うさぎ用ハウスおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

選び方のポイント

  • サイズで選ぶ
    →体がすっぽりと入るサイズのものを選ぶことが大切。
  • 遊び場にもなるものだと便利
    →+αの機能があると、さらにうさぎを喜ばせることができる。
  • 安全面に配慮されている
    →使用中にケガをしてしまわないよう、配慮してあげることも重要。

うさぎ ハウス


うさぎを飼ったら、まずケージやフード、お皿などを揃えますよね。
うさぎは臆病な動物なので、パーソナルスペースをきちんと与えてあげることが大切です。
かわいいからといって、いつも姿が見える状態で一緒にいると、うさぎにとってはそれがストレスになることも。

そのため、ここではうさぎ用ハウスについて解説していきましょう。

うさぎにハウスは必要?

うさぎ


犬や猫のドーム型のお家は販売されていますが、うさぎのお家はあまり見かけないものです。
「そもそもうさぎにハウスなんて必要なの?」「基本的にケージに入っているんだから、必要ないのでは?」などと思う人もいるでしょう。
しかしケージの中はいつでも外から丸見えですし、うさぎにとっては落ち着かないことも。
特に家に迎えたばかりのうさぎは警戒心が強いので、四六時中外から見られる状態にあるとストレスを抱えやすのです。
そこで自由に入って休めるハウスを与えてあげれば、うさぎの精神的なストレスを軽減してあげられます。

【こちらもCHECK】うさぎを飼っている方にはこの記事もおすすめ

うさぎおもちゃおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.07.28

うさぎ用ヒーターおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.06.27

うさぎ用ハウスの3つの選び方

ポイント① サイズで選ぶ

KAWAI C・A・T フルハウス

KAWAI C・A・T フルハウス
うさぎ用ハウスを選ぶときは、体がすっぽりと入るサイズのものを選ぶことが大切です。
小さすぎると体全体を入れることができず、入れたとしても狭くてきついため、精神を休ませることができません。

特にホーランドロップやアメリカンファジーロップなどは比較的体が大きいので、標準サイズのうさぎ用ハウスでは窮屈に感じてしまうことも。
ミニうさぎでも大きめサイズの子だと、ハウスのサイズが合わないことがあるので気をつけましょう。
商品のなかには、サイズ展開が複数用意されているものもあるので、自分の飼っているうさぎの体格にあわせてあげることが大切です。

ポイント② 遊び場にもなるものだと便利

SANKO スロープハウス L

SANKO スロープハウス L
うさぎ用ハウスの一番の目的は、中でうさぎを休ませることです。
もちろんこの機能さえ備えていれば基本的にはOKなのですが、+αの機能があると、さらにうさぎを喜ばせることができます。

例えば木製のアイテムなら、かじってストレスを発散させたり、伸び続けて行くうさぎの歯を削ったりするのに役に立ちます。
また、平らな形をしているものやスロープがあるものは上に登れるので、うさぎの遊び場として最適ですし、穴が開いていていくつかつなげられるものだと、中を迷路のように動いて楽しむことも可能です。

ポイント③ 安全面に配慮されている

KAWAI わらっこ倶楽部 トンネルハウス

KAWAI わらっこ倶楽部 トンネルハウス
うさぎは活発で動くのが大好きな子も多いので、使用中にケガをしてしまわないよう、配慮してあげることも重要。
木製のアイテムなどは重さがあるので、もし倒れてしまうと、うさぎの体を傷つけてしまうことにもなりかねません。
そのような場合には、ケージにつないで固定できるものを選ぶとよいでしょう。

また、かじるのが大好きなうさぎには草や木で作られたものなど、口に入れてしまっても問題のないものを選びましょう。
布製のものはやわらかくてよいのですが、中の綿などを誤飲してしまう可能性があるので、縫製がしっかりしているものを選んでください。

うさぎ用ハウスの最安値と価格帯の特徴一覧

うさぎ用ハウスの価格帯は、800円〜2,900円ほどです。
簡易的な布製のアイテムなどは安く販売されており、編み込みなど手間がかかっていると高くなる傾向にあります。

最安値売れ筋・人気高額・高級品
価格約800円~1,000円~2,000円約2,900円~
特徴布製・シンプルなアイテムが多い木製・かじって遊べるなど多機能草の編み込み設計で、通気性などにも配慮されている

うさぎ用ハウスのおすすめ人気ランキングTOP10

ここまでは、うさぎ用ハウスの選び方について紹介してきましたが、実際にはどのようなものを選んだらいいのかわからないということもあるでしょう。
ここからは愛玩動物飼養管理士の資格を持つ筆者が、機能性などを重視した商品をランキング形式で紹介していきます。

10位 SANKO マッシュルームハウス

SANKO マッシュルームハウス
サイズ展開
機能性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

サイズ展開:S・M
素材:ポリエステル・PVC合皮

かわいらしいキノコ型のうさぎハウスは、傘部分が取り外せるのがポイント。
傘部分はマジックテープでつけ外しができるので、うさぎの好むスタイルで使うとよいでしょう。
取り外した傘の部分はクッションとしても使用可能で、うさぎケージのインテリアとしても役立ちます。

またうしろの部分には、ケージとキノコ型ハウスをつなぐ金具も付属。
しっかりとハウスをケージに固定できるので、うさぎが周りでピョンピョン跳ねても倒れにくくて安心です。

9位 ミニアニマン うさぎのふわふわラビットハウス

うさぎのふわふわラビットハウス
サイズ展開
機能性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

サイズ展開(幅X奥行X高さ) :25×24×23cm
素材:ポリエステル(マットの詰め物にウレタンフォーム使用)

ボア素材を使用したふわふわの肌触りが特徴で、冬場の寒い季節にうさぎの体を冷気から守ってくれます。
内部の底面にはやわらかいウレタンを入れたマットがついており、中でモゾモゾ動いても快適です。
さらに本体には、ヒーターのコードを通すための穴も備わっているため、別売りのヒーターを使用すれば、より暖かな環境が作れるでしょう。
うさぎ型のフォルムなので、見ている飼い主側も癒される商品と言えます。

【こちらもCHECK】ふわふわラビットハウスを使用している動画はこちら

8位 マルカン うさぎのほら穴ベッド

サイズ展開
機能性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

サイズ展開(幅X奥行X高さ):29×24×21cm
素材:ポリエステル(中材:ウレタンフォーム)

ペット総合メーカー「マルカン」のうさぎハウスは、マイクロファイバーのサラサラとした質感の素材を使用しているのが特徴です。
肌触りがいいのでうさぎもずっと潜っていたくなるはず。

本体についているヒモをケージに結んで固定すれば、倒れてうさぎに怪我をさせてしまう心配もありません。
滑り止めもついているため、ずれて動いてうさぎがつまづいてしまう心配も無用。
底面にはヒーターポケットもあり、冬場でも快適に過ごせます。

7位 ミニアニマン ウサギのふわふわ切り株ベッド

ウサギのふわふわ切り株ベッド
サイズ展開
機能性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

サイズ展開(幅X奥行X高さ):25×25×24cm
素材:ポリエステル(マットの詰め物にウレタンフォーム)

切り株の形をしたユニークなうさぎ用ハウスは、ボア素材を使用していて冬場にぴったりのアイテムです。
内部の底にはやわらかいマットが入っているので、うさぎもぬくぬくと気持ちよく眠れます。
またヒーターのコードを通すための穴もついており、ハウス内を快適な温度に保つことも可能。
ハウスの直径は25cmで入り口の直径は13cmと、小型のうさちゃんにぴったりと言えるでしょう。

【こちらもCHECK】ウサギのふわふわ切り株ベッドを使用している動画はこちら

6位 SANKO テラコッタ トンネル

サイズ展開
機能性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

サイズ展開:S・M・L
素材:土

土を素焼きにして作られたこの商品は、ひんやりとした質感なので夏場に体を持たれかけて涼むことができます。
また、クッション材である「巣材」を詰め込んで入れば、冬場でも蒸れにくく快適に過ごせるでしょう。
土を使用しているので、うさぎがかじってしまっても問題なく、安全面でも不安なく使用できるのがうれしいですね。

【こちらもCHECK】テラコッタ トンネルで遊ぶ様子を紹介している動画はこちら

5位 ミニアニマン 手編みクラフトハウス スクエア

手編みクラフトハウス スクエア
サイズ展開
機能性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

サイズ展開(幅X奥行X高さ):27×20×20cm
素材:カイザ草・ヤシの葉

天然のカイザ草やヤシの葉を編み込んで作ったうさぎ用ハウスです。
カイザ草は肌触りがいいので、うさぎも中で心地よく過ごすことができ、硬さのあるヤシの葉で作られているため、型崩れも起きにくくなっています。
天然の草はかじっても問題なく、遊び場にもぴったり。
通気性や保温性に優れ、夏場でも冬場でも快適に過ごせるのが特長です。

4位 マルカン うさちゃんの2階でごはん

サイズ展開
機能性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

サイズ展開(幅X奥行X高さ):30×22.5×22.5cm
素材:天然木

うさぎの巣穴と食事場所が一緒になった便利なアイテムです。
二階にエサ皿を置くと、うさぎはご飯の時間になると穴から出て二階に登り、エサが食べられるようになっています。
二階にエサ場があることでお皿にウンチが入ってしまうこともなく、いつでも衛生的に食事を取らせてあげられるのがポイント。
別売りのハンガーをつなげて食器が固定できるのもうれしいですね。
また本体にコード穴もついており、冬場にヒーターを入れることもできます。

3位 マルカン ラビットボックス

サイズ展開
機能性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

サイズ展開(幅X奥行X高さ):30×23×21cm
素材:自然木

シンプルな形状のこの商品は中が広めなので、ゆったりくつろぐことができます。
入り口は1か所で中が暗めと、寝床にするにもぴったりで、落ち着いて過ごせるでしょう。
100%天然木を使用しているため、うさぎがかじって遊んでも問題なく、用途もいろいろ。
上面のフタや側面の扉はスライド式になっており、掃除をするのも楽で手間がかかりません。

【こちらもCHECK】マルカン ラビットボックスのレビュー動画はこちら

2位 KAWAI わらっこ倶楽部 うさぎハウス

サイズ展開
機能性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

サイズ展開(幅X奥行X高さ):22×22×18cm
素材:アジアンビタチモシー

香りのよいアジアンビタチモシーを使用しているのがポイント。
チモシーはイネ科の多年草のことで、草食小動物の主食でもあります。
一つずつ職人が手作業で作っているため、作りもしっかりしており、うさぎも快適に過ごせるでしょう。
入り口以外は穴がないので、奥が暗くてうさぎも落ち着くはず。
耳がついていて見た目もかわいらしく、見ている方も心が和みます。

【こちらもCHECK】KAWAI わらっこ倶楽部 うさぎハウスのレビュー動画はこちら

1位 KAWAI C・A・T キューブハウス

サイズ展開
機能性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

サイズ展開(幅X奥行X高さ):18×18×18cm
素材:天然木

キューブ型のうさぎ用ハウスで丸い穴が空いており、出たり入ったりして遊べます。
組み合わせて使えるため、複数購入してつなげて楽しむことも。
また天然木を使っているので、かじって遊ぶなど、さまざまな使い方ができるのも大きな魅力です。
接着剤もベビー用品などに使われているものを採用しており、口に入れてしまっても問題ありません。

【こちらもCHECK】KAWAI C・A・T キューブハウスで遊ぶ様子を紹介している動画はこちら

うさぎ用ハウスを使用する際の3つの注意点

① 定期的に交換する

うさぎ ハウス


うさぎ用ハウスは、どんな製品でも次第に劣化してしまいます。
特に天然素材を使っているものは劣化も早いので、毎日状態をしっかりチェックすることが大切。

また木製のアイテムは、うさぎがかじったあとに尖った木くずがうさぎの体を傷つけてしまうことも。
布製のものは、糸がほつれて出てきた綿をうさぎが飲み込んでしまう可能性もあります。

そのため、毎日1回はハウスの状態をチェックするように心がけ、劣化してきたらすぐに新しいものと取り替えるようにしてください。
長く使用したい気持ちもわかりますが、かじることが大好きなうさぎに与えるものは、消耗品だと考えておいた方がよいでしょう。

② しっかり固定する

うさぎ


うさぎ用のハウスは便利なものですが、ただケージの中に入れておくだけだと、ずれてうさぎをつまずかせてしまったり、倒れてうさぎを傷つけてしまったりするので要注意です。

事故を起こさないためにも、ハウスはきちんとケージに固定しておくようにしましょう。
おすすめの商品でも紹介しましたが、ハウス本体にヒモや金具がついていて、ケージに固定できるものもあるので、これらを活用してください。

またついていないものは、ひもなどを使って固定できるように、自分で細工をすることも大切。
事故が起きてしまってからでは遅いので、安全面のケアはしっかりとしておきましょう。

③ 火のそばにおかない

暖炉


うさぎ用ハウスは木や草、布を使っているものが一般的です。
冬場などはうさぎが寒がるため、ヒーターの近くにケージを置いてあげたいと思うこともあるでしょう。
しかし火気に近づけると、うさぎ用ハウスに引火してしまう危険があるので要注意です。

うさぎを温めてあげるには、市販のうさぎ用ヒーターが便利。
ハウスにセッティングできるものもあるので、このようなものを有効活用して、うさぎの住環境を整えてあげましょう。

Amazon&楽天の小動物用ケージ人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

うさぎ用ハウスで、生活に安らぎを与えてあげよう!

うさぎ ハウス


今回は、うさぎ用ハウスの選び方やおすすめの商品について紹介してきました。
うさぎ用ハウスには、かじって遊べるものや食事場所が確保できるものなど、便利なものがたくさんあります。

しかし、うさぎはかじるのが大好きでハウスも劣化が早いので、こまめに状態をチェックしながら、常に安全な場所で安らげるようにしてあげましょう。

【あわせて読みたい】ペット用品に関連するおすすめ記事はこちら

犬用冬服おすすめ人気ランキングTOP10!サイズ選びについても【2018年最新版】

2018.07.28

文鳥餌おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.06.25

犬用ブラシおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.01.26

猫用水やりおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

2017.12.11

犬用伸縮リードおすすめ人気ランキングTOP10【2017年最新版】

2017.11.28

ABOUTこの記事をかいた人

小熊 くるり

日本化粧品検定1級
二級愛玩動物飼養管理士


スキンケアに気を配り、肌断食などを実践中です。
また、食事は動物性食品をほとんど摂らず菜食をメインとして肌質改善にも努めています。
日本化粧品検定1級に合格したので、勉強で得られた知識を元に肌トラブルに悩む人々の助けになれるような記事を配信していきます。
自宅では犬(ポメラニアン)を飼っており、二級愛玩動物飼養管理士の資格を活かし、動物の生態やペットのための道具選びの参考になる情報もお伝えしていきます。