夜釣り用ヘッドライトおすすめ人気ランキングTOP25【2017年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

神谷 大河

釣りマイスター

釣りを愛して20年。釣種関係なくルアーからエサ釣りまでさまざまな釣りをしてきました。
経験を元にした情報をお届けしていきたいと思います。

    選び方のポイント

    • ルーメン表示を目安に選ぶ
      →店頭の照明などに左右されずに選べます。
    • 動作を邪魔しないずれにくいものを選ぶ
      →自分にフィットしたものを選びましょう。
    • 明るさの調整ができるものを選ぶ
      →明るさだけでなく、色も変えられるタイプもあります。
    夜釣り

    夜釣りで必須となるのがヘッドライトです。
    手元を照らして仕掛けを作ったり、移動中に足元を照らして安全を確保したり、夜の釣りをサポートしてくれます。

    夜間の釣りは魚の警戒心が日中に比べて下がるので、うまくいけば大量または大型の魚を狙うことができます。
    しかしながらヘッドライトが無いと釣りをすることは難しいです。

    そこで本記事では、釣り歴20年以上の筆者が夜釣りで役立つヘッドライトの選び方や、おすすめ商品を一挙に解説します。
    失敗のないヘッドライト選びができますよ。

    目次



    夜釣りに使われるヘッドライトとは?

    YIEASY ヘッドライト LEDヘッドランプ アウトドアライト 3モード 防水 軽量 高輝度 角度調節可能 ズーム機能付 充電式/電池付属 ハイキング/夜釣り/作業/自転車/キャンプに最適
    YIEASY ヘッドライト LEDヘッドランプ アウトドアライト 3モード 防水 軽量 高輝度 角度調節可能 ズーム機能付 充電式/電池付属 ハイキング/夜釣り/作業/自転車/キャンプに最適

    ヘッドライトとは頭部に装着する照明のことで、夜釣りでヘッドライトを使う目的は第一に、安全を確保するためです。
    釣り場では、防波堤なら船を固定しているロープや止め具、磯場であれば複雑な地形といった具合に、日中でも注意して移動しなければならない状況が多くあります。
    そんな中、夜の視界が悪い状況で移動してしまっては非常に危険ですので、まずは安全確保のためにヘッドライトは必需品です。
    また仲間同士で夜釣りに行く場合に、ヘッドライトはお互いの場所を確認し合える目印にもなります。

    また、ヘッドライトには釣りをサポートしてくれる役割があります。
    夜釣りに慣れている人であれば、暗闇のなかでもラインを結んだり、仕掛けを組んだりできるかもしれませんが、やはり手元を照らすヘッドライトがあった方がやりやすいことは間違いありません。

    夜釣り用ヘッドライトの3つの選び方

    ①ルーメン表示を目安に選ぶ

    Litom LEDヘッドライト 明るさ168ルーメン センサー機能 防水仕様

    Litom LEDヘッドライト 明るさ168ルーメン センサー機能 防水仕様

    ヘッドライトを選ぶときには明るさを表す「ルーメン」を目安に選ぶのがポイントです。
    ルーメンは明るさを数字で表しており、数字が大きくなるほど明るいということになります。

    釣具店の多くはテスト用のヘッドライトが展示してありますが、店内の照明の色や明るさによって人間の感じる明るさは大きく変わってきます。
    感覚で明るさを判断すると非常にあいまいになってしまいますので、実際に釣り場で使ってみたらそんなに明るくないといったこともよくあります。

    なかにはとても明るいヘッドライトもありますが、そういったものは電池の消費量も多いので、目的にあったルーメン数のものを選ぶようにしましょう。

    ②動作を邪魔しないずれにくいものを選ぶ

    ウルトラスポーツ LED10個 ヘッドランプ 角度調整可能 バッテリー付き

    ウルトラスポーツ LED10個 ヘッドランプ 角度調整可能 バッテリー付き

    ヘッドライトは頭に付けて使うのが基本となります。
    ずれにくいヘッドライトを選んでおかないと動くたびに気になって、釣りに集中できない可能性もあります。

    取り付けベルトの調整がしっかりできるものを選ぶのはもちろん、頭の周りだけでなく上側からもホールドしてくれるベルトがついているものを選ぶと、よりずれにくいのでおすすめです。

    また、製品によってはジャケットに取り付けられるものもありますので、自分にあったものを選ぶとよいでしょう。

    ③明るさの調整ができるものを選ぶ

    ZHENWEI 5000ルーメン LEDヘッドライト 充電式 ジェスチャーセンシング プ フォーカス調整可 3*CREE XM-L T6 【実用点灯4.5-8時間】4種の点灯モード 登山 釣り アウトドア 防水 LEDヘッドランプ 18650電池付属
    ZHENWEI 5000ルーメン LEDヘッドライト 充電式 ジェスチャーセンシング プ フォーカス調整可 3*CREE XM-L T6 【実用点灯4.5-8時間】4種の点灯モード 登山 釣り アウトドア 防水 LEDヘッドランプ 18650電池付属

    夜釣り用のヘッドライトの中には、明るさ調整に対応した調光タイプもあります。
    明るさを調整することによって消費電力を抑えることができます。

    また、移動のときと手元を照らすときで明るさを変えられるのも大きなメリットになります。
    例えば、暗い中で釣りをしていて、いざ仕掛けを組む時に光が明るすぎると、思っている以上に疲労感につながることも。

    夜釣り用のヘッドライトには明るさのみならず、明かりの“色”を変えられるタイプもあります。
    状況に応じて使い分けたいなら調光に対応するモデルを選んでもいいでしょう。

    夜釣り用ヘッドライトおすすめ人気ランキングTOP25

    ここでは夜釣り用ヘッドライトおすすめ人気ランキングTOP25をご紹介。
    ご自身が求める性能や予算にあわせて、ぜひこの中からベストな夜釣り用ヘッドライトを選んでください。
    最強は果たして!?

    25位 冨士灯器 ゼクサス ZX-600 SEAMASTER

    明るさ:最大125ルーメン
    使用電池:単4乾電池×4本
    防水:IPX8

    水深20メートルまで対応する完全防水仕様のヘッドライト。
    悪天候でも安心して使うことができます。
    ベストに装着して周囲を照らせるのも特徴です。

    24位 ペツル リアクティックプラス E95H

    明るさ:最大300ルーメン
    使用電池:充電式
    防水:IPX4

    必要な明るさに自動で調整してくれる機能を持ったヘッドライト。
    スマホアプリとの連携によって、明るさなどのカスタマイズも可能となっています。

    23位 ペツル イーライト E02P2

    明るさ:-
    使用電池:リチウム電池×2個
    防水:水深1メートル防水

    27グラムと超軽量でコンパクトなヘッドライトで、頭だけでなく帽子のつばに付けて使うこともできます。
    マイナス30度から60度の温度に耐える耐久性の高さも魅力となっています。

    22位 パナソニック リチウムLED3WAYライト BF198DP

    明るさ:-
    使用電池:リチウム電池CR-123A
    防水:防滴仕様

    寒さに強いヘッドライトで、気温が低くなりがちな夜釣りの強い味方となります。
    頭の締め付けを軽減するゴム製ベルトもメリットになっています。

    21位 Three trees LEDヘッドライト

    明るさ:最大180ルーメン
    使用電池:充電式
    防水:IPX5

    5色展開で好きな色を選べるヘッドライト。
    6つのライトモードを採用するほか、点滅で点灯させることもできます。
    保証期間12ヶ月のアフターサービスもうれしい設定です。

    20位 Olight H2R NOVACree XHP50 LED

    明るさ:最大2300ルーメン
    使用電池:充電式
    防水:IPX8

    取り外しが可能なライトが魅力のヘッドライト。
    ヘッドライトとしてそのまま使用してもよいですし、取り外してポケットなどに付属クリップで装着して使うのもおすすめです。

    19位 ペツル ピクサ3 プロフェッショナルシリーズ E78 CHB 2

    明るさ:最大100ルーメン
    使用電池:単3乾電池×2本
    防水:IP67

    水深1メートルで30分水に浸かってもメンテナンス不要であることを証明するIP67防水に対応。
    複数の照射モードがあり、衝撃にも強い設計で、とても安心して使えるヘッドライトとなっています。

    18位 CAMTOA 3 XM-L2 T6 LED

    明るさ:最大5000ルーメン
    使用電池:充電式
    防水:IPX6

    3つのLEDを搭載した高輝度モデル。
    4つの点灯モードの切り替えで使用状況にあわせることができます。
    ライトの角度は上下90度に調整できるので、足元を照らしつつ移動するのに便利です。

    17位 冨士灯器 LEDライト ZX-R350

    明るさ:最大400ルーメン
    使用電池:充電式
    防水:IPX6

    充電式とすることで従来モデルからの軽量化を果たしています。
    400ルーメンの明るさで、最大視認距離170メートルとなっている釣りに最適なモデルです。

    16位 Street Cat LEDヘッドランプ

    明るさ:最大160ルーメン
    使用電池:単3乾電池×3本
    防水:IPX4

    軽量&コンパクトで携帯しやすいのがポイント。
    約45グラムと非常に軽量なので装着時のストレスもほとんどないです。
    5つの点灯モードを瞬時に切り替えて使うことができます。

    15位 ブラックダイヤモンド BD81053

    明るさ:最大300ルーメン
    使用電池:単4乾電池×3本
    防水:IPX8

    低温時にバッテリーを温めて性能低下を防ぐヒートシンク機能を備えているのが特徴。
    さらに前回の調光設定を記憶したり、誤点灯を防ぐロックアウト機能がついていたり、使い勝手が良好です。

    14位 ZHENWEI CREE XM-L T6

    明るさ:最大5000ルーメン
    使用電池:充電式
    防水:IPX4

    角度を変えることで足元から遠くまでで照らせます。
    ライトの頭を回すことで照射範囲を変えることができます。

    13位 パナソニック3WハイパワーLEDヘッドランプBF-281

    使用電池:単3乾電池×3本
    防水:生活防水仕様

    ハイパワーとワイドパワー、2光源の使い分けができるアイテム。
    万が一の緊急時に活躍してくれるエマージェンシー機能も付いています。

    12位 Anbero ヘッドライト LED

    明るさ:最大220ルーメン
    使用電池:充電式
    防水:IPX4

    ヘッドランプの前で手をかざすことでライトを点灯できるのが特徴。
    充電式のため、電池を購入する必要がありません。
    70グラムと非常に軽量なのも魅力的です。

    11位 モンベル パワー ヘッドランプ

    明るさ:最大160ルーメン
    使用電池:単4乾電池×3本
    防水:IPX6

    アウトドアメーカーとして有名なモンベルが手掛けたヘッドライト。
    高輝度白色LEDと目に優しい電球色LEDの2つが採用されています。
    57グラムという軽さで扱いやすいのもおすすめポイントです。

    10位 CREE LEDヘッドライト

    明るさ:最大2000ルーメン
    使用電池:単3乾電池×3本
    防水:生活防水仕様

    最大照射距離は500メートルで遠くまで照らしてくれます。
    価格は非常に安いですが、頭の上部からヘッドライトを支えるベルトも付いていてずれにくいです。
    フォーカス調整はムーンレンズ設計によって簡単に行えるようになっています。

    9位 Bengoo LEDヘッドライト

    明るさ:最大1800ルーメン
    使用電池:充電式
    防水: IPX4

    ライトの部分を取り外してベルトなどに装着できるタイプ。
    ライトとしてはもちろん、コードを使うことでスマホなどを充電できるモバイルバッテリーとしても活躍します。

    8位 YIEASY ヘッドライト LED

    明るさ:最大1200ルーメン
    使用電池:充電式
    防水:IPX5

    強・弱・点滅の3モードと2つのフォーカスモード(ズームイン・ズームアウト)が使えるヘッドライト。
    ライトの取り外しもできるので、状況によって使い分けしてみるとよいでしょう。

    7位 冨士灯器 ZX-S270 ZX-S270

    冨士灯器 ZX-S270 ZX-S270

    冨士灯器 ZX-S270 ZX-S270

    6,350円(08/26 02:03時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    明るさ:最大270ルーメン
    使用電池:単4乾電池×3本
    防水:IPX5

    このヘッドライトは付属のベルクロベルトでゲームベストに装着して使えるのが特徴。
    前回調整した明るさを記憶してくれていて、次に使うときも同じ明るさでスタートできて便利です。

    6位 SGODDE LEDヘッドライト

    明るさ:最大10,000ルーメン
    使用電池:充電式
    防水:IPX5

    最大10,000ルーメンというとてつもない明るさを持ったヘッドライト。
    充電式となっているので、釣りのたびにきちんと充電しておきましょう。
    12ヶ月の保証も付いているので安心です。

    5位 冨士灯器 ヘッドライト ゼクサス ZX-700 ブーストモデル

    明るさ:最大400ルーメン
    使用電池:単3乾電池×4本
    防水:IPX5

    装着時のバランスを考えた重量分散型デザインを取り入れています。
    衝撃による故障を防ぐためにショックラバーが使われていて、耐久性の高さもおすすめできる点です。

    4位 ジェントス LEDヘッドライト ヘッドウォーズ HW-000X

    明るさ:最大300ルーメン
    使用電池:単3乾電池×3本
    防水:防滴仕様

    無段階フォーカス機能がついているため、明かりの範囲を細かく調整できます。
    300ルーメンの明るさで遠くを照らしたり、広範囲を照らしたりといった使い方が可能ですよ。
    後部には存在を知らせる認識灯があり、夜釣り中の安全性をさらに高めてくれます。

    3位 ジェントス GH-003RG

    明るさ:最大500ルーメン
    使用電池:充電式
    防水:IP66

    2メートル落下耐久や断線しにくいコートを採用した、タフなモデルです。
    充電式電池のほかに、アルカリ電池でも使用でき、出先充電が切れても乾電池さえあれば引き続き利用できますよ。

    2位 Litom LEDヘッドライト 明るさ168ルーメン センサー機能 防水仕様

    明るさ:最大168ルーメン
    使用電池:単4乾電池×3本
    防水:IPX6

    ジェスチャーセンサーがついたとてもコストパフォーマンスに優れたヘッドライト。
    ライトは6つのモード設定があり、状況によって使い分けができます。
    18ヶ月の保証期間も付いたヘッドライトとなっています。

    1位 冨士灯器 LEDライト ZX-R260

    明るさ:最大300ルーメン
    使用電池:充電式
    防水:IPX5

    充電式仕様がうれしいヘッドライトで、頻繁に夜釣りに行く人には特におすすめです。
    電池残量を確認できるインジケーターがついていて、充電忘れを防いでくれます。

    【こちらもCHECK】夜釣り用ヘッドライトに関連するおすすめ動画はこちら


    夜釣り用ヘッドライトの使用上の注意点

    電池切れには要注意

    パナソニック 単3形アルカリ乾電池 32本パック 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)モデル】 LR6RJA/32S
    パナソニック 単3形アルカリ乾電池 32本パック 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)モデル】 LR6RJA/32S

    夜釣り用ヘッドライトで最も注意したいのが電池切れです。
    暗闇の中では避けないといけないことですが、事前の準備で防ぐことができます。

    まずは電池の予備を必ず持っておきましょう。
    現在市販されているヘッドライトは消費電力を抑えてあるものも多いですが、やはり予備の電池は持っておくことをおすすめします。
    気温によっても電池の持ちは変わってきますので注意しましょう。

    やみくもに水面を照らさない

    夜釣り用ヘッドライト 注意点

    夜釣り用のヘッドライトで注意したいのが、水面をやみくもに照らさないことです。
    基本的に暗い中で突然ヘッドライトの明るい光が水中に差し込んでくると、魚は警戒してしまいます。

    釣り人が多い中ではトラブルの原因にもなってしまうので、覚えておくようにしましょう。

    魚を見つけるためのヘッドライトの使い方

    夜釣り ヘッドライト

    夜釣り用ヘッドライトは水面を照らさないことがマナーとなっていますが、ほかに釣り人が居ないような状況では魚を探していくのに役立つこともあります。

    夜釣りでは足元に魚が居ることも多く、ある程度の明るさであれば警戒しない魚も居ます。
    例としてはキジハタやハゼ、タコなどです。
    あまり深くない水深に居ることも多いので見つけやすいのが特徴です。

    これらをヘッドライトを使って探していく時には、下向きにライトの向きを調整できるタイプがおすすめです。
    また、光のフォーカス範囲を広げておくと、突然光が魚に当たらず近づくにつれて徐々に明るくなるようにしておくと魚が逃げにくくなります。

    ヘッドライトを持って夜釣りにチャレンジ!

    夜釣り ヘッドライト

    ヘッドライトは夜釣りでは必須のアイテム。
    安全の確保だけでなく、時には釣りのサポートアイテムとして活躍してくれることもあります。

    ヘッドライトは購入すると壊れない限り買い替えの必要性があまりありません。
    できるだけ予算が許す範囲で、高価なものを買っておいた方がさまざまな便利機能がつくことになるので間違いないと思います。

    夜釣りは日中とは違った雰囲気の中で釣りを楽しむことができますので、ぜひヘッドライトを持って夜釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。
    くれぐれも安全面には注意を払って楽しんでいただきたいです。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】釣りに関連するおすすめ記事はこちら

    ランディングポールおすすめ人気ランキングTOP5!長さや用語解説も【2018年最新版】

    2018.05.30

    エギングとは?ロッドやリール&エギングの種類の解説や初心者向け動画も

    2018.04.02

    釣り用の長靴おすすめ人気ランキングTOP10!スパイクや防水、おしゃれも【2018年最新版】

    2018.03.26

    釣り用クーラーボックスおすすめ人気ランキングTOP15!おしゃれ、小型なものや選び方も【2018年最新版】

    2018.03.15

    ライトショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP10!ダイワやシマノの選び方も【2017年最新版】

    2017.12.08