マタニティパジャマおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 授乳がしやすい
    →マタニティパジャマに「授乳口」があるというのは重要なポイント。
  • 素材
    →マタニティパジャマは綿の割合が多いものを選ぶのがおすすめ。
  • 飽きの来ないおしゃれなものを
    →せっかくなので、おしゃれで気持ちが高まるような素敵なマタニティパジャマを選ぶ。
  • 動きやすさ
    →赤ちゃんのお世話だけでなく家事がプラスされるので、足さばきがよく動きやすいマタニティパジャマは使い勝手がよい。
  • 汚れが目立たないものを
    →育児中は何が起こるかわからないため、多少の汚れがついていても目立たないデザインや色のものを購入した方が賢い。
妊婦 マタニティ

みなさん、こんにちは。
今回は「マタニティパジャマ」についてご紹介していきます。

最近はマタニティパジャマも大変種類も豊富にあり目移りしてしまいますよね。
しかし多くのマタニティパジャマは、2,000台から4,000円台の安価なものも多いので購入しやすいんです。

私も妊娠期を2度経験しておりますが、マタニティパジャマ選びには時間がかかりました。

今回の記事では、マタニティパジャマ選びに悩まれている妊婦さんの手助けになるよう、おすすめのマタニティパジャマをご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

目次

マタニティパジャマとは?

赤ちゃん 授乳

マタニティパジャマとは、妊娠期の女性の体型変化、女性ホルモンの変化などを考慮したパジャマのこと。
授乳口があり、アジャスターつきでお腹をすっきり覆えたり、入院中の急な来客に対応できるデザインのパジャマだったりと万能アイテムです。

妊娠期は普通のパジャマだと、胸回りお腹回りが窮屈になり、違和感になったことがある方は多いです。
マタニティパジャマは、妊娠期や産後を快適に過ごすための手助けをしてくれるアイテムといっても過言ではありません。

【こちらもCHECK】マタニティパジャマに関連するおすすめ記事はこちら

夏用マタニティパジャマおすすめ人気ランキングTOP9【2018年最新版】

2018.03.22

可愛いマタニティパジャマおすすめ人気ランキングTOP5【2017-2018年】

2017.12.21

マタニティパジャマの必要性

妊婦 マタニティ

マタニティパジャマは必要なのかと考え、購入を悩んでいる方も多いはず。
普段より大きめのパジャマであれば、多少窮屈であってもマタニティパジャマの代わりとして着ることもできます。
しかし妊娠により大きくなるお腹を優しく包むデザイン、産後すぐに始まる授乳を考慮した授乳口、ママと赤ちゃんの敏感な肌を考慮した素材などといった好条件が揃う普通のパジャマというのはあまりありません。

授乳口やウエストのアジャスターの機能などがあるのは、やはりマタニティパジャマしかないので、1着あると大変便利ですよ。

マタニティパジャマの5つの選び方

ポイント➀ 授乳がしやすい

赤ちゃん 授乳

産前はあまり気になりませんが、マタニティパジャマに「授乳口」があるというのは重要なポイント。
産まれたばかりの赤ちゃんは、頻回な授乳が必要で、1日に10回以上も授乳するママもいます。
そうなると、授乳がしやすいマタニティパジャマを選ぶことはとても大切です。

マタニティパジャマというと、ほとんどのものは授乳口がついています。
なかにはカシュクールデザインで、おしゃれなマタニティパジャマもあるので、チェックしてみてください。

実際に手に取り授乳しやすいかどうかイメージしてみて、ご自身にあったマタニティパジャマを選んでくださいね。

ポイント➁ 素材

パジャマ 素材

妊娠による女性ホルモンの変化によるもので、個人差はありますが、肌がデリケートになりやすくなります。
肌の痒みやかぶれが一時的に出ることがありますし、産後はお肌がデリケートな新生児を常に抱っこする日々が待っています。

特に夏場は汗をかくので、肌トラブルの出現率は多いことでしょう。

産院にもよりますが、出産して次の日にシャワー許可が出るところもあれば2~3日後にと言われるところもあります。
そして湯船に入れるのは、1ヶ月検診後。
できれば肌の負担の少ない素材を使用したパジャマを選びたいですよね。
綿素材は汗の吸収率がよく、肌に優しいと言われているので、マタニティパジャマは綿の割合が多いものを選ぶのがおすすめです。

ポイント➂ 飽きの来ないおしゃれなものを

ハート

マタニティパジャマは、妊娠期から産後の授乳期が終わるまでと着用期間が限られます。
授乳期間は個人差はありますが、産後半年間くらいはマタニティパジャマを着ることになるでしょう。

せっかくですから、おしゃれで気持ちが高まるような素敵なマタニティパジャマを1枚は用意したいですよね。
産院によりますが、入院準備品の1つに「マタニティパジャマ」を用意する必要があるところも多くあります。

入院期間中はご主人や実父母、義父母などと来客が多いですので、マタニティパジャマは来客対応もできるものが理想です。

ポイント➃ 動きやすさ

洗濯 主婦

妊娠後期や産後間もない頃は、ご自身の身体や赤ちゃんのことに集中する期間です。
しかし産後の1ヶ月検診が終わると、徐々に日常の生活に戻っていく方も多いことでしょう。

赤ちゃんのお世話だけでなく家事がプラスされるので、足さばきがよく動きやすいマタニティパジャマは使い勝手がよいですよ。
出産をすでに経験している方は、産後間もなくても赤ちゃんを抱っこしながら、上のお子さんのお世話をしなくてはいけません。
そんなときでも、動きやすいマタニティパジャマは大変重宝します。

ポイント➄ 汚れが目立たないものを

洗濯 主婦

月齢の低い赤ちゃんはうまくおっぱいを飲めなくて吐いてしまったり、ママがミルクをうっかりこぼしてしまったり……。
オムツ交換時に汚物がマタニティパジャマについてしまったりと、育児中は何が起こるかわかりません。

せっかく素敵なマタニティパジャマを購入しても、シミが取れなくて徐々に着用する回数が少なくなってしまった……という事態を避けるためにも、多少の汚れがついていても目立たないデザインや色のものを購入した方が賢いかもしれません。

マタニティパジャマの最安値と価格帯の特徴一覧

1,300円~高額なもので10,000円を超えるものもあります。
トップスとパンツの2点セットでの販売が多く、3点セットになると大体8,000円以上の値段になることが多いです。

最安値売れ筋・人気高額・高級品
価格約1,300円~2,900円~3,900円約13,000円~
特徴お腹が隠れるくらいの長さのトップスとパンツの2点セットでの販売が多い。<br /お腹やお尻をすっぽり包むやや長め~ロングのワンピースやシャツとパンツやレギンスでのセット販売されている。<br /ワンピースやシャツと授乳レイヤード、パンツやレギンスの3点セットでの販売が多い。<br /

マタニティパジャマの5つの選び方ポイントについてご説明してきました。

これより、おすすめマタニティパジャマTOP15もご紹介します。
そのあと、夏用マタニティパジャマに注目したランキングもご紹介しますで、ご覧になってみてくださいね。

マタニティパジャマおすすめ人気ランキングTOP15

15位 マタニティパジャマネイビー3点セット

マタニティパジャマネイビー3点セット
コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

Mサイズ:バスト92cm、袖丈37cm、肩幅36cm、ズボン丈96cm
Lサイズ:バスト96cm、袖丈38cm、肩幅38cm、ズボン丈98cm
XLサイズ:バスト94cm、袖丈39cm、肩幅40cm、ズボン丈102cm

上品なネイビーのマタニティパジャマ3点セットです。

キャミソールにもちろん授乳口、パンツにはアジャスターがついており、産前産後に使用できます。
羽織りの袖の長さは家事がしやすい5分袖なので、使い勝手がよいですよ。

素材は綿で95%、ポリウレタン5%なので、着用頻度によりますが多少の伸びがあり、肌に馴染み、より着やすくなります。
羽織りの着丈は短めでお尻などが見えてしまうので、「体型カバーにならない!」と考えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。
しかし産後は体型カバーの衣服を長期間着用すると、なかなか産前の体型に戻らず悩むことも……。
体型を隠せない衣服があると、産前の体型に戻そうとする意気込みが沸いてくるかもしれませんね!

こんな方におすすめ

  • 普段着にも使えるマタニティパジャマを探されている方に。
  • 身体のラインが出るタイプを望む方に。

14位 ストライプマタニティパジャマ

ストライプマタニティパジャマ
コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

S~Mサイズ:着丈9cm、身幅5cm、腹囲68~100cm、肩幅40cm、袖丈55cm、股下66cm、わたり35.5cm、裾幅21cm
M~Lサイズ:着丈96cm、身幅57cm、腹囲78~110cm、肩幅42cm、袖丈56cm、股下68cm、わたり37cm、裾幅22cm

ストライプデザインで、カラーはネイビーとベージュの2色です。

カラーによって雰囲気が違うので迷ってしまいますね。
ストライプデザインで、シャツはテーラードですので、格好よくも着こなせますよ。
ネイビーですとよりスマートな印象がありますが、ベージュはやわらかさも残しつつきちんと感がありますね。
どちらのカラーも、来客対応もできるマタニティパジャマです。

こんな方におすすめ

  • テキストシャツの着丈が長めですので、お腹をすっぽり包むデザインを探されている方におすすめ。
  • 家事をするときや気温の変化に応じて袖の長さを調節したい方に。
  • 可愛らしいデザインよりも格好いいデザインを好む方にもおすすめ。

13位 フランネル素材マタニティパジャマ

フランネル素材マタニティパジャマ
コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

サイズM上着:肩幅42cm、胸囲102cm、袖丈54cm、着丈68cm ズボン:ヒップ104cm、着丈97cm
サイズL上着:肩幅44cm、胸囲107cm、袖丈57cm、着丈69cm ズボン:ヒップ110cm、着丈98cm

カラーは、ピンク、パープル、グリーンの3色。
どのカラーも淡い色合いで見ているだけで癒されますね。
大きめの襟とさりげないフリル、そして大きめドットデザインで大変かわいらしい印象です。

ポリエステル素材で大変暖かく、肌触りもいいのが特徴。
特に寒冷地だと夜間はかなり冷え込むので、夜間授乳の際には暖かくしないと体調を崩してしまいます。
暖かいマタニティパジャマは重宝しますよね。

もちろん授乳口もついており、パンツもアジャスターつきのウエストゴムでウエストの大きさも自由に調節可能。
産後の授乳が終わってもパジャマとして着用できますよ。

しかしデリケートな素材でもあるので、普通コースの洗濯機で頻回に洗ってしまうと毛羽立ってしまうので注意が必要です。
着用頻度によりますが、洗濯機のおしゃれ着洗いを選択し、ネットに入れ丁寧に洗濯すると毛羽立ちも目立たず長期間きれいな状態のまま着用できますので、試してみてくださいね。

こんな方におすすめ

  • トップスはロング丈ではないので足さばきもよく、動きやすいタイプを探されている方におすすめ

12位 綿100%マタニティパジャマ

コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

Mサイズ:上衣62cm、肩幅38cm、バスト96cm、袖丈56cm パンツ97cm、ヒップ100cm、太腿59cm
Lサイズ:上衣64cm、肩幅39cm、バスト100cm、袖丈57.5cm パンツ99cm、ヒップ104cm、太腿61cm
XLサイズ:上衣66cm、肩幅45cm、バスト104cm、袖丈59cm パンツ101cm、ヒップ108cm、太腿63cm

カラーはグリーンとピンクの2色。
グリーンは大人な印象の鳥の総柄で、ピンクはかわいらしいスイカ柄です。

素材は綿100%ですので、汗や赤ちゃんの授乳やミルクの吐き戻しなどの汚れも洗濯機で気にせず洗えます。

こちらは長袖のマタニティパジャマなので、春や秋の着用はもちろんのこと、上着に暖かいカーディガンを羽織れば、肌寒くなってくる初冬にも着用できます。

こんな方におすすめ

  • 産後の授乳が終わっても着用できるタイプなので、長期間着たい方にもおすすめ。

11位 3点セットマタニティパジャマ

3点セットマタニティパジャマ
コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

カラーはホワイト、ピンク、ネイビー。

トップスM:着丈90cm、肩幅35cm、バスト96-102cm、腹囲108-116cm、袖丈57cm
パンツM:股上30cm、股下69cm、ウエスト90cm、腹囲100cm

トップスL:着丈92cm、肩幅36,5cm、バスト100‐106cm、腹囲112-120cm、袖丈58cm
パンツL:股上30,5cm、股下70,5cm、ウエスト-94cm、腹囲‐104cm

ガウンやパンツにはレースがあしらわれており、エレガントな印象で、どのカラーも落ち着いた色合い。
産院の来客対応にも適していますよ。

タンクトップインナーをお手持ちのインナーに変えれば、産後の授乳が終わっても着られるデザインなのはうれしいポイントですよね。

こんな方におすすめ

  • 落ち着いた上品なタイプを探されている方におすすめ。
  • 産後の授乳が終わっても着られるものを探されている方におすすめ。

10位 ボーダーワンピース、パンツ2点セットマタニティパジャマ

ボーダーワンピース、パンツ2点セットマタニティパジャマ
コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

サイズM:着丈88.5cm、腹囲81~102cm、肩幅38cm、袖丈56cm、股下68cm、身幅48cm
サイズL:着丈91cm、腹囲89~110cm、肩幅39cm、袖丈57cm、股下70cm、身幅50cm

ネイビーのボーダーワンピースとマルチボーダーワンピースの2色展開で、両カラーともブラックのパンツつきのセット。
袖はワンポイントでシャンブレー素材が使用されており、おしゃれ感が漂います。

シャンブレー素材とは、よくシャツに使われることが多い素材。
一見デニム生地にも似ているように見えますが、デニムと比べ薄い生地で美しい光沢があるのが特徴です。

またパンツは、足元がクシュクシュしたデザインでレギンスタイプ。
マタニティパジャマとして着用するのがもったいないくらいかわいらしいデザインで、普段使いとしても大活躍しますよ。

ワンピースとパンツともに素材がポリエステル65%、綿35%。
ポリエステルは洗濯を重ねると毛玉が発生しやすいので、ネットに入れておしゃれ着洗いコースを選択してくださいね。

こんな方におすすめ

  • カジュアルテイストを好む方におすすめ。
  • 細身のパンツを探されている方に。

9位 レイヤード風ワンピースマタニティパジャマ

レイヤード風ワンピースマタニティパジャマ
コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

サイズM:着丈90cm、バスト86~94cm、腹囲81~102cm、肩幅38.5cm、袖丈56cm、股下71cm、身幅50cm
サイズL:着丈93cm、バスト93~101cm、腹囲89~110cm、肩幅39cm、袖丈57cm、股下73cm、身幅52cm

チェックのロングワンピースの上にロングのカーディガンを重ねて着ているかのように見える、重ね着風マタニティパジャマです。
袖も折り返すとチェック柄が見えておしゃれ。

グレーの方はインナーのワンピースが赤ですので、顔周りが明るく見えます。
ネイビーの方はインナーのワンピースは青で、カジュアルでありながら落ち着いた印象。

パンツは細身ですので、ワンピースとあわせるとすっきり見えますよ。
マタニティパジャマではありますが、普段着でも着用できるデザインですので使いやすいでしょう。

こんな方におすすめ

  • カジュアルテイストを好む方におすすめ。

 

8位 ガーゼニット前開きマタニティパジャマ

ガーゼニット前開きマタニティパジャマ
コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

サイズフリーワンピース:着丈100cm、バスト96cm、腹囲70~107cm、肩幅36cm、袖丈57cm
サイズフリーレギンス:腹囲70~107cm、股下68cm、ヒップ86~96cm、わたり26.5cm、裾幅13cm

ラベンダー、グレー、オートミールの3色。
どのカラーも落ち着いた色合いで飽きのこないシンプルなデザインです。
ワンピースはお腹もお尻もすっぽり隠れる膝丈。

綿の割合が高く、産前産後のデリケートになりがちなママの肌にうれしい素材のマタニティパジャマです。
第2~第5がスナップボタンになっているので、授乳の際に楽にボタンの開け閉めができて便利ですね。
レギンスはウエスト部分を折り返せば、産後も履ける作りになっています。

こんな方におすすめ

  • 無地のシンプルなデザインを探されている方に
  • 産後も着られるマタニティパジャマを探されている方に

7位 前開きレース付きマタニティパジャマ

前開きレース付きマタニティパジャマ
コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

トップスS:肩幅32,5cm、バスト82~92cm、裾幅62cm、着丈92,5cm、袖丈51cm
パンツ:ウエスト~96cm、腹囲~102cm、股上26,5cm、股下58,5cm、裾幅15cm、総丈85cm

トップスM:肩幅35cm、バスト86~96cm、裾幅64cm、着丈94.5cm、袖丈52cm
パンツ:ウエスト~100cm、腹囲~106cm、股上27cm、股下60cm、裾幅16cm、総丈87cm

トップスL:肩幅36,5cm、バスト90~100cm、裾幅66cm、着丈96,5cm、袖丈53cm
パンツ:ウエスト~104cm、腹囲~110cm、股上27,5cm、股下61,5cm、裾幅17cm、総丈89cm

ワンピース、タンクトップ型インナー、パンツの3点セット。
カラーは、ターコイズ、グレージュ、ピンクの3色展開で、特にグレージュやピンクは優しい色あいです。
ワンピースやパンツにはレースがつき、かわいらしいデザイン。

素材は綿95%、ポリウレタン5%で洗濯もしやすく伸縮性がありますので、着用するにつれ体になじんでくるデザインです。
パンツは7分丈のレギンスで足さばきもよく、動きやすさも特徴です。

こんな方におすすめ

  • 可愛らしいデザインものを探されている方に。

6位 オーバーサイズトップス&レギンスセットマタニティパジャマ

コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

サイズM ワンピース:肩幅40cm、胸囲118cm、袖丈34cm、長さ79cm
ズボン:股上33cm、長さ91cm、太腿44cm、ウエスト84cm

サイズL 上:肩幅42cm、胸囲122cm、袖丈36cm、長さ82cm
ズボン:股上33cm、長さ93cm、太腿46cm、ウエスト86cm

サイズXL 上:肩幅44cm、胸囲126cm、袖丈38cm、長さ84cm
ズボン:股上34cm、長さ98cm、太腿50cm、ウエスト9cm

カラーは1色で、ピンクのゆったりとしたオーバートップスに細身のグレーと白のボーダーレギンスのコーディネート。
レギンスが細身ですので、足が細く見えますよ。
お手持ちのブラックやグレーなどのレギンスとあわせてもいいでしょう。

両サイドに授乳口があり、授乳しやすいデザインですので夜間授乳に最適。
部屋着のようなマタニティパジャマなので、産後の授乳が終わっても部屋着として活躍します。

トップスは綿97%、ポリウレタン3%、レギンスは綿95%、ポリウレタン5%で、Tシャツのようにさらりと着こなすことができます。
特にボーダーレギンスは細身ですが、ポリウレタンが入っているので、着用を重なる度に馴染んできますよ。

こんな方におすすめ

  • カジュアルを好む方におすすめ。
  • 夜間授乳しやすいマタニティパジャマを探されている方に。

5位 前開きストライプマタニティパジャマ

前開きストライプマタニティパジャマ
コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

サイズM~L トップス:腹囲81~110cm、肩幅40cm、袖口幅15cm、袖丈54cm、着丈90cm
パンツ:総丈101cm、股下65cm、わたり幅32.5cm、裾幅20.5cm

ブルーとピンクの2色のシャツワンピースと、ストレートシルエットのズボンつきです。
襟つきのストライプは、パジャマの王道デザインですよね。

素材はポリエステル65%、綿35%。
洗濯を重ねると毛玉ができてしまうので、ネットに入れて洗濯をするのがおすすめです。

こちらのシャツワンピースには授乳口がついておりませんが、スナップボタンの前開きシャツのため楽に授乳はできます。

こんな方におすすめ

  • きちんと感のあるマタニティパジャマを探されている方に。

4位 花柄マタニティネグリジェ

コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

Mサイズ:肩幅39cm、着丈98cm、バスト98cm、袖丈56cm
Lサイズ:肩幅40cm、着丈100cm、バスト102cm、袖丈57cm

出産の時期にもよりますが、少し肌寒い時期にパジャマの上に羽織るものが1枚あればいいなと感じた経産婦さんは多いです。
こちらは通気性がよく、綿が主のデザインですので汗を吸い取りやすいのが特徴のマタニティネグリジェ。
肌触りがいいので、赤ちゃんにも安心して触れられます。
大きめの白いフワフワした襟と癒されるような優しい花柄は、着用すると幸せな気分になれますよね。

ただ商品説明にてメインが綿となっておりますので、ほかの素材も入っているようです。
素材が気になる方は、お問い合わせをしてみてくださいね。
産後の授乳が終わっても問題なく部屋着として活躍します。

こんな方におすすめ

  • 夜間の授乳やご自宅で肌寒いなど、妊娠授乳中の羽織りを探されている方におすすめ。

3位 タンガリーロングシャツマタニティパジャマ

タンガリーロングシャツマタニティパジャマ
コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

サイズS~M:着丈100cm、身幅58cm、腹囲68~100cm、肩幅52cm、袖丈49cm、股下70cm

タンガリーロングシャツとレギンスの2点セット。
薄手なタイプのタンガリーシャツは、着心地がよく重宝しますね。
綿100%ですので洗濯の扱いも楽!

お散歩や妊婦検診でも問題なく着ることができ、日々活躍します。

レギンスはポリエステル60%、綿35%、ポリウレタン5%。
ポリウレタンにより伸縮性があるので、履きやすいですよ。
洗濯の際には少し注意が必要で、おしゃれ着洗いコースを選択してネットに入れると毛玉もつきにくく長く着ることができます。

第1~2ボタンは普通のボタンですが、第3~4ボタンはスナップボタンですので授乳しやすいのがポイント。
やはり授乳ママにとっては、ボタンが片手でも外せるものだとうれしいですよね。

こんな方におすすめ

  • カジュアルテイストを好む方におすすめ。
  • 授乳しやすいスナップボタンを好む方に。

2位 暖かいマタニティパジャマ3点セット

コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

ガウンコート
Mバスト98cm、着丈88cm、袖丈57cm、肩幅40cm
Lバスト102cm、着丈90cm、袖丈60cm、肩幅40cm
XLバスト106cm、着丈92cm、袖丈63cm、肩幅40cm
ズボン
M長い100cm、ヒップ
L長い102cm、ヒップ102cm
XL長い104cm、ヒップ

カラーはピンクとブルーの2色。
着丈の長いネグリジェと、授乳口つきのタートル、そして腹巻き入ウエストパンツの3点セットです。

タートルネックはマタニティパジャマのインナーとしてだけでなく、普段着のトップスとして着回し可能。
ネグリジェは着丈が長く、お尻がすっぽり隠れるデザインです。
また素材は綿100%で、肌触りもよく暖かいですよ。
肌寒い季節に大活躍するマタニティパジャマでしょう。

こんな方におすすめ

  • 寒い時期に着られるマタニティパジャマを探されている方に。
  • 着丈の長い羽織りタイプを探されている方に。

1位 レギンス付きボーダーマタニティパジャマ

レギンス付きボーダーマタニティパジャマ
コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

ワンピースM:着丈92cm、裄丈(半袖)37cm、裄丈(長袖)62cm、バスト100-110cm、腹囲120-140cm
レギンスM:総丈83cm、ウエスト76cm、腹囲88cm

ワンピースL:着丈94cm、裄丈(半袖)38cm、裄丈(長袖)63.5cm、バスト104-114cm、腹囲124-144cm
レギンスL:総丈88cm、ウエスト85cm、腹囲97cm

ボーダーワンピース、タンクトップ型レイヤー、レギンスの3点セットのマタニティパジャマです。
半袖と長袖で選択可能なのがうれしいですよね。

半袖はカーキボーダー、ネイビーボーダーの2色展開で、長袖はピンクとネイビーの2色。
ボーダーのデザインはカジュアルになりがちですが、こちらのマタニティパジャマは、腰の両サイドにある大きめのリボンやフロントの半透明のボタンにラインストーンがあしらわれており、上品な印象を与えます。

半袖タイプは綿95%、ポリウレタン5%なので毛玉はつきにくい素材なのですが、長袖は綿65%、ポリエステル30%、ポリウレタン5%なため洗濯を重ねると毛玉がつく恐れがあります。
洗濯はおしゃれ着コースでネットに入れて洗濯しましょう。

近所へのお散歩などの外出もできるマタニティパジャマで、3点セットにしては大変お値段がお安く販売されております。

こんな方におすすめ

  • 上品な印象のデザインのものを探されている方におすすめ。

夏用マタニティパジャマおすすめ人気ランキングTOP5

次に夏用のおしゃれでかわいいマタニティパジャマTOP5をご紹介いたします。

夏用マタニティパジャマもおしゃれなパジャマがたくさん!
どれを選ぶか迷ってしまいますね。
さっそく見てみましょう。

5位 サッカー素材マタニティパジャマ

コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

M:着丈100cm、身幅48cm、袖丈19cm、肩幅37cm
L:着丈102cm、身幅51cm、袖丈20cm、肩幅38cm
LL:着丈104cm、身幅54cm、袖丈21cm、肩幅39cm

ギンガムチェックネイビー(胸元のリボンで可愛らしく) 、ギンガムチェックネイビー(胸元のレースで華やか) 、ストライプ(胸元のレースで華やか)、ネイビー×ホワイト(胸元のリボンで可愛らしく)、ネイビー×ホワイト(胸元のレースで華やか) 、ストライプ(胸元のリボンで可愛らしく)と6種類のデザインがあります。

どのデザインも、首元にリボンやレースがあしらわれており素敵ですね!

表面に凹凸のある生地で、サラサラとした肌触りが特色の綿100%のサッカー素材マタニティパジャマ。
汗などの水分の吸収率がいいので、暑い夏には大活躍します。

授乳口があるかどうかは商品説明にないので、気になる方は問い合わせてみてくださいね。

こんな方におすすめ

  • 汗の吸収率がよいマタニティパジャマですを探されている方に。

4位 ガーゼ素材マタニティパジャマ

ガーゼ素材マタニティパジャマ
コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

サイズM~L:着丈103cm、身幅104cm、腹囲78~110cm、肩幅41cm、袖丈21.5cm、股下60cm、わたり35.5cm

肌が敏感な赤ちゃんや、妊娠出産で肌がデリケートになりがちなママにうれしい綿100%ののマタニティパジャマです。
カラーはピンク、キナリの2色で、どちらのカラーも淡い色あいですし、パンツも7分丈で涼し気です。
襟元のフリルデザインもかわいらしいですね。
大きく両サイドに授乳口があるので、授乳がしやすいのも魅力です。

こんな方におすすめ

  • かわいらしいデザインのものを探されている方に。
  • 涼し気なものを探されている方に。

3位 ドットリボンロングワンピース

ドットリボンロングワンピース
コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

サイズM:着丈110cm、身幅106cm、肩幅38,5cm、袖丈20cm
サイズL:着丈113cm、身幅110cm、肩幅39,3cm、袖丈20,4cm

カラーはオフホワイトの1色。
前開きロングタイプですので、入院用のマタニティーパジャマとして最適です。
袖はすっきりしたデザイン、裾のさりげないレースとフロントのリボンデザインは、小さめで甘すぎません。

もちろんポケットもついており、携帯や生理用品などのちょっとしたものを入れておくことができるので、入院期間中のお手洗いなどの移動時に助かります。

素材はポリエステルが65%綿が35%ですので、毛玉がつく恐れがあります。
おしゃれ着コースで洗濯しましょう。

こんな方におすすめ

  • トレンドのドット柄を使用しているデザイン。流行りに敏感なママさんにおすすめです。

2位 パンツ付きボーダーロングワンピース

パンツ付きボーダーロングワンピース
コストパフォーマンス
授乳のしやすさ
素材
総合おすすめ度

サイズM~L:バスト86~101cm、肩幅37cm、袖丈56cm、身丈95cm

丸襟タイプの前開きボーダーロングワンピースです。
ボーダーですのでカジュアルテイストで着こなしやすく、日常使いしやすいでしょう。

パンツのシルエットはストレート。
ウエストはゴムなので伸びがよく、アジャスターがついておりますので、妊娠初期から後期まで使えるのがうれしいですね。

春夏用デザインではありますが、長袖タイプになっておりますので、暑がりの方には不向きかもしれません。

素材は100%の天竺で、Tシャツのように着用しやすいのがこのワンピースの魅力の1つです。

こんな方におすすめ

  • 襟つきだと首元が痒くなる方はこちらの丸襟タイプのワンピースをおすすめ。
  • 太腿や足首の締め付けが気になり、ストレートタイプのパンツを探されている方に。

1位 サッカー素材マタニティパジャマ

コストパフォーマンス
授乳しやすさ
素材
総合おすすめ度

トップスM:着丈95cm、身幅50cm、肩幅40cm、袖丈19cm、ボトム96cm
トップスL:着丈98cm、身幅53cm、肩幅41cm、袖丈20cm、ボトム99cm
トップスLL:着丈101cm、身幅56cm、肩幅42cm、袖丈21cm、ボトム101cm

パンツつきのロング丈マタニティパジャマです。
カラーはストライプ、イエロー×グレー、コバルトストライプ、ネイビー×ホワイトの5色で、豊富なカラーバリエーションが魅力ですね。
お腹にレースとリボンのデザインがあるのもアクセントでかわいらしいですよ。

綿100%で、表面に凹凸のあるしぼり加工がされており、肌にまとわりつかずサラッとした質感のサッカー素材。
暑い夏にはぴったりの素材ですね。
夏場は汗などで湿疹ができやすいので、汗の吸い取りのしやすい生地はママのも赤ちゃんにもうれしいですよ。

こんな方におすすめ

  • 汗吸い取りがしやすい素材を探されている方に。

マタニティパジャマの使用上の3個の注意点

➀ 公共での授乳に注意しよう

赤ちゃん 授乳

授乳期の赤ちゃんを持つママによくあるのは、授乳の際に人前でもおっぱいが多少見えても気にならなくなってしまうこと。
1日に何度も授乳をするので、おっぱいを出すことへの抵抗が薄れていくんですね。

普段の衣服は授乳することを想定していませんので、授乳の際にはお腹や背中がペロンとめくれてしまいます。
しかしマタニティパジャマといった衣服は、しっかりと授乳口がついておりますので、お腹や背中が見えてしまうという恐れがありません。
ただし周りから見えないよう配慮することもお忘れなく。

➁ 汚れ

赤ちゃん ミルク

思った以上にマタニティパジャマは汚れます。

産後しばらく床上げまで、自宅でゆっくり過ごされる方も多いですよね。
外出する機会が減ることで、マタニティパジャマで過ごすことが必然的に多くなるでしょう。

赤ちゃんの授乳やミルクの際に、赤ちゃんがうまく飲み込めず嘔吐してしまうことも多いですし、慣れないオムツ交換に手惑い赤ちゃんの尿や便が衣服についてしまうことも…。

そうなったときに「洗濯機でゴシゴシ洗いたい!」という気持ちは少し押さえてください。

マタニティパジャマの品質表示をよく見てみましょう。
洗濯により毛玉ができやすいレーヨン素材などを多く使っている布地は、洗濯を重ねると毛玉だらけになってしまうこともあります。

毛玉を防ぐためにネットを使う、おしゃれ着洗いコースにするなどを選択して大切に使いましょう。

➂ 産後の体型

妊婦 マタニティ

個人差はありますが、産後はすぐには産前の体型に戻るのは時間がかかる方が多いです。
そうなると、産後しばらくはマタニティーパジャマを着るすることが考えられます。

最近のマタニティーパジャマのボトムはアジャスターつきのものもあり、産後も履くことができるデザインになっているものもあります。
しかしアジャスターがついておらず、ウエストがゴムのボトムを楽だからといっていつまでも履いていると体型が戻るものも戻りづらくなってしまうことも。

産後自宅に戻ったあとは赤ちゃんのお世話で1日が終わり、自分の体型にまで気を配る余裕がないでしょうが、ウエストゴムのボトムに頼りきりにならないよう、頭に入れておきましょうね。

Amazon&楽天のマタニティパジャマ人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


マタニティパジャマだからこそ、おしゃれを楽しもう!

赤ちゃん ミルク


どのマタニティパジャマも快適に過ごすために工夫した機能がついており、デザイン性もあり、素敵なものばかり揃っていましたね。
ご自宅用と入院期間中用に用途に分けて用意するのもおすすめですよ。

マタニティパジャマだからそんなにおしゃれじゃなくてもいいかも、と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし産後しばらくは赤ちゃん優先の生活が続き、ママのことは後回しになりがち。
おしゃれなマタニティパジャマを着るだけで、気持ちも前向きになりますよ。
妊娠期間中にこれから始まる出産育児を頑張るためにも、自分へのご褒美としてお気に入りのマタニティパジャマを購入しましょう。

【あわせて読みたい】マタニティグッズに関連するおすすめ記事はこちら

ネグリジェおすすめ人気ランキングTOP14!ベビードールも【2018年版】

2018.05.24

前開きのネグリジェおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.04.30

妊娠線予防オイルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.03

OL必見!オフィス向けワンピースおすすめランキングTOP10!人気ブランドやマタニティも【2017-2018年】

2017.12.04

フォーマルなマタニティワンピースおすすめランキングTOP10!冬用は?【2017-2018年】

2017.11.15

ABOUTこの記事をかいた人

剣淵 ノブカ

元アパレル販売員
クリーニング技師


現在、乳幼児の育児兼webライターをしております元アパレル販売員です。
レディース、メンズ、ファミリー系、ジーンズ等のショップに勤めてまいりました。
クリーニング技師でもありますので、衣服の素材や扱いにもお任せください。