさまざまな動きをしており、動きにくいとストレスにつながります。

動きやすいレインウェアを選ぶためには、体のあらゆる動きを計算に入れた立体的な生地裁断パターンを採用していることが重要です!
特に立ったりしゃがんだりする動作を繰り返す釣り方では、膝のスペースが余分に設けられているパンツをチョイスすると、深くしゃがんだ際にパンツの裾があがってしまうことを防げますよ。

【こちらもCHECK】釣り用ウェアの選び方動画はこちら


釣り用レインウェアおすすめ人気ランキングTOP5

ここからは、高品質が魅力の大手釣り具メーカーから発売されている各種釣り用レインウェアのなかから、実用性やコストパフォーマンスを総合的に勘案したうえで厳選した、「釣り用レインウェアおすすめ人気ランキングTOP5」をご紹介します。

5位 ダイワ DR-3207J

防水性や透湿性
ポケットの収納力
動きやすさ
総合おすすめ度

タイプ:携帯タイプ
カラー:ブラック
生地:レインマックス
適合身長:172~178cm
適合チェスト:93~99cm
適合ウエスト:79~85cm

大手釣り具メーカー「グローブライド」が展開するダイワブランドの携帯タイプの釣り用レインウェアです。
折り畳み時にはポケットにそのまま収納できる作りで、収納ポーチをなくしてしまう心配がありません。

立体裁断パターンを採用した生地によって腕や肩の可動域が広くなっており、何度も仕掛けを遠方に投射するキャストを繰り返すゲームフィッシングでも、ストレスなく使用できるでしょう。
手首からの雨水の侵入を防止する袖口構造や、滴る雨水の侵入を防止する「雨返し」がついたフード、高いフィット感で風によるバタつきを防ぎながら横方向の視界を確保する「ビューアップシステム」など、携帯タイプとしては充実の機能が魅力的です。

4位 ダイワ DR-2508P グリーンカモ M

防水性や透湿性
ポケットの収納力
動きやすさ
総合おすすめ度

タイプ:上下別タイプ(パンツ)
カラー:グリーンカモ
生地:レインマックス
適合身長:167~173cm
適合ウエスト:75~81cm

ダイワブランドの上下別タイプ(パンツ)の釣り用レインウェアには、詳細な分析と実釣テストの繰り返しの末にダイワが独自で生み出した「レインマックス」が用いられています。
3層構造によって長時間の使用にも耐える高い防水性と、内側にたまったムレをすばやく外部に放出する高い透湿性を実現。
膝部分は深くしゃがんだ際に、生地が突っ張ることで足が曲げづらくなったり裾があがったりすることがないように、スペースを広めに取った立体的な構造で、屈伸運動を繰り返すサビキ釣りなどの釣り方でも安心です。
ポケットには止水ファスナーが、裾にはフィッシングブーツを履いた際のパンツとの摩擦を抑制する「ブーツカットファスナー」が採用されているなど、実用性の高い釣り用レインウェアと言えるでしょう。

3位 シマノ DSベーシックスーツ ブラック L

防水性や透湿性
ポケットの収納力
動きやすさ
総合おすすめ度

タイプ:上下セットタイプ
カラー:ブラック
生地:ドライシールド
適合身長:170~180cm
適合チェスト:90~98cm
適合ウエスト:78~88cm

大手釣り具メーカー「シマノ」が製造する、上下セットタイプの釣り用レインウェアです。
シマノ独自開発生地「ドライシールド」は、4層構造によって防水性と透湿性を高レベルで両立しており、長期間の使用でもその働きが低下しにくいのがうれしいポイント。

XSから4XLまで10種類のサイズがあるので、どなたでもジャストフィットするサイズを選べます。
ストライプ風やカモフラージュ風(迷彩色系統)のカラーリングを取り入れるなど、デザインにもこだわりがありますよ。
10,000円未満の価格で大手釣り具メーカーのならではの品質を体感できる点は高く評価でき、初心者にもおすすめできる釣り用レインウェアと言えるでしょう。

2位 シマノ XEFO・GORE-TEX SHORT JACKET バーガンディ M

防水性や透湿性
ポケットの収納力
動きやすさ
総合おすすめ度

タイプ:上下別タイプ(ジャケット)
カラー:バーガンディ
生地:ゴアテックス
適合身長:167~173cm
適合チェスト:89~95cm
適合ウエスト:75~81cm

シマノの上下別タイプの釣り用レインウェア(ジャケット)で、アメリカの大手繊維メーカーである「W.L.Gore&Associates」が生地を製造。
防水性・透湿性・遮風性・耐久性の高さが評価されている「ゴアテックス(パックライト2.5レイヤー)」なので、品質は折り紙つきです。

袖口にはしなやかさが特徴の「クロロプレン」が素材として使用されているため、手首に不快感がなく、袖口からの雨水侵入を徹底的にシャットアウトしてくれます。
一般的な上下別タイプ釣り用レインウェアのジャケットよりも丈が短い「ショートレイン」と呼ばれるタイプなので、下半身まで水につかって釣りをする際に用いるウェーダーを着用しても、余分な丈が邪魔になりません。
雨が降っていないときには、ウィンドブレーカーのような使い方で気軽に羽織ることができるのもうれしいポイント。

1位 アブガルシア スタンダードレインスーツ ブラック x カーキ パンツ M


アブガルシア(Abu Garcia) レインウエア
アブガルシア(Abu Garcia) レインウエア
防水性や透湿性
ポケットの収納力
動きやすさ
総合おすすめ度

タイプ:上下セットタイプ
カラー:ブラック×カーキ パンツ
生地:3層構造防水透湿ナイロン製生地
肩幅:46cm
チェスト:116cm
着丈:77cm
袖丈:65cm
適合ウエスト:80~94cm
股下:76cm

大手釣り具メーカー「ピュア・フィッシング・ジャパン」が製造する「アブ・ガルシア」ブランドの上下セットタイプ釣り用レインウェアです。
アブ・ガルシアが独自に開発した生地は、ナイロンを素材とする3層構造。
豪雨にも対応可能な20,000mmの耐水性能と夏場でも安心の10,000gの透湿性能(24時間/1平方m)を誇っているので、過酷な環境でも高レベルのパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

釣り人の動きをサポートする立体的な生地裁断パターンも採用されており、縫い目からの水の侵入を防止する「シームシーリング」を取り入れるなど、釣り人の目線に立った作りとなっています。
ほかにもファスナーのうえに装着された前立てやフードを収納できる襟など、価格以上の満足感が期待できるでしょう。

おすすめの簡易防水釣り用防寒ウェアもご紹介!

釣り用レインウェアのなかには、簡易的な防水性を持つ防寒ウェアもあり、冬場の小雨が降る日の釣りや水しぶきが飛んでくるフィールドにおける釣りにはとても役立ちます。
ここでは、遮風性や保温性が高い簡易防水の上下セットタイプの釣り用防寒ウェアをご紹介!

ダイワ DW-3507 ブラック XL

タイプ:上下セットタイプ
カラー:ブラック
生地:レインマックス
適合身長:177~183cm
適合チェスト:97~103cm
適合ウエスト:83~89cm

ダイワブランドの簡易防水の釣り用防寒ウェアは、ダイワの一般的な防寒ウェアよりも中綿の量が20%増量されているため高い保温性があり、厳寒期の釣りでも安心して着用できます。
肘部分は腕の動きを妨げないよう立体的に生地が裁断されており、パンツのサイドループはタオルハンガーやヒップガードのループとして使用可能。

防水性は簡易的なものですが、水しぶきや小雨に濡れることを防ぐ用途で使うには十分な品質ですよ!

釣り用レインウェアの使用上の注意点

タオル


着用後の釣り用レインウェアは、管理方法が間違っていると本来持っている防水性が損なわれたり、寿命が短くなってしまったりする恐れがあります。
必ず乾いたタオルで生地の表面を拭き、水分を除去するように心がけましょう。

防水性をさらに高めるためのはっ水成分が含まれたスプレーも市販されていますが、スプレーによっては生地を傷めてしまうものもあります。
どうしてもはっ水スプレーを使いたい場合は、使用するレインウェアと同メーカーの製品を選択しましょう。

Amazon&楽天の釣り用レインウェア人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


最高の釣り用レインウェアで雨の日も快適な釣りを!

釣り レインコート レインウェア


雨の日は水中環境が変化し、晴れのよりも釣果が伸びやすくなる傾向があるので、釣行を断念するとせっかくのチャンスを逃してしまうことにもなります。
この記事をお読みのみなさんもぜひ、自分にあった最高の釣り用レインウェアを選んで、雨の日でも快適な釣りを満喫しましょう。

【あわせて読みたい】釣り用品に関連するおすすめ記事はこちら

今日からはじめる穴釣り入門!ロッド選びから時期や仕掛けまでを徹底解説

2018.08.27

ヘチ釣りにおすすめのタックル人気ランキング!釣り方も【2018年最新版】

2018.08.19

磯バッグおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.07.25

フィッシンググローブおすすめ人気ランキングTOP10!防寒も【2018年最新版】

2018.05.31

バス釣りロッドおすすめ人気ランキングTOP15!スピニングや硬さや選び方も【2018年最新版】

2018.05.21

ABOUTこの記事をかいた人

魚川 一之助

大の釣りマニア

小学生の頃から釣りが大の趣味で、エサ釣りからゲームフィッシングまで幅広い釣りを楽しんでいます。
なるべく丁寧で分かりやすい説明を心掛けていきますので、お役に立てれば幸いです。