シアバターとは?効果や使い方についても

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。
    シアバター 使用料

    天然由来の保湿剤であるシアバターは、髪や肌に使える万能アイテム。
    天然素材でできたクリームは数多くありますが、なぜシアバターはひと際注目を集めているのか……それは配合成分や美容効果に秘密があるんです!
    ここでは、どうしてシアバターが多くの人に愛されているのか、効果や使い心地を徹底解説します。

    シアバターとは?

    ボディミルク 塗る 量

    シアバターとは、アフリカに生息するシアの木の実から採れる植物油脂(バター)のことです。

    古くからアフリカで皮膚や髪を保護する保湿剤として使われてきたもので、ここ最近日本でも注目されています。
    世界に店舗を構える化粧品ブランドであるロクシタンやザ・ボディショップがシアバターを製品に取り入れ、今では保湿剤の定番として親しまれるようになりました。

    シアバターは固いクリーム状で、人の体温でとろけてオイル状に変化するのが特徴です。
    ヘアケア・スキンケア・ボディケアなど全身に活用できる植物油脂で、乾燥から髪や肌を守ってくれます。

    【こちらもCHECK】シアバターに関連するおすすめ記事はこちら

    シアバターおすすめ人気ランキングTOP15!効果や使い方も【2018年最新版】

    2018.03.09

    シアバターのハンドクリームおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.30

     

    シアバターの効果とは?

    全身のケアに活用できるシアバターは、優れた美容効果を持つ万能保湿剤です。
    シアバターに含まれる成分がどのような効果をもたらすのかを解説していきましょう!

    肌の水分蒸発を防ぐ

    シアバターにはオレイン酸やステアリン酸という油が含まれており、これらは人の皮脂に構造が似ていて、肌になじませると水分蒸発をブロックする保護膜を形成するのが特徴です。
    皮脂不足により肌が乾燥してしまうトラブルを撃退し、潤いをキープするのに役立ちます。

    紫外線をカットする

    シアバターにはケイ皮酸エステルが含まれており、紫外線をカットしてダメージから肌を守る効果が期待できるため、古くから日焼け止めクリームとして使われてきました。
    ※ケイ皮酸とは、紫外線をカットする油成分の一種。

    ただし一定の日焼け止め効果は期待できるものの、すべての紫外線をカットすることはできません。
    下の紫外線の図を見てください。

    紫外線A波B波の図解

    地表に届く紫外線にはUVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)の2種類があります。
    UVAは浴びると肌の老化を引き起こし、UVBには肌の赤みや日焼けを起こすといった特性があります。
    シアバターに含まれるケイ皮酸エステルには、青線で表現されているUVBをブロックする効果はあるものの、赤線のUVAをブロックする効果はありません。

    その点、市販の日焼け止めはUVA・UVBどちらもブロックできるように作られています。
    UVAをブロックできないシアバターだけで紫外線対策をしてしまうと、真皮に到達した紫外線が肌老化を引き起こしてしまうため、シアバターを紫外線対策に取り入れるなら、市販されている日焼け止めの紫外線カット力をサポートする目的で使ってください。

    【こちらもCHECK】日焼け対策に関連するおすすめ記事はこちら

    日焼け止めファンデーションおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.05.30

    日焼けのアフターケアグッズおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.05.28

    日焼け止めスプレーおすすめ人気ランキングTOP15!効果や髪についても【2018年最新版】

    2018.05.25

     

    肌をやわらかく保ち、再生をサポートする

    女性 ボディケア

    シアバターには、トリテンペンアルコールという美容成分が、微量ですが含まれています。
    硬くなった肌をやわらかく保ち、カサつきやゴワつきをケアする成分であるため、ひじ・ひざ・かかとなど、角質がたまって硬くなりやすいパーツをケアするのによいです。
    ほかにもカロチノイドという成分が含まれており、皮膚や粘膜の再生をサポート。
    皮膚の再生機能が弱って乾燥や赤みを感じやすいなら、毎日コツコツケアしてみるとよいでしょう。

    シアバターの種類と特徴

    万能保湿剤として注目されているシアバターは、製造方法の違う未精製・精製済みの2種類に分類されます。
    それぞれどのような特徴があるのかをあらかじめ理解し、シアバター選びの参考にしてみましょう。

    未精製タイプ

    ボディケア

    シアの実が本来持つビタミンなどの美容成分を残して作られているのが特徴。
    栄養分を取り除き過ぎない特殊な抽出方法で製造されているため、シア本来の香りと色が残っています。
    不純物を完全に取り去っていないことから、肌質によっては不純物に反応する可能性があるのがデメリットです。
    未精製タイプのシアバターは、化粧品によるトラブルを起こしにくい、健康的な肌質の方が使う方がよいでしょう。

    精製済みタイプ

    シアバター とは

    不純物が取り除いてあり、未精製のものよりも色・香りが少ないのが特徴です。
    不純物を取り除く過程で栄養分も除去されてしまいますが、シアバターが本来持つ保湿力は残されています。
    原料臭がほどんどないため、顔や唇などに使っても不快に感じにくいのがうれしいポイント。

    使い方いろいろ!シアバターの活用方法を伝授

    髪や肌を乾燥から守るシアバターには、さまざまな活用方法があります。
    シアバターは固くてやや伸びが悪いため、使い方にコツが必要です。
    ベタつきを避けて全身のケアをするためにも、正しい使い方をチェックしておきましょう!

    フェイスケア

    スキンケア 女性

    シアバターは乾燥や紫外線ダメージを抱える顔の保湿に最適なアイテム。
    フェイスクリーム代わりに使っても構いませんが、肌質によってはベタつきが気になる場合があります。
    少量でも保湿力は十分感じられるため、一般的なフェイスクリームのように、たっぷり使いすぎないように注意してください。

    シアバターを顔全体に使うとベタベタするという方は、乳液やクリームと併用してみましょう。
    まず顔全体を乳液やクリームで整え、乾燥する部分にだけシアバターを薄く塗り重ねれば、ベタつきが抑えられます。

    顔に塗る1回当たりの量は、1円玉の半分を目安にしてください。
    乾燥度合いや塗る面積によっても変わるため、まずは少量を伸ばして行き、足りないと感じたらプラスするようにしましょう。

    【こちらもCHECK】シアバターの使い方に関連するおすすめ動画はこちら

    【こちらもCHECK】フェイスケアに関連するおすすめ記事はこちら

    毛穴吸引器おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.05.31

    美白パックおすすめ人気ランキングTOP10!洗い流すタイプや韓国コスメも【2018年最新版】

    2018.05.16

    フェイスケアグッズおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.26

     

    ボディケア

    ボディケア 足

    シアバターは皮脂不足でカサつく体のケアにも適した保湿剤です。
    足首・ひじ・ひざ・かかとなど、皮脂分泌が少なくごわつきやすいパーツをケアすれば、シアバターの油分が乾燥から肌を守り、トラブルを起きにくくしてくれます。

    純粋なシアバターは固くて伸ばしにくく、広い面積を手早くケアするのには向いていないため、全身を保湿したい場合は、シアバター配合のボディクリームを使ってみてください。

    【こちらもCHECK】ボディケアに関連するおすすめ記事はこちら

    ボディパウダーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.05.21

    ボディケアグッズおすすめ人気ランキングTOP15!スクラブとオイルも【2018年最新版】

    2018.03.26

    ボディケアブランドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.19

     

    ヘアケア

    ドライヤー 髪

    シアバターは肌だけでなく、髪の保湿やスタイリングにも使えます。
    髪のパサつきが気になるときは、シャンプーとタオルドライをしたあとに、洗い流さないトリートメントとして使ってみてください。

    しっとり感が強いシアバターは、量をつけすぎると毛束ができてしまうので注意が必要。
    使い方は、手のひらで温めて溶かしたシアバターを、乾燥が気になる毛先を中心にまんべんなくなじませ、最後に髪全体をしっかり乾かせばOKです。
    毛先のまとまりが欲しいときや、頭頂部からはみ出てしまう短い髪の毛を整えたいときも使ってみてください。

    【こちらもCHECK】ヘアケアに関連するおすすめ記事はこちら

    オイルシャンプーおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.05.30

    市販のトリートメントおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.05.08

    ヘアケアグッズおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.29

     

    シアバター初心者におすすめのコスメ2選

    全身の保湿ケアに使えるシアバターは、国内外問わずさまざまなメーカーから発売されています。
    どれから試すべきか悩んでしまったら、使い心地が評価されている人気の製品をチェックしてみましょう。

    ease シアバター 未精製

    ease シアバター 未精製

    シアバターが本来持つ、トリテンペンアルコールやトコフェロールの美容効果を実感したいなら、こちらの未精製シアバターがおすすめです。
    シンプルなパウチ容器パッケージを採用することで値段を抑え、良質な未精製シアバターが安価で手に入ると評価されています。

    Amazon価格(2018年7月7日現在)

    960円

    ザ・プロダクト ヘアワックス

    髪をまとめたいけれどベタつきを感じる重い整髪料は苦手……そんな方におすすめなのが、自然原料にこだわったザ・プロダクトのヘアワックスです。
    シアバターをベースにミツロウやアロエベラ液汁を加え、純粋なシアバターよりも軽い仕上がりを実現しました。
    ほどよいしっとり感が感じられるヘアワックスで、整髪料としてだけでなくシャンプー後の洗い流さないトリートメントとしても使えます。

    Amazon価格(2018年7月7日現在)

    1,695円

    【こちらもCHECK】ザ・プロダクト ヘアワックスのレビュー動画はこちら

    シアバターで全身の乾燥をケアしよう

    パパイヤ石鹸 女性 ボディケア

    髪や肌など全身に使えるシアバターには、ビタミンやミネラルなどの美容成分が豊富に含まれています。
    未精製タイプと精製済みタイプでは効果や実感、使い心地が異なるため、好みや肌悩みにあわせて使い分けてみましょう。
    純粋なシアバターは固くて伸びがやや悪いので、手のひらでしっかり温めてから髪や肌になじませてください。

    万能保湿剤として一年中活用できるシアバターで、全身の乾燥をケアしましょう!

    【あわせて読みたい】乾燥対策に関連するおすすめ記事はこちら

    保湿性抜群のボディクリームおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.04.30

    乾燥肌向けの化粧水おすすめ人気ランキングTOP15!原因と対策についても【2018年最新版】

    2018.03.30

    保湿ジェルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.12

    保湿ミストスプレーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.09

    乾燥肌向けの入浴剤おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.19

     

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。