車用掃除機おすすめ人気ランキングTOP10!コードレスやシガーソケット利用タイプも【2018年最新版】

選び方のポイント

  • アタッチメントをチェックする
    →曲がるホースと隙間ノズル、これがあるとないとでは、使いやすさが格段に違う。
  • 吸引力とフィルターをチェックする
    →吸引力は、ハイパワーにこだわるよりも「ストレスを感じるレベルの低い吸込力を避ける」という観点でチェックする。
  • コード式かコードレスかで選ぶ
    →コード式かコードレスかを決めるときは、車の広さと掃除の所要時間を考える。
車用掃除機

車の基本メンテナンスは、外側が洗車なら内側は掃除です。
車の販売店や修理工場が車内の清掃をするとき、家庭でのセルフメンテナンスとそれほど違ったことをしているわけではありません。
基本プロセスは
①エア・コンプレッサーで隅々のゴミをかき出す
②掃除機をかける
③適宜クリーナーを使って汚れ落とし
④水拭き
の4ステップです。
家庭で行うなら②と④で十分。
上手に掃除機を使えば、簡単にきれいな車内をキープできます。
この記事では、車で使用するのにおすすめの掃除機をご紹介し、あわせて自分で車内の清掃をするとき手早くきれいに終わらせるコツをお伝えしましょう!

車用掃除機とは?

車用掃除機

車用掃除機とは、言ってみれば小型のハンディクリーナー。
卓上のゴミを吸ったり、階段やサッシなどちょっとした場所を掃除したりするときに使うものと同じです。
車で使うものと家で使うものとの大きな違いは、電源。
車内では通常のコンセントは使えません。
そのため車用の掃除機には、シガーソケットから電源を取る差し込み式のコードがついているのです。
コードレスのものなら車内でも室内でも使用可能ですが、コード式だとコンセントの形状によって車内か室内かのどちらかでしか使えません。
もしコード式の車用掃除機を室内でも使いたいのなら、別途通常のコンセントで使用できるアダプターを用意する必要があります。

【こちらもCHECK】カー用品に関連するおすすめ記事はこちら

タイプ別カーセキュリティおすすめ人気ランキング!タイプとダミーの解説も【2018年最新版】

2018.09.23

車用掃除機の3つの選び方

① アタッチメントをチェックする

車用掃除機

車用掃除機を使うときに私が最も重視しているのは、実は吸い込み部分のアタッチメントです。
曲がるホースと隙間ノズル、これがあるとないとでは、使いやすさが格段に違います。
車内の清掃で掃除機が活躍するのは、手の届かない狭い隙間、シートとドアの間の床部分やサイドブレーキ周辺の隙間です。
極端な話、フロアマットに持ち込んでしまった小石やシートにこぼしたお菓子のくずなどは、手で拾って捨てればいいもの。

隙間に入り込んでしまった塵だけは、掃除機でなければ取り除くことができません。
そんな手の届かないスポットにアクセスできるのが隙間ノズル。
ところがストレート形状の長い隙間ノズルは、狭い車内では少し扱いづらいもの。
さまざまな方向に曲げられて隅々にノズルを届かせることのできる、柔軟性のあるホースがついているとベストです。
付属ホースの先に隙間ノズルを取りつけられるかどうかも、あわせてチェックしましょう。

② 吸引力とフィルターをチェックする

車用掃除機

掃除機を買うときには、大抵の人が吸引力をチェックしますよね。
でも普通の掃除機と車用掃除機とでは、吸引力で注目すべきところが少し違うのです。

普通の掃除機の吸引力について、まずご説明します。
一般的に掃除機の吸引力を表す数字を「吸込仕事率(単位W)」といいます。
次のように計算したものです。

真空度(単位PA:ゴミを浮き上がらせる力)×風量(単位㎥/分:浮き上がらせたゴミを運ぶ力)×0.01666

この吸込仕事率はゴミの吸い込みと移動だけに着目しているので、実際の掃除機の性能には、ヘッドの形状やブラシの性能が影響してきます。
実際の性能に着目したのが、ダイソンなどの外国製品で採用されている「ダストピックアップ率」。
これは吸い取ることのできたゴミの量をパーセンテージで表したものです。
ただし基本的にゴミの種類は、日本家屋に多い糸くずや繊維ゴミではなく砂を想定しています。

では車用掃除機の場合、どこに注目したらよいのでしょうか?
車用掃除機の吸引力を示すスペックとして各メーカーが公表しているのは、真空度(PA)です。
その理由を明らかにしている記載は見つからないのですが、わたしは経験から次のように推察してみました。
車用掃除機は室内用に比べて小型で吸い込み経路も短く、また掃除する範囲が狭いので、それほど大量に吸い込む必要もありません。
またゴミの種類が室内よりも屋外に近く、軽い繊維ゴミや棉ボコリのようなゴミより小石や食べ物クズなど重量のあるものが多いです。
そのため車用掃除機の吸引性能は、ゴミを浮き上がらせ引き込む力である真空度次第、ということなのではないでしょうか。

車用掃除機が標準的に備える真空度は約3500PAから4500PA程度。
数字が大きくなればなるほど、吸い込む力が大きくなります。
ですがそれほど強い吸引力にこだわることもありません。
大きな一往復で効率よく吸い込みたい室内用の掃除機と違って、車用掃除機を使うときは同じ箇所を細かく動かすことが多いからです。
また車内のゴミで吸い込むのに手こずるのは、圧倒的に「ペットの毛」。
それ以外のものならそれほど困難なく吸い込めますし、髪の毛などが多少吸い込みにくくても、コロコロクリーナーなどを使えば問題ありません。
車用掃除機の吸引力は、ハイパワーにこだわるよりも「ストレスを感じるレベルの低い吸込力を避ける」という観点でチェックすれば大丈夫です。

③ コード式かコードレスかで選ぶ

バッテリー

コードレスの掃除機はコードに繋がれるわずらわしさを感じずにすむメリットがありますが、連続して使用できる時間に限度があります。
コード式かコードレスかを決めるときは、車の広さと掃除の所要時間を考えましょう。
充電式コードレスの車用掃除機だと、連続稼働時間は25分から30分程度です。
それほど汚れのひどくない軽自動車程度の掃除なら、そのくらいの時間でも十分終わります。
ですがミニバンなど車内スペースの広い車で、本腰を入れて全体を一度に掃除したいのなら、コード式の方が安心かもしれません。
大きめミニバンの室内サイズが3×1.5mくらいですから、4mから5mのコード長があれば十分足りますね。
また充電式コードレスの掃除機の耐久性は、バッテリーの寿命に依存します。
そのためバッテリーの充電可能回数もしっかりチェックしておきましょう。

車用掃除機の最安値と価格帯の特徴一覧

車用掃除機の価格は、およそ700~10,000円。
売れ筋・人気商品は機能も満足度が高くコスパのよいものとなっています。

最安値売れ筋・人気高額・高級品
価格約700円~2,000円~5,000円約10,000円~
特徴簡易的なミニ掃除機程度。
高スペックに見えても口コミ要チェック。
機能も満足度高。
コード式は大体2,000~3,000円台、コードレスは4,000~5,000円台。
この価格帯は業務用や大型製品になるので、家庭では不要。

車用掃除機おすすめ人気ランキングTOP10

ここからは、おすすめの車用掃除機をランキング形式でご紹介します。
使いやすさの観点から、ホースと隙間ノズルのアタッチメントが付属したもののみピックアップしました。
違いは主に吸引力とフィルターの性能です。
コード式とコードレス両方のタイプから選びましたので、コードの長さや連続稼働時間をチェックして、車の広さや使用シーンもあわせて考慮してみてくださいね。

10位 SOWTECH サイクロン式カークリーナー

SOWTECH サイクロン式カークリーナー
吸引力
稼働時間・耐久性
空気清浄度
総合おすすめ度

コード式/コード長:4m
コードレス/連続稼働時間:-
吸引力(真空度):3500PA
フィルター:ステンレス

標準的吸引力の真空度3500PA、iPhone 6sも吸い上げることのできるパワーで、小石やお菓子の食べかすなどを問題なく吸い込みます。
吸い込んだゴミは、ダストカップを外してフィルターを取り、捨てるだけの簡単さ。
フィルターは水洗いのできるステンレスフィルターで耐久性が高く、かつフィルター交換は不要です。
コード長は4mと、大きめのミニバンでも車内のすみずみまで届く長さ。
高密度スポンジフィルターと騒音防止フィルターをステンレスフィルターに重ね、排気の浄化と75dB以下の静音を叶えています。
標準レベルの車用掃除機です。

9位 AUDEW 2018改良版 車用掃除機

AUDEW 2018改良版 車用掃除機
吸引力
稼働時間・耐久性
空気清浄度
総合おすすめ度

コード式/コード長:4.6m
コードレス/連続稼働時間:-
吸引力(真空度):4500~4800PA
フィルター:HEPA

改良したアルミ製の羽根を使い、以前のバージョンから20%アップした真空度4500PA以上という高い吸引力。
同時に騒音は20%ダウン、70dBの静音性を実現しました。
逆流防止弁つきで、ゴミの逆戻りもなく、ダストカップ式でゴミ捨ても簡単です。
また、HEPAフィルターを採用しているのもポイント!
HPEAフィルターは空気清浄機やエアコンなどにも使われているフィルターで、より高機能な捕集力をもつのが特長です。
ほこりアレルギーのある人や清掃時の排気が気になる人は、このフィルター装着の掃除機がおすすめ。
コードは十分な長さの4.6mと広い車内も楽に届きます。

8位 Vacplus 車用掃除機

 Vacplus 車用掃除機
吸引力
稼働時間・耐久性
空気清浄度
総合おすすめ度

コード式/コード長:5m
コードレス/連続稼働時間:-
吸引力(真空度):4300~4500PA
フィルター:ステンレス

4300PA以上の真空度で強力な吸引を実現。
それでも作動音は75dBの静音設計です。
耐久性の高いステンレスフィルターで500回の洗浄に耐えられるほか、吸い込み口には逆流防止弁がついており、吸い込んだゴミが逆戻りすることもありません。
ゴミは着脱可能なダストカップを外して捨てるだけと超簡単。
5mの長さの電源コードは、ミニバンなどの大型車も楽に掃除ができるだけでなく、車の外に引き出してトランクなどのゴミを吸うことも可能です。

7位 HOTOR 2018年最新版カークリーナー

HOTOR 2018年最新版カークリーナー
吸引力
稼働時間・耐久性
空気清浄度
総合おすすめ度

コード式/コード長:5m
コードレス/連続稼働時間:-
吸引力(真空度):4300~4500PA
フィルター:ステンレス

こちらも真空度4300PA以上の強力な吸引力で、作動音も75dBと静音設計です。
洗って使用するステンレスフィルターは、500回の洗浄をクリアしており耐久性はお墨つき。
ダストカップを外してゴミを捨て、フィルターを洗ってお手入れします。
吸い込んだゴミが逆戻りするのを防ぐ逆流防止弁つきで、電源コードは大型車も余裕を持って掃除できる5m。
8位のVacplusとスペックはほぼ同じですが、レビューの評価からこちらを7位としました。
「ペットの毛も吸える」という口コミが見られる点も優れたメリットと言えるでしょう。

【こちらもCHECK】カークリーナーのレビュー動画はこちら

6位 innhom ハンディクリーナー

 innhom ハンディクリーナー
吸引力
稼働時間・耐久性
空気清浄度
総合おすすめ度

コード式/コード長:-
コードレス/連続稼働時間:30分
吸引力(真空度): 4500PA
フィルター:ステンレス

充電式のコードレスクリーナーをご紹介しましょう。
コードレスかつ640gという驚きの軽量設計で、扱いやすさはトップクラス。
吸引力も真空度4500PAを備え、十分な強さです。
アルミ製の羽根を採用することによって、従来品より吸引力・静音性ともに20%の改良を叶えました。
ステンレスフィルター、スポンジフィルター、メッシュ排気口の三重ろ過で、排気もトリプル浄化の優れもの。
耐久性が高いステンレスフィルターは、500回以上洗って使用することができます。
逆流防止弁つきでゴミの逆戻りもなく、ダストカップを外すだけとゴミ捨ても簡単です。

5位 Hikeren コードレスクリーナー改良版

Hikeren コードレスクリーナー改良版
吸引力
稼働時間・耐久性
空気清浄度
総合おすすめ度

コード式/コード長:-
コードレス/連続稼働時間:35分
吸引力(真空度): 4800~5000PA
フィルター:ステンレス

3~5時間でフルになる急速充電と35分の長時間稼働が特長のコードレス掃除機。
そのうえ吸引力も真空度4800PA以上と強力で、ペットの毛や髪の毛も楽々吸い込むという口コミもあります。
500回洗って使用できるステンレスフィルターを使用し、ダストカップ式でゴミ捨ても簡単。
さらに稼働音は75dB以下の静音設計と、満足度が高い使用感のコードレス掃除機ではないでしょうか。

4位 Zerhunt ハンディクリーナー

Zerhunt ハンディクリーナー
吸引力
稼働時間・耐久性
空気清浄度
総合おすすめ度

コード式/コード長:-
コードレス/連続稼働時間:30分
吸引力(真空度): 6000PA
フィルター:ステンレス

最大の特徴は、真空度6000PAの超強力な吸引力。
そのうえ騒音は75dB以下に抑えられています。
充電式のコードレスですが、3~5時間の高速充電で30分の連続稼働が可能。
洗えるステンレスフィルターは500回使用可能で、お手入れもゴミ捨ても簡単です。
コードレスならではの扱いやすさと、吸引力の高さを重視するなら、文句なしにおすすめの商品と言えるでしょう。

3位 CHGeek 車用掃除機

CHGeek 車用掃除機
吸引力
稼働時間・耐久性
空気清浄度
総合おすすめ度

コード式/コード長:4.5m
コードレス/連続稼働時間:-
吸引力(真空度):4000PA
フィルター:HEPA

吸引力は真空度4000PAと、iPhone2台分の重量を吸い上げるほどのパワーを備えています。
高い捕集力を持つHEPAフィルターを採用した排気ろ過システムで、吸ったほこりやゴミを透過させず、嫌なにおいも抑えます。
フィルターは洗浄可能で、ゴミ捨てもダストカップ式と簡単です。
コードは4.5mと十分な長さがあるので、大型車でもうしろまで余裕で掃除できます。
価格も2千円台ですから、吸引力とフィルター性能を考えると、コスパもかなりよいと言えるでしょう。

2位 yello 車用掃除機超吸引

yello 車用掃除機超吸引
吸引力
稼働時間・耐久性
空気清浄度
総合おすすめ度

コード式/コード長:4.5m
コードレス/連続稼働時間:-
吸引力(真空度):4500PA
フィルター:HEPA

真空度4500PAの高い吸引力に作動音が70dB以下のアルミ製の羽根と、吸引力・静音性をともに向上させました。
逆流防止弁つきなのでゴミの逆戻りもなく、ダストカップ式でゴミ捨ても簡単。
より高い捕集力のHEPAフィルターを採用し、空気清浄性能も高いです。
コード長は余裕の4.5m。
スペックとしては9位のAUDEWとほぼ同等です。
ただ延長ホースや隙間ノズルなどアダプターの仕様で、こちらの方が使いやすいと判断したため、上位に評価しました。

1位 CLY 車用掃除機

CLY 車用掃除機
吸引力
稼働時間・耐久性
空気清浄度
総合おすすめ度

コード式/コード長:5m
コードレス/連続稼働時間:-
吸引力(真空度):4000PA
フィルター:HEPA

吸引力やフィルターの空気清浄度、使い勝手のよさ、コスパなど、いずれも高評価の車用掃除機です。
吸引力は真空度4000PAと、iPhone 5s2台分の重さを吸い上げることができるほど。
羽根は金属製で、運転音を70dB以下に抑えた静音設計です。
フィルターは空気清浄効果の高いHEPAフィルターに、前-濾過スポンジを組み合わせた二重ろ過システム。
より小さなほこりや塵を効果的に遮断し、掃除機自体の耐久性もアップしてくれます。
逆流防止弁つきでゴミが逆戻りすることもなく、ゴミはダストカップの蓋を開けて捨てるだけ。
フィルターは繰り返し洗って使え、洗い替え用の予備のフィルターも付属しています。
5mの電源コードは大型車でも余裕で掃除できるほか、車外に引き出して作業することも可能です。
この性能で2,599円は、費用対効果としても最上位レベルではないでしょうか。

車用掃除機の使用上の注意点3つ

① マットを外す、シートを倒す

自動車 シート

気になったゴミをその都度吸う場合は別ですが、掃除をするときはフロアマットを外して外に出しましょう。
足元に溜まる小石などのゴミはマットの下にごっそり潜んでいるものです。
マットを取り去ってフロアを剥き出しにしてしまった方が、簡単に手早く掃除できます。
またマットの上にくっついているゴミは、マットを外して振ったり叩いたりすればあらかた落ちてしまうもの。
掃除機で吸うときも外に出して吸った方が、作業しやすく楽ですよ。
シートの隙間に子供の食べこぼしたお菓子のかけらなどが溜まっていたら、シートの背もたれをフラットになるまで倒してから掃除機をかけましょう。
クッションの境目のゴミなどもよく取れます。
シートの下になるフロアが掃除しづらければ、シートを前後にスライドさせましょう。
限度いっぱい寄せれば、かなり大きなスペースがオープンになります。

② 細かい隙間こそ見逃さない

車用掃除機

ゴミは知らないうちに狭い隙間へ隙間へと溜まっていくもの。
手の届きにくいそんな細部の掃除にこそ、掃除機の力が発揮されると言えるでしょう。

清掃の際に見落としてはいけない箇所が、ダッシュボードとフロアの境目、サイドブレーキの周辺、座席周りの隙間など。
ノズルを差し入れてゴミを吸い取り、ついでにドアのポケットやドリンクホルダーの底なども吸っておくと、きれいな状態がキープできますよ。

③ コロコロクリーナーや雑巾を併用する

車用掃除機

掃除機だけできれいにしようとせず、ほかのツールも活用しましょう。
粘着式のコロコロクリーナーや雑巾での水拭きを併用すれば、簡単でさらにきれいに仕上がります。
例えば布製のシートなら、付着した髪の毛や繊維ゴミは吸い込むよりコロコロクリーナーがおすすめ。
エアコンの吹き出し口やダッシュボードは、ブラシのアタッチメントに付け替えて吸ってもいいですが、軽く水拭きした方が簡単だしきれいになります。
ついでに手で触れるハンドルやシフトレバーも拭いておくとよいでしょう。
またほとんどの自動車用掃除機は水分も吸い取れる乾湿両用の仕様になっていますが、こぼしたジュースなどは掃除機で吸うよりすぐにタオルなどで押さえてしまいましょう。
タオルはすぐ使えるようにドアポケットなどに常備しておくのがおすすめ。
自動車用掃除機の乾湿両用は「フロアなどが濡れていても気にすることなく使える装備」といった程度に考えておくとよいでしょう。

Amazon&楽天の車用掃除機人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


車用掃除機で車内をきれいに保ってこその快適ドライビング

家族 ドライブ

快適なドライブの第一歩、それが車内の掃除です。
一度きれいにしてみると、車内の気持ちよさに気づくはず。
ファミリーカーで散らかりやすくても、気づいたときにちょこちょこ掃除してしまいましょう。
車内の邪魔にならない場所に、車用掃除機と雑巾にできるタオルやアルコール除菌のウェットティッシュを常備しておくと、何かのついでにサッと手も動きます。
普段手の届かない部分は休日などに時間を取って、車用掃除機で隅々までゴミを吸い取り、一気にクリーンアップ。
ちょっとした手間とコツで、あまり時間をかけずきれいな車内をキープできますから、ぜひトライしてみてくださいね。

【あわせて読みたい】カー用品に関連するおすすめ記事はこちら

バケットシートおすすめ人気ランキングTOP5!種類&メーカーや車検対応の解説も【2018年最新版】

2018.08.25

車の芳香剤おすすめ人気ランキングTOP15!置き場所や置き方も【2018年最新版】

2018.08.25

ドライブレコーダーおすすめ人気ランキング!取り付け方や360度録画対応のものも【2018年最新版】

2018.08.01

カーナビおすすめ人気ランキングTOP15!ポータブルやインダッシュ型ナビの取り付け方&比較も【2018年最新版】

2018.07.25

レーダー探知機おすすめ人気ランキングTOP10!取り付け方や、形状の比較も【2018年最新版】

2018.07.01

ABOUTこの記事をかいた人

キクチトーコ

車屋歴2年+ネコ歴20年

ペーパードライバー歴15年後、まちの自動車販売・整備店にて勤務。
車の洗車・仕入れた中古車の清掃、自動車登録から車検事務まで携わりました。
従事していた2年間で急成長し、今では月に1,000kmを越える距離をマイカー(軽)で疾走しています。
初心者からスタートした自動車業界経験者として、皆さんに寄り添う情報をお届けします。
プライベートではネコの飼い主歴20年で、現在18歳を筆頭に3匹のネコのおかあさんです。