北欧風サイドテーブルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 機能で選ぶ
    →収納やキャスターつきのものなど、使うシーンに応じて必要な機能を備えたものを選ぼう。
  • デザインで選ぶ
    →シンプルで飽きのこないデザインが特徴。使いやすいデザインのものを選ぼう。
  • 高さ、大きさで選ぶ
    →置く場所の広さを考えて、適切なサイズのものを選ぼう。高さが調節できる便利な商品もある。
インテリア サイドテーブル アイキャッチ

北欧家具や北欧インテリア、また別名スカンジナビアスタイルやノルディックスタイルとも言われるインテリアスタイルを、みなさんはご存知ですか?
近年、IKEAやイルムスといった北欧デザインの家具を扱う店舗が続々と日本でもオープンしていますよね

今回は、そんな話題の北欧デザインのインテリアの説明とアレンジの方法、そして北欧風サイドテーブルの人気ランキングなどを余すことなくご紹介します。

北欧インテリアとは?

北欧デザインの歴史

インテリア北欧


北欧とは、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、フィンランド、アイスランドの5カ国のことを指します。
緯度が高い地域なため、冬はすぐに日が暮れるので室内で過ごす時間が多く、それとともに家具も洗練されてきました。

北欧は歴史的に、物質的なものより精神的なものに価値を見出す傾向があり、住環境においても派手な装飾より、シンプルで機能性のあるデザインが育まれてきました。

1920年代になって、北欧のデザインは博覧会などで徐々に注目されるようになり、この時期を境に、機能美に満ちた完成度の高いモダンな北欧家具が次々と生み出されるようになったのです。

白とグレーを基調にしたシンプルな配色

グレー 部屋

シンプルな無彩色に統一していくのが、北欧スタイルの基調の配色。
北欧インテリアの基本色は白ですが、近年、白とグレーなどがミックスされるようになりました。
インテリアの配色のなかでもグレーは、とても人気のある定番色です。

日が当たると、明るく、爽やかで、ムダのない空間に仕上がるのが特徴です。

アクセントカラーの追加

アクセント インテリア

北欧インテリアの配色のベースができたら、次は、アクセントカラーを加えて、空間に楽しい彩りを添えましょう。
シンプルな北欧インテリアの配色は、斬新な色合いのアクセントを加える余裕を与えてくれます。

赤や紫、オレンジといったビビッドなアクセントカラーを加えることによって、空間に活気が生まれます。
ちょっとした個性が光る部分でもありますよ。

名作の北欧家具たち

インテリア

時代を超えて、愛される北欧デザイナーのアルネヤコブセン、フリッツハンセンなどがデザインした家具を取り入れて、北欧スタイルを洗練されたものにしていきましょう。

少しコストがかかるかもしれませんが、その分、空間の上品さをワンランクアップしてくれます。
北欧家具に興味を持って、接すれば、その使い心地の奥深さの虜になるはず!

ミックス北欧インテリア

モダン インテリア

北欧インテリアのシンプル、そして温かみのある木調のテイストは、どのスタイルにも親和性があります。

1940~1960年代に主にアメリカで盛んだったデザインのトレンドで、開放感ある時代を体現するようなポップなカラーや曲線を多用したデザインが特徴の「ミッドセンチュリースタイル」や、和風なモダンなスタイルなどとコーディネートして、洗練された北欧インテリアに新たな風を吹き込みましょう。

また好みのテイストに、しっかりとした伝統的なルーツを持つシンプルで機能的な北欧インテリアの方向性を参考にして、空間を仕上げてみてください。

ミッドセンチュリースタイルのサイドテーブル

小さいスペースでの北欧スタイル

小さなスペース 小物

シンプルで飽きのこない生活に根付いた簡素な北欧スタイルは、都会の喧騒、また小さいスペースでこそ、活躍してくれるかもしれません。
例えば、玄関周りにちょっとした北欧テイストのティッシュ箱をおいたり、傘立てにこだわってみたりするのもいいですね。
小さい空間に北欧インテリアを加えることで、普段よりも心地のいい空間になります。

【こちらもCHECK】北欧インテリアに関連するおすすめ記事はこちら

北欧風ドレッサーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.07.29

北欧風サイドテーブルの選び方のポイント

① 機能で選ぶ

テーブル サイドテーブル 北欧風 木製 ソファ ベッド ナイトテーブル 収納付き オシャレデザイン ナチュラル

テーブル サイドテーブル 北欧風 木製 ソファ ベッド ナイトテーブル 収納付き オシャレデザイン ナチュラル

サイドテーブルは、どのシーンで使うかによって役割が異なります。
例えば、ベッドルームでは、本や目覚ましを置いたり、リビングではコーヒーを置いたりしてとして使われますよね。

このように、どのように使用したいかによって、サイドテーブルの機能性を確認することが大切です。
収納、移動できるキャスターつきのものなど実用的な機能を見落とさないようにしましょう。

② デザインで選ぶ

サイドテーブル 木製 おしゃれ テーブル 幅30 丸 丸型 円形 ラウンド (ブラック)
サイドテーブル 木製 おしゃれ テーブル 幅30 丸 丸型 円形 ラウンド (ブラック)

北欧テイストの特徴は、飽きのこないデザイン。
基本的にどれも、シンプルな形状で、芸術的に美しい洗練されたラインを持つようなものが多く見られます。
空間の邪魔にならず、すんなりと馴染むデザインが多いのも特徴です。

デザインは、使う素材も大事。
木材の味わいなどを生かした有機的なデザインが多いのも北欧家具の顕著な点です。
木材とともに脚にスチールや鉄、アルミと言った金属素材を取り入れることでスタイリッシュな印象を与えてくれます。

そして北欧家具は、ロングセラーがとても多いく、巨匠たちがデザインした家具の数々が存在します。
後輩たちが、その精神を受け継ぎ、再びデザインされて行く形で、良質の家具が作られています。
少し値段は張りますが、一つデザイン家具を取り入れることで上品さを空間に与えてくれますよ。

③ サイドテーブルの大きさや高さを確認する

HOMURY(ホミュリ) ネストテーブル コーヒーエンドテーブル ベッドサイドテーブル ソファテーブル ダイニングテーブル  座卓 丸 三本組 BRT06001WW (ホワイト)
HOMURY(ホミュリ) ネストテーブル コーヒーエンドテーブル ベッドサイドテーブル ソファテーブル ダイニングテーブル  座卓 丸 三本組 BRT06001WW (ホワイト)

サイドテーブルの高さや大きさは使用するうえでとても大事になってきます。

例えば、ベッドサイドに使用する場合は、置くスペースの状況をあらかじめ考えながら、決めていきましょう。
ベッドの高さに、テーブルランプを設置する場合は、ソファに座ったとき、ランプのシェイドの高さがちょうど目線に来るようにします。

また、リビングや玄関周りなどスペースに余裕があまりない場合は、小さめのサイドテーブルにしましょう。

【こちらもCHECK】テーブルに関連するおすすめ記事はこちら

アウトドアテーブルおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.07.11

折りたたみキャンプテーブル人気ランキングTOP5【2017年最新版】

2017.12.21

木製キャンプテーブルおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

2017.12.18

北欧風サイドテーブルの最安値と価格帯の特徴一覧

北欧風サイドテーブルの価格は、およそ25,000円〜150,000円ほどです。
対応する大きさや、素材、機能性、デザイン性などで価格が変わります。

中にはコストパフォーマンスがいいものもありますが、有名デザイナーが手掛けた作品など、価格が高めです。

最安値売れ筋・人気高額・高級品
価格約2,500円~5,000円~35,000円約50,000円~
特徴素材も安価な北欧テイストの商品。安定感のあるデザインと機能性を持った商品。定番の名前のあるデザイナーズの商品。素材も、良質のものを扱い、デザイン性とともに機能性も充実している商品。

北欧風サイドテーブルおすすめ人気ランキングTOP5

今回は、インテリアデザイン会社に勤務してきた筆者が、いつもの空間に加えるだけでおしゃれに仕上がる北欧風サイドテーブルをランキング形式でご紹介します。
評価項目では、機能性、デザインの独創性という視点から評価をつけさせていただきました。

定番のロングセラーの北欧家具から、近年のデザイナーによって手がけられた人気商品をたくさん紹介しています。

5位 LITTE FRIEND(Height adjustable)

機能性
デザイン性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

メーカー Fritz Hansen
デザイナー Kasper Salto
色  白、黒
サイズ 幅45cm 高さ50~73cm
材質 木材 アルミベース

デンマーク出身の家具デザイナー、キャスパー・サルトによるデザインの商品。

高さが調節できるサイドテーブルなので、ベッドサイドに置く際には目線の高さに自分であわせることができるのがうれしいポイント。
軽くて、持ち運びにも便利です。

テーブルトップに天然木を使用し、脚はポリッシュ仕上げのアルミ製でできているので、木のぬくもりを感じる一方で、スタイリッシュな印象も与えてくれます。

4位 Mシリーズ M-0255IT-ST

機能性
デザイン性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

メーカー 天童木工
デザイナー Bruno Mathsson
色 ナチュラル
サイズ 幅100cm 高さ40cm 奥行き60cm
材質 木材

日本の有名家具メーカー、天童木工の商品。
スウェーデンの有名デザイナーBruno Mathsson(ブルーノ・マットソン)とのコラボシリーズで和とのミックスが人気。

引きずっても床に傷がつきづらい日本伝統の「床摺り」が特徴で、和室に置けば、流行りの和モダンテイストに。
さらに軽量なのもうれしいところで、持ち運びにも便利ですよ。

3位 Lamino Table

機能性
デザイン性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

メーカー Swedese
デザイナー Yngve Ekström
色 ナチュラル
サイズ 幅46cm 高さ49cm
材質 木材

北欧家具デザイナーの巨匠イングヴエクストロームによるサイドテーブル。
数々の名作椅子を作ってきたデザイナーでもあります。

3本脚で作られたテーブルの脚の曲線が、美しい曲線美で、デザイン性の高い名作です。
一つおけば、空間が上品に仕上がります。

また、特筆すべき機能はないですが、シンプルでオールマイティーに使える、使い勝手のいい商品です。

2位 サイドテーブル モーネ

機能性
デザイン性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

メーカー -
デザイナー -
色 ナチュラル, 白、黒
サイズ 幅40cm 高さ50cm
材質 木材

天然木の天板とスタイリッシュなスチール製の脚が特徴の商品。
収納がついているのがポイントで、リビングのソファー周りにおけば本や雑誌を収納しておけて便利。
ソファー横におけば、ちょうど飲み物などが取りやすい高さが50cm設計もうれしいところ。
また、ベッド周りにおけば、ちょっとした小物を収納しておけますね。

さらにリーズナブルな価格もうれしいポイント。

ほかのデザイナーズ家具に比べ、オーソドックスなデザインですが、どの空間にも使いやすいものになっています。

1位 DML table

機能性
デザイン性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

メーカー Hay
デザイナー Thomas Bentzen
色 白、ナチュラル
サイズ 幅38cm 高さ44cm 58cm
材質 スチール

持ち手が天板についているのが個性的なデザイン。
飽きのこないシンプルとともに、ユニークさも兼ね揃えた魅力的な作品。

また、女性が片手で持っても、軽々と持ち運べる重さもポイント。
持ち運びにも便利です。

3本脚ながら安定感があり、倒れることがない設計で、マグカップなども安心して置くことができます。
天板の縁があるので、飲み物をこぼしても、床に落としたり飲み物がこぼれる心配がないなどデザインと折衷した機能性も備えています。

サイドテーブルの上手な使い方

北欧 インテリア

ほかの家具同様に、サイドテーブルのスタイルをインテリアの中で調和させましょう。
北欧のサイドテーブルは、基本的にナチュラルで、シンプルなデザインが多いので、空間に馴染みやすいです。

ほかの家具や壁紙などの色や素材感に留意するとよりまとまったインテリアアイテムとしてムードを高めてくれます。

【こちらもCHECK】サイドテーブルを探している方におすすめの記事はこちら

ベッド向けサイドテーブルおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.08.04

折りたたみ式サイドテーブルおすすめランキングTOP5【2018年最新版】

2018.08.03

北欧風サイドテーブルの魅力

北欧 インテリア

北欧風サイドテーブルは、ナチュラルなデザインと、生活に根付いた機能性が最大の魅力です。
インテリアに取り入れることで、洗練されてたインテリアコーディネートのアイテムとして活用できます。

また、北欧家具の作り手は、本人が家具職人であったりと、伝統的な手工芸を背景としたものづくりをしてきました。
使い手が、心地よく家具を生活の中に取り入れられるよう、きめ細やかな配慮が施されています。
使い手への配慮が、ふんだんに盛り込まれた北欧風サイドテーブル、本記事を参考にお気に入りの一つを選んでみましょう。

【あわせて読みたい】家具・インテリアに関連するおすすめ記事はこちら

コンパクトなソファーベッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.07.28

食器棚おすすめ人気ランキングTOP15!収納術も紹介【2018年最新版】

2018.05.15

ニトリのソファーベッドおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.04.15

ソファーベッドおすすめ人気ランキングTOP15!一人暮らし用やフランスベッドも【2018年最新版】

2018.01.25

ABOUTこの記事をかいた人

仁木カデラ

東京生まれ。武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科で家具デザインを専攻。
東京都内インテリアデザイン会社に勤務後、大手出版社編集局にてエディターを経験。
現在、フリーのライター。好きなことは、踊ること、花を愛すること。色っぽい心が人生を豊かにする。