北欧風ドレッサーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

山本めぐみ

インテリア雑貨会社8年勤務
インテリアや雑貨が好きで、就職した会社ではお客様のご要望に合わせてお部屋づくりを提案してきました。
退職してからは、高くて質の良いもの、安くて使い勝手が良いものを組み合わせて、テイストをまとめた部屋作りが趣味です。
帰りたくなるお家、居心地の良い部屋がモットーです。

    選び方のポイント

    • サイズで選ぶ
      →サイズもさまざまあり、購入後にスペースの問題で配置できないなどの問題が起こることも。そのため購入前にしっかりと部屋の配置スペースを測っておこう。
    • 機能性で選ぶ
      →コンセントがついていたり、デスクとして使えたり多機能なものもある。間取りや用途を考慮し、どの機能を優先させれば使いやすいか確認しておこう。
    • 容量で選ぶ
      →容量が少ないと使いづらく多いとデザイン性が悪いなど兼ね合いが難しいところ。最低限どれくらいの容量が必要なのか購入前にしっかり検討しておこう。
    ドレッサー

    最近、人気の北欧インテリア。
    インテリアショップにいけば北欧家具や北欧雑貨のコーナーをよく目にしますが、POPがあってこそ「これが北欧雑貨か~」と思う方も少なくないはずです。

    ドレッサーは女性が憧れる家具のひとつですが、置くスペースが限られることや、使い勝手は別として洗面台でこと足りるなど、近年ではなかなか手の出しにくい家具のひとつでもあります。

    しかし最近では、インテリアの一部として置けるデザイン性の高いものや、機能性や収納が充実したさまざまなサイズのドレッサーが増えています。

    今回は北欧インテリアの特徴と、家具のなかからドレッサーを選んで紹介しましょう。

    北欧風ドレッサーとは

    ドレッサー


    ドレッサーとはいわゆる洋風の鏡台のことで、大きな鏡がついたメイク道具を収納できる家具のことです。
    3面鏡になっているタイプやコンセントつきのものがあり、メイクからヘアセットまで身支度すべてが整うものとして重宝されています。

    また北欧とはノルウェーやスウェーデンなど、冬季が長くてとても寒い地域のことです。
    そのため北欧の人たちは家で過ごす時間が長く、快適で居心地よく過ごせる部屋にするために、明るく、シンプルで温もりを感じるインテリア、北欧スタイルが生まれました。
    白やグレー、ナチュラルな色味のアイボリーを使い、スタイリッシュなコーディネートのなかに、ウッド系の自然な木のぬくもりを感じる家具などをあわせるのが主流。
    アートやベース、布製品などには差し色のビビッドカラーを使ったり、柄もので遊び心を取り入れたりするのも北欧インテリアの特徴と言えます。

    北欧インテリアはシンプルにする=物を減らすのではなく、シンプルに見せる=物一つひとつに決まった場所があり、整理された状態を保ちやすくするために収納や機能性の高い家具を選び、生活のしやすさを重視します。

    【こちらもCHECK】北欧インテリアに関するおすすめ記事はこちら

    北欧風サイドテーブルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.26

    北欧風ドレッサーの3つの選び方

    ① サイズで選ぶ

    ドレッサーを選ぶうえでサイズは重要で、本体幅50cmで収納は引き出し1つといったコンパクトなものから、大きなミラーや三面鏡がついている本体幅1m以上で大容量の商品までさまざまです。

    一人暮らしの方であればコンパクトなもので十分ですし、家族で共有したい方やデスクワークと兼用したい方は、少し大きめの商品を選ぶことで機能性や収納も充実するので、それぞれの用途とスペースを考慮してサイズ選びをしましょう。

    お店で見ると意外と小さく見えたり大きく見えたりするので、購入後チェアーが出せない、引き出しが開けられない、配置予定のスペースに置けないといった事が起きないように、購入前にしっかりとお部屋の配置スペースを測っておくことをおすすめします。

    ② 機能性で選ぶ

    ドレッサーではメイクのほかにも、ヘアセットができるものがベストです。
    ドライヤーやヘアアイロンを使うためにコンセントがあるかないかで使い勝手も変わりますし、またミラーの角度調整ができるものであれば、見やすい角度にあわせてヘアセットができます。
    最近はドレッサーとして使わないときは、デスクとしてPC作業をしたりやチェストとしてリビングに置いたりできる、スタイルチェンジの商品が増えています。
    すべての機能が携わっている商品があれば一番便利ですが、そういった商品を探すのはなかなか難しいです。
    間取りや用途を考慮して、どの機能を優先させれば使いやすいか確認しておきましょう。

    ③ 容量で選ぶ

    メイク コスメ


    最後に収納の容量ですが、少ないとメイク道具が散乱して使い勝手も景観も悪くなってしまいます。
    ですが収納面を重視しすぎるとデザイン性にかける場合があり、兼ね合いが難しいところですね。
    メイク道具やヘアアイロンの収納だけであれば、ドレッサー本体とほぼ同じ幅の引き出しが1つあれば十分でしょう。
    またメイク道具が多い方や、化粧水ボトルなども収納したいという方は、縦に引き出しや引き戸がもう1,2個ついていると便利ですね。

    【こちらもCHECK】ドレッサーを使たコスメの収納方法を解説している動画はこちら

    北欧風ドレッサーおすすめ人気ランキングTOP5

    インテリアショップ勤務歴8年の私が、北欧らしいデザインを持ちつつ、先ほどのポイントも兼ね備えた使い勝手のよい商品をランキングにしました。
    おすすめの北欧インテリアにぴったりのドレッサーTOP5をご紹介します。

    5位 arneアンティークドレッサー

    機能性
    収納容量
    カラーバリエーション
    総合おすすめ度
    [本体]幅60×奥行40×高さ136cm
    [スツール]幅37×奥行37×高さ42cm
    [カラー]ブラウン

    こちらのドレッサーは天然木パイン材(北米のマツ科(針葉樹)からとれる建材)を使用しています。
    パイン材はとてもやわらかく、歳月とともに深みのある色へと変化し風合いを出すのが特徴で、木のぬくもりを感じれる木材のひとつです。
    ただやわらかい材質のためへこみや傷がつきやすいですが、傷もまた歳月を重ねるとアンティークな雰囲気を醸し出してくれます。

    インテリアショップarneのこちらのシリーズは、デザインがかわいくとても人気です。
    ほかにもチェストやテーブルなどがあり色味がいいのでシリーズで揃えてもよいでしょう。
    アンティークな北欧インテリアにぴったりの商品ですね。

    4位 カントリー調ドレッサー スツールつき

    機能性
    収納容量
    カラーバリエーション
    総合おすすめ度

    [本体]幅60×奥行40×高さ135cm
    [スツール]幅32×奥行32×高さ40cm
    [カラー]ホワイト ブルー

    ミラー枠と天板にはパイン材を使用し、チェアーも同素材のスクエアでスタイリッシュなデザインです。
    白とナチュラルの色味で明るさとやわらかい雰囲気があります。
    幅広の引き出しと、ボトルの収納に便利な引き出し&引き戸つきで、チェアーの下にも棚があり、収納面も充実!
    コンセントは2口ついており、天板も広々サイズで使い勝手も◎。

    引き戸の色だけが違うホワイトとブルーの2色展開で、ホワイトは明るさと暖かさをもたらし、ブルーは差し色としておしゃれでスタイリッシュな印象を与えます。

    3位 カリモク ドレッサー&スツール

    機能性
    収納容量
    カラーバリエーション
    総合おすすめ度

    [本体]幅70.9×奥行40×高さ98.4cm
    [スツール]幅43.5×奥行27.7×高さ43.3cm
    [カラー]ピュアオーク色 ナッツシェル色 モルトブラウン色 モカブラウン色

    こちらはドレッサーとPCデスクの2WAY使用で、扉を閉めるとかなりコンパクトになり、スツール(背もたれのない椅子)も本体にあわせたシンプルなデザインで◎。
    コンセントコードを通せるスリットがあり、コードがもたつくことがありません。
    また幅広の引き出しと、ミラー下に左右に動く棚板があるので、アクセサリーやネイルなどの小物スペースにも便利です。

    カリモクはインテリア企業で、家具業界のなかでも最大手です。
    使いやすさや素材、手作りにこだわった商品を手がけているためとても人気があります。
    すべてを手作業で行っているわけではなく、最新の科学技術で耐久性を高め、効率的な部分は機械で行い、最後は1つひとつ職人の手によって仕上げています。
    そういったこだわりがつまったカリモク家具ですので、お値段はほかの商品に比べて少しお高めですが、長年愛用できる商品です。

    2位 エア・リゾーム インテリア ドレッサー

    機能性
    収納容量
    カラーバリエーション
    総合おすすめ度

    [本体]幅90×奥行き48×高さ72cm(ミラーオープン時高さ:112cm)
    [スツール]別売(3,990円~)
    [カラー]ダークブラウン ナチュラル

    ドレッサー&デスクのスタイルチェンジできるタイプで、大容量の引き出しが4箇所あり、仕事用とメイク道具を十分に収納できるため、用途によって使い分けが可能です。
    スプレーや化粧水ボトルなど高さのあるものも収納でき、デスクの上が散らからず、すきっり見せられるのがうれしいポイント。
    また2口のコンセントがあり、ヘアアイロンやパソコンの充電にも便利で、背面にはコンセントの逃がし口もあるためコードがもたつきません。
    ミラーには開閉時のクッションストッパーが装備されており、接触した際も安心。

    最近人気の高いスタイルチェンジできる商品ですが、こちらは本格的なデスク仕様なので、デスクワークメインの方にも広々と作業していただけるサイズとなっています。
    また、ワンルームや一人暮らしの限られたスペースでも、1台でドレッサーにもデスクにも使えるのでおすすめ。

    1位 アンティカフェ ドレッサー

    機能性
    収納容量
    カラーバリエーション
    総合おすすめ度

    [本体]幅55×奥行40×高さ128cm
    [スツール]幅36×奥行31×高さ39cm
    [カラー]ホワイト ダークナチュラル ライトブラウン ダークブラウン

    大きなミラーと少し深めの幅広引き出しがあるので、ヘアアイロンやほとんどのメイク道具は収納できます。
    コンセントも2口装備されており、メイクからヘアセットまで1台で身支度を完了でき便利です。

    スタイルチェンジできる商品や、幅1mほどのドレッサーと比べるとコンパクトなサイズですが、収納&機能性も携えています。
    シンプルでありながら引き出しの取手にはアンティークな金具と、白い生地と木目がよくあう、少し丸みのあるデザインがかわいらしいスツールには、こだわりが細部に見られます。
    お部屋に明るさをもたらすホワイトからシックな印象のダークブラウンまで選べる4色展開で、家具やお部屋の雰囲気にあわせることができるのがうれしいポイントです。

    デザイン重視の北欧風ドレッサーおすすめ人気ランキングTOP2

    ここまではそれぞれの評価に基づいて、順番にドレッサーを紹介してきましたが、ここからは番外編として、デザイン重視の方におすすめのドレッサーを紹介します。

    2位 92 ドレッサー デスク 化粧台

    [デスク]幅92×奥行35×高さ124cm
    [チェア]幅47×奥行30×高さ46cm
    [ドレッサー]幅50×奥行5×高さ50cm
    [カラー]ホワイト ブラック

    天然木を使用し、その上にペンキをあえて擦れたように塗ることで、アンティークな雰囲気を演出しています。
    小分けの引き出しが4箇所あり、ミラーは角度の調整も可能です。

    こちらのドレッサーはとてもかわいらしいデザインですが、北欧のシンプルでスタイリッシュなイメージとはまた違った商品です。
    シンプルな白で統一した家具の中に、こちらの商品のような一つデザイン性の高いものを加えて、寝装品やクロスなどのファブリック系で温かさをもたらすと、北欧らしさが楽しめるでしょう。

    1位 TUTU ミラー&キャビネット ドレッサー

    [ミラー]幅90×奥行20×高さ60cm
    [キャビネット]幅107×奥行30×高さ90cm
    [カラー]ナチュラル

    天然木ラバーウッド(ゴムノキ)を使用し、木材本来の色味と大きなミラーでお部屋を明るくします。
    ミラーは、縦・横どちらでも装着可能で、奥行き30cmと薄い仕上りですので場所を取りません。
    インテリア向きで置いているだけでかわいいデザインですが収納がないため、キャビネットにグリーンの植物やオブジェなどの小物をおしゃれにディスプレイすれば、オリジナリティが楽しめます。

    Amazon&楽天のドレッサー人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    北欧風ドレッサーでインテリアに統一感を

    ドレッサー


    北欧インテリアはコーディネートしやすいカテゴリーでもあるので、使いやすさや機能性を携えた、お部屋にぴったりのドレッサーが見つかるはずです。
    インテリアを統一することで居心地のよい空間になるので、購入前にお持ちの家具やスペースの確認をしておくことをおすすめします。

    【あわせて読みたい】家具・インテリアに関連するおすすめ記事はこちら

    ロータイプ食器棚おすすめランキングTOP9【2018年最新版】

    2018.10.11

    スツールとは?選び方からタイプ別おすすめランキングまで【2018年最新版】

    2018.08.29

    おしゃれなサイドテーブルおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.08.21

    木製スツールおすすめランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.08.15

    キャスター付きサイドテーブルおすすめランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.08.10

    ABOUTこの記事をかいた人

    山本めぐみ

    インテリア雑貨会社8年勤務
    インテリアや雑貨が好きで、就職した会社ではお客様のご要望に合わせてお部屋づくりを提案してきました。
    退職してからは、高くて質の良いもの、安くて使い勝手が良いものを組み合わせて、テイストをまとめた部屋作りが趣味です。
    帰りたくなるお家、居心地の良い部屋がモットーです。