自撮り棒Android対応おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 対応機種・サイズ
    →機種・サイズともに、自分のスマホに対応しているのかしっかり確認する。
  • 棒の長さ
    →撮影するときの人数や範囲によって長さを選ぶ。
  • 撮影方法
    →セルフタイマーか、手元でシャッターを押すものか、自分の用途に合わせて選ぶ。
  • 耐久性
    →アルミニウム合金製なら、軽いうえに強度も十分。購入前に自撮り棒の素材も確認する。

自撮り棒


自撮り棒とは、先端にスマホを取りつけて自分を撮影するための長い棒のこと。
棒の部分は伸縮するので、バッグやポケットに入れて持ち運べます。
イベント会場や観光名所で、自撮り棒を使っている方を多く見かけますよね。
最近のスマホのカメラはとてもきれいに撮れるので、映像クリエイター兼業の筆者は「普段撮れないアングルから撮ってみたい」という好奇心に負け、出かける予定もないのに購入してみました。
撮影した写真はお仕事で使える程、とってもきれいな仕上がり!
今回は自撮り棒を選ぶときのポイントや、おすすめの商品、使うときのコツをお伝えいたします。

目次

自撮り棒とは?

DOKRO 自撮り棒

DOKRO 自撮り棒 セルカ棒 三脚付き Bluetoothリモコン付き コードレス 無線 iPhoneもAndroidも対応可 (ブラック)

「セルカ棒」とも言い、その名の通り自分の写真を撮るときに、棒の先にスマホを取りつけて使う撮影補助アイテムです。
棒の部分が伸ばせるようになっているので、被写体からレンズまでの距離を調整可能。
スマホを取りつける部分はクランプと言い、スライドさせて広げることで本体にフィットさせます。
通常自分で写真を撮るときは、カメラまでの距離が近いため、写る範囲はほとんど顔だけになってしまいがち。
自撮り棒を使うと、カメラから被写体までの距離が長くなり撮影の範囲が広がるので、背景まできれいに写真に収めることができます。
旅行や大人数で撮影するときにおすすめですよ。
自撮り棒の普及とともに、道行く人に「すみません、シャッター押していただけますか?」なんてシーンも少なくなってきましたよね。
少し寂しい気もしますが、気軽に思い出を残せるので旅行の際にはぜひ持って行ってください。

【こちらもCHECK】自撮りにおすすめなデジカメを紹介している記事はこちら

自撮り向けデジカメおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.27

自撮り棒Android対応の4つの選び方

使うことにより撮影の幅が広がる自撮り棒ですが、数多くの種類が販売されているので、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。
以下に挙げる4つのポイントをしっかりおさえて、自分にあったアイテムを使ってみてください。

ポイント① 対応機種・サイズ

YIEASY 自撮り棒

YIEASY 自撮り棒 スマホ/カメラ セルカ棒 Bluetoothシャッターボタン(取り外し不可/充電式) スマホホルダー アクションカメラ用アクセサリ 手持ちマウント スポーツカメラ撮影用 (iPhone/Androi/GoPro/一眼レフ/デジカメ/ビデオ カメラ)対応

Bluetoothで無線を使ってシャッターを切るもののなかには、一部の機種に対応していないものもあります。
またスマホを取りつけるクランプ部分は、ワンサイズ対応ではなく『5.5cm~10cm』のように対応するサイズの記載も。
もちろんこの範囲内でなければ、使うことができないので注意しましょう。
万が一セットできたとしても、外れやすくなったり、取りつけ部分に負荷がかかり過ぎて壊れてしまったりします。
結果的に自分のスマホが落下して壊れてしまう、なんてことにも成りかねません。
自撮り棒の購入をするときは、自分のスマホに対応しているのかしっかり確認してからにしましょう。
スマホにカバーをつけているときは、クランプの幅に余裕のあるものを選んでください。

ポイント② 棒の長さ

DOKRO 自撮り棒

DOKRO 自撮り棒 セルカ棒 三脚付き Bluetoothリモコン付き コードレス 無線 iPhoneもAndroidも対応可 (ブラック)
自撮り棒を伸ばしたときの長さを確認しましょう。
棒の長さが長いほど、撮影範囲が広がります。
集合写真のように大人数で写真を撮りたいときは長いものを選ぶなど、撮影するときの人数や範囲によって長さを選ぶといいですよ。
しかし長くすればするほど、重くなります。
あまり長いものだと手ぶれが酷くなり、スマホの手ぶれ補正だけでは修正できなくなってしまいます。
「大は小を兼ねるから」と、必要以上に長いものを選ぶ必要はありません。
自撮り棒は短いもので20cm、長いもので100cmと長さを調節できるので、女性の腕力でも安心してお使いいただけますよ。

ポイント③ 撮影方法

自撮り棒には、大きく分けて二通りの撮影方法があります。
ここでは、どのような撮影に向いているのかもご説明いたします。

スマホに内蔵のセルフタイマーを使う

自撮り棒

自分でスマホのセルフタイマーを設定し、シャッターを押す方法。
タイマーを設定し、スマホの本体で撮影ボタンを押したあと「伸ばす」「撮影範囲を確認する」「ポーズを取る」といった一連の動作を一気に行う必要があります。
連続して撮影するときなどはこの動作を何度もすることになるので、次にご紹介するBluetooth対応の自撮り棒を選びましょう。
Bluetooth対応の自撮り棒より安価になるので、初めて購入する方や、自撮り棒を試してみたい方にはおすすめです。

手元でシャッターを押すもの

自撮り棒 TaoTronics

自撮り棒 TaoTronics セルフィースティック Bluetooth セルカ棒 シャッターボタン付き Android iPhoneスマートフォン対応 【高級版】 【一年間の安心保証】 TT-ST001

スマホについている無線通信「Bluetooth」やイヤホンジャックにコードをさして、手元のシャッターボタンを押す撮影方法。
Bluetoothで撮影する場合は、スマホでペアリング設定をする必要があります。
ペアリング設定とは、Bluetoothを使って無線で接続するためにスマホに機器を認識させる操作。
設定方法はお使いのスマホによって違うので、メーカーホームページや説明書で確認してください。
撮影には、スマホにプリインストールされている標準カメラか、購入した自撮り棒専用のアプリを使います。
シャッターは握り部分にあることが多いですが、なかには着脱可能なリモコン式のものもあり、遠隔操作により自分の好きなタイミングでシャッターを切ることができます。
大人数で撮影するときや、動くものを背景にしたいときは、ベストなタイミングでシャッターを切れるBluetooth撮影がおすすめです。

ポイント④ 耐久性

自撮り棒 TaoTronics

自撮り棒 TaoTronics セルフィースティック Bluetooth セルカ棒 シャッターボタン付き Android iPhoneスマートフォン対応 【高級版】 【一年間の安心保証】 TT-ST001

プラスチック製のものや本体がコンパクトな作りのものは、伸ばしたときに棒の部分が細くなるため、スマホの重さを支えられずに回転してしまったり、棒の部分が曲がってしまったりします。
アルミニウム合金製なら、軽いうえに強度も十分。
購入前に自撮り棒の素材も確認しておきましょう。
クランプ部分はスマホが設置する面に滑り止めがついているものを選ぶと、スマホが落ちる危険が軽減されますよ。

自撮り棒Android対応の最安値と価格帯の特徴一覧

初心者におすすめ自撮り棒の価格帯を表にまとめてみました。
購入時の参考にしてください。

最安値売れ筋・人気高額・高級品
価格約244円~1,300円~2,200円約2,300円~
特徴安価なものはワンコイン以下で購入できますが、耐久性に不安があります。
試しに使ってみたいなど、使い捨て程度に考えている方にはおすすめの価格帯です。
スタンダードな価格帯。
三脚やリモコンがついているものも多く発売されています。
種類が豊富なので、用途によって選ぶのがおすすめ。
高機能でクランプ部分もしっかりしているものが多くあります。
しかし価格が高いからといって、丈夫なものとは限りません。
購入前に素材や耐荷重など事前に確認してください。

自撮り棒Android対応おすすめ人気ランキングTOP10

自分が欲しい自撮り棒をイメージできたところで、自撮り棒の販売経験のある筆者が低価格で使いやすい、初心者におすすめの自撮り棒をランキングでご紹介いたします。
本体の棒の部分が細いものは、スマホを取りつけると棒の部分がしなったり揺れたりして、スマホが安定せず手ぶれの原因に。
ランキング内の評価では、クランプ部分の大きさや挟む強さ、棒部分の細さなどから、手ぶれの原因となる揺れがないか、スマホの本体がしっかり固定されるかどうかを”安定”として表記いたします。

10位 YIEASY 自撮り棒 スマホ/カメラ セルカ棒 Bluetoothシャッターボタン

YIEASY 自撮り棒
安定
シャッターの押しやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

撮影方法:Bluetoothリモコン(取り外し可能)
重さ:109g
長さ:22cm~90cm
クランプ幅:5.3cm~10.5cm
色:ブラック
対応機種:Android 4.2 以上
棒の素材:アルミ合金

ワンコイン以下で購入できる自撮り棒。
価格は安くても、取り外し可能なBluetoothリモコンと、さらにGoPro用アダプタとネジ式アダプタがついています。
本体はアルミ合金製で、耐荷重2kgと丈夫。
重いスマホを取りつけるとクランプ部分が安定しないのと、本体を横にした状態でしか撮影できないのが残念ですが、これだけ揃ってこの価格なので、試してみる価値はありです。

【こちらもCHECK】YIEASY 自撮り棒 の使い方動画はこちら

9位 AIQAA 自撮り棒 掌の大きさの セルカ棒 有線

AIQAA 自撮り棒
安定
シャッターの押しやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

撮影方法:有線シャッター
重さ:109g
長さ:13.7cm~69cm
クランプ幅:~8.5cm
色:グリーン・ピンク・ブラック
対応機種:Android 4.2.2 以上(Xperia performanceは使用不可)
棒の素材:-

有線なので好みは分かれますが、Bluetoothの設定が面倒な方にはおすすめです。
背面についた大きなミラーを使えば、アウトカメラでも簡単に撮影ができます。
ミラー部分は360度回転するので、撮影時は横向き、収納時は縦向きにすると邪魔になりません。
最短13.7cmと手のひらに乗るサイズなので、ポケットに入れたり、ストラップをつけて首から下げたりと手軽に持ち出せます。
シャッターボタンの小ささと、スマホで非対応の機種が多いのが残念です。
対応機種を確認してからの購入をおすすめいたします。

8位 口紅型 自撮り棒 セルカ棒 Bluetooth 無線 超ミニ

口紅型 自撮り棒
安定
シャッターの押しやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

撮影方法:Bluetooth
重さ:124g
長さ:16.5cm~68cm
クランプ幅:5.5cm~8.5cm
色:ピンク・ホワイト・レッド
対応機種:Android 4.2.2 以上
棒の素材:アルミ合金

「どうせ持つならかわいいものを持ちたい!」そんな女性におすすめのデザインです。
この商品とは別に18cm~80cmのサイズもあります。
香水や口紅のようなおしゃれなデザインと、最短16.5cmのコンパクトサイズで、ポーチに入れても違和感がありません。
結婚式やパーティに持って行ってもいいですね。
クランプ部分が小さめなので、スマホが落ちないよう気をつけてください。

7位 DOKRO 自撮り棒 セルカ棒 三脚付き Bluetoothリモコン付き(ブラック)

DOKRO 自撮り棒
安定
シャッターの押しやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

撮影方法:Bluetoothリモコン(取外し可能)
重さ:147.1g
長さ:19.9cm~67.9cm
クランプ幅:6cm~9.4cm
色:ブラック
対応機種:-(Sony xperia対応不可)
棒の素材:アルミ合金

握りの部分には滑り止めがついていて、握りやすくなっています。
リモコンは本体に収納可能で、スライドして取り外す構造になっているので、衝撃でリモコンが外れることがなく、安心して持ち運べます。
クランプ部分は360度回転するので、スマホを縦・横どちらでも好きな向きにして撮影OK。
シャッターボタンを三秒間押すことで、BluetoothのON・OFFの切り替えができるのが便利です。

6位 自撮り棒 セルカ棒 Bluetooth遠隔操作 三脚一脚兼用

自撮り棒 セルカ棒 Bluetooth遠隔操作
安定
シャッターの押しやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

撮影方法:Bluetoothリモコン(取外し可能)
重さ:180g
長さ:21cm~74cm
クランプ幅:5.5cm~10cm
色:ブラック
対応機種:Bluetooth 3.0以上/Android4.2以上
棒の素材:アルミ合金

180gと軽いのに、本体は丈夫なつくりになっているので、安心して使えます。
リモコンは磁石で本体についているので、簡単に取り外し可能です。
2軸回転で、スマホを縦にも横にもできるので、どんな角度でも撮影OK。
クランプの幅は5.5cm~10cmで、6インチのスマホにもしっかり対応してくれます。
スマホだけではなく、付属のアダプターに交換すればネジ式のデジタルカメラやGoProの取りつけもできますよ。

5位 自撮り棒 ライト付き JieYiDa ミニセルカ棒 最新モデル

安定
シャッターの押しやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

撮影方法:Bluetoothリモコン
重さ:183g
長さ:15cm~76cm
クランプ幅:8.2cm
色:ゴールド・ローズゴールド・ホワイト
対応機種:Android4.2以上のスマートフォン
棒の素材:-

クランプ部分は360度回転するので、好きな角度で撮影可能。
3段階調整の補助光機能つきで、屋内や夜などの光が足りない場所でもきれいな写真を撮影することができます。
背面ミラーもついているので、インカメラでもアウトカメラでも好きな方で撮影できますよ。
充電式の電池は大容量の1000mAhで最長待機時間約30日と、充電切れの心配がありません。
長時間のお出かけや旅先でも、安心して使えるのが最大の魅力です。

4位 Poweradd Bluetooth 自撮り棒 セルカ棒 無線 軽量 三脚台

Poweradd Bluetooth 自撮り棒
安定
シャッターの押しやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

撮影方法:Bluetoothリモコン(取外し可能)
重さ:158g
長さ:20cm~66cm
クランプ幅:5.5cm~7.1cm
色:ピンク・ブラック・ゴールド
対応機種:-
棒の素材:アルミ合金

シンプルなデザインとカラーも3種類用意されているので、性別問わず使えます。
取り外し可能なリモコンは三脚上部にしっかり収納されているので、紛失の心配が少なく安心。
最長66cmと自撮り棒としては少し短く感じますが、その分丈夫で158gと軽いので、ポケットに入れて持ち運ぶこともできますよ。
お出かけや旅行のときだけでなく、普段使いのバックの中に入れておくといつでも使えて便利です。

【こちらもCHECK】Poweradd Bluetooth 自撮り棒のレビュー動画はこちら

3位 Bodyguard 自撮り棒 スマホ セルカ棒 Bluetoothリモコン

Bodyguard 自撮り棒
安定
シャッターの押しやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

撮影方法:Bluetoothリモコン(取外し可能)
重さ:138g
長さ:25cm~95cm
クランプ幅:5.4cm~8.4cm
色:ローズゴールド
対応機種:Android 4.4 以上
棒の素材:-

コンパクトな設計でデザインもシンプルなので、女性がバックに入れて持ち運ぶのに最適。
バックミラーがついていて、画素数の高いアウトカメラでの撮影もできます。
棒を伸ばしたときに回してロックするという、面白い設計。
ロックされるまでしっかり回して固定しないと外れてしまうこともあるので、固定するときは十分にしめることが必要です。
手持ち撮影だけでなく、付属の三脚をつけての撮影も可能。
本体を安定させるためには三脚の足を全開にする必要があるので、置く場所を確保してから撮影しましょう。
リモコンは電池式なので、外出時は予備の電池を持つのを忘れずに。
クランプ部分の支えが一で少し幅が狭いので、スマホをセットするときはできるだけクリップが中央になるようにして安定させた方が、落下の危険性が減ります。

2位 自撮り棒 TaoTronics セルフィースティック Bluetooth セルカ棒

自撮り棒 TaoTronics
安定
シャッターの押しやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

撮影方法:Bluetoothリモコン
重さ:120g
長さ:18.8cm~77cm
クランプ幅:5.5cm~8.5cm
色:マットブラック
対応機種:-
棒の素材:アルミ合金

落ち着いた色とデザインで、男性にもおすすめ。
シャッターボタンは青く光るので、暗い場所でも押しやすいのが特徴です。
本体は充電式で、一度の充電で30時間以上使用可能。
1日中外出するときでも充電を気にすることなく、安心して持っていけます。
持ち手はラバー素材でできているため、手にフィットしてくれるのも使いやすいポイントです。

1位 【2018改良版】 自撮り棒 Bluetooth セルカ棒 軽量 無線 三脚/一脚兼用

自撮り棒 Bluetooth セルカ棒
安定
シャッターの押しやすさ
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

撮影方法:Bluetoothリモコン(取外し可能)
重さ:235g
長さ:20cm~100cm
クランプ幅:5.2cm~10.5cm
色:ブラック
対応機種:Android4.3以上
棒の素材:アルミ合金

クランプ部分は120度可動するので、スマホを縦でも横でも撮影できます。
三脚としても使用でき、着脱式のリモコンを使えば集合写真も簡単に撮影できます。
リモコンの有効範囲は約10mとなっており、離れた場所でも操作が可能。
本体の重さは235gと少し重いですが、棒の部分が太いので延ばした状態でもカメラをしっかりと支えてくれます。
6段階100cmまで延ばせますが、最長まで伸ばした状態で撮影すると重くなってしまうため注意が必要です。
最長の100cmまで伸ばしても三脚で自立しますが、少しの衝撃でカメラ部分が大きく揺れてしまうことになるので写真がブレてしまいますよ。
三脚を使うときは最後まで伸ばさず、6段階の半分の3段階程にしておくと安定し、カメラが揺れてしまうのを軽減できます。
これだけできて価格も安いうえに、リモコンは充電式なので経済的!
自撮り棒をよく使う方も、初めて使う方もこのコストパフォーマンスには満足いただけることでしょう。

自撮り棒Android対応の使用時のマナー

実は自撮り棒の発売は1980年代と、意外と歴史が古いものです。
近年よく耳にするようになったのはスマホの普及に因るものが大きいですが、迷惑行為などのマナー違反が目立つようになってきたのも原因の一つ。

① 周りの人の迷惑になっていないか

通行人


自撮り棒を使うということは、自分の手の届く範囲よりも遠くに物があるということ。
体から離れているので、コントロールすることが難しくなります。
例えば花火大会やパレードを見ているとき、スマホやカメラが宙に浮いていたら・・・・うしろで見ている人からすると、邪魔ですよね。
人が集まる場所で広範囲を撮れば、関係ない人もたくさん映ってしまうこともあります。
そんなときは長さを調整するなど、迷惑にならないよう配慮して使いましょう。

② スマホがぶつからないように

街中 通行人


人込みで使う場合、安全面に常に注意しましょう。
自撮り棒を伸ばす程、扱いに力が必要です。
スマホが人の頭や体に落ちたりぶつかったりすると、怪我をさせてしまう可能性もあります。
よそ見をしながら使っていて、通行人の頭にスマホがぶつかってしまった…なんてことにならないように、周りをよく見ながら使用しましょう。

③ 施設内でのルールを確認する

注意 看板


遊園地など大型の施設では、自撮り棒の使用を禁止している場所もあります。
上に挙げたような迷惑行為が増えると、現在自撮り棒を使える場所でも今後の使用が禁止になってしまうことも考えられます。
せっかくの便利グッズですが、使い方次第ではトラブルになることも。
マナーをきちんと守って素敵な思い出を残してくださいね。

自撮り棒Android対応の困ったを解決

SIDARDOE 自撮り棒 セルカ棒 有線 シャッターボタン付け iphone android スマートフォン対応 ブラック

SIDARDOE 自撮り棒 セルカ棒 有線 シャッターボタン付け iphone android スマートフォン対応 ブラック

どうしても写真がぼけてしまう。

グリップ部分にボタンがついている場合は、ボタンの位置によっては押す瞬間にブレてしまいます。
そんなときは両手で持って撮影するか、棒を短くして使うとうまく行きますよ。

ピントが合わない。

対象物が小さいとなかなかピントがあいません。
スマホカメラの設定で顔に自動で照準があうようにするか、中央にピントがあうようにしておくと、ピントがあわせやすくなります。

リモコンをなくしてしまいそう。

使わないときは、リモコン部分を結束バンドでとめておくと安心してバッグに入れておけます。
こんなデザインの結束バンドで留めるのもかわいいですね。

充電が切れてしまった。

KEDRON モバイルバッテリー


今回ご紹介した自撮り棒のほとんどは、スマホ用のモバイルバッテリーで対応可能。
大容量のソーラー充電機能つきのモバイルバッテリーもあります。
もちろんスマホも充電できるので、一つ持っていても損はないですよ。
撮り棒もスマホも充電を忘れて外出する筆者は、いつもバッグに入れています。

【こちらもCHECK】モバイルバッテリーに関連するおすすめ記事はこちら

コンセントに直差しできるモバイルバッテリーおすすめ人気ランキングTOP8【2018年最新版】

2018.06.01

モバイルバッテリーおすすめ比較ランキングTOP10!大容量から軽量&低価格まで【2017-2018年最新版】

2017.10.11

自撮り棒Android対応を使うときの注意点

自撮り棒

自撮り棒のクランプの形状にはいろいろなタイプがありますが、スマホのカバーをつけているとしっかりとハマらない場合があります。
スマホをセットしたときに「安定していないな」と感じたら、スマホが落下しないように輪ゴムやマスキングテープなどで補強すると落下の危険を減らすことができますよ。
自撮り棒で撮影していると想定外の高さから落ちることになり、画面が割れることも十分に考えられます。
保険に入っているならまだいいかもしれませんが、スマホの修理代は高額ですから、笑えない事態になるのは確実です。
みなさんもぜひルールを守って、安全なセルフィーライフをお楽しみください。

Amazon&楽天の自撮り棒人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

自撮り棒Android対応で違った景色を撮影してみよう!

自撮り棒

私は撮った写真をお仕事で使うため、いつでもデジタルカメラを持ち歩いていたので、スマホのカメラを使う機会があまりありませんでした。
デジタルカメラを使っていたの理由は、画素数が高いので拡大しても細部までしっかり見えることと、感度やホワイトバランスの調整で写したいものをきれいに写せることからです。
自撮り棒を買ったことで、スマホで撮影することが増えました。
そのなかで気がついたことは、スマホのカメラでも十分にきれいな写真が撮影できるということです。
私の使っているスマホのカメラの画素数は1200万画素もあり、カメラの設定でホワイトバランスや感度も調整できました。
これはデジカメと変わらず、Lサイズや2Lサイズのプリントに十分耐えられる写真を撮影できます。
このことに気がついてから、重くて大きいデジカメを持つのをやめました。
撮った写真をコンビニのコピー機や家電量販店のプリンターを使って、その場でプリントできるサービスもあります。
普段の何気ない景色や、特別な時間をプリントして、お部屋に飾るものいいですね。
結婚式やパーティ、旅先での活躍はもちろん、普段歩いている景色も自撮り棒で高い場所から撮影してみると、ちょっと違った景色が見られますよ。
自撮り棒を活用して、思い出の瞬間を切り出してみてください。

【あわせて読みたい】写真に関連するおすすめ記事はこちら

チェキおすすめ人気ランキングTOP7【2018年最新版】

2018.08.02

カメラアプリおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.08.02

カメラ女子即買いのカメラおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.05.22

自転車用スマホホルダーおすすめ人気ランキングTOP15!防水と固定タイプも【2017年最新版】

2017.11.20

ABOUTこの記事をかいた人

深 愛

keynoteをリアルタイムで見る程のApple製品好きなのに、使用しているスマホはGALAXY。
"広く、深く、マニアック"をモットーに家電販売と携帯キャリアショップ勤務の経験を活かし、分かり易く、皆様の生活に"あったら素敵"な役立つモノをお届けいたします。