大事な猫ちゃんを守る!安全なセーフティ付き猫の首輪おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 猫の首周りに「適度にゆるく」あうものを選ぶ
    →猫の首周りを測り、その長さに指2本程度はいるくらいのサイズが、その猫にあった首輪。
  • 安全なセーフティ付き猫の首輪の素材をチェック
    →なるべく猫がつけても違和感がないような、やわらかい首輪を選ぶ。
  • 音が気になる猫には、鈴なしか取り外しできるものを
    →猫によっては、この鈴の音が大きなストレスとなる場合がある。
猫

愛する家族でもある猫のために、かわいい首輪や迷子札のついた首輪を選びたいと思う方は多いでしょう。
しかしなによりも大切なのは、安全性です。

高い場所にのぼったり、狭い場所に入ったりするのが大好きな猫の首輪は、何かに引っかかってしまい、事故につながる危険性もあります。
それを予防するには、力が加わるとすぐに外れる「安全なセーフティ付き首輪」をつけてあげるのがおすすめ。

今回はセーフティ付き首輪を選ぶポイントや、使うときの注意などをわかりやすくお伝えします。
大切な愛猫の首輪選びの参考にしてください。

「安全なセーフティ付き猫の首輪」とは?

猫

「安全なセーフティ付き猫の首輪」とは、首輪に力が加わったときにすぐ外れるようになっている、猫の安全に配慮された首輪のことです。
首輪についているバックル部分が簡単に外れる仕組みで、一度外れても壊れてしまうことなく、つけ直せばまた使える仕組みになっています。

首輪によって事故が起きるのはこんなとき

猫


ここでは、猫に首輪をつけたときに起こりうる危険なことを、具体的にご紹介。
  • 家の中で狭い場所に入ったとき、家具などに首輪が引っかかると出られなくなります。
  • 外に出たとき、木の枝や植え込みに首輪が引っかかることが。特に木に登ったときはつり下がってしまい、危険です。
  • フェンスや門扉などに首輪が引っかかると、身動きが取れなくなります。

ほかにも猫が通るところには、思わぬ危険がたくさんあるので注意が必要です。

安全なセーフティ付き猫の首輪の3つの選び方

セーフティ付き首輪を選ぶときは、次の3つのポイントをチェックしてください。
猫の大きさや、素材が猫にあったものを選ぶことが大切です。

ポイント① 猫の首周りに「適度にゆるく」あうものを選ぶ

猫

まずは猫の首周りを測りましょう。
その長さに指2本程度はいるくらいのサイズが、その猫にあった首輪です。
首にちょうどぴったりでは猫が苦しくなりますし、逆にあまりにゆるいと猫が首を掻いたときに足が引っかかったり、口を大きく開けたときに下あご部分に引っかかったりする危険性があります。
サイズはメーカーによって異なるため、標準的な体格よりも細め、または大きめの猫を飼っている方は、特によく確認してください。

ポイント② 安全なセーフティ付き猫の首輪の素材をチェック

猫 肉球


セーフティ付き猫の首輪の素材は、綿・ポリエステルなどたくさんの種類がありますが、猫によっては素材があわないこともあります。
なるべく猫がつけても違和感がないような、やわらかい首輪を選んであげましょう。

ポイント③ 音が気になる猫には、鈴なしか取り外しできるものを

猫


猫を探すとき、首輪に鈴がついていると居場所がすぐにわかり、便利で安心ですよね。
しかし猫によっては、この鈴の音が大きなストレスとなる場合があります。
猫にとって首輪についた鈴は耳のすぐ近くで音を立て続けるもの。
うるさい環境が苦手な猫には、鈴が取り外せるタイプを選んであげるようにしましょう。

安全なセーフティ付き猫の首輪の最安値と価格帯の特徴一覧

セーフティ付き猫の首輪の価格は、およそ365円から4,500円。
素材や柄、日本製かまた手作りかどうかなどによって価格が異なります。
売れ筋・人気はペット用品メーカー『ペティオ』のシリーズで、お手ごろなうえにカラーや柄のバリエーションも多いのが特長です。
綿素材で手作りがうれしい日本製の商品もあり、こちらは化学繊維に敏感な猫もつけられると人気があります。

価格帯最安値売れ筋・人気高額・高級品
価格約248円~365円~1,280円約2,160円~
特徴複数セットになっているものが多く、お買い得。お手ごろ価格なうえ、素材やカラー・デザインの豊富さで人気。デザインが個性的な首輪や、職人さん手作りの国産首輪が主流。

安全なセーフティ付き猫の首輪おすすめ人気ランキングTOP5

ここまではセーフティ付き猫の首輪の選び方や、売れ筋価格についてお伝えしてきました。
次にセーフティ付き猫の首輪ランキングTOP5を紹介していきます!
猫ににあう、首輪選びの参考にしてください。

5位 PETBEMO セーフティバックル付鈴付4点セット

PETBEMO セーフティバックル付鈴付4点セット
価格
素材
鈴の取り外し
総合おすすめ度

素材:ナイロン
サイズ:17~28cm

お得な4本セットなので、多頭飼いや首輪の予備が欲しい方におすすめです。
バックルが猫の顔で、かわいいのもポイント。
反射板がついているため、夜お出かけする猫にもぴったりですが、鈴は取り外しができません。
素材がナイロンのため、化学繊維に敏感な猫は違和感を覚える場合もありそうです。

4位 ターキー ねこモテ ミニストライプ柄猫首輪 子猫用

価格
素材
鈴の取り外し
総合おすすめ度

素材:ポリエステル
サイズ:10~15cm

子猫の細い首周りにあわせた子猫専用首輪なので、つけたときにゆるすぎるということがありません。
子猫に首輪をつけるときは、足や口が引っかかっていないか、まめにみてあげてくださいね。
成長すると子猫用の首輪は使えなくなりますので、大人用のものと交換してあげましょう。

3位 ペティオ 猫小町カラー 手まりブルー

ペティオ 猫小町カラー 手まりブルー
価格
素材
鈴の取り外し
総合おすすめ度

素材:ポリエステル
サイズ:17~28cm

鈴は光が当たると反射するようになっており、迷子札もついているので安心。
ただし当たり前ですが、首輪が外れてしまうと迷子札は意味を成しませんから、装着は丁寧に行うようにしましょう。
柄が豊富で、おしゃれ大好きな飼い主さんにとってもうれしい首輪です。

2位 猫専用ぬこ武将首輪

猫専用ぬこ武将首輪
価格
素材
鈴の取り外し
総合おすすめ度

素材:綿(真田ひも)
サイズ:19~30cm

「真田ひも」は、戦国武将「真田幸村」が使っていたと言われている歴史のあるひも。
国産で職人さん手作りというのが、おすすめポイントです。
素材は綿なので、化学繊維で皮膚が荒れる猫にいいですね。
ただ鈴はもともとついていないので、鈴が欲しい飼い主さんにはちょっと物足りないかもしれません。

1位 猫雑貨 招福 唐草セーフティバックル付

価格
素材
鈴の取り外し
総合おすすめ度

素材:綿
サイズ:S:13~21cm・M:17~28cm・L:25~36cm

首輪作家がデザインして作った綿100%の首輪で、サイズが豊富なのが特長。
鈴の取り外しも可能なので、音に敏感な猫にも対応できるのがおすすめポイントです。
やわらかい綿なので、被毛や皮膚の弱い子猫にも向いています。
写真の首輪は唐草模様ですが、このほかにもチェック柄などデザインの選択肢も豊富。

「安全なセーフティ付き猫の首輪」使用上の3つの注意点

気に入った首輪が見つかったら、さっそくつけてみましょう。
しかしいくつかの注意点があるので、大切な猫の安全のためにしっかり確認してくださいね。

① 子猫には首輪をつけないか、子猫専用のものを

子猫


セーフティ付き猫の首輪は、3~4kg 程度の重みと力で外れる仕組みになっています。
そのため体が未熟で体重の軽い子猫では、首輪が外れるべき状況でも想定したように首輪が外れず、危険を回避できない可能性が。
体が小さいあいだは、なるべくなら首輪をつけないでおくほうが安全です。
どうしてもつけたいときは、子猫専用の首輪を選び、危険のないようにみていてあげましょう。

② 猫が嫌がる場合は無理をしないで

首輪を嫌がる猫はいます。
写真の猫は我が家の猫ですが、首輪をつけているあいだ暴れまわったり鳴きさけんだりしたので、今は首輪をつけていません。
あまりに嫌がる場合は、ストレスになるので無理をしないほうがよいでしょう。

③ 迷子対策は首輪プラス「マイクロチップ」

猫 獣医


迷子になったことを考えると、簡単にとれない首輪のほうががいいと思うかもしれません。
しかし首輪は外で枝やフェンスに引っかかり、首つり状態になったり動けなくなったりする危険が大きく、猫のためには外れるほうが安全。
そこで迷子対策におすすめなのが「マイクロチップ」です。

マイクロチップとは

マイクロチップは電子標識器具ともいい、円筒形をしたガラスのカプセルです。
わずか直径約2mm・長さ約8~12mmという小ささで、このなかに飼い主さんの名前や住所などのデータが埋め込まれています。
猫と飼い主さんのデータは、データベースに登録されてきちんと管理されています。
全国の保健所や動物保護センターなどに配備されているマイクロチップリーダーで読み取れば、迷子になっても飼い主さんに連絡がとることが可能です。

マイクロチップの装着の仕方は?

猫の体内に注射をするように使って埋め込みます。痛みはほとんどないといわれています。
マイクロチップは一度注入すれば交換の必要がなく、体内で移動する危険性もほとんどありません。
費用は病院によって異なりますが、だいたい数千円から1万円前後です。それに情報の登録費用として1,000円かかります。

マイクロチップのデメリットはある?

デメリットは猫が保護された時、その場にマイクロチップリーダーがないと「どこの猫かわからない」ことです。マイクロチップリーダーのある施設に連れて行く必要があります。
しかし災害などで猫と離れ離れになったとき、首輪プラスマイクロチップがあれば飼い主さんと再会できる確率はかなり上昇します。
かかりつけの動物病院で相談してみてくださいね。

Amazon&楽天の猫用首輪人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

安全なセーフティ付き猫の首輪で、大切な家族である猫を守る

猫 獣医


ここまで安全なセーフティ付き猫の首輪の選び方や、注意点をご紹介しました。

猫の首輪を選ぶ際は猫の安全を一番に考え、首輪が何かに引っかかっても簡単に外れる「安全なセーフティ付き猫の首輪」を選んであげましょう。
カラーも柄も豊富なので、愛猫にぴったりの安全なセーフティ付き猫の首輪でおしゃれにしてあげてくださいね。

【あわせて読みたい】猫用アイテムに関連するおすすめ記事はこちら

猫用おもちゃおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.08.02

【壁や柱に最適】猫の爪とぎ防止シートおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.07.19

猫用歯磨きグッズおすすめ人気ランキングTOP10!おもちゃやおやつになるタイプものまで【2018年最新版】

2018.05.28

猫草おすすめ人気ランキングTOP15!種類や食べすぎの危険性も【2018年最新版】

2018.04.30

猫じゃらし人気おすすめランキングTOP10【2017年最新版】

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

いとうえつこ

多数の動物飼育経験有

獣医畜産系大学出身。農学士。家畜人工授精師所持。
今まで学んできたことはもちろん、子犬・子猫の飼育・シニア犬・シニア猫の介護など動物飼育の豊富な経験を生かして、皆様のお役に立ちたいと思っております。