猫用ドライフードおすすめ人気ランキングTOP10!子猫に与えるのはいつから?作り方・保存法も【2018年最新版】

ABOUTこの記事をかいた人

内海アロハ

ペット業界歴6年
ペットショップ、ペット用品の通信販売店に在籍した経験を活かし執筆しています。
ペットを飼った経験もありますので新しく家族となるペットを迎える方、またペット用品をお探しの方に、ためになる情報を発信できればと思っています。

    選び方のポイント

    • ライフステージで選ぶ
      →年齢や健康状態などにあわせた種類を適切に選ぼう。
    • 原材料で選ぶ
      →原材料の表記をよく確認して購入しよう。
    • 袋の大きさで選ぶ
      →頭数や食事回数にあわせた大きさの袋を適切に購入しよう。
    猫 ドライフード キャットフード

    猫がご飯を待っている鳴き声や仕草、食べているときの顔を見ていると、飼い主は幸せな気持ちになりますよね。
    人間と同じように、猫にとってもご飯選びはとても重要です。
    しかしご飯といっても種類もいろいろあって、迷ってしまう方も多いはず。
    そこで今回は、猫のご飯のなかでも「ドライフード」についてご紹介します。

    目次

    猫用ドライフードとは?

    ナチュラルチョイス スペシャルケア 穀物フリー アダルト(成猫用) サーモン 2kg (正規品)

    ナチュラルチョイス スペシャルケア 穀物フリー アダルト(成猫用) サーモン 2kg (正規品)

    キャットフードは含まれている水分の量によって大きく3つに分けられ、ウェットタイプ、セミモイストタイプ、ドライタイプがあります。
    水分を70%以上含んでいるのがウェットタイプで、老猫にも食べやすいやわらかな食感です。
    主にレトルトパウチや缶詰で販売されています。
    水分を25~35%程度含んだセミモイストタイプは、ドライフードのように発泡や乾燥をしていません。
    水分を保つために湿潤の調整をして、硬さを半生の状態に仕上げています。
    水分含有量が10%以下のドライフードは、栄養バランスに優れており、水分を抑えてあるためカビが生えず、保存もしやすいです。
    水分が少ないので硬く、食べながらできる歯磨き効果を謳った商品もあります。
    また猫ちゃんが噛みやすいように、粒の大きさや形状は各メーカーで研究されており、メーカーによっては、猫種の特長にあわせた粒を開発しているところもあります。
    留守がちなお宅で、ウェットタイプやセミモイストタイプを与えていると、猫が食べなかったときにキャットフードが傷んだり、雑菌が増えたりする心配がありますが、ドライフードであればそのような心配も無用です。

    【こちらもCHECK】キャットフード、猫の食べ物に関するおすすめ記事はこちら

    猫草おすすめ人気ランキングTOP15!種類や食べすぎの危険性も【2018年最新版】

    2018.04.30

    ウェットタイプのキャットフードおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

    2018.04.30

    キャットフードおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.04.27

    子猫のドライフードデビューはいつから?

    猫 キャットフード

    ドライフードデビューの時期

    産まれて間もない子猫は母猫の授乳またはミルクで育てます。
    子猫の乳歯が生え揃う1.5~2ヵ月くらいから徐々にご飯の練習をはじめていきましょう。
    はじめは子猫用の離乳食やウェットフードからスタートするのがよいです。
    最初から食べてくれる子ばかりではないので、根気よく少しずつ慣らしてあげましょう。
    ごはんを食べることに慣れてきた頃、ウェットタイプからふやかしたドライフードへ少しずつ移行していくのが理想的です。
    子猫の体調を見ながら少しずつ変えていき、消化不良を起こしたり嘔吐したりせず、体重が順調に増えていれば、ドライフードに移行できているということです。

    子猫用のドライフードの作り方

    顎の力が弱く消化不良を起こしやすい子猫には、いきなりカリカリのドライフードを与えてはいけません。
    まずは子猫用のドライフードを用意し、水またはぬるま湯とドライフードが半々になるくらいに浸します。
    10分程浸してドライフードの芯が残っていないか確認し、残っている場合は芯がなくなる程度まで時間をおいてください。
    ふやかすときに使った水やぬるま湯にはドライフードからの成分が出ているので、捨てずに一緒に与えましょう。
    芯がなくなりふやけたドライフードはスプーンの裏や、すりこぎを使ってつぶし、食べやすいようにペースト状にします。
    子猫の成長にあわせてふやかす水やぬるま湯の量を減らし、徐々にペースト状から固形のドライフードの硬さまで変えていきましょう。
    また、ふやかしたドライフードは傷むのが早いので、まとめて作らず毎食ごとに新しいものを作ってあげてください。

    猫用ドライフードの3つの選び方

    ① ライフステージで選ぶ

    猫 キャットフード 餌

    キャットフードは目的別に、総合栄養食、間食、一般食があります。
    人間でいうと総合栄養食は主食となるごはんで、間食はおやつ、一般食はおかずといったところです。
    そのためドライフードを選ぶときには総合栄養食を選ぶようにしましょう。
    フードは子猫・成猫・高齢猫と、それぞれのライフステージにあわせて、必要な栄養バランスと健康サポートを考えて作られています。
    成長段階によって必要なカロリーや栄養バランスは変わるので、猫の年齢にあったドライフードを選択してください。
    それ以外にも猫のニーズに応じて、肥満が気になる猫にはダイエット用、毛玉が気になる猫には毛玉コントロール用なども販売されています。

    ② 原材料で選ぶ

    餌 材料

    猫はもともと肉食の動物です。
    そのため穀物を食べると、アレルギーや消化不良を起こすことがあります。
    最近ではグレインフリー(穀物不使用)のドライフードも増えています。
    ドライフードの原材料表記を見て、最初に肉類が表記されていれば、肉の含有が多いドライフードということです。
    逆に穀物が先に表記されているものは、価格を下げるために穀物が使用されていることが多く、アレルギーや消化不良の原因となるためおすすめしません。
    原材料の表記は原則として配合量の多い順番で記載され、添加物を含めてすべて表示されているので必ず確認しましょう。

    ドライフードの味は肉や魚が人気です。
    原材料としては鶏や七面鳥、サーモン、マスなどが使われています。
    魚でもアレルギーを起こす猫もいるので、様子を見ながら好んで食べる味のものを選びましょう。

    ③ 袋の大きさで選ぶ

    餌 袋 中身

    ドライフードは袋を開けたときから、成分の脂質が酸素に触れ酸化がはじまります。
    厄介なのは、酸化したドライフードは見た目にあまり変化がないことです。
    各メーカーで内容量ごとに小袋・中袋・大袋などで販売していますが、猫の頭数や食べる量を考えずに購入してしまうと、酸化が進んだドライフードを猫に与えることになりかねません。
    購入するときはドライフードのパッケージに表示されている食事量を参考に、1ヵ月くらいで食べきれる量のフードが入った大きさのものを購入するようにしましょう。

    猫用ドライフードの最安値と価格帯の特徴一覧

    猫用ドライフードの価格は、小袋でおよそ500円~3,000円。
    国内メーカーか否か、原材料の中身などで価格は異なります。
    ここでは一般的なペットショップで購入できるドライフードの、小袋の価格帯をご紹介します。

    最安値売れ筋・人気高額・高級品
    価格約500円~約1,200円~2,000円約2,000円~
    特徴おもにエコノミーフードといわれているドライフード。
    品質を最低限度にして値段を安く抑えています。
    おもにプレミアムフードといわれているドライフード。
    高品質な原材料使用のためエコノミーフードより値段は高くなりますが、安心して与えられます。
    おもにホリスティックや療法食と言われているドライフード。
    特定の病気や疾患に特化したフードのため値段は少し高め。病院で処方が必要な場合もあります。

    猫用ドライフードおすすめ人気ランキングTOP10

    ここからはペット業界で6年働いていた筆者が、品質やコスパを基準に厳選した商品ランキングTOP10を紹介します!

    10位 シーバ デュオ 鶏ささみ味と海のセレクション 240g


    シーバ (Sheba) デュオ 鶏ささみ味と海のセレクション 240g
    安全性
    品質
    価格
    総合おすすめ度

    原材料:肉類(チキンミール、豚副産物、チキンエキス、ささみエキスなど)、穀類(とうもろこし、米、小麦など)、油脂類、酵母、魚介類(かつおエキス、ひらめエキス、ほたてエキス、まぐろエキスなど)、チーズパウダー、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(Ca、Cl、Cu、I、K、Mn、 Na、 Zn)、 アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、着色料(酸化鉄)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)
    原産国:カナダ
    内容量:240g

    1箱で4つの味が楽しめる、グルメな猫ちゃんも大満足なドライフード。
    「まぐろとクリーミーチーズ味」「ささみとほたて味」「ひらめとかつお味」「まぐろと鶏ささみ味」と、鶏ささみをメインに海の幸とあわせて美味しさをとじ込めています。
    外はカリカリ、中はクリーミーな2層の味わいを楽しめるのもシーバデュオならでは。
    総合栄養食なので主食としてはもちろん、ちょっとしたおやつとしても与えられるのがうれしいポイントです。

    9位 ピュリナ ワン 成猫用 美味を求める成猫用 チキン 2.2kg

    安全性
    品質
    価格
    総合おすすめ度

    原材料:チキン、米、コーングルテンミール、家禽ミール、小麦粉、油脂類(牛脂、大豆油)、とうもろこし、フィッシュミール、大豆たんぱく、酵母、フィッシュパウダー、たんぱく加水分解物、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、カラメル色素、ピロリン酸ナトリウム、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、アミノ酸類(リジン、タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
    原産国:アメリカ
    内容量:2.2kg

    好きなものだけ選り好みして、栄養が偏りやすい猫におすすめの、良質で新鮮なチキン味のドライフードです。
    風味を逃さずにいつでも新鮮なフードが食べられる便利な分包タイプ。
    尿路結石の原因として心配されるマグネシウム値を約0.09%に調整し、尿石が形成しにくいように配慮されています。
    また消化吸収性がよい原材料を配合してお腹の調子を整えるようにサポート。
    同じフードでも飽きずに食べられて、栄養をしっかり補って欲しいと考えている方におすすめです。

    【こちらもCHECK】ピュリナワンを紹介している動画はこちら

    8位 ホリスティックレセピー 猫用 1.6kg

    安全性
    品質
    価格
    総合おすすめ度

    原材料:鶏肉、鶏肉粉、米、豆粉、鶏脂、乾燥卵製品、豆タンパク、ポテトタンパク、ツナミール、ナチュラルフレーバー、酵母エキス、ひまわり油、アルファルファミール、ビートパルプ、オーツ麦繊維、トマト粗、醸造酵母、亜麻仁、クランベリーパウダー、チコリエキス、ユッカフォーム抽出物、塩化カリウム、塩化ナトリウム、リン酸、DL-メチオニン、タウリン、アスコルビン酸、イノシトール、塩化コリン、ミネラル類(アミノ酸キレート化鉄、アミノ酸キレート化亜鉛、アミノ酸キレート化銅、アミノ酸キレート化マンガン、アミノ酸キレート化コバルト、鉄、亜鉛、炭酸カルシウム、銅、マンガン、セレン、ヨウ素、コバルト)、ビタミン類(A、D3、E、ナイアシン、パントテン酸、B1、B2、B6、葉酸、ビオチン、B12)、サッカロマイセス・セレビシエ、ラクトバチルス・アシドフィルス、エンテロコッカスフェシウム、アスペルギウス・ニガー、バチルス・サブチルス、酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリーエキス)
    原産国:アメリカ
    内容量:1.6kg

    ホリスティックレセピーはアメリカで作られていますが、日本に住む猫ちゃん専用に作られたドライフードです。
    幼猫から成猫(7歳)までに対応した総合栄養食で、日本特有の気候や、住環境、生活環境を念頭に置いて作られました。
    毎日の猫の健康維持に必要な栄養バランスはもちろん、尿結石、皮膚や毛艶、免疫力、ヘアボールケア、お腹の調子など、さまざまな健康維持に配慮しています。
    人気のチキン&ライス味で、小麦、合成保存料、着色料、人工香料は使用していないので安心して与えらます。

    【こちらもCHECK】ホリスティックレセピーのレビュー動画はこちら

    7位 シーバデュオ 香りのまぐろ味セレクション 240g

    安全性
    品質
    価格
    総合おすすめ度

    原材料:肉類(チキンミール、豚副産物、チキンエキス、ささみエキス等)、穀類(とうもろこし、米、小麦等)、油脂類、酵母、魚介類(まぐろエキス、ずわいがにエキス、たいエキス、ほたてエキス等)、チーズパウダー、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(Ca、Cl、Cu、I、K、Mn、Na、Zn)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、着色料(赤40、カラメル色素、酸化鉄)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)
    原産国:カナダ
    内容量:240g

    外はカリカリなのに、噛んだら舌の温度でとろけるクリームが出てきて、猫も大喜びの一品。
    飽き性でフードの食べムラが多い子のために、人気のまぐろを中心にセレクトした4種類の味が楽しめます。
    「まぐろとずわいがに味」「まぐろとたい味」「まぐろとほたて味」「まぐろと鶏ささみ味」と、どれもおいしそうですね。
    総合栄養食なのでしっかり主食として与えられ、グルメな猫におすすめです。

    6位 ロイヤルカナン センシブル 猫用 2kg

    安全性
    品質
    価格
    総合おすすめ度

    原材料:肉類(鶏、七面鳥)、米、動物性脂肪、植物性分離タンパク、とうもろこし、小麦粉、小麦、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、コーングルテン、酵母および酵母エキス、ビートパルプ、魚油、植物性繊維、大豆油、フラクトオリゴ糖、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン)、ゼオライト、塩化アンモニウム、ミネラル類(Ca、K、Cl、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B1、B6、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)
    原産国:フランス
    内容量:2kg

    お腹がゆるくなりやすかったり、すぐにフードを吐いてしまったりする子は、デリケートな体質でうまく消化ができていない可能性があります。
    まず猫ちゃんの体質を観察し、デリケートな子には消化性の高いフードを選んであげてください。
    消化性の高いフードとしておすすめしたいのが、このロイヤルカナンのセンシブル。
    健康的に消化ができるように、ロイヤルカナン独自の栄養成分(超高消化性タンパク)とプレバイオティックスを配合し、腸内細菌のバランスを整えてくれます。
    また3種類の異なる形状の粒と厳選されたフレーバーで食いつきを促進。
    胃腸が敏感で消化しづらい猫の負担を考え、高エネルギーに調整し食事量を減少させ、消化負担を減らすように考えられたドライフードです。

    5位 ロイヤルカナン キトン 子猫用 2kg

    安全性
    品質
    価格
    総合おすすめ度

    原材料:肉類(鶏、七面鳥)、米、植物性分離タンパク、動物性脂肪、とうもろこし粉、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、小麦粉、コーングルテン、酵母および酵母エキス(マンナンオリゴ糖およびβ-グルカン源)、ビートパルプ、植物性繊維、魚油(EPA/DHA源)、大豆油、フラクトオリゴ糖、サイリウム、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(L-リジン、タウリン、DL-メチオニン、L-カルニチン)、ゼオライト、β-カロテン、ミネラル類(K、Cl、P、Mg、Ca、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)超高消化性タンパク(消化率90%以上)
    原産国:フランス
    内容量:2kg

    猫にあったサポートができるように、きめ細かく製品を細分化しているロイヤルカナンの製品。
    子猫用を成長前期と成長後期の2つに分け、それぞれの成長段階に必要な栄養バランスを考えて作られている点は、他社にはあまり見られない特徴です。
    成長前期は体がぐんぐんと大きくなる時期なので、それにあわせて高栄養・高脂肪に作られています。

    そして今回ご紹介するキトンは子猫用成長後期の製品です。
    子猫の成長が落ち着く時期であるため、成長前期ほどカロリーは高めではありませんが、それでもしっかり消化性を高め、ビタミンEを含む抗酸化成分の配合で免疫力をサポートできるよう、成長前期の製品を引き継いで作られています。
    また製品のリニューアルにより原材料の配合の割合を変更し、これまで以上に子猫の成長にあうように作り変えられました。

    4位 ピュリナ ワン 避妊・去勢した猫の体重ケア ターキー 2.2kg

    安全性
    品質
    価格
    総合おすすめ度

    原材料:ターキー、米、コーングルテンミール、家禽ミール、大豆ミール、とうもろこし、酵母、フィッシュミール、セルロース、油脂類(牛脂、大豆油)、大豆たんぱく、大豆外皮、たんぱく加水分解物、ほうれん草、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、カラメル色素、ピロリン酸ナトリウム、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、B12、コリン、K、ビオチン)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
    原産国:アメリカ
    内容量:2.2kg

    ピュリナワンは、猫の健康に必要な6要素を満たすプレミアム・ニュートリション・フードです。
    健康6要素とはピュリナの獣医師が提唱するもので「理想的な体格」「抵抗力の維持」「健康的な骨格と関節」「消化吸収性と便」「皮膚・被毛の健康と目の輝き」「健康な歯」です。
    ピュリナワンはライフステージにあわせて13種類のラインナップがありますが、そのなかでも今回は避妊・去勢した猫の体重ケア用をご紹介します。
    こちらの商品はその名の通り、避妊・去勢手術後からすべての年齢の猫に与えられるドライフードです。
    個体差はありますが、避妊・去勢手術後の猫は食欲が増え体重が増加する傾向にあるので、理想的な体型・体重維持をサポートできるように低脂肪・低カロリーに作られています。
    ミネラルバランスの調整により、尿のpH値をコントロールし尿路の健康にも配慮。
    また毛玉ケアのために、天然の食物繊維を同シリーズの成猫用チキンよりも約180%多く配合し、便と一緒にしっかり排出できるようにサポートしました。
    粒は食べやすい小粒サイズで、便利な分包タイプのため開封したあとも風味が長期間保てます。(4kgサイズを除く)

    3位 ニュートロ ナチュラルチョイス キャット 避妊・去勢猫用 アダルト 白身魚 2kg

    安全性
    品質
    価格
    総合おすすめ度

    原材料:生白身魚、乾燥チキン、粗挽き米、エンドウタンパク、鶏脂、玄米、ポテトタンパク、アルファルファミール、ビートパルプ、オーツ麦繊維、オートミール、タンパク加水分解物、大豆油、亜麻仁、ユッカ抽出物、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物
    原産国:アメリカ
    内容量:2kg

    厳選した自然素材を使用して作られ、愛猫家さんから安心して与えられるフードとして長く愛されているナチュラルチョイスの製品。
    こちらの製品はDHAやEPAを豊富に含んだ生の白身魚を第一主原料とし、味にうるさい猫でも満足できるように考えて作られています。
    また避妊・去勢を行うことで消費カロリーが低下して、肥満になりやすくなる猫のために、カロリーと脂質を抑えて肥満防止をサポート(同ブランドの室内猫用 成猫用 製品よりもカロリー約4%オフ、脂質約12%オフ)。
    猫のきれいな毛艶のためにリノール酸を豊富に含む鶏脂や亜鉛を配合、また、毛玉対策として自然由来の食物繊維をバランスよく取り入れ、飲み込んだ毛の排出をサポートします。
    避妊・去勢後の猫のために、栄養バランスと健康サポートの両方を考えて作られた、安心して与えられるドライフードです。

    【こちらもCHECK】ニュートロ ナチュラルチョイス キャット 避妊・去勢猫用 アダルト 白身魚のレビュー動画はこちら

    2位 ニュートロ ナチュラルチョイス 穀物フリー アダルト サーモン 2kg

    安全性
    品質
    価格
    総合おすすめ度

    原材料:生サーモン、乾燥チキン、エンドウタンパク、鶏脂、乾燥ポテト、ポテトスターチ、エンドウマメ、アルファルファミール、ポテトタンパク、ビートパルプ、タンパク加水分解物、大豆油、ユッカ抽出物、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物
    原産国:アメリカ
    内容量:2kg

    ナチュラルチョイスの製品は、もともと肉食だった猫のために、従来の乾燥ミールだけでなく、生肉・生魚を第一主原料に使用。
    乾燥ミールに比べて加工工程を少なくし、低温管理する独自の製造技術によって素材本来の新鮮さとおいしさを封じ込めています。
    そのなかでもこちらの製品は、穀物が苦手な猫ちゃんのために穀物不使用を実現しました。
    アレルゲンになりにくい主原料のみを使用し、主なタンパク源には生のサーモンとお腹にやさしくエネルギー効率のよいポテトを取り入れることで、おいしさと栄養バランスに配慮しています。
    ナチュラルチョイスの製品はペットショップなどの店頭でも手に入りやすく、愛猫家に長年愛されているキャットフードです。

    【こちらもCHECK】ニュートロ ナチュラルチョイス 穀物フリー アダルト サーモンのレビュー動画はこちら

    1位 ロイヤルカナン FHN インドア 2kg 猫用

    安全性
    品質
    価格
    総合おすすめ度

    原材料:肉類(鶏、七面鳥)、米、小麦、とうもろこし、植物性分離タンパク、動物性脂肪、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、小麦粉、植物性繊維、ビートパルプ、酵母および酵母エキス、大豆油、フラクトオリゴ糖、魚油、サイリウム、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(Ca、Cl、Na、K、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B1、B6、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)
    原産国:フランス
    内容量:2kg

    ロイヤルカナンはブリーダーや獣医師など、ペットの専門家と研究し作られている製品です。
    世界のさまざまな専門家の声を集めて作られているため、日本猫や洋猫など細かく分けられた猫種専用のドライフードが作られているのも特長の一つ。
    そのなかでもインドアという製品は、生後12ヵ月齢から7歳までの室内で生活している猫の健康維持を考えたフードです。
    室内飼いの猫は、外に自由に出て運動がたくさんできる猫に比べると、どうしても運動量が少ないです。
    運動不足は消化器の働きを緩慢にし、においが強い糞便をする原因となります。
    そのため消化のよい食事で、うんちのにおいや量を軽減するように考えて作られています。
    また太りすぎないように適度なカロリー含有量で体重維持をサポート。
    毛玉対策として食物繊維を配合することで、健康な腸の働きを促し、飲み込んだ毛の排泄にも配慮しています。
    韓国にロイヤルカナンの新工場が完成し、韓国の一部の食事事情や衛生面から、原産国が韓国に変わるのが心配といった声があります。
    この情報に関してロイヤルカナンに確認したところ、現時点では犬用療法食の一部は韓国工場に変わりますが、猫のドライフードは今まで通りフランス工場で製造されるとのことでした。(2018年7月30日現在)

    猫用ドライフードの保存方法

    ドライフードは水分含有量が少ないため、ウェットフードよりも日持ちはしますが、一度封を開けたときから酸化は進んでいきます。
    封を開けたドライフードは、空気になるべく触れないようにしっかり密封し、日の当たらない涼しい場所で保管するようにしましょう。(冷蔵庫は不向き)
    市販の保存容器やジップロックを使うと保存しやすいのでおすすめです。
    また猫の食べ残しはそのまま放置せず捨てるようにしてください。

    猫用ドライフード 使用上の3つの注意点

    ① 新しい種類のドライフードに切り替えるときの注意

    キャットフード 猫

    今まで与えていたドライフードから違う種類に変えるときは、猫の体がすぐには新しいフードに慣れないため、いきなり変えないでください。
    猫が体調を崩さないように現在のフードを毎日少しずつ減らし、その分新しいフードを増やしながら体調や様子を確認し、一週間くらいかけて切り替えましょう。
    猫によっては同じ味に飽きて食べなくなることもあるので、事前にいくつかのフードに慣らしておき、何種類かをローテーションさせながら与えるとよいでしょう。

    ② 猫の食事回数の注意

    キャットフード 餌

    猫の食事の回数は年齢や運動する量によって違ってきます。
    それは年齢によって必要となるエネルギー量や栄養素が異なるからです。
    目安としては大人の猫の場合、体重(kg)×およそ80kcalが1日のご飯の量です。
    ただし室内飼いで運動量が少ない猫や、避妊手術・去勢手術をした猫は太りやすいので調整してください。
    一日の食事の回数は、子猫で3~4回、成猫で2~3回なので、一日に必要なご飯の量を、回数で分けて与えましょう。
    猫の個体差や体重によって多少異なるので、パッケージに記載されている食事量と照らしあわせながら、猫にあった最適な量と回数を見極めて与えましょう。

    ③ご飯と一緒にお水を用意する

    猫 キャットフード 餌

    紹介した通りドライフードは水分含有量が少ないです。
    猫は腎臓や泌尿器が弱い動物で、水分が少ないと負担がかかってしまいます。
    そのためドライフードをあげるときは、水分も一緒に取れるようにお水の入った食器を用意してあげてください。
    またご飯の時間以外にも、お水は常時飲めるようにしておきましょう。

    Amazon&楽天のキャットフード人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    健康維持は食事から。猫用ドライフードを活用しよう。

    猫

    今回は猫用ドライフードを選ぶときのポイントやおすすめの商品について紹介しました。
    以前に比べて最近のフードは、内容がとてもよくなってきています。
    ぜひ猫にあうドライフードを見つけて、健康維持に役立てていきましょう。

    【あわせて読みたい】そのほかの猫グッズに関連するおすすめ記事はこちら

    鈴タイプの猫用首輪おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.09.28

    猫のおやつおすすめ人気ランキングTOP15!無添加で安全性の高い商品も【2018年最新版】

    2018.08.24

    猫用ベッドおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

    2018.08.03

    猫用ねずみのおもちゃおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

    2018.01.30

    猫じゃらし人気おすすめランキングTOP10【2017年最新版】

    2017.11.24

    ABOUTこの記事をかいた人

    内海アロハ

    ペット業界歴6年
    ペットショップ、ペット用品の通信販売店に在籍した経験を活かし執筆しています。
    ペットを飼った経験もありますので新しく家族となるペットを迎える方、またペット用品をお探しの方に、ためになる情報を発信できればと思っています。