ダイエットプロテインおすすめ人気ランキングTOP10!ダイエット効果&美味しい飲み方も【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

ヨシ ノリハラ

健康ライター・健康研究家

糖質制限ダイエットを実践し、2年で15キロほどのダイエットに成功しました。
それをきっかけに、身体の仕組みや栄養素について勉強するようになりました。
これらの分野で、家族や友人に自然に勧めたくなる情報を発信中です。

    選び方のポイント

    • ダイエット効果
      →本当に自分にとって必要な栄養成分は何かをよく考えながら選ぶ。
    • 飲みやすさ
      →ダイエット目的でプロテインを飲む人にとっては「飲みやすさ」も重要な要素。
    • タンパク質の含有量
      →タンパク質の含有量が多ければ多いほど、糖質や脂肪が少なく本格的なものになる。
    プロテイン

    ボディビルダーやスポーツ選手のみならず、ダイエットにも効果的なプロテイン。
    プロテインには豊富にタンパク質が含まれており、体力を落とすことなく食事量を減らすことができます。

    しかしさまざまなメーカーがダイエットプロテインを販売して、すべてを試すわけにはいかず、自分好みの商品を探すのは骨が折れますよね。
    私はダイエット中の朝食をプロテイン入りのヨーグルトにし、食事の栄養を不足させることなく15kgほどの減量に成功しました。
    健康的なダイエットのために、プロテインを活用しましょう!

    本記事では、そんな健康研究家である筆者が、数あるダイエット用プロテインを比較・分析しました。
    ダイエットに最適な飲みやすいプロテインも多数ランクインしているので、購入の際ぜひ参考にしてみてください!

    目次

    ダイエットプロテインとは?

    プロテイン

    プロテインとは、大豆や牛乳からタンパク質を取り出して粉状にしたもので、効率的にタンパク質を摂取するためのサプリメント。

    ダイエットをしていると食事の絶対量やカロリーが減り、タンパク質不足になりがちです。
    体を作る筋肉も内臓もタンパク質からできていますから、タンパク質を摂らないと筋肉量が減り、体力はなくなって代謝も落ちてしまいます。
    体重計の数値は減るかもしれませんが、不健康な痩せ方になり、結局はやせにくい体質となってしまうのです。
    そこでダイエット中の食事にプロテインを加えると、筋肉量などを減らすことなく健康的にやせることができるというわけ。

    このようなプロテインの効果が知られるようになり、一般人もダイエット目的でプロテインを活用するようになっています。
    各社メーカーは、ダイエットプロテインとして「ウェイトダウン」シリーズを販売。
    「ウェイトダウン」シリーズとは、単にタンパク質だけではなく、ダイエットのための栄養成分などを添加したサプリメント的なプロテインのことです。

    この記事では、ダイエットに適した飲みやすいプロテインを探すためのポイントをいくつかご紹介いたします。

    【こちらもCHECK】プロテインに関連するおすすめ記事はこちら

    ホエイプロテインおすすめ人気ランキングTOP15!効果についても【2018年最新版】

    2018.07.26

    ソイプロテインおすすめ人気ランキングTOP15!3つの効果についても【2018年最新版】

    2018.07.11

    カゼインプロテインおすすめ人気ランキングTOP15!効果や飲み方も【2018年最新版】

    2018.06.26

    ダイエットプロテインを選ぶ3つの選び方

    ① ダイエット効果

    プロテイン

    ダイエットプロテインの場合は、単にタンパク質だけではなくダイエットを応援するための栄養成分が含まれており、メーカー各社がこの栄養成分を工夫しています。

    含まれている成分のなかには、例えば下記のような成分が。

    • 食物繊維を添加することで血糖値の上昇を抑える。
    • ガルシニアエキスを添加することで食欲を抑える。
    • コラーゲンや美容成分を添加することで肌のハリつやをもたらす。
    • 脂肪燃焼効果のあるL-カルチニン。

    もちろんこうした成分が添加されることで、価格は通常のプロテインよりも高価になりがちですので、本当に自分にとって必要な栄養成分は何かをよく考えながら選ぶのがよいでしょう。

    【こちらもCHECK】ダイエット効果のある食品に関連するおすすめ記事はこちら

    サラシア茶おすすめ人気ランキングTOP5!効果・効能の解説も【2018年最新版】

    2018.08.16

    バジルシードおすすめ人気ランキングTOP5!ドリンクや食べ方についても【2018年最新版】

    2018.08.12

    ② 飲みやすさ

    プロテインは一般的にまずいものだと思われていますが、確かに「美味しい!」と言えるものは、あまりありません。

    ボディビルダーやスポーツ選手なら、まずくても我慢してプロテインを飲んでいるものですが、ダイエット目的でプロテインを飲む人にとっては「飲みやすさ」も重要な要素です。
    各社メーカーも、いかに飲みやすくするかを工夫しています。
    継続するためにも、「飲みやすさ」を必ずチェックしましょう。

    ③ タンパク質の含有量

    プロテイン

    ダイエットプロテインを選ぶ際は、どれほどタンパク質が含まれているかも重要です。
    タンパク質の含有量が多ければ多いほど、糖質や脂肪が少なく本格的なものなります。
    初心者向けのプロテインのなかには、タンパク質の含有量が50%~70%ほどのものが多く、スポーツ選手向けのプロテインは80~90%をこえる商品があります。

    100gあたり何gのタンパク質が含まれているかを計算してみることも、商品比較のうえでは重要です。

    ④ 値段と量のコストパフォーマンスで選ぼう

    我が家では朝のヨーグルトにプロテインを混ぜて食べたり、間食やおやつ代わりにプロテインを飲んだりしています。
    このように家族数人で毎日のようにプロテインを使うと一ヶ月の消費量は非常に多くなるため、継続のためには値段と量のコストパフォーマンスがよい商品を選ぶ必要があります。

    魅力的な栄養成分が添加されていても、あまりにも高価だと継続ができません。
    各社こだわりの栄養成分と、値段とのバランスをみて定期的に購入するプロテインを選ぶことが大切です。

    我が家ではコストパフォーマンスを重視し、100gあたりで何円になるのかを計算しながら、納得のいくダイエットプロテインを探しています。

    ダイエットプロテインの最安値と価格帯の特徴一覧

    シンプルなタンパク質のみのプロテインと、ダイエットや美容に役立つ栄養成分を添加したプロテインでは、価格に大きな違いが出ます。
    100gあたりの価格も考慮しながら比較するとわかりやすいでしょう。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約5,000円(100gあたり500円)~2,980円~3,980円(100gあたり200円~300円)約1.400円~(100gあたり140円)
    特徴ダイエット効果を高める栄養成分が入っています。飲みやすさとダイエット効果のバランスをはかっています。シンプルなタンパク質のみのプロテインです。

    ダイエットプロテインおすすめ人気ランキングTOP10

    ここまでは、ダイエットを成功させるためのプロテインの選び方についてお伝えしてきました。
    ここからは各社の製品の特徴を分析し、「ダイエット効果」「飲みやすさ」「タンパク質の含有量」「コストパフォーマンス」などの要素を比べて選び出した、ダイエットプロテインのランキングTOP10を紹介していきます!

    10位 女性ダイエット用 美尻&美脚WHEY PROTEIN 美容成分コラーゲン

    美尻&美脚WHEY PROTEIN
    ダイエット効果
    味・飲みやすさ
    タンパク質含有量
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:1,000g
    原材料:乳清たんぱく濃縮物、コラーゲンペプチド(ゼラチン)、ココアパウダー、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)
    栄養成分(1食20g):エネルギー 79.3kcal、タンパク質 15.0g、脂質 1.4g、炭水化物 1.9g、コラーゲン 2,000mg、ナトリウム 29.9mg、食物繊維 0.48g

    牛乳からとられたホエイプロテインをベースに、コラーゲンをたっぷり含んでいる美容系のプロテインです。
    ホエイプロテインは、大豆からとられたソイプロテインと比較すると、体内への吸収がよく飲みやすいと言われています。
    タンパク質は1食あたり15g含まれており、全体でみるとタンパク質含有量は75%です。

    コラーゲンなどの美容成分は高価なため、プロテインとしては100gあたり540円と安くはありません。
    コストパフォーマンスを求める方には向きませんが、コラーゲンをサプリメントなどで、別にとろうと思っていた方にはぴったりです。

    こんな方におすすめ

    • 女性向けのプロテインがほしかった方
    • コラーゲン成分をサプリでとりたい方

    9位 タンパクオトメ ぜいたくベリー 260g 美容専門プロテイン

    タンパクオトメ ぜいたくベリー
    ダイエット効果
    味・飲みやすさ
    タンパク質含有量
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:260g
    原材料:大豆たんぱく(大豆を含む)、乳清たんぱく(乳を含む)、海藻カルシウム、オリゴ糖、ビール酵母、りんごファイバー(りんごを含む)、グルコマンナン、コラーゲンペプチド(鮭由来ゼラチン)、赤ワインエキス末、アサイー末、カカオエキス末、乳酸菌(還元澱粉糖化物、乳酸菌)/ビタミンC、クエン酸、酸化マグネシウム、甘味料(羅漢果抽出物)、ヘム鉄、香料、ナイアシン、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、ビタミンE、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンA、葉酸、ビタミンD3、ビタミンB12(ノンカフェイン)
    栄養成分1食(15gあたり):1日女性平均摂取カロリー目安 全国平均1800~2200kcalに対し熱量:55.95kcal タンパク質:11.07g 脂質:0.54g 炭水化物:1.69g 食塩相当量:0.29kcal ビタミンB1:1.845mgビタミンB6:1.785mg葉酸:220µgビタミンC:325.5mgビタミンE:8.925mg

    女性のための美容に特化したプロテインです。
    大豆由来のソイプロテイン、牛乳由来のホエイプロテインを混ぜることで体内への吸収をスムーズにし、飲みやすいのが特徴。
    タンパク質含有量は1食あたり11gで、全体でみると73%を越えています。

    このプロテインのうれしいポイントは、美容成分が豊富に含まれているところ。

    • 肌のつややハリのために、コエンザイムQ10・ヒアルロン酸配合。
    • 女性に不足しがちな、鉄分補給のために、ヘム鉄・マグネシウム・海藻カルシウム・亜鉛を配合。
    • お腹をすっきりさせる成分として、乳酸菌(スマート乳酸菌)・オリゴ糖・こんにゃく(グルコマンナン)・りんご繊維(アップルファイバー)なども含まれています。

    100gあたり1,121円と、他社のプロテインと比較するとかなり高額ですが、美容系成分を意識する女性の方にはいいですよ。

    こんな方におすすめ

    • ソイ・ホエイの混合プロテインがよい方
    • 肌のハリやつやが気になる方
    • お腹をすっきりさせるための健康成分に惹かれる方

    8位 AYA’Sセレクション スーパーフード ソイプロテインスムージー 300g(15食分)

     AYA’Sセレクション スーパーフード ソイプロテインスムージー
    ダイエット効果
    味・飲みやすさ
    タンパク質含有量
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    原材料:粉末状大豆たんぱく、マルトデキストリン、大豆粉、リンゴ果汁パウダー、チアシード、ストロベリー果汁パウダー、グレープ果汁パウダー、イチゴフレーク、マカパウダー、ココアパウダー、アサイー果汁パウダー、マキベリーエキスパウダー、L-カルニチンL-酒石酸塩、黒胡椒抽出物/酸味料、増粘多糖類、香料、着色料(ブドウ色素、モナスカス)、V.C、甘味料(ステビア、スクラロース)、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12
    栄養成分(20gあたり):エネルギー 76.6kcal、タンパク質 7.9g、脂質 0.6g、炭水化物 9.9g、食塩相当量 0.27g、ビタミンA 385µg、ビタミンD 2.75µg、ビタミンE 3.15mg、ビタミンB1 0.6mg、ビタミンB2 0.7mg、ビタミンB6 0.65mg、ビタミンB12 1.2µg、ナイアシン 6.5mg、パントテン酸 2.4mg、葉酸 120µg、ビタミンC 50mg カルニチン 5mg、黒胡椒抽出物 5mg

    インスタフォロワー20万人を超える日本屈指のクロスフィットトレーナー・モデルのAYAが監修したプロテインとして有名です。
    プロテインというとボディビルダーやマッチョのためのものと考えて敬遠していた女性層にも、プロテインのよさを伝えることに成功した商品。
    SNSのフォロワーなどAYAさんに憧れている人たちが手に取ることが多いようですね。

    このプロテインの大きな特徴は、プロテインに慣れていない人でも非常に飲みやすいことです。
    商品名に「スムージー」と謳われているように、プロテインというよりは美味しいスムージーとして飲むことができます。

    ダイエット成分として、L- カルチニンや黒胡麻抽出物、5種類のスーパーフード(マカ、カカオ、チアシード、アサイー、マキベリー)などが含まれているのもうれしいポイント。
    ただしタンパク質の含有量は40%とかなり少なめで、炭水化物が50gと多めです。
    あくまでもプロテイン系サプリメントにひとつとして、活用するのがよいでしょう。

    値段は100gあたり668円と他社プロテインと比べると若干高めですが、AYAさんのブランドと飲みやすさなどを考えると、この価格の価値はあります。
    はじめてダイエットプロテインを使用したい女性の方は、お試しください。

    こんな方におすすめ

    • クロストレーナーAYAさんのファン
    • スムージーのような飲みやすいプロテインが好みの方
    • はじめてプロテインを飲んでみる方

    【こちらもCHECK】 スーパーフード ソイプロテインスムージーを紹介している動画はこちら

    7位 アルプロン -ALPRON- ウェイトダウンプロテイン レモンヨーグルト風味

    ダイエット効果
    味・飲みやすさ
    タンパク質含有量
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:1,050g
    原材料:植物性たん白、ポリデキストロース、L-カルニチン酒石酸塩、食塩、酸味料、香料、乳酸Ca、塩化マグネシウム、V.C、ナイアシン、V.E、パントテン酸Ca、V.B6、V.B2、V.B1、V.A、葉酸、V.D、V.B12、甘味料(スクラロース)、ヘム熱(一部に大豆を含む)
    栄養成分:エネルギー 36 kcal、タンパク質 6.6g、脂質 0.2g、炭水化物 6.8g、-食物繊維 4.9g、食塩相当量 0.3g(この表示値は目安です)

    アルプロンのダイエットプロテインです。

    このプロテインの大きな特徴は、ダイエットに効果的なL-カルチニンが添加されているところ。
    L-カルチニンは、脂肪燃焼をサポートしてくれる栄養成分として知られています。

    しかしタンパク質の含有量は50%を切ってしまうので、どちらかというとプロテイン初心者に向いている商品と言えます。
    100gあたり283円で、はじめて購入する人にも比較的入手しやすい価格帯ですね。

    コストパフォーマンスを重視し、これからプロテインを始めてみたい方はどうぞ。

    こんな方におすすめ

    • ダイエット成分を重視する方
    • 軽めのプロテインを選びたい方

    6位 ウイダー ウエイトダウンプロテイン フルーツミックス味 約60回分 900g

    ウイダー ウエイトダウンプロテイン
    ダイエット効果
    味・飲みやすさ
    タンパク質含有量
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:900g
    原材料:ホエイたんぱく、砂糖、ミルクカルシウム、L-カルニチンL-酒石酸塩、食用油脂、貝Ca、クエン酸、炭酸Ca、香料、乳化剤、ヒスチジン、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、酵素処理ルチン、V.C、ピロリン酸鉄、パントテン酸Ca、ナイアシン、V.E、V.B1、V.B2、V.B6、V.A、葉酸、V.D、V.B12
    栄養成分:熱量55kcal タンパク質7.5g 脂質0.5~1.0g 炭水化物 4.5g ナトリウム15~62mg
    カルシウム600mg鉄2.6mgビタミンA 150~370μgビタミンB1 0.33~0.75mgビタミンB2 0.37~0.70mgビタミンB6 0.33~0.67mgビタミンB12 0.67~4.5μg
    ナイアシン3.7~7.1mg葉酸67~300μgパントテン酸1.8~7.2mgビタミンC 35mgビタミンD 1.7~7.0μgビタミンE2.6mgカルニチン100mgヒスチジン225mgタンパク質無水物換算値7.9g

    ウィダーのダイエットプロテインです。
    味はフルーツミックス味で、水で溶かしただけで飲めるのがポイント。
    味は賛否両論ですが、味の好みというのは人によって違います。
    口コミを調べてみたり、試供品などがあれば店頭で味をチェックしてみるのもよいでしょう。

    この商品は、原材料がソイ(大豆)ではなく、ホエイ(牛乳)たんぱく。
    ホエイプロテインは水に溶けやすく、大豆臭がなく癖がないので飲みやすいと言われています。

    ダイエット中は食事制限で栄養素が偏りがちですが、普段の食生活でも不足しがちなカルシウムは思うようにとれなくなることがあります。
    このプロテインには600mgカルシウムが含まれているので、ダイエット中の食事バランスを整えてくれますよ。

    また以下のような、ダイエットに効果的な栄養成分が配合されています。

    • L-カルニチン(脂肪燃焼をサポートする栄養成分)
    • 必須アミノ酸(ヒスチジンには食欲を抑える効果がある)
    • EMR(抗酸化作用で運動時の活性酸素を除去)

    100gあたり496円ですが、その価格の裏付けとなる栄養成分が豊富です。
    タンパク質の含有量は50%ほどで、タンパク質成分のみの他社商品と比べると少し少なめ。
    タンパク質補給のみならず、豊富に含まれている痩せやすくするための栄養成分に期待する人に向いている商品です。

    こんな方におすすめ

    • 痩せやすくする栄養成分を取り入れたい方
    • ホエイプロテインが体に合っている方

    5位 明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g

    ダイエット効果
    味・飲みやすさ
    タンパク質含有量
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:1,050g
    原材料:脱脂大豆たんぱく、デキストリン、食塩、ガルシニアエキス、植物油脂、貝Ca、V.C、酸化Mg、香料、乳化剤、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース、アセスルファムK)、ピロリン酸第二鉄、ナイアシン、V.E、V.B2、V.B1、V.B6、パントテン酸Ca、V.A、葉酸、V.D、V.B12
    栄養成分:エネルギー79kcal ビタミンE 1.5mg タンパク質16.8g ビタミンB1 0.87mg 脂質0.9g ビタミンB2 0.93mg 炭水化物0.9g ナイアシン 5.8mg ナトリウム93~220mg ビタミンB6 0.64mg カルシウム192mg 葉酸96μg 鉄4.8mg ビタミンB12 0.2μgマグネシウム96mg パントテン酸 0.62mg ビタミンA 157μg ビタミンC 88mg ビタミンD2.2μg

    プロテインの有名メーカー、ザバスのダイエットプロテイン。
    ダイエットプロテインとしては、ザバスでは味のバリエーションは少なく、ヨーグルト風味しか販売されていません。
    ヨーグルトというよりは、バニラシェイクのような味だという評判です。
    残念ながら、この味がどうも苦手だという人も少なくないようなので、購入の際には口コミをチェックしたり一度試供品などで飲んでみたりするのがおすすめ。

    このプロテインは100gあたり375円で、ダイエットに適した栄養成分の添加を考えると、それほど高くはありません。
    1食分あたり(21g)、116mgのガルシニアエキスが配合されています。
    ガルシニアは、血糖値を一定に保つ働きをもち、空腹を感じにくくしてくれる栄養成分。
    さらに運動時に失われがちな11種類のビタミンと鉄・カルシウム・マグネシウムなどが配合されており、スポーツをしながらダイエットに取り組む人に最適な商品です。

    タンパク質含有量は84%で、本格的なプロテインを求めている方の需要にも十分応えられるので、バランスのよさが魅力。
    ある程度運動で体を作り込んでいる方や、本格的なプロテインを求めている方にぴったりです。

    こんな方におすすめ

    • ガルシニアエキスに期待している方
    • 運動をしながら痩せたい方
    • 本格的なプロテインを求めている方

    4位 Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン ココア風味 1kg

    ダイエット効果
    味・飲みやすさ
    タンパク質含有量
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:1,000g
    原材料:大豆たんぱく、脱脂粉乳、水溶性食物繊維、ココア、レシチン(大豆由来)、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、増粘剤(プルラン)、ビタミンC、クエン酸鉄Na、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12。
    栄養成分(製品20g当たり):エネルギー:77.5kcal、タンパク質:14.5g(タンパク質無水物換算値:15.2g)、脂質:1.1g、糖質:1.7g、食物繊維:0.7g、ナトリウム:135mg、カルシウム:30mg、マグネシウム:10mg、鉄:2.5mg、ビタミンA:100μg、ビタミンB1:0.2mg、ビタミンB2:0.2mg、ビタミンB6:0.2mg、ビタミンB12:0.4μg、ビタミンC:17mg、ビタミンD:1.1μg、ビタミンE:1.6mg、ナイアシン:2.2mg、パントテン酸:1.3mg、葉酸:44μg。

    kentaiは老舗のプロテインメーカーで、長年のファンが多いことで知られています。
    タンパク質含有量は72%で初心者も飲みやすいタイプ。
    ココア味は飲みやすく人気があり、あまりプロテインになれていない人でも抵抗なく飲めます。

    この商品の注目すべき点は、食物繊維であるファイバー入り大豆プロテインであるというところ。
    食物繊維は第六の栄養素としてぐっと注目されていて、食物繊維が含まれている食事は血糖値の急上昇を抑え、脂肪をためにくい体を作るといれています。
    プロテインのほかに野菜などを食べつつ食物繊維を補完する必要がありますが、このプロテインさえ飲んでいれば、総合的に痩せやすい体を作ってくれるというわけです。

    この商品は100gあたり310円と、ダイエット成分を安価な食物繊維に絞っているので、比較的安価に購入できます。
    飲みやすくコストパフォーマンスに優れたプロテインを求める方におすすめです。

    こんな方におすすめ

    • 食物繊維を摂りたい方
    • 総合的に痩せやすい体を作りたい方

    【こちらもCHECK】Kentai ウェイトダウン ソイプロテインのレビュー動画はこちら

    3位 ビーレジェンド ホエイプロテイン ペコちゃん ミルキー風味1kg

    ダイエット効果
    味・飲みやすさ
    タンパク質含有量
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:1,000g
    原材料:乳清たんぱく(乳成分を含む)、練乳パウダー、食用植物油脂、マルトデキストリン、食塩/香料、甘味料(スクラロース、アセスルファムカリウム)、乳化剤(乳・大豆由来)、加工デンプン、ビタミンC、ビタミンB6
    栄養成分(一食30gあたり):エネルギー119.1kcal タンパク質21.0g脂質1.8g炭水化物4.7g食塩相当量0.2g ビタミンC 36.9mgビタミンB6 1.8mg

    このプロテインの特徴は、とにかく「飲みやすいこと」です。
    不二家とビーレジェンドの異色のコラボが実現し練乳味のするプロテイン。
    あまりにも美味しくてどんどん飲めてしまうと話題になりました。

    100gあたり389円とそれほど安価ではありませんが、飲みやすさがとても好評です。
    甘味はついていますが、糖質量は1食(30g)あたり4.7gで一般的なプロテインとほとんど変わらず、タンパク質含有量も70%越え。

    ダイエットのためにプロテインを飲み始めたにも関わらず、味がまずくてやめてしまったという人が少なくないので「飲みやすさ」は重要な要素といえますね。
    ダイエットのための栄養成分などは含まれていませんが、とにかく飲みやすくしてプロテインを飲む習慣をつけるのに適している商品です。

    なんと言っても続かなければ意味がないので「味にこだわる」というのが潔くて、私はとても好きなプロテインのひとつです。
    プロテインは「まずい」とためらっている方はお試しください!

    こんな方におすすめ

    • とにかく美味しいプロテインでないと無理な方
    • ミルキーの練乳味が大好きな方

    【こちらもCHECK】ビーレジェンド ホエイプロテイン ペコちゃんのレビュー動画はこちら

    2位 大豆プロテイン 1kg チョコレート 飲みやすいソイプロテイン

    ダイエット効果
    味・飲みやすさ
    タンパク質含有量
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:1,000g
    原材料:脱脂大豆(非遺伝子組み換え/アメリカ産ほか(※中国産大豆は使用していません)、ココアパウダー(カカオ豆100%)、レシチン(大豆由来)、香料
    栄養成分(100g中):エネルギー 360kcal タンパク質 83.8g(無水物換算88.1g) 脂質 0.2g
    糖質 5.1g 食物繊維 6.8g ナトリウム 515mg カルシウム 611mg

    シンプルな大豆原料のプロテインで、トレーニングを行う人にも愛用者が多くいます。
    飲みやすくするためにココアパウダーが添加されているため、チョコレートのような香り。
    甘みは添加されていないので、あくまでもチョコレート風味になるだけで、糖質量などを気にする必要がないのはメリットですね。

    牛乳と混ぜて飲むと、ミロやココアのような風味になって美味しく飲めますよ。
    我が家では、食事時にタンパク質が不足しているときや、間食で少しお腹を落ち着かせたいときにこのプロテインを飲んでいます。
    余分な添加物が入っていないので、プロテインを使ったダイエットに慣れている人向け。

    タンパク質含有量は83%ですし、100gあたり210円なのでコストパフォーマンスも優れています。
    ダイエット向けの栄養成分が多く含まれているよりも、飲みやすくコストパフォーマンスに優れた商品を探している方にぴったりです。

    こんな方におすすめ

    • 原料がシンプルなものを選びたい方
    • 飲みやすいプロテインを探している方

    1位 New 大豆プロテイン 1kg(アメリカ産)飲みやすい ソイプロテイン NICHIGA

    ダイエット効果
    味・飲みやすさ
    タンパク質含有量
    コストパフォーマンス
    総合おすすめ度

    内容量:1,000g
    原材料:大豆タンパク、大豆レシチン(遺伝子組換え大豆は使用しておりません。)
    栄養成分(製品100gあたり):熱量380kcalタンパク質85.0g(無水換算)90.4g 脂質3.0g 炭水化物1.0g ナトリウム900mg(食塩相当量)2.3g 水分6.0g 灰分5.0g カリウム75mg カルシウム50mg マグネシウム 25mg 鉄8mg リン700mg

    タンパク質含有量は85%で、大豆だけを原料にしたシンプルで本格的なソイプロテイン。
    無味無臭でプレーンのプロテインのため、牛乳や豆乳で割ったり、ジュースに混ぜたり、調理に使ったり、使い方のバリエーションが広がります。

    ダイエットプロテインとして使う場合は、毎日の生活に定期的にとりいれることが必要ですから、値段と量のコストパフォーマンスが重要なポイント。
    この商品は、現在(2018年7月22日時点)最も安いソイプロテインで、100gあたり139円と破格の値段です。

    プロテインの粉が舞いやすいことや溶けづらいことなど、NICHIGA(ニチガ)の新規製法のプロテインと比べると不満もないわけではありませんが、なんといっても安価!
    この値段だったら何でも許せてしまいますね。

    毎日かなりの量を飲んでも家計の負担にならないので、プロテインを飲む習慣がついてきたら、このように安価で継続できる製品を選ぶのがよいでしょう。
    シンプルで癖がなく、なおかつ非常に安価なプロテインを探しておられる方は、ぜひお試しください!

    こんな方におすすめ

    • 毎日飲むのでコストパフォーマンスが大事な方
    • 味を特に気にしない方
    • 最安値のプロテインを探している方

    ダイエットプロテインの使用上の3つの注意点

    ① プロテインを飲むタイミングに気をつける

    プロテイン

    スポーツ選手などの場合筋肉量を増やす目的があるので、プロテインを運動直後に筋繊維の回復のために飲むことが多いです。
    しかしダイエット目的でプロテインを飲む場合は、必ずしも運動の直後でなくてもかまいません。

    おすすめは、1日のうち一食をプロテインに置き換えること。
    特に朝食にプロテインをとりいれるのは、自然にできるよい方法です。
    私は、毎朝食べているヨーグルトにプロテインを追加して、15kgほど痩せることができました。
    朝からしっかりタンパク質をとると腹持ちがよく、午前中いっぱい間食などしないでも動き回ることができます。

    また夕食前に、プロテインを牛乳やジュースに溶かして飲むのもおすすめです。
    ある程度空腹感が満ちると、夕食にお腹いっぱい食べられないので、ダイエットにはぴったりですよ。

    【こちらもCHECK】置き換えダイエットに関連するおすすめ記事はこちら

    置き換えダイエットおすすめ人気ランキングTOP10!効果についても【2018年最新版】

    2018.08.08

    ② 美味しい飲み方を工夫する

    プロテイン

    スポーツ選手はプロテインに味を求めないものですが、ダイエット目的でプロテインを飲む人には「飲みやすさ」が大事。
    ココアやチョコレート味がついているプロテインなら、牛乳や豆乳に混ぜることで美味しく飲めます。

    味のついていないプレーンタイプなら、100%オレンジジュースに混ぜて飲むと、ほとんど違和感を感じずに飲むことができます。
    コーンポタージュのなかにプロテインを入れたり、味の濃いスープのなかに入れたりするのもおすすめ。

    我が家では、プレーンタイプのプロテインをヨーグルトに入れ果物などで甘味をつけて食べています。
    慣れるととても美味しいですよ。

    継続のためには「飲みやすさ」は欠かせない条件なので、工夫しながら自分が「美味しい」と思える飲み方を開発してみましょう。

    【こちらもCHECK】豆乳でさらに美味しく!おすすめの無調整豆乳を紹介している記事はこちら

    無調整豆乳おすすめ人気ランキングTOP10!飲み方や効果の解説も【2018年最新版】

    2018.09.29

    ③ 過剰摂取に注意

    プロテイン

    現代人の食生活では、タンパク質は基本的に不足気味。
    そのため、普通の食事をしていてもタンパク質を過剰に摂りすぎてしまうリスクはありません。
    しかしプロテインだと、粉にして溶かして飲めば過剰摂取もあり得るので注意が必要です。

    プロテインの過剰摂取は、肝臓や腎臓に負担をかけてしまいます。
    特にタンパク質を分解する過程で、人体は窒素を尿素の形にかえて排泄しようとします。
    あまりにもタンパク質が過剰に入ってくると、腎臓はタンパク質を処理できなくなってしまい、尿の中にタンパク質が流れ出るように。
    特にもともと腎臓疾患がある方は、医師の診断をあおいでからプロテインを使用することを忘れないようにしてください。

    またプロテインを過剰摂取すると、カロリーオーバーになります。
    カロリーを取りすぎると体脂肪が増え、太るのは理解できますね。
    ダイエットプロテインだからいくらでも食べてよい、というわけではありません。

    あくまでもプロテインは食品のひとつですので、食べ過ぎは禁物であることを理解しつつ、毎日の食事のパターンに上手に組み入れてみましょう。

    Amazon&楽天のプロテイン人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    ダイエットプロテインで健康的に痩せよう!

    プロテイン

    プロテインと聞くと「スポーツやっていないし自分には関係ない」と思う人がいます。
    私も過去にはそうでした。
    でも一度試してみると、何年も続けていく健康的なダイエットにはプロテインがぴったりだということがわかってきます。
    今では、ダイエットプロテインは手放せません!

    ぜひダイエットプロテインを活用して、健康的なダイエットを成功させてくださいね!

    【あわせて読みたい】プロテインやサプリに関連するおすすめ記事はこちら

    プロテインバーおすすめ人気ランキングTOP15!摂取効果や自作プロテインレシピも【2018年最新版】

    2018.05.31

    BCAAサプリおすすめ人気ランキングTOP10!効果や副作用、飲み方についても【2018年最新版】

    2018.05.07

    アミノ酸サプリおすすめ人気ランキングTOP15!効果や副作用についても【2018年最新版】

    2018.04.30

    プロテインシェイカーおすすめ人気ランキングTOP15!500mlや大容量のものも【2018年最新版】

    2018.03.13

    プロテインおすすめ人気ランキングTOP15!プロテインバーやシェイカーも【2018年最新版】

    2018.03.06

    ABOUTこの記事をかいた人

    ヨシ ノリハラ

    健康ライター・健康研究家

    糖質制限ダイエットを実践し、2年で15キロほどのダイエットに成功しました。
    それをきっかけに、身体の仕組みや栄養素について勉強するようになりました。
    これらの分野で、家族や友人に自然に勧めたくなる情報を発信中です。