ヨーグルトおすすめ人気ランキングTOP15!ダイエット向けも【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

渡邊モニカ

美容・健康オタク
毎日自家製酵素ドリンクを飲んだりオーガニックな食品を使ってお菓子などを作っています。
今までに得た知識を活かしながら、おすすめの食べ物やドリンクなどをたくさん紹介していきたいと思っています。

    選び方のポイント

    • 内容量
      →大容量のものは料理にも使えて、家族で食べる向け。小分けは季節のフルーツが入っているなど味のバラエティに富んでいるので、好みに合わせて選ぼう
    • タイプ
      →「大容量タイプ」「小さいパックタイプ」「単品タイプ」「ドリンクタイプ」「家庭で作れるタイプ」から用途に合わせて選べる
    • 入っている乳酸菌やビフィズス菌の種類
      →腸内環境や免疫力アップに効果的な乳酸菌と、人の腸内に存在する善玉菌であり、便通改善など乳酸菌より効果が高いビフィズス菌が入っているものが◎
    • 糖質や脂質を確認
      →子供には加糖タイプが食べやすく、ダイエットには無糖や脂質0タイプがおすすめ

    ヨーグルト2


    ほどよい酸味と甘みがあるヨーグルトは、子供から大人まで親しまれている食品です。
    デザートとして食べたり、置き換えダイエットや料理に取り入れて食べたりする人もいます。
    甘いデザートとしてだけでなく、料理にも入れることができるのでとても万能!

    ヨーグルトはコンビニやスーパーでも簡単に購入できる食品ですが、品揃えも豊富で何を選べばよいのかわからないという方も多いですよね。

    そこで今回は、健康オタク歴8年の筆者が、ヨーグルトを選ぶポイントやおすすめの人気商品などを紹介します。
    ぜひ、ヨーグルト選びの参考にしてみてください。

    目次

    ヨーグルトとは

    ヨーグルト


    ヨーグルトには、乳酸菌やビフィズス菌などが豊富に配合されており、それらには腸内環境を整えてくれる効果があるので、ダイエットや美容などにうれしい効果が期待できます。
    チーズのようなクリーミーさとほどよい酸味で、フルーツを添えたり、サラダにかけて食べたりできるので万能。

    しかしヨーグルトにも、加糖タイプや無糖タイプ、低脂肪タイプなどさまざまな種類に分かれています。
    購入前に、自分がどのような目的で食事に取り入れたいのかを考えましょう。

    美味しく健康や美容にも役立つヨーグルトを、上手に生活に取り入れれば、健康的な体を維持することができますよ。

    ヨーグルトを選ぶ際の4つの選び方

    ヨーグルトを選ぶポイントは、食べやすさやアレンジのしやすさ、健康や美容への効果などたくさんあります。
    ここからは、項目に分けてポイントを紹介していきます。

    内容量

    ヨーグルト3


    ヨーグルトの容量は家族で食べられるようなサイズのものから、ひとりで食べきれる量のものまでさまざま。
    大容量だと400gほど入っている商品もあり、ヨーグルトを家族みんなで食べたい、煮込み料理を作りたいというときにおすすめです。
    さらに大容量タイプは、比較的価格が安い商品も多いのがうれしいポイント。
    内容量が100gほどで1人分の量が入っているタイプのヨーグルトもありますが、大容量タイプと比べると価格が高い商品もあります。
    しかし季節のフルーツが入っていたりと、味がバラエティーに富んでいるので、毎日違うヨーグルトを楽しみたいという方におすすめです。

    タイプ

    ヨーグルト4


    ヨーグルトには大容量・小分けタイプ・小さいパックなどのタイプがあります。
    どのように食べたいかによって選ぶといいでしょう。

    大容量タイプ

     400gほど入っている大きいサイズのヨーグルトです。
    大容量なので家族にも向いていて、料理に入れるなどアレンジして食べたいという方にもおすすめ。

    小さいパックタイプ

    少量タイプには、70gほどで小分けになっている小さいパックタイプがあります。
    4ピース1セットになっていて、「小さい子供にあげやすい・持ち運ぶのが楽」という点がメリット。

    単品タイプ

    ヨーグルトには、100gほどの単品タイプもあります。
    1回で食べきることができる量なので、食べ過ぎてしまうのを防ぐことができますよ。
    ダイエット中の方にもおすすめです。

    ドリンクタイプ

    ボトルやストローで飲むタイプのヨーグルトドリンクは、コンビニでも販売されていて親やすいのでおすすめ。
    さらに仕事場に持っていきやすいというメリットもあるので、朝忙しくて朝食が食べる時間がなかったという方にもぴったりです。

    家庭で作れるタイプ

    最近では、手作りヨーグルトが作れる種菌も販売されています。
    牛乳を用意すれば作れ、作り方も簡単でとても便利。
    手作りヨーグルト独特のとろみがあり、くせになりますよ。
    一気にたくさん作ることができるので、ヨーグルト好きにおすすめです。

    入っている乳酸菌やビフィズス菌の種類

    赤ちゃん ヨーグルト


    ヨーグルトには腸内の善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌が配合されているので、腸内環境を整える効果があるといわれています。
    商品によっては、2種類以上の乳酸菌やビフィズス菌が配合されているものも。
    ここでは、乳酸菌とビフィズス菌について見ていきましょう。

    乳酸菌

    乳酸菌は種類も豊富で、有名なところだとヤクルトに入っているシロタ株などがあり、腸内環境や免疫力アップに効果が期待できます。
    乳酸菌飲料などもたくさん販売されているので、健康維持のために食事に取り入れている方も多いですよね。

    ビフィズス菌

    ビフィズス菌は人の腸内に一番多く存在している善玉菌で、腸内環境を整える効果などが乳酸菌より高いのが特徴。
    便通改善などの効果を求める方には、ビフィズス菌が入っている商品がおすすめです。

    糖質や脂質を確認

    ヨーグルト5


    ヨーグルトには、無糖タイプと加糖タイプがあります。
    フルーツが入っているヨーグルトはほとんど加糖タイプで、子供でも食べやすいのがメリット。
    しかしダイエット中の場合は、少し糖分や脂質が多すぎるかもしれません。
    そのようなときにおすすめなのが、無糖や脂質0タイプ。
    自分で甘さをアレンジすることもでき、料理に入れるときにも入れやすいのが魅力。
    さらに脂質も気にせずに食べることができるので、ダイエット中にもおすすめです。

    【こちらもCHECK】健康食品に興味がある方におすすめの記事はこちら

    酵素青汁おすすめ人気ランキングTOP5!効果や選び方についての解説も【2018年最新版】

    2018.08.28

    バジルシードおすすめ人気ランキングTOP5!ドリンクや食べ方についても【2018年最新版】

    2018.08.12

    ザクロ酢おすすめ人気ランキングTOP5!ダイエット効果も【2018年最新版】

    2018.08.11

    ヨーグルトの最安値と価格帯の特徴一覧

    プレーンヨーグルトよりも、フルーツが入っている商品は価格が高くなっています。
    さらに、牛乳や入っているフルーツなどの素材にこだわりがあるメーカーの商品は、比較的高値なのが特徴です。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約90円~100円~200円約300円~
    特徴スーパーなどで販売されている100g程度の単品商品のヨーグルトやヨーグルトドリンクは、内容量も比較的少ないので、安い価格が多い。人気ヨーグルトメーカーの商品が多く、大容量タイプや小さいパックタイプが人気。ヨーグルトの種菌や大容量タイプでもギリシャヨーグルトなど、普通のヨーグルトと違うテイストの商品は価格が高い傾向。

    ヨーグルトの人気おすすめランキングTOP10

    ここからは上記であげた、「内容量やタイプ」「含まれる乳酸菌やビフィズス菌」「糖質や脂質を確認」という選ぶポイントを基準に、健康オタク歴8年の筆者がおすすめのヨーグルトをランキングにして紹介します。
    ぜひ参考にしてみてください。

    10位 ダノンビオ 芳醇いちじくミックス

    内容量
    腸内環境改善効果
    ダイエット
    総合おすすめ度
    • 内容量:75g×4P
    • カロリー:64kcal/75gあたり
    • タイプ:小さいパックタイプ
    • 不使用添加物:着色料・人工甘味料

    スーパーでも人気があるダノンビオは、分け合いやすい4ピースタイプなのでおすすめの商品です。
    いちじくが入っているので、フルーツ感があり後味もさっぱり。
    美味しくヨーグルトを食べることができます。
    さらにダノン独自のビフィズス菌BE80が配合されていて、高い整腸効果が期待できます。
    腸内環境は肌にも影響を与えるのでしっかり整えておきたいところ。
    毎朝の食事にプラスしてみてると、よいですよ。

    こんな方におすすめ

    • 小腹が空いたときに食べたい
    • フルーツとヨーグルトの組み合わせが好き

    9位  チチヤス クラシックヨーグルト

    内容量
    腸内環境改善効果
    ダイエット
    総合おすすめ度
    • 内容量:80g×4P
    • カロリー:73kcal/80gあたり
    • タイプ:小さいパックタイプ
    • 不使用添加物:防腐剤・保存料

    子供にも人気のあるチチヤスヨーグルトです。
    パッケージもシンプルでかわいく、1つずつバラになっているので分け合いやすいのがうれしいポイント。
    免疫力アップ効果があるST9618と腸を守るLB9667と2種類の乳酸菌を含んでいて、懐かしい味わいのヨーグルトに仕上がっています。
    とろりとした食感で、たくさん食べたくなるおすすめの商品です。

    こんな方におすすめ

    • ほどよい甘さのヨーグルトが食べたい
    • 昔懐かしいヨーグルトを求めている

    8位 明治ヨーグルトR-1 ドリンクタイプ 低糖・低カロリー

    内容量
    腸内環境改善効果
    ダイエット
    総合おすすめ度
    • 内容量:112mL
    • カロリー:50kcal/1本あたり
    • タイプ:ドリンクタイプ
    • 不使用添加物:-

    明治ヨーグルトR-1ドリンクタイプのカロリーを33%カット、糖類を44%もカットしたヘルシーなヨーグルトドリンクです。
    外出先でも飲みやすいミニボトルタイプなので飲みやすい商品。
    配合されている1073R-1乳酸菌は、免疫力アップなどの効果があると言われているので、健康維持や風邪予防に飲んでみるのもおすすめです。

    こんな方におすすめ

    • 風邪を引きやすい
    • ダイエット中だけどヨーグルトを食べたい

    7位 ダノン オイコス ヨーグルト ストロベリー

    内容量
    腸内環境改善効果
    ダイエット
    総合おすすめ度
    • 内容量:110g
    • カロリー:92kcal
    • タイプ:単品タイプ
    • 不使用添加物:-

    ストロベリーのソースが入っている、水切りタイプのヨーグルトです。
    水切りタイプのヨーグルトは水分を抜いたヨーグルトのことで、ねっとりとしているのが特徴。
    ダノンオイコスヨーグルトは味の種類も豊富なので、とても人気があります。
    混ぜて食べるとクリーミーで、濃厚な口当たり。
    小腹が空いたときに、ほどよい満腹感を得られます。
    脂肪0%で、カロリーも100kcal以下とヘルシーなので、朝食としてもおすすめの商品です。

    こんな方におすすめ

    • 水切りヨーグルトが好き
    • 濃厚なヨーグルトを食べたい

    6位 フジッコ カスピ海ヨーグルト 種菌

    内容量
    腸内環境改善効果
    ダイエット
    総合おすすめ度
    • 内容量:3g/1袋
    • カロリー:-
    • タイプ:種菌タイプ(家庭で作れるタイプ)
    • 不使用添加物:-

    手軽に自宅でヨーグルトが作れると、人気の商品。
    クリーミーな仕上がりと、手作りヨーグルト独特の粘り感が、フルーツなどにもよくあうヨーグルトです。
    プロバイオティクス乳酸菌は生きたまま腸に届いてくれるので、健康的な体づくりに役立ちます。
    ヨーグルト好きには、一度試してみて欲しい商品です。

    こんな方におすすめ

    • ヨーグルトを手作りしたい
    • ヨーグルトをたくさん食べたい

    5位 メグミルク 恵 ガセリ菌SP株ヨーグルト ドリンクタイプ

    内容量
    腸内環境改善効果
    ダイエット
    総合おすすめ度
    • 内容量:100g/1本
    • カロリー:36kcal
    • タイプ:ドリンクタイプ
    • 不使用添加物:-

    内臓脂肪を減らす効果があると言われている、ガセリ菌SP株が入っているドリンクタイプのヨーグルトです。
    飲みやすい「くびれ」のあるパッケージで、毎日の健康維持におすすめ。
    脂質が0gなので、ダイエット中にも安心して飲むことができます。

    こんな方におすすめ

    • 手軽にヨーグルトを飲みたい
    • 健康のためにヨーグルトを取り入れたい

    4位 森永乳業 3倍濃縮 ギリシャヨーグルト パルテノ プレーン加糖 

    内容量
    腸内環境改善効果
    ダイエット
    総合おすすめ度
    • 内容量:100g
    • カロリー:110kcal
    • タイプ:単品タイプ
    • 不使用添加物:-

    濃厚な味わいで、とても人気のあるギリシャヨーグルトです。
    酸味も感じず、加糖タイプなので食べやすいのがおすすめポイント。
    さらにヨーグルトの成分を濃縮してあるので、栄養満点!
    美味しく健康のために食べられる商品です。

    こんな方におすすめ

    • 濃厚なヨーグルトが好き
    • 栄養価の高いヨーグルトを食べたい

    3位 ラクトフェリンヨーグルト リニューアル

    内容量
    腸内環境改善効果
    ダイエット
    総合おすすめ度
    • 内容量:112g
    • カロリー:100kcal
    • タイプ:単品タイプ
    • 不使用添加物:安定剤・香料

    免疫力アップや腸内環境の改善などの効果がある話題の成分、「ラクトフェリン」が配合されているヨーグルトです。
    さらに腸内のビフィズス菌を増やしてくれるので、健康維持を助けてくれます。
    安定剤や香料なども入っていないので、子供にも安心して食べさせられるのがうれしいポイントです。

    こんな方におすすめ

    • 子供に食べさせたい
    • 体の健康を維持したい

    2位 森永乳業ビヒダスBB536 プレーンヨーグルト

    内容量
    腸内環境改善効果
    ダイエット
    総合おすすめ度
    • 内容量:400g
    • カロリー:65kcal/100gあたり
    • タイプ:大容量タイプ
    • 不使用添加物:-

    ビフィズス菌BB536が配合されているヨーグルト。
    消費者庁から認められ、健康維持のために役立つと表示することができる特定保健用食品です。
    食べやすいヨーグルトなだけでなく、腸内環境を整えるなど健康への高い効果が期待できますよ。

    こんな方におすすめ

    • お腹がすっきりしない
    • 腸内環境を整えたい

    1位 明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン

    内容量
    腸内環境改善効果
    ダイエット
    総合おすすめ度
    • 内容量:400g
    • カロリー:62kcal/100gあたり
    • タイプ:大容量タイプ
    • 不使用添加物:ー

    子供から大人まで人気がある、ブルガリアヨーグルトの大容量タイプです。
    大容量タイプでプレーンなので、アレンジがしやすいのもおすすめポイント。
    特定保健用食品で、LB81乳酸菌が配合されているので、高い整腸作用が期待できます。
    毎朝の食事に取り入れてみるとよいでしょう。

    こんな方におすすめ

    • 幅広い料理に使いたい
    • 甘くないヨーグルトが食べたい

    ダイエットにおすすめのヨーグルトTOP5

    ここまでは、おすすめのヨーグルト全般を紹介してきました。
    ここからは、ダイエットにおすすめのヨーグルトをカロリーや配合されている脂質・糖類の量を基準に、ランキングで紹介します。

    5位 森永乳業 濃密ギリシャ ヨーグルト パルテノ プレーン

    • 内容量:100g
    • カロリー:100kcal
    • 脂質:4.8g
    • 糖類:0g

    ギリシャヨーグルトのパルテノの商品です。
    タンパク質が3倍濃縮されていて、砂糖不使用なのでダイエット中にもおすすめ。
    ねっとりしていて、ほどよい満腹感が得られるヨーグルトです。
    フルーツを一緒に加えて食べると丁度いい甘さになるので、ぜひ試してみてください。

    4位 明治プロビオヨーグルトR-1 ブルーベリー脂肪0

    • 内容量:112g
    • カロリー:76kcal/1個あたり
    • 脂質:0g
    • 糖類:-

    ドリンクタイプでも有名なR-1シリーズのヨーグルト。
    1073R-1乳酸菌が配合されているので、腸内環境を整えるだけでなく、体の内側から免疫力アップなどの効果も期待できます。
    脂肪0タイプなので、ダイエット中も気にせずに食べることができまるのもうれしいポイント。
    ブルーベリーも入っていて、食べやすいのが魅力です。

    3位 明治プロビオヨーグルトLG21ソフトタイプ低脂肪

    • 内容量:112g
    • カロリー:73kcal/1個あたり
    • 脂質:1.6g
    • 糖類:0g

    LG21乳酸菌を使ったヨーグルト。
    低脂肪タイプで、砂糖0なのでダイエット中におすすめの商品です。
    ヨーグルトのなめらかさもあるので、美味しいのがうれしいポイント。
    112gのヨーグルトが入っている単品タイプなので、食べすぎる心配もありません!

    2位 グリコ BifiX白桃&ザクロヨーグルト

    • 内容量:330g
    • カロリー:66kcal/100gあたり
    • 脂質:0g
    • 糖類:-

    白桃とザクロが入っている、大容量タイプのヨーグルト。
    さっぱりしたフルーツの甘みで食べやすいのが特徴です。
    機能性表示食品で、ビフィズス菌BifiXが腸内環境を整えお通じ改善に役立ちます。
    便秘は体に不要なものを溜め込んでしまうので、ダイエットの大敵。
    便秘に悩んでいる人はぜひ、試してみてください

    1位 ダノンビオ プレーン・砂糖不使用

    • 内容量:75g/1カップ
    • カロリー:49kcal
    • 脂質:2.2g
    • 糖類:2.4g

    脂肪も0タイプなので、低カロリーな砂糖不使用のヨーグルト。
    ダイエット中でも気にせずに食べることができますよ。
    ダノンビオシリーズは、クリーミーな味わいで美味しいと人気。
    腸内に生きて届いてくれるビフィズス菌BE80が配合されているので、腸内環境を整えてダイエットにも役立ちます。

    ヨーグルトの保管方法

    冷蔵庫女


    ヨーグルトは冷蔵保存が基本で、0~10℃が保存する適温といわれています。
    保存温度が高くなってしまうとヨーグルトが発酵して、酸っぱさがでたり食べられないような味になったりしてしまいます。
    ヨーグルトの消費期限は1ヶ月程ですが、大容量パックなどで一度空けてしまったら、2・3日程度で食べ切るようにしましょう。
    空けると雑菌が繁殖しやすくなってしまうので、賞味期限などに余裕があっても注意してください。
    ヨーグルトの種菌を使って自作した場合も2・3日で食べ切るのが安心です。

    冷蔵保存していてもカビが生えたり、嫌なにおいがしていたら痛んだりしている可能性があるので、食べるのはやめましょう。

    ヨーグルトのおすすめアレンジレシピ3選

    ヨーグルトはアレンジしやすい食品なので、デザートや食事としても楽しめます。
    ここでは、おすすめレシピを紹介します。

    フルーツたっぷりヨーグルト

    ヨーグルトに、バナナやブルーベリーを入れたヨーグルトです。
    作り方も簡単で、好きなフルーツを入れるだけ!
    甘さが控えてあるヨーグルトでもフルーツを入れることで食べやすくなり、ビタミンBなど栄養価もアップします。
    さらに食べ応えもプラスされるので、置き換えダイエットなどにもおすすめのレシピです。

    ヨーグルトと野菜のサラダ

    くるみ・レーズン・レタスと、水切りしたヨーグルトを混ぜあわせて完成。
    ヨーグルトをサラダにすることで、さっぱりとして子供でも食べやすくなります。
    さらにレーズンの甘みやくるみの食感もマッチして、美味しく食べやすいレシピです。

    グラノーラ入りヨーグルト

    無糖タイプのヨーグルトに、グラノーラとプルーンを入れたヨーグルトです。
    プルーンの甘さが、ヨーグルトとの相性抜群!
    グラノーラの食感も楽しめます。
    ヨーグルトの善玉菌だけでなく、食物繊維や鉄分などもしっかり取れるのがうれしいポイント。
    腸内環境を整える効果がアップする、栄養満点レシピです。

    ヨーグルトを食べるときの2つの注意点

    ヨーグルトは健康にいいというイメージが強い食品ですが、食べるときの注意点も!
    ここからは、2つ注意点を紹介していきます。

    食べ過ぎに注意!便秘になる可能性も!

    ヨーグルトは善玉菌がたくさん含まれているので、便秘改善効果を期待している方も多いですよね。
    しかしヨーグルトには、“乳糖”という日本人が体内で分解しくい成分も含まれています。
    そのため食べすぎると腸の動きを鈍くしてしまい、便秘になる可能性もあるのです。
    ヨーグルトの1日の摂取目安量は、200gといわれています。
    それ以上は食べすぎないように注意をしましょう。

    水切りヨーグルトに注意!糖質量はヨーグルトと同じ!

    水切りヨーグルトはヨーグルトよりヘルシーと思って、ダイエットに取り入れている人もいますよね。
    しかし実際水切りヨーグルトでも、普通のヨーグルトと糖質が変わらない商品もたくさんあります。
    置き換えなど、ダイエットにヨーグルトを取り入れたいのなら、糖質量や脂質量を確認してヨーグルトを選ぶようにしましょう。

    【こちらもCHECK】置き換えダイエットに関連するおすすめ記事はこちら

    置き換えダイエットおすすめ人気ランキングTOP10!効果についても【2018年最新版】

    2018.08.08

    ヨーグルトを食事に取り入れて、お腹をすっきりさせよう!

    ヨーグルト6


    腸内環境を整える効果があるヨーグルトは、健康維持や美容のために毎日の食事に取り入れたい食品です。
    しかしダイエット中に食べるなら、ヨーグルトに含まれている糖質や脂質の確認は必須。
    家族でヨーグルトを食べる習慣をつけて、腸内環境を整えて体の内側から健康的な体をつくりましょう。

    【あわせて読みたい】ダイエット食品・健康食品に関するおすすめ記事はこちら

    市販の青汁おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.09.06

    ぶどうジュースおすすめ人気ランキングTOP10!作り方も【2018年最新版】

    2018.08.25

    オートミールおすすめ人気ランキングTOP10!食べ方や効果についても【2018年最新版】

    2018.08.04

    チアシードおすすめ人気ランキングTOP10!食べやすいチアシードゼリーも【2018年最新版】

    2018.07.31

    グラノーラおすすめ人気ランキングTOP15!食べ方によっては太る?糖質カット商品も紹介【2018年最新版】

    2018.07.24

    ABOUTこの記事をかいた人

    渡邊モニカ

    美容・健康オタク
    毎日自家製酵素ドリンクを飲んだりオーガニックな食品を使ってお菓子などを作っています。
    今までに得た知識を活かしながら、おすすめの食べ物やドリンクなどをたくさん紹介していきたいと思っています。