ボタニカルとは?意味やオーガニックとの違いについても

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。
    染料 植物

    最近シャンプーや基礎化粧品などのパッケージに、「ボタニカル」と表記された製品が増えています。
    この表記があるとなんとなく髪や肌にいいイメージを持ちますが、そもそもボタニカルとはどんな意味を持つのか知らない人も多いはず。

    正しいヘアケア・スキンケア製品選びをするために、ボタニカルに関する知識を身につけましょう!

    ボタニカルの意味とは?

    葉

    ヘアケアやスキンケア製品のパッケージでよく見かけるボタニカルとは、「植物の」「植物から採った」という意味がある言葉。
    ボタニカルと表記された化粧品類には、植物由来の成分が含まれています。

    ボタニカルは化粧品だけでなく、ネイルアートやインテリアなどのデザイン分野でも使われており、植物をモチーフにしたものを指します。

    「ボタニカル」という表記にルールはない!?

    シャンプーや基礎化粧品などにボタニカルと表記する基準は、製品中にひとつでも植物由来成分が含まれているときです。

    しかし、「植物由来成分を○個以上配合しなければならない……」といったルールはとくに存在せず、1種類の植物由来成分を含むだけでボタニカルと表記できるのです。

    ボタニカルとオーガニックの違いは?

    シャンプー 女性


    植物由来の成分と聞いて思い浮かぶ言葉といえば、ボタニカルのほかに「オーガニック」を連想する方も多いですよね。
    ボタニカルとオーガニックには、以下のような差があります。
    • ボタニカル化粧品……植物由来成分を含む製品のこと(有機栽培の植物の有無に関わらずボタニカルと表記できる)
    • オーガニック化粧品……有機栽培の植物成分を含んでいる製品のこと

    ボタニカル化粧品は植物由来成分を含んでいれば、有機栽培の植物由来の成分が配合されていなくてもボタニカルと表記できます。

    一方のオーガニック化粧品は、有機栽培で育てられた(あるいは採取された)植物由来の成分を配合していないとオーガニックと表記できません。
    世界にはオーガニック植物の基準を定める民間団体があり、団体が定めるその基準をクリアした植物から抽出した成分を含む製品がオーガニック化粧品と呼ばれています。

    「ボタニカル=オーガニック」ではないことをしっかり理解しておきましょう。

    【こちらもCHECK】オーガニック製品に関するおすすめ記事はこちら

    オーガニックコスメおすすめ人気ランキングTOP15!乳液やファンデーションも【2018年最新版】

    2018.01.17

    オーガニック化粧品おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.01.12

    オーガニックシャンプーおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.12.19

    ボタニカルのシャンプー・化粧品って美容にいいの?

    ヘアケア 美髪

    植物由来の成分を含んでいるシャンプーや化粧品は、なんとなく髪や肌によさそうなイメージがありますよね。
    植物は古来より髪や肌をケアするのに使われてきたもので、植物から抽出された成分から医薬品が作られるなど人の生活に欠かせないものです。

    植物由来の成分は、髪や肌を保護・保湿して美しい状態をキープしてくれますが、刺激リスクがあることも覚えておきましょう。

    植物由来成分は100%体にいいというわけではなく、肌質や体質によってはアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。
    アレルギー反応を起こすリスクが高い敏感肌やアトピー肌の方には、植物由来成分が刺激になることがあるため注意してください。

    今まで化粧品による肌トラブルを起こしたことがある方は、使用の前にパッチテストなどをして肌にあうかどうか確認してからケアに取り入れるといいでしょう。

    おすすめのボタニカルシャンプーを紹介!

    植物の力を感じられるボタニカル製品を使ってみたい!
    そう思ってもどれから選べばいいのかわからず悩んでしまう……そんな方のために、美容家が選ぶボタニカルシャンプー・化粧品を紹介します。

    モーガンズ アミノ酸シャンプー (モイスト&フォレスト)

    ボタニカルシャンプーを試してみたいという方にぴったりなのが、自然派コスメブランドとして知られているモーガンズのアミノ酸シャンプーです。

    石油由来の合成界面活性剤を使用せず、植物由来の天然界面活性剤を配合しているのがポイント。
    界面活性剤とは化粧品の水と油を混ぜあわせるために添加する成分で、合成して作られた界面活性剤は洗浄力があり、乾燥した頭皮に負担をかけてしまうと言われています。
    モーガンズのアミノ酸シャンプーは洗浄力が強すぎない天然由来の界面活性剤をベースに使うことで、シャンプー後の頭皮の乾燥や髪のパサつきを抑えました。

    ノンシリコンタイプでシリコン配合タイプのような重さがなく、サラサラ軽い仕上がりが特徴。
    シリコン配合シャンプーは指通りがよくなりツヤが出ますが、髪が細いとベタつきが気になる場合があります。
    シリコン配合タイプで重さやベタつきが気になるなら、ノンシリコンシャンプーを使ってみてください。

    【こちらもCHECK】モーガンずのアミノ酸シャンプーに関するおすすめ記事はこちら

    モーガンズシャンプーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.10

    ボタニスト ボタニカルヘアオイル モイスト

    ボタニカルブームに火をつけたブランドとして人気があるボタニストは、髪を扱いやすくするボタニカルヘアオイルが注目されています。
    20種類の植物由来オイルを配合しているオイルで、乾燥による髪のパサつきを抑えてまとまりをアップさせたい方にぴったり。

    ベタつきにくい質感のオイルで、髪が細い方でもトップのボリュームがつぶれにくいと評価されています。

    【こちらもCHECK】BOTANISTのボタニカルヘアオイルのレビュー動画はこちら

    【こちらもCHECK】ボタニカルシャンプーに関連するおすすめ記事はこちら

    ボタニカルシャンプーおすすめ人気ランキングTOP15!口コミや評価、効果も【2018年最新版】

    2018.01.30

    ボタニカル製品を毎日の美容に取り入れて、もっときれいを磨こう!

    ドライシャンプー ヘアケア まとめ

    植物由来成分を含むボタニカル化粧品は、植物エキスが持つ美容効果を味わえる魅力ある製品です。
    ボタニカルと聞くと肌に優しそうなイメージを持つかもしれませんが、肌質によってはアレルギー反応などのトラブルを起こすリスクがあることを理解しておきましょう。

    植物由来成分は髪や肌を保湿・保護する役割があり、肌トラブルが起きなければ毎日の美容に積極的に取り入れてOK。
    ボタニカルに対する正しい知識を身につけて、ヘアケア・スキンケアに活かしてみてください!

    【あわせて読みたい】ヘアケアに関連するおすすめ記事はこちら

    アーモンドオイルおすすめ人気ランキングTOP3【2018年最新版】

    2018.07.26

    アルガンオイルとは?使い方や気になる効果についても

    2018.07.26

    オーガニックヘアオイルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.20

    ノンシリコンシャンプーおすすめ人気ランキングTOP15!アミノ酸やオーガニックの違いについても【2018年最新版】

    2018.02.10

    無添加シャンプーおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.01.27

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。