洗顔シートおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 洗浄力で選ぶ
    →自分の肌状態にあった洗浄力のものを選ぼう。乾燥肌、オイリー肌など肌質で異なる洗浄力が必要になります。
  • 美容成分で選ぶ
    →保湿効果やピーリング効果を含んだ商品もある。
  • 価格で選ぶ
    →1カ月あたりどれくらい予算が必要なのか計算しよう。使い続けられる価格のものを選ぶことが大切。
  • メンズ用、女性用で選ぶ
    →洗顔シートには、メンズ向けに作られたものと女性の肌を考えて作られたもがある。基本的に性別にマッチしたものを選ぼう。

洗顔シート


毎朝「メイク前にきちんと洗顔したいけれど、いつも時間に余裕がなくて……」と悩んでいませんか?
丁寧にやる時間がなくて困っているという方は、洗顔シートを活用してみましょう!

ここでは、洗顔シートの役割や、どのように使えばいいのかを徹底解説します。

洗顔シートとは?

ズボラボ 朝用ふき取り化粧水シート 35枚
ズボラボ 朝用ふき取り化粧水シート 35枚

洗顔シートとは、ウェットティッシュのような素材に拭き取り化粧水がしみ込ませてあるスキンケア製品です。
顔を拭いて皮脂や肌に付着したホコリを取るもので、洗顔の代わりに使用します。
基本的に朝用に作られていて、夜寝ている間に分泌された皮脂や古い角質をオフするのが役割です。
泡立てて洗顔するよりも汚れの除去力がマイルドで、カサつく肌で悩む方に向いています。
「泡立てて洗顔すると日中の乾燥が気になるけれど、ぬるま湯洗顔だとベタついてしまう……」と感じる方は、洗顔シートで朝のお手入れをしてみてください。

【こちらもCHECK】洗顔に関連するおすすめ記事はこちら

泥洗顔おすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.05.11

洗顔スポンジ・クロスおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.03.20

洗顔ジェルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.03.16

洗顔シートの4つの選び方

時短アイテムの人気が拡大している今、洗顔シートは年々数を増やしています。
肌状態にあう洗顔シートを選ぶにはどうしたらよいのか、ポイントを4つチェックしてみましょう。

ポイント① 洗浄力で選ぶ

洗顔

洗顔シートを選ぶうえで必ずチェックしておきたいのが、自分の肌状態にあった洗浄力かどうかです。

肌の皮脂量が多いのにしっとり仕上がるタイプを選んでしまうと、毛穴詰まりを起こしてニキビができやすくなってしまいます。
逆に乾燥肌の人が洗浄力の強すぎる洗顔シートを使うと、肌の乾燥をより悪化させてしまうため注意が必要です。

ポイント② 美容成分をチェック

美肌 笑顔

朝に使う洗顔シートは、顔の汚れを落とすだけでなく美肌効果も期待できるアイテムです。
乾燥が気になるならヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿成分を含んだものを、また角質がたまって肌がザラザラするなら、ピーリング成分(フルーツ酸など)を配合している洗顔シートを選ぶようにしましょう。

ポイント③ 使い続けられる価格で選ぶ

財布

洗顔シートは毎日使うアイテムなので、コストパフォーマンスもチェックしておく必要があります。
せっかく洗顔シートを使っても、経済的に続けられないようでは意味がありません。

長く使い続けて肌の調子を整えるためにも、1カ月あたりどれくらい予算が必要なのか計算しておきましょう。
今使っている洗顔料が高いと感じているなら、それよりも低い予算で洗顔できるシートを選んでください。

ポイント④ メンズ用or女性用で選ぶ

洗顔 モデル

洗顔シートには、メンズ向けに作られたものと女性の肌を考えて作られたものがあります。
基本的に性別にマッチしたものを選べばOKですが、肌質や季節によって選び分けるといいでしょう。

メンズ向けの洗顔シートは、皮脂分泌が多い男性の肌でもさっぱり仕上がるように作られています。
したがって男性はもちろん、皮脂分泌が多めの女性にもおすすめです。

人の肌は季節によって水分・油分バランスが違うため、気温・湿度にあわせて使い分けるといいでしょう。
皮脂分泌が多くなる夏にニキビができやすい肌質の方は、女性向けの洗顔シートだと皮脂を拭き取りきれないことがあります。
残った皮脂により毛穴詰まりを起こすようなら、夏の間だけメンズ向けシートに切り替えてみてください。

肌質や季節にあわせてメンズ向けと女性向けの洗顔シートを使い分け、上手に活用してみましょう。

洗顔シートの最安値と価格帯の特徴一覧

忙しい日の朝に重宝する洗顔シートは、価格帯によって製品の特徴が異なります。
最安値クラスは600円ほどで、この値段の製品は成分構成がシンプルです。
1,200円を超えると、保湿・美容成分を多く含む商品が充実しています。

最安値売れ筋・人気高額・高級品
価格約600円~600円~1,000円約1,200円~
特徴最安値クラスは成分構成がシンプルで、保湿や美容効果はやや低めです。種類が豊富で肌質にあわせて選びやすいです。拭き取り+保湿・美容効果に優れている製品が充実しています。

洗顔シートおすすめ人気ランキングTOP5

洗顔シートを使いたいけれど、どれから選べばいいのかわからない……そんな方のために、おすすめランキングをご用意しました!
筆者が「美肌効果」「汚れ落ち」「コストパフォーマンス」の3点で評価し、人気の洗顔シートを徹底分析していきます。

5位 サボリーノ 目ざまシート 32枚

美肌効果
汚れ落ち
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

洗顔だけでなく、保湿ケアも簡単に済ませたい……そう考える方にぴったりなのが、サボリーノの目ざまシートです。
サボリーノでは「時間がないけれど、きれいは諦めたくない」という女性向けのスキンケア・ヘアケア製品を販売しています。

洗顔・保湿・化粧下地効果があるマスクタイプの洗顔シートで、顔に60秒貼りつけるだけでケアが完了。
マスクを貼りつけている間に身支度を進められると好評です。

硬くなった角質をピーリングするフルーツ酸を配合し、毛穴を引き締めるセイヨウハッカエキスがひんやり感を演出。
スーっとする使い心地の洗顔シートが欲しい方におすすめです。

Amazon商品価格(2018年7月14日現在)

1,447円(1枚あたり:約45円)

【こちらもCHECK】サボリーノ 目ざまシートに関連するおすすめ動画はこちら

4位 エテュセ シート状除去化粧水 ふきとりピーリングシートN

美肌効果
汚れ落ち
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

朝起きると肌がザラザラしていて、ファンデーションのノリが悪い……そんな悩みを持つ方にはエテュセのふきとりピーリングシートがおすすめです。
エテュセは資生堂グループの化粧品ブランドで、10~20代向けのスキンケア製品を取り揃えています。

こちらの洗顔シートは角質クリア成分αを配合しており、肌表面に残った古い角質・角栓をからめ取ってくれるのが人気のポイント。
さっぱりした使用感でしっとり潤うタッチではありませんが、拭き取ったあとつっぱりを感じにくいのが魅力のひとつです。
夜に分泌された皮脂や古い角質をしっかり落としたい方に適しています。

Amazon商品価格(2018年7月14日現在)

918円(1枚あたり:約20円)

【こちらもCHECK】エテュセ シート状除去化粧水 ふきとりピーリングシートNに関連するおすすめ動画はこちら

3位 Joteki(ジョテキ)朝のふくだけ10秒シート

美肌効果
汚れ落ち
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

 

夜に出た皮脂をさっぱり落としつつ、乾燥しがちな肌を保湿するのがこちらの洗顔シートの特徴です。
スーッとメントールを感じる爽快感ある使い心地で、拭き取り後につっぱりを感じにくい点が評価されています。

保湿成分であるヒアルロン酸とコラーゲンが肌表面の潤いをキープしてくれるのがポイント。
肌の調子を整えるオウゴン根エキス・カンゾウ根エキス配合で、美肌効果にも優れています。
ピーリング成分配合で、たまった角質を除去したい方におすすめです。

Amazon商品価格(2018年7月14日現在)

864円(1枚あたり:27円)

2位 ズボラボ 朝用ふき取り化粧水シート

美肌効果
汚れ落ち
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

皮脂や角質がたまって肌がくすんで見えるなら、時短ケアアイテムを取り揃えている、ズボラボの朝用ふき取り化粧水シートがおすすめです。
肌に透明感を与えるビタミンC誘導体を配合しており、くすみや紫外線ダメージをケアします。

肌の炎症を抑える成分であるグリチルリチン酸ジカリウムも配合しており、大人ニキビもケアできるのが人気のポイント。
ピーリング成分であるリンゴ酸が余計な角質を取って、つるんとなめらかな状態に導いてくれます。

Amazon商品価格(2018年7月14日現在)

615円(1枚あたり:約18円)

1位 ラクイック ふくだけ洗顔水シート

美肌効果
汚れ落ち
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

朝の洗顔をシートで済ませたいけれど、ピーリング成分が入っているタイプは苦手と悩んでいるなら、フルーツ酸や乳酸を含まないラクイックのふくだけ洗顔水シートがおすすめです!
寝ている間に分泌された皮脂はさっぱり落ちるのに、乾燥肌でもカサつきを感じない仕上がりが評価されています。

無香料タイプで、香りつきの洗顔シートが苦手でも使いやすいと好評です!

Amazon商品価格(2018年7月14日現在)

604円(1枚あたり:約12円)

【こちらもCHECK】ラクイック ふくだけ洗顔水シートに関連するおすすめ動画はこちら

洗顔シートの使用上の3つの注意点

寝ている間に分泌された皮脂や汗をすっきり拭き取る洗顔シートは、正しく使わないと肌トラブルを起こすことがあります。
肌の調子をキープするために、次に解説する3つの注意点を守りましょう。

① 夜の洗顔には使わない

女性 パジャマ

仕事や家事が忙しいから夜は洗顔シートで済ませる、というお手入れの仕方はやめておくのが正解です。
夜に拭き取るだけで済ませてしまうと、日中に分泌された皮脂や肌に付着したチリ・ホコリを取りきれません。

洗顔シートは朝に使うことを想定して作られているため、夜に使用するのはやめましょう。

② ごしごし肌をこすらない

あぶらとり紙

洗顔シートを使うときは、肌をごしごしこすらないように注意してください。
肌に強い摩擦を与えてしまうと赤みや炎症を引き起こすため、肌表面を傷つけないように、優しくなでるように拭き取りましょう。

③ 敏感肌・ニキビ肌には慎重に使う

敏感肌 刺激

敏感肌の方やニキビ肌の方は、拭き取りが刺激になってしまうことがあります。
肌の調子が悪いときには極力使用を避け、弾力のある泡で優しく洗顔するようにしましょう。

洗顔シートで朝のスキンケアを時短しよう!

肌 スキンケア

スキンケアにかける時間は短くしたいけれど、肌のコンディションはキープしたい……そう考えるなら、洗顔シートを活用してみてください。
朝の洗顔時間を短縮でき、皮脂の落としすぎを防ぎながら肌をリセットできる洗顔シートは忙しい現代人の味方です。

ただし、製品ごとに配合成分や向いている肌質が異なるため、今の肌悩みにあっているか確認しながら選んでください。
洗顔シートを賢く活用して、毎日のスキンケアの時短に役立てましょう!

【あわせて読みたい】洗顔に関連するおすすめ記事はこちら

酵素洗顔おすすめ人気ランキングTOP15!使用頻度や効果についても【2018年最新版】

2018.05.30

洗顔ブラシおすすめ人気ランキングTOP15!毛穴が広がる効果やニキビにも【2018年最新版】

2018.04.24

大人ニキビに効果的な洗顔料おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.04.21

洗顔フォームおすすめ人気ランキングTOP15【2017年最新版】

2017.12.22

洗顔石鹸おすすめ人気ランキングTOP15【2017年最新版】

2017.12.15

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 まこ

音響好きの元エステティシャン

美容の専門家として勤務していた経験を武器に、きれいになるために本当に必要な情報だけを厳選してお届けします!
また、音楽大学付属高校に在籍経験があり、大学時代にはライブやボーカル大会に出演。
音響マニアたちと、スピーカーやサラウンドについて夜が明けるまで話したことも……。
音楽の現場で経験した音響の知識を元に、好みや目的にあう家電の選び方をお届けします!