電動鼻吸い器おすすめ人気ランキング!ハンディタイプTOP5と据え置きタイプTOP3【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

椥辻 夕子

妊娠に関する書籍を複数執筆

2017年6月に娘を出産した新米ママです。
第一子で両家とも初孫なので、ベビー用品は何もかもいちから揃えました。
家が狭く収納が少ないので、必要十分なものを厳選しています。
図書館司書の経験があり、絵本は定番から仕掛け絵本まで詳しいです。
在宅ライターとして、育児・家事・執筆活動に奮闘中!

    選び方のポイント

    • コンパクトで持ち歩きやすいものを選ぶ
      →できるだけコンパクトなものを選ぶだけでなく、ノズルにかぶせるキャップや専用ケースがついているものを選ぶと衛生的に持ち運べるのでおすすめ。
    • 洗いやすいものを選ぶ
      →パーツができるだけ少なく、そのパーツを全部外し丸洗いできるものを選ぼう。
    • 吸引力の強いものを選ぶ
      →圧力の単位kPa(キロパスカル)を用いて表示される吸引力の数値を確認し、なるべく吸引力が強いものを選ぼう。

    赤ちゃん 子供 鼻吸い器


    電動鼻吸い器は、鼻が詰まりやすい赤ちゃんにおすすめのアイテム。
    必要ないと思われがちですが、たかが鼻詰まりとあなどってはいけません!
    鼻詰まりは中耳炎や結膜炎など、さまざまな合併症を引き起こす原因となります。
    そのためこまめに鼻水をとって、鼻詰まりを長引かせないことが重要なんです。
    電動鼻吸い器は手動タイプよりも吸引力が高く、連続して吸引できるので簡単に鼻水ケアができます。
    この記事では、鼻水が出やすい1歳娘をもつ筆者が、おすすめの電動鼻吸い器をご紹介します。

    電動鼻吸い器とは?

    電動鼻吸い器

    鼻吸い器とは、自分で鼻をかむことができない赤ちゃんの鼻水を吸い取るための器具のこと。
    鼻吸い器には、手動タイプと電動タイプがあります。

    手動タイプは価格が手ごろでコンパクトなのがメリットですが、吸引力が弱かったり持続的に吸引するのが難しかったりというデメリットがあります。
    ストロー状の器具を使って口で吸い取るストロー式や、ポンプを押して吸引するスポイト式などがあり、いずれも全パーツを洗浄・消毒できるものが多いです。

    電動鼻吸い器は価格がやや高価で大きいのが難点ですが、手動タイプよりも吸引力が強く、持続的に吸引できるという利点があります。
    電動タイプにはハンディタイプと据え置きタイプがあるので、次の項で詳しく見ていきましょう。

    【こちらもCHECK】鼻吸い器に関するおすすめ記事はこちら

    鼻吸い器おすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.05.18

    電動鼻吸い器の種類──ハンディタイプと据え置きタイプ

    ハンディタイプ

    コンビ 電動鼻吸い器

    コンビ 電動鼻吸い器

    ノズル・持ち手・タンク・電源などが一体となった、コンパクトなタイプ。
    チューブがないので扱いやすく、持ち運びやすいというメリットがあります。
    口で吸ったりポンプで吸引したりする手動タイプよりはパワフルですが、据え置きタイプと比べると吸引力がやや劣ります。

    据え置きタイプ

    鼻水吸引器 ベベキュア bebecure 3電源対応 2018年最新モデル (ローズピンク)

    鼻水吸引器 ベベキュア bebecure 3電源対応 2018年最新モデル (ローズピンク)

    本体にタンクと電源があり、チューブの先にノズルがついているタイプ。
    一番のメリットは吸引力がパワフルなことで、細やかなパワー調節も可能です。
    チューブが長いので、扱いには慣れが必要かもしれません。
    サイズが大きいというデメリットもありますが近年は小さくなってきていますし、キャリングバッグつきのものもあり、AC電源のあるところであれば持ち歩いて使うこともできます。
    なお痰の吸引などにも利用できる商品については、ショップによっては購入を医療従事者のみに限定していることもあるので購入条件をよく確認してください。

    電動鼻吸い器の3つの選び方

    ① コンパクトで持ち歩きやすいものを選ぶ

    エジソン 鼻吸い器 エジソンのすっきり鼻水吸引器 0歳から対象 電動吸引とお口吸引が切り替えできる

    エジソン 鼻吸い器 エジソンのすっきり鼻水吸引器 0歳から対象 電動吸引とお口吸引が切り替えできる
    ハンディタイプの方がコンパクトで持ち歩きやすいです。
    据え置きタイプも小型化が進んでおり、キャリングバッグつきのものもあるので要チェック。
    持ち歩きやすいと、帰省時や病院の待ち時間など、自宅以外の場所でも使えるので便利ですよ。
    できるだけコンパクトなものを選ぶだけでなく、ノズルにかぶせるキャップがついているものや、専用ケースがついているものを選ぶと衛生的に持ち運べます。

    ② 洗いやすいものを選ぶ

    シースター Seastar 電動鼻水吸引器 ベビースマイル S-302

    シースター Seastar 電動鼻水吸引器 ベビースマイル S-302

    鼻水にはウイルスや菌が混ざっているので、使用するたびに洗いたいですよね。
    そこで、パーツを外して丸洗いできるものがおすすめ。
    パーツができるだけ少ないものや、分解しやすいものを選びましょう。
    シリコンノズルは繰り返し消毒すると白っぽくなったり、経年劣化で固くなったりする場合もあるので、別売で買い替えられるとより衛生的に使い続けられます。

    ③ 吸引力の強いものを選ぶ

    NEWモデル 電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503

    NEWモデル 電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503

    吸引力はkPa(キロパスカル)という圧力の単位で表すことができます。
    これは気圧を表す単位で、マイナスの方向に数字が大きくなるほど吸引力が高いということ。
    パッケージや公式HPなどに表示されているので、購入の参考にしてください。
    吸引力が強いと鼻腔の奥にあるねばつく鼻水も取りやすく、ケアに時間もかからないのでおすすめです。

    鼻吸い器(手動タイプ・電動タイプ)の最安値と価格帯の特徴一覧

    電動鼻吸い器の主要価格帯を中心に、手動タイプも含めて鼻吸い器全体の価格についてまとめました。
    手動タイプと電動タイプで迷っている方も参考にしてみてください。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約600円~約3,000円~5,000円約11,000円~
    特徴手動タイプの鼻吸い器(スポイト式・ストロー式)電動鼻吸い器のハンディタイプ電動鼻吸い器の据え置きタイプ

    電動鼻吸い器のハンディタイプおすすめ人気ランキングTOP5

    それではさっそく、電動鼻吸い器のうちハンディタイプに限定して、ランキングTOP5を紹介していきます。
    「持ち歩きやすさ」「洗いやすさ」「吸引力」という観点にもとづいて評価しているので、購入の参考にしてくださいね。

    5位 AngeSmile 電動鼻水吸引器 ハナクリア

    AngeSmile 電動鼻水吸引器 ハナクリア AngeSmile 電動鼻水吸引器 ハナクリア
    持ち歩きやすさ
    洗いやすさ
    吸引力
    総合おすすめ度

    電源タイプ:単3形アルカリ乾電池×2本
    ノズル形状:円錐形(大、小)
    本体重量:160g
    吸引力:-55kPa±5kPa

    本体がゆるやかにカーブしているので、握ったときに自然と鼻に当てやすいのが特徴。
    シリコンチップは円錐形の大小2つが付属しており、成長にあわせて使い分けることができます。
    本体が垂直に自立するので、ちょい置きするときにもノズルが床につかず衛生的。
    電池を入れるパーツを除いて、シリコンチップ・吸引カップ・本体も丸洗いできます。
    電動鼻吸い器のなかでは価格が低めなのもありがたいですね。

    4位 エイディー ポータブル型 電動鼻水吸引器 バリキューBalliQ

    Aidee(エイディー) ポータブル型電動吸引器 Aidee(エイディー) ポータブル型電動吸引器
    持ち歩きやすさ
    洗いやすさ
    吸引力
    総合おすすめ度

    電源タイプ:単3形アルカリ乾電池×2本
    ノズル形状:円錐型
    本体重量:170g
    吸引力:-60kPa±10%

    ハンディタイプの鼻水吸引器は哺乳瓶サイズの円筒形が多いなかで、こちらはボールのような形状が特徴。
    ボールを握るようにもつので、吸引器を底から支えるような形になるため、吸引中にノズルの位置を変えたり回転させたりしやすいでしょう。
    最大吸引力は-60kPaで、強と弱の二段階に調節できます。
    パーツの数が少ないので、分解洗浄も簡単。
    洗ったあとに元通りに組み立てるのが苦手という方もいるかもしれませんが、こちらの商品は3ステップで組み立てられるので安心です。
    軽いので持ち運びやすいですが、ボール状なのでカバンのなかで少しゴロゴロするかもしれません。
    イエロー、ピンク、ブルーの3色から選べます。

    【こちらもCHECK】BalliQの商品紹介動画はこちら

    3位 コンビ 電動鼻吸い器

    コンビ 電動鼻吸い器

    コンビ 電動鼻吸い器

    4,500円(12/18 15:06時点)
    Amazonの情報を掲載しています
    コンビ 電動鼻吸い器 コンビ 電動鼻吸い器
    持ち歩きやすさ
    洗いやすさ
    吸引力
    総合おすすめ度

    電源タイプ:単3形アルカリ乾電池×2本
    ノズル形状:しっかりノズル(楕円形)、そっとノズル(細長形)
    本体重量:130g
    吸引力:-60kPa±15%

    パーツは本体のほかにノズル・パッキン・吸引カップのみで分解しやすく洗浄も簡単。
    万が一本体側に鼻水が残ってしまっても丸洗いはできませんが、吸引口を水につけて内部の洗浄はできます。
    片手にすっぽりおさまるサイズ感で、哺乳瓶型のものよりコンパクトなのがいいですね。
    ドロドロ鼻水もスポッと取れる「しっかりノズル」と、サラサラ鼻水も楽に吸引できる「そっとノズル」の2種類のノズルを使い分ければ、風邪の引きはじめから引き終わりまでケアできます。
    吸引カップは360°回転できるので赤ちゃんの姿勢を選びませんし、静音設計なので眠っているときにも使いやすいですよ。

    【こちらもCHECK】コンビ 電動鼻吸い器の吸引力比較テスト動画はこちら

    2位 シースター 電動鼻水吸引器 ベビースマイル

    シースター Seastar 電動鼻水吸引器 シースター Seastar 電動鼻水吸引器
    持ち歩きやすさ
    洗いやすさ
    吸引力
    総合おすすめ度

    電源タイプ:単3形アルカリ乾電池×2本
    ノズル形状:楕円形(2個)
    本体重量:195g
    吸引力:-55kPa±10%

    哺乳瓶サイズで保管の場所を取らず、重量も200gを切る軽さで扱いやすい鼻吸い器です。
    キャップやシリコンノズルなどのパーツはもちろんのこと、本体も水中で丸洗いできるのが特長。
    シリコンノズルは病院で使われているような先の丸い楕円形で、予備も含めて2個ついています。
    キャップつきなのでノズルが外れたり引っかかったりすることもなく、衛生的に持ち運びが可能。
    帰省時や病院の待ち時間などにも持っていけて便利ですよ。

    【こちらもCHECK】シースター 「電動鼻水吸引器 ベビースマイル」の使い方動画はこちら

    1位 エジソン すっきり鼻水吸引器

    エジソン 鼻吸い器 エジソンのすっきり鼻水吸引器 エジソン 鼻吸い器 エジソンのすっきり鼻水吸引器
    持ち歩きやすさ
    洗いやすさ
    吸引力
    総合おすすめ度

    電源タイプ:USB充電
    ノズル形状:ぴったりノズル(円錐形)、細長ノズル(細長形)
    本体重量:331g
    吸引力:最大-62kPa

    電動式とストロー式を切り替えることができるので、手動タイプと迷っているパパママにもおすすめ。
    USB充電式が採用されており、フル充電だと毎回平均5秒の使用で約800回も使えます。
    電動式は強と弱の2段階に調整可能で、しつこい鼻水もスポッと一気に吸い取れるので、嫌がる赤ちゃんを長時間押さえつける心配もいりません。
    ノズルは2種類の形状があり、赤ちゃんの小さな鼻を傷つけにくいようやわらかなシリコンでできています。
    赤ちゃんの様子を見ながら繊細に吸引したいときは、ストロー式に切り替えることも可能。
    ノズルとストローを保管できる収納ケースは、消毒にも使えて便利です。

    【こちらもCHECK】エジソン すっきり鼻水吸引器の商品紹介動画はこちら

    【こちらもCHECK】エジソン すっきり鼻水吸引器のレビュー動画はこちら

    電動鼻吸い器の据え置きタイプおすすめ人気ランキングTOP3

    続いて、電動鼻吸い器のうち据え置きタイプに限定したランキングTOP3を紹介していきます。
    こちらも「持ち歩きやすさ」「洗いやすさ」「吸引力」という観点にもとづいて評価しています。
    据え置きタイプにも、寝室やリビングのほかお風呂上りに脱衣場で使いたいというニーズがあり、持ち歩けるようにできるだけコンパクトなものが人気です。

    3位 パワースマイルKS-700

    吸引器 パワースマイルKS-700 吸引器 パワースマイルKS-700
    持ち歩きやすさ
    洗いやすさ
    吸引力
    総合おすすめ度

    電源タイプ:AC電源、シガーライター、バッテリー(別売)
    ノズル形状:楕円形
    本体重量:約2300g
    吸引力:-80kPa以上

    新鋭工業株式会社はベビー用品メーカーではなく、50年以上の実績を誇る日本の医療機器メーカー。
    パワースマイルは家庭用鼻水吸引器で、多くの医療機関でも導入されている吸引器シリーズの小型携帯版という位置づけです。
    2kg超とやや重く、専用キャリーバッグが別売なのが惜しいですね。
    吸引した鼻水をためておくボトルはワンタッチで開閉でき、プラスチック製なのでお手入れも簡単。
    ボトルの中蓋と上蓋は分離できますが、見た感じやや入り組んでいるので、洗浄には慣れが必要かもしれません。

    【こちらもCHECK】パワースマイルのレビュー動画はこちら

    2位 ベベキュア 鼻水吸引器

    ベベキュア 鼻水吸引器 ベベキュア 鼻水吸引器
    持ち歩きやすさ
    洗いやすさ
    吸引力
    総合おすすめ度

    電源タイプ:AC電源、シガーライター、バッテリー(別売)
    ノズル形状:円錐形(大小1個ずつ)
    本体重量:約1300g
    吸引力:-80kPa±10%

    こちらもAC電源だけでなく、車のシガーライターやバッテリーでも動く3電源対応が特徴。
    停電時や災害時にも使える可能性が上がるのは、ありがたいですね。
    1.3kgと軽いですが、バッテリーは別売なのでこの重さに含まれておらず、携行時はちょっと重たく感じるかもしれません。
    本体に取っ手がついておりスタイリッシュなカバーに覆われているので、持ち歩く際に専用バッグは不要。
    鼻に入れるノズルは内径の異なるタイプが2種類付属しているので、成長にあわせて使い分けましょう。
    ローズピンクとスマートグレーの2色があり、インテリアになじむおしゃれなデザインも魅力です。

    1位 電動鼻水吸引器 メルシーポット

    NEWモデル 電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503 NEWモデル 電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503
    持ち歩きやすさ
    洗いやすさ
    吸引力
    総合おすすめ度

    電源タイプ:AC電源
    ノズル形状:楕円形
    本体重量:800g
    吸引力:-83kPa±20%

    AC電源タイプならではの高い吸引力はまさに耳鼻科レベルで、家庭用の電動鼻吸い器としてはトップクラス!
    本体重量も1kgを切っているので持ち歩きも簡単で、リビングと寝室を行き来するのも楽ちんですね。
    こちらの商品には一時的に吸引力を上げる「ベビちゃんクリップ」も付属しており、しつこい鼻水もすばやく吸引してあげられます。
    手早く鼻水を取ってあげられれば、鼻吸い器が苦手な赤ちゃんもツライ時間は一瞬で済みますね。
    部品を外すのに慣れが必要ですが、パーツはすべて丸洗いできるので衛生的です。

    【こちらもCHECK】電動鼻水吸引器 メルシーポットの使い方動画はこちら

    【こちらもCHECK】電動鼻水吸引器 メルシーポットのレビュー動画はこちら

    Amazon&楽天の鼻吸い器人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    電動鼻吸い器を使ってこまめな鼻水ケアを!

    電動鼻吸い器


    娘は1歳を過ぎましたが、鼻に指を突っ込んで遊ぶのが好きでなかなかやめさせられず、鼻水や鼻くそがよく出るんです。
    そのせいかはわかりませんが、風邪の引きはじめも必ず鼻水が出る体質。
    ちょっと鼻水が出たなと思って油断していると、その日の晩には鼻が詰まって不機嫌になることがしばしばありました。
    風邪をひいたらまず受診することが大切ですが、同時に電動鼻吸い器でこまめに鼻水ケアをすることで風邪を長引かせずに済みます。
    中耳炎などのツライトラブルを避けるためにも、吸引力が強くて手早く吸い取れる電動鼻吸い器はおすすめですよ。

    【あわせて読みたい】ベビー用品に関連するおすすめ記事はこちら

    赤ちゃん用体温計おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.07.25

    新生児用おしゃぶりおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.06.26

    ベビー用ラッシュガードおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.05

    ベビーベッドおすすめ人気ランキングTOP15!持ち運びや中古、柵についても【2018年最新版】

    2018.02.12

    新生児向けバウンサーおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

    2017.12.22

    ABOUTこの記事をかいた人

    椥辻 夕子

    妊娠に関する書籍を複数執筆

    2017年6月に娘を出産した新米ママです。
    第一子で両家とも初孫なので、ベビー用品は何もかもいちから揃えました。
    家が狭く収納が少ないので、必要十分なものを厳選しています。
    図書館司書の経験があり、絵本は定番から仕掛け絵本まで詳しいです。
    在宅ライターとして、育児・家事・執筆活動に奮闘中!