折りたたみ式サイドテーブルおすすめランキングTOP5【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 素材で選ぶ
    →軽くて持ち運びが便利なもの。
  • 開閉機能で選ぶ
    →組み立てるとき、スムーズで手間が少ないもの。
  • 耐久性で選ぶ
    →折りたためるという比較的、簡易な機能のなかにも、丈夫なつくりであること。
  • サイズで選ぶ
    →開閉時、それぞれのサイズに注意。開いたときのテーブルの大きさ、畳んだときの大きさ収納コンパクトさを確認する。
  • デザインで選ぶ
    →機能性とともにデザイン性もインテリアコーディネートにあわせスタイリングする。
サイドテーブル

折りたたみ式サイドテーブルの主な特徴は、使わないときは折り畳んでしまうことができ、持ち運びができること。
屋外など簡易的にテーブルが必要な場合にも、好まれるタイプのサイドテーブルです。
開閉の作業がある分、その重量も大切。

本記事では、空間を上手に利用できる便利な折りたたみ式サイドテーブルの選び方のポイントと、機能性とデザイン性そして持ち運びのいい軽さなど、多種多様な商品をおすすめランキングにしてご紹介します。

折りたたみ式サイドテーブルの選び方の5つの選び方

zig zag_________さん(@zigzagmidcentury)がシェアした投稿

① 重量で選ぶ

前述のように、折りたたみ式サイドテーブルは、折りたたんで持ち運べるというのが特徴です。
そのため、重量が軽い素材でできていることがポイント。
重量の軽い木材でできていたり、スチールパイプやアルミニウムなど、丈夫で軽い細い脚であることが好まれます。

② 素材で選ぶ

簡易的でありながらも丈夫なつくりであることも、重要なポイントです。
テラスなど屋外にも使用したい場合は、特に腐食の少ない素材、そして耐久性の強い加工が施されているものであることを確認しましょう。

③ 開閉の仕組みで選ぶ

組み立てるときの仕様がスムーズで手間が少ない方が、使い勝手がよく快適です。
開閉の仕組みはどのようなタイプがあるかというと、天板部分の一部が畳めるものや、天板が脚と一体化してコンパクトにタイプ、脚とトレイなどの天板部分が、セパレートになっているものなど。
折りたたむ際、シーンにあわせて希望に叶うスタイルとニーズであることをよく確認しましょう。

④ サイズで選ぶ

開閉時、それぞれのサイズに注意してください。
折りたたみ式サイドテーブルは、テーブルサイズのときとそのほかのに収納のときを考えて、折りたたんだ際のサイズがどれくらいになるかを考慮しましょう。

⑤ デザインで選ぶ

1960年代に主に流行したミドセンチュリーテイストの家具や北欧テイスト、モダンなテイストなど、機能性とともにデザイン性もスタイルにあわせて選びましょう。
有名デザイナーたちが、折りたためるという機能ともに、生活を豊かにする実用性と美しいデザインのものつくりに挑戦した素晴らしい作品もあります。
インテリアの好みにあわせて、選びましょう。

【こちらもCHECK】テーブルに関するおすすめ記事はこちら

アウトドアテーブルおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.07.11

折りたたみキャンプテーブル人気ランキングTOP5【2017年最新版】

2017.12.21

木製キャンプテーブルおすすめ人気ランキングTOP5【2017年最新版】

2017.12.18

折りたたみ式サイドテーブルの価格帯とその特徴

折りたたみ式サイドテーブルの価格は、およそ2,000円〜95,000円ほど。
対応する大きさや、素材、機能性、デザイン性などで価格が変わります。
以下、商品の価格帯と特徴です。

最安値売れ筋・人気高額・高級品
価格約2,000円~15,000円~35,000円約50,000円~
特徴デザイン性が、やや劣る商品や、材質などやや安価なもの。材質、デザイン性、機能性など安定感のある商品。デザイナーズの商品。素材も、良質のものを扱い、デザイン性の美しさとともに機能性も充実している商品。

折りたたみ式サイドテーブルおすすめランキングTOP5

デザイン性と機能性、良質な素材で作られたおすすめの商品を、折りたたみ式サイドテーブルおすすめランキングTOP10として、バラエティ豊かに紹介します!

5位 山善 折りたたみ式サイドテーブル

山善(YAMAZEN) テーブル ミニ 折りたたみ式 サイドテーブル 山善(YAMAZEN) テーブル ミニ 折りたたみ式 サイドテーブル
コストパフォーマンス
機能性
耐久性
総合おすすめ度

メーカー:山善(YAMAZEN)
色:ナチュラル・メープル
サイズ:W500×D440×350Hmm(折りたたみ時のサイズは W500×D550×厚さ35mm)
材質:フレーム/スチール(粉体塗装)、天板/PVC化粧繊維板

家具メーカー山善によるコンパクトなローテーブルタイプ。
コストパフォーマンスもいい折りたたみ式サイドテーブルです。
厚さ3.5cmでコンパクトなので、収納時にも便利。
高さが35cmで、ベッドサイドテーブルやリビングルームのコーヒーテーブルとしても好ましいサイズです。

【こちらもCHECK】山善 「折りたたみ式サイドテーブル」のレビュー動画はこちら

4位 木製折りたたみ式サイドテーブル

コストパフォーマンス
機能性
耐久性
総合おすすめ度

色:ブラウン
サイズ:幅350×奥行350×高さ440mm
材質:天然木(アカシア材)[オイルステイン仕上げ]

落ち着いたブラウンカラーのアカシア材がシックな印象を与える、シンプルな木製の折りたたみ式サイドテーブル。
リゾート感溢れるルックスなので、のんびりと過ごす屋外のコーディネートアイテムとしてもぴったりです。
天然木アカシアは比較的軽い材質なので、持ち運びも楽にできます。

3位 北欧雑貨 トレーテーブル コレクション トレースタンド Tray Stand

コストパフォーマンス
機能性
耐久性
総合おすすめ度

メーカー:Japan
色:ブラック・ホワイト
サイズ:W330×D330×H425mm
材質:スチール

トレイを置くタイプのおりたたみ式サイドテーブル。
組み立てたテーブルの脚の上にトレイをのせてソファー脇などに置けば、ティーテーブルとしても使えて、おしゃれな北欧テイストのデザインが気軽に楽しめます。
軽やかなスチールの細い脚は、空間をスタイリッシュに見せてくれますよ。
ただしトレイは別売りなので、注意してください。

2位 HOMCOM 折りたたみ式 拡張タイプのトレイテーブル

コストパフォーマンス
機能性
耐久性
総合おすすめ度

メーカー:HOMCOM
色:ブラック
サイズ:305L×457W×610Hmm(折りたたみ時のサイズは 610L×457W×610Hmm)
材質:メタルフレーム、MDFボード

長方形の拡張できるテーブルの機能を持つ、素材感がモダンな印象を与える折りたたみ式のサイドテーブル。
リビングルームやベッドルーム、ダイニングルーム、ホームオフィスや勉強机周りに設置するのに好ましいサイズです。
メタルフレームも、トレイ部分をしっかりと支えてくれて頑丈さも申し分ありません。

1位 山崎実業 tower タワーシリーズ 折りたたみ式テーブル 

コストパフォーマンス
機能性
耐久性
総合おすすめ度

メーカー:山崎実業
色:ブラック、ナチュラルブラウン
サイズ:W約500xD600xH705cm(天板部分 W500xD430mm)
材質:本体/スチール(粉体塗装)、天板/天然木化粧繊維板(ラッカー塗装)、キャップ/シリコーン

ちょっとした作業に適した折りたたみ式のサイドテーブル。
キッチン周りに使用して食材を置いたり、リビングの簡易的なテーブルとして使用したりするのに最適なサイズ感です。
どこで使用しても空間にすっきりと馴染む、シンプルなデザインが魅力。

【こちらもCHECK】サイドテーブルを探している方におすすめ記事はこちら

キャスター付きサイドテーブルおすすめランキングTOP10【2018年最新版】

2018.08.10

ベッド向けサイドテーブルおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.08.04

北欧風サイドテーブルおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.07.26

折りたたみ式サイドテーブルの懸念事項

折りたたみ式サイドテーブルは、折りたたむという機能の動きがあるので摩耗するため、置き家具よりしっかりと設計されたものでないと、破損の原因になります。
またあまりに実用性や機能面に走りすぎると、デザイン性に欠けて、殺風景なアイテムになりがち。
長くお気に入りとして使えるように、愛着の持てるデザイン性にも注目してみましょう。

Amazon&楽天の折りたたみ式サイドテーブル人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


便利な折りたたみ式サイドテーブルを日常生活に役立てよう!

TOKO METAL DESIGNさん(@toko.metal)がシェアした投稿

折りたたみ式サイドテーブルは、必要なときに魔法のようにテーブルとして現れ、折りたためば簡単に収納もでき、空間を有効活用できるアイテム。
折りたためて持ち運べる機能は、幅が広いシーンで使えて便利です。
リビングルームのコーヒーテーブルとしてやデスク周りのサイドテーブルとして、キッチン周りの食材置き場として、また屋外用の家具としても、テラスなどカフェのようにテーブルを設置できます。
小回りのいいサイズ感のものを探して、機能性を充分に活かした折りたたみ式サイドテーブルを生活の便利なアイテムとして、積極的に取り入れてみましょう。

【あわせて読みたい】家具・インテリアに関連するおすすめ記事はこちら

おしゃれなサイドテーブルおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

2018.08.21

コンパクトなソファーベッドおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.07.28

ニトリのソファーベッドおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.04.15

ソファーベッドおすすめ人気ランキングTOP15!一人暮らし用やフランスベッドも【2018年最新版】

2018.01.25

ABOUTこの記事をかいた人

仁木カデラ

東京生まれ。武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科で家具デザインを専攻。
東京都内インテリアデザイン会社に勤務後、大手出版社編集局にてエディターを経験。
現在、フリーのライター。好きなことは、踊ること、花を愛すること。色っぽい心が人生を豊かにする。