アルガンオイルとは?使い方や気になる効果についても

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

元エステティシャン・コスメマニア
フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。

    アルガン オイル


    数多くある植物オイルのなかでも、アルガンオイルは美容効果の高さが注目されています。

    アルガンオイルはほかの植物オイルと何が違うのか、成分や特徴を徹底解説!
    アルガンオイルの効果や使い方、向いている肌質・髪質などをチェックして、毎日の美容にアルガンオイルを取り入れてみましょう。

    アルガンオイルとは?

    オイル 浸透

    美容オイルの一種として知られるアルガンオイルは、モロッコに生息するアルガンツリーという木の実から搾り取られる植物性オイルのことです。
    希少性が高いことから「モロッコの宝石」とも言われています。

    アルガンオイルは同じ植物オイルであるオリーブオイルと比べ、ビタミンなどの栄養素が豊富なのが特徴です。

    【こちらもCHECK】アルガンオイルに関連するおすすめ記事はこちら

    アルガンオイルおすすめ人気ランキングTOP15!シャンプーも【2018年最新版】

    2018.03.20

    アルガンオイルシャンプーおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.30

     

    ヘアケア・スキンケアに使える

    ヘアオイル アイキャッチ

    アルガンオイルと言えば、ヘアケアをイメージする方が多いかもしれませんが、実はスキンケアにも使えます。
    洗い流さないトリートメントや洗顔後の肌の保湿、ボディ用オイルなど、さまざまな用途で使えるのが魅力です。

    食用アルガンオイルもある

    サラダ オイル

    アルガンオイルは髪や肌に塗って使うだけでなく、食用のものは食品として取り入れることもできるスーパーフードです。
    日本ではアルガンオイルを食事に取り入れるのは珍しいですが、フランス料理やイタリア料理などでは健康食材としてよく利用されています。
    食べやすいように苦味を除去する加工がしてあり、ナッツのような風味がほんのり香り、えぐみやクセが少ないため、ドレッシングやソースの素材として使われています。

    アルガンオイルの効果

    化粧品として、そして食品としても毎日の生活に取り入れられるアルガンオイルには、美容成分が豊富に含まれているのが特徴です。
    どんな成分がどのような効果を生み出すのか、アルガンオイルの秘密に触れてみましょう。

    抗酸化物質が活性酸素を除去する

    スキンケア 化粧水 モデル

    アルガンオイルにはオレイン酸というオイル成分と天然のビタミンEが含まれており、これらの成分は抗酸化力を持っています。
    抗酸化力とは体内に発生する活性酸素(老化の原因となる体のサビ)を除去する力のことです。

    そのため、年齢サインが気になる肌のケアに向いていると言えるのです。

    髪を乾燥から守りツヤを出す

    ドライシャンプー ヘアケア まとめ


    アルガンオイルは軽い使用感でベタつきにくく、ヘアオイルとしてよく使われています。
    オリーブオイルやアーモンドオイルと比べてサラサラしているため、髪のボリュームを損なわずに保湿できるのが特徴です。

    髪にツヤを与える効果に優れているのも魅力のひとつで、パサついて輝きを失った髪のケアに適しているので試してみてください。

    【こちらもCHECK】アルガンオイル配合のヘアオイルを使ったブローについて解説している動画はこちら

    【こちらもCHECK】ヘアオイルに関連するおすすめ記事はこちら

    オーガニックヘアオイルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.20

    プチプラのヘアオイルおすすめ人気ランキングTOP5!サラサラで香りのいいものは?【2018年最新版】

    2018.01.20

    【厳選】ヘアオイルおすすめ人気ランキングTOP15!効果やプレゼントも【2017年最新版】

    2017.12.30

     

    肌・頭皮の血行をサポートする

    女性 頭皮 マッサージ

    アルガンオイルには、サポニンという血流をアップさせる成分が含まれているのも注目される理由の一つです。
    肌や頭皮に塗り込むことで皮膚組織の血流をアップさせ、肌細胞の生まれ変わりや毛髪サイクルを活性化する効果が期待できます。

    肌のターンオーバー(生まれ変わり)が乱れて肌の調子が悪いときや、頭皮の乾燥や髪のハリ低下が気になるならアルガンオイルでケアしてみましょう。

     

    肌をやわらかく保つ

    女性 ボディケア

    アルガンオイルに含まれるオレイン酸とステアリン酸という油分には、硬くなった角質をやわらかく整える効果が期待できます。
    そのため、ひじ・ひざ・かかとなど、角質がたまって皮膚表面が硬くなるパーツのケアにおすすめです。
    浸透性がよく塗り心地がサラサラしており、体に塗ったあと洋服を着てもベタつきにくいのもうれしいポイント。

    【こちらもCHECK】フェイス・ボディオイルに関連するおすすめ記事はこちら

    フェイスオイルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.02.20

    マッサージオイルおすすめ人気ランキングTOP15!アロマや顔用&使い方とプチプラも【2018年最新版】

    2018.01.15

    生活習慣病リスクを下げる

    ダイエット お腹

    食用アルガンオイルは、生活習慣病のリスクを下げる効果が期待されている食材です。
    抗酸化物質であるオレイン酸とビタミンEには、体内に取り入れるとコレステロール値を下げて、動脈硬化を予防する働きがあります。
    そのため、脳卒中や心臓病の原因のひとつとされている動脈硬化を予防することで、生活習慣病のリスクが下がると言われているのです。

    しかし、アルガンオイルはあくまでも食品で、医薬品ではないため劇的な変化は望めません。
    健康を維持するために毎日の食事にプラスしてみてください。

    アルガンオイルの使い方

    美容成分を豊富に含むアルガンオイルは、さまざまな使い方ができる万能保湿剤です。
    化粧用のアルガンオイルはどのように活用すればいいのか、使い方を解説しましょう。

    ヘアケア

    ドライヤー 女性

    アルガンオイルは乾燥によりパサついた髪をしっとりまとめるのに適しています。
    シャンプー後の濡れた髪に洗い流さないトリートメントとしてなじませ、ドライヤーをかけてみてください。
    量を使いすぎると髪がベタついてしまうため、毛先を中心に少量ずつなじませましょう。

    アルガンオイルは髪だけでなく、頭皮のケアにもおすすめです。
    シャンプー後の頭皮に次の手順でなじませ、スカルプケアしてみてください。

    1. 2~3滴のアルガンオイルを指の腹に取る
    2. 指の腹でやさしく頭皮をマッサージする
    3. 粗めのクシで髪全体をとかす
    4. ドライヤーで髪を根元から乾かす

    アルガンオイルを使用して頭皮をマッサージしたあと、粗めのクシで髪をとかすとオイルが均一に広がり、根元のベタつきを抑えられます。

    【こちらもCHECK】ナチュレルアルガンのピュアアルガンオイルを使った頭皮、顔、腕、足、爪のマッサージ動画はこちら

    【こちらもCHECK】ヘアケアにおすすめの商品はこちら

    ヘアミルクおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.05

    ヘアケアグッズおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.03.29

    ヘアクリームおすすめ人気ランキングTOP22!オーガニックや使い方についても【2018年最新版】

    2018.03.23

    フェイスケア

    オイル

    抗酸化力に優れているアルガンオイルは、スキンケアに美容液として取り入れるのもおすすめです。
    化粧水で肌を整えたあと、美容液として数滴のアルガンオイルを顔になじませて保湿ケアに活用してみましょう。

    アルガンオイルを塗ったあとは、乳液やクリームなどでスキンケアを完成させてください。
    Tゾーンやあごなど皮脂分泌が多い部分は量を控えめにし、乾燥しやすい頬や目元を中心に塗るとベタつきが抑えられます。

    肌がごわついて基礎化粧品が浸透しないときは、洗顔後の肌にブースター(導入美容液)として取り入れてみましょう。
    化粧水を使用する前にアルガンオイルで顔全体を保湿し、肌をやわらかくしておくと基礎化粧品の浸透がアップします。
    たっぷり塗りすぎるとオイル成分が化粧水をはじいてしまうため、顔全体に2~3滴塗る程度でOKです。

    【こちらもCHECK】フェイスケアに関連するおすすめ記事はこちら

    洗い流すパックおすすめ人気ランキングTOP5!使い方も【2018年最新版】

    2018.04.22

    フェイスケアグッズおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.26

    毎日使えるフェイスパック人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.19

    ボディケア

    足 ボディケア 美容

    肌をやわらかく保つ効果が期待できるアルガンオイルは、ボディケアにも適しています。
    乾燥してごわつきやすいパーツのケアに活用してみましょう。

    アルガンオイルは浸透が早いため、単体でボディマッサージに使うとオイルがすぐに吸収され、すべりが悪くなってしまいます。
    時間をかけてゆっくりマッサージしたい場合は、オリーブオイルやアーモンドオイルなど、浸透が遅いオイルとブレンドして使うとよいでしょう。

    【こちらもCHECK】ボディケアに関連するおすすめ記事はこちら

    ボディケアグッズおすすめ人気ランキングTOP15!スクラブとオイルも【2018年最新版】

    2018.03.26

    ボディジェルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.03.09

    ボディバターおすすめ人気ランキングTOP10!使い方や髪・顔への使用は?【2018年最新版】

    2018.02.13

    アルガンオイルの使用上の注意点

    さまざまな用途に使えるアルガンオイルには、使用上の注意点がいくつかあるのでご紹介します。
    肌トラブルなどを防ぐためにも注意点を把握して、正しく使いこなしましょう。

    ニキビがある場合は使用を避ける

    ニキビ 女性

    アルガンオイルにはオレイン酸という油分が含まれていると解説しましたが、この成分にはニキビを悪化させる可能性があります。
    オレイン酸はニキビの元になるアクネ菌を活性化させてしまうと言われており、ニキビができやすい肌のケアには向いていません。

    乾燥が原因でニキビ・肌荒れを起こしてしまうなら、アクネ菌を活性化させないホホバオイルでのケアがよいです。

    アルガンオイルでのクレンジングは避ける

    オイル クレンジング ボトル

    純粋なアルガンオイルでのクレンジングは、肌に負担をかけてしまう可能性が高いです。
    毛穴の汚れは油で溶かせても、水に溶けにくく洗い流せないため、肌に汚れが残り、古くなった油が酸化して皮膚組織を傷つけてしまうことがあるからです。

    したがって肌の汚れをすっきり落とすなら、アルガンオイル配合のクレンジング剤を使いましょう。

    おすすめアルガンオイルはこれ!

    体の外側・内側どちらからでも取り入れられるアルガンオイルは、美容だけでなく健康のためにもなる植物オイルです。
    アルガンオイルを毎日の生活に取り入れるなら、目的別に製品を選んでみましょう!

    ここからはヘアケア・スキンケア・食用の3つの目的にあわせたアルガンオイルを紹介します。

    【ヘアケア向け】モイスト・ダイアン トリートメントオイル エクストラシャイン

    モイスト・ダイアン トリートメントオイル エクストラシャイン

    「純粋なアルガンオイルは値段が高いから、使い続けるのが難しそう……」と悩む方におすすめなのが、モイスト・ダイアンのトリートメントオイルです。
    モイスト・ダイアンは植物オイルをたっぷり含んだヘアケア製品を販売しているブランドで、使い続けやすい値段が評価されています。

    コスパがよい理由は、アルガンオイルのほかにもバオバブオイル・ヒマワリオイルなどの植物オイルがブレンドされているから。
    それでもアルガンオイルの美容効果はしっかり活かされているため、髪にツヤとまとまりを出したい方におすすめと言えるでしょう。

    【スキンケア向け】メルヴィータ ビオオイル アルガンオイル

    肌の乾燥や紫外線ダメージによるカサつきを感じているなら、フランス発祥のオーガニックブランドであるメルヴィータのビオオイルがおすすめです。

    ビタミンを壊さないように熱を加えず搾っているため、アルガンの実が本来持つ美容効果を引き出した商品と言えます。
    着色料や保存料を一切加えてないオイルで、化学物質を避けてスキンケアしたい方にぴったりです。

    【こちらもCHECK】メルヴィータ ビオオイル アルガンオイルのレビュー動画はこちら

    【食用】BIOPLANETEヴァージンアルガンオイル

    フランスのオーガニックオイルブランドであるBIOPLANETE(ビオプラネット)のヴァージンアルガンオイルは、非加熱製法で作られているのが特徴です。
    食用アルガンオイルのほとんどは加熱処理をしていますが、ビオプラネットはアルガンオイルに含まれる栄養素を残す製法にこだわりました。

    アルガン独特のナッツのような風味が残っているため、クセが気になるときは、軽く火を通してから食事に取り入れるとよいでしょう。
    火を通すと一部の栄養素は失われてしまいますが、熱に強い性質を持つオレイン酸やビタミンEは残ります。

    アルガンオイルで髪や肌をケアしよう!

    モデル 髪

    アルガンオイルはヘアケアに使うイメージが強いですが、それだけでなく、肌の保湿や体を内側からもケアできる万能オイルです。
    抗酸化物質を豊富に含むアルガンオイルは、老化の原因である活性酸素を除去して、若さをキープする効果も期待されています。

    優れた保湿力と抗酸化力を持つアルガンオイルを使いこなして、乾燥や老化を寄せつけない体を目指しましょう!

    【あわせて読みたい】美容オイルに関連するおすすめ記事はこちら

    キャリアオイルおすすめ人気ランキングTOP10!種類とクレンジングについても【2018年最新版】

    2018.04.30

    マルラオイルおすすめ人気ランキングTOP10!効果や口コミ評価も【2018年最新版】

    2018.04.10

    リップオイルおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.03.14

    ネイルオイルおすすめランキングTOP15!人気のペンタイプや使い方についても【2018年最新版】

    2018.01.29

    ホホバオイルおすすめ人気ランキングTOP15【2017年最新版】

    2017.12.27

    ABOUTこの記事をかいた人

    片桐 まこ

    元エステティシャン・コスメマニア
    フェイシャルケアとボディスリミングを担当していた元エステティシャンです。
    現場での施術だけでなく、店頭で販売している化粧品をお客様にあわせて提供する仕事もしていました!

    美のプロとしての経験をもとに、人気のコスメや美容グッズの実力をわかりやすく解説。
    肌質や悩みにあわせたコスメ選びをお手伝いします。