リボンタイプの猫の首輪おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

選び方のポイント

  • 猫の首にあわせた首輪サイズを選ぶ
    →首の太さにあわせることで首輪がきつかったり抜けてしまったりすることを防げる。
  • 邪魔にならないリボンのサイズを選ぶ
    →リボンの大きさに気をつけることで猫のストレスを減らせる。
  • 首輪での事故防止の工夫がしてある首輪を選ぶ
    →首輪が引っかかっても外れる安全首輪で窒息事故を防止しよう。
リボン 猫 首輪

愛くるしい仕草や表情で、私たちを癒してくれる猫。
昔はシンプルなものが多かった猫の首輪も、最近ではおしゃれなものがたくさん登場しています。
今回は、そのなかでも猫のキュートさをグッと高めてくれるリボンタイプの首輪をご紹介します。

リボンタイプの猫の首輪とは?

猫の首輪は、多頭飼いの識別のためにつけたり、お散歩にいく猫が飼い猫であると知らせるなどの目的でつけたりする場合が多いアイテム。
首輪に迷子札や鈴をつけることで、猫の居場所や迷子のときに探すのに役立つというメリットも。
最近では、居場所を特定するためのGPS機能や夜道でも安心な反射機能がついたものも登場しています。
リボンタイプの首輪とはその名のとおり、首輪にリボンの飾りが施されているもので、識別のためにつけるという目的とおしゃれさを兼ね備えています。
犬用首輪に比べて、猫用首輪はシンプルなものが多かったのですが、最近のペットブームで猫の首輪もずいぶんおしゃれな首輪が増えてきました。
ぜひ猫にあうリボンタイプの首輪を見つけてみましょう。

【こちらもCHECK】猫の首輪に関するおすすめ記事はこちら

猫の首輪おすすめ人気ランキングTOP15!おしゃれで安全性が高い商品も【2018年最新版】

2018.07.31

リボンタイプの猫の首輪の3つの選び方

ポイント① 猫の首にあわせた首輪サイズを選ぶ

メジャー

首輪は、それぞれ細さや長さが違います。
まったくあっていない首輪をつけると取れてしまったり、おかしな位置に首輪が動いてしまいます。
首輪を選ぶときは猫の首回りのサイズをチェックして、あう首輪を選ぶようにしましょう。
猫の首回りを計るときは、やわらかいタイプのメジャーやタコ糸などで首の一番細いところを計り、首回りのサイズが分かったら2~4cm(指2~3本)ほどの長さをプラスした首輪のサイズを選ぶようにしてください。
これは首回りがちょうどだと、動いたときに苦しくなったり、何かに引っかかってしまったときに宙吊りになってしまったりする恐れがあるからです。
毛の長い猫はさらに余裕を持たせて選んであげた方がよい場合もあるので、猫の毛量にあわせて調整してください。
子猫は、成長期で首の太さがどんどん変わっていきますので、定期的に首輪のサイズがあっているか確認してあげましょう。

ポイント② 邪魔にならないリボンのサイズを選ぶ

猫 首輪 リボン

飾りになるリボンを目立たせるため、ついつい大きいリボンのサイズを選んでしまいがちですが、顔元まである大きなリボンは猫が気にして嫌がってしまいます。
リボン=首輪が嫌になり、つけてくれなくなってしまうこともあるので、リボンのサイズは横幅が猫の顔の幅より大きくないもの、縦幅が猫の顔にかぶらない適度な大きさのものを選びましょう。

ポイント③首輪での事故防止の工夫がしてある首輪を選ぶ

首輪 鈴

首輪をつけていて一番多い事故は、高いところからジャンプしたときに障害物に首輪がぶつかったり、狭いところを通って何かに首輪が引っかかったりしたときに、首輪が外れずに宙吊りになったり動けなくなって窒息したりする事故です。
せっかくかわいい首輪をつけたのに、そのせいで猫に事故があっては大変。
メーカーによっては、一定の力が加わると外れるようになっている首輪や、引っかかったときに伸びる首輪が販売されています。
いわゆるセーフティー首輪と呼ばれているもので、猫の首輪を購入するときは、ぜひこのセーフティー機能がついている首輪を選ぶようにしましょう。

【こちらもCHECK】セーフティ付き猫の首輪に関するおすすめ記事はこちら

大事な猫ちゃんを守る!安全なセーフティ付き猫の首輪おすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.07.27

リボンタイプの猫の首輪の最安値と価格帯の特徴一覧

リボンタイプの猫用首輪の価格帯は、450円〜4,000円ほど。
お手ごろ価格のものはデザインがシンプルですが、活発に動き回ってすぐに首輪を壊してしまう猫には、使い捨て感覚で使えます。
高価なものは強度がしっかりしていて、デザイン性も優れているので、しっかりお手入れをすれば、長く使用できます。

最安値売れ筋・人気高額・高級品
価格約450円~600円~1,000円約3,000円~
特徴ホームセンターやペットショップなど低価格で発売している。首輪はシンプルなデザインのものが多い。CMなどよく見かけるメーカーから発売されていて、比較的良心価格で種類も豊富。オリジナルブランドのものが多く、生地やデザインが個性的なものが多い。

リボンタイプの猫の首輪おすすめ人気ランキングTOP5

ペット業界に6年在籍していた筆者が、コスパを基準に、リボンタイプの猫用首輪のランキングTOP5をご紹介していきます!

5位 キャットアモック 猫の首輪 毬りぼん

強度
機能性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

【首輪の幅】1cm
【首まわりサイズ】16~25cm

風呂敷を巻いているような日本らしい毬柄の首輪。
かわいらしい洋風のリボンもよいですが、こんな日本らしい柄もおすすめです。
鈴がついているので猫がどこにいるのかもわかりますし、狭い場所に隠れても、もしものときには外れてくれるセーフティーバックルを採用しているので安心。
室内猫用なので、お散歩にいく猫には使用できませんが、おうちのなかで気分を変えて過ごしたいときによいでしょう。

4位 バーディ(BIRDIE)猫用首輪 FLC アリーナカラー

強度
機能性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

【首輪の幅】1.2cm
【首まわりサイズ】:18~28cm

こちらはシンプルなのに上品な印象のリボンタイプの首輪。
素材にやわらかい質感のヌバックを使用しているので、上品な雰囲気の首輪をお探しの方におすすめです。
首回りが18~28cmと幅広く調節ができるので、小さめの猫から大きめの猫まで対応。
首輪と同じ太さのリボンなので邪魔にならず、リボンが気になってしまう猫によいでしょう。
リボンの下には、動くたびにゆらゆらしてかわいいお花をモチーフにした飾りつき。
セーフティバックルなので、万が一の窒息の危険にも安心です。

3位 キャット アモック 猫の首輪 猫に小判 Sサイズ

強度
機能性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

【首輪の幅】1cm
【首回りサイズ】16~25cm

犬猫の首輪を製造販売しているキャットアモックから発売されている、少し変わったデザインの首輪。
茶目っ気たっぷりの唐草模様の首輪で、正面から見ると首元で風呂敷を結んでいるように見えて、小粋な猫を演出してくれます。
よくリボンの真ん中に鈴がついている首輪を見かけますが、こちらは鈴に加えて千万両の小判がついているのがポイントで、ユニークさで個性をアピールできます。
セーフティーバックルを採用しているので安心です。

2位 ペティオ プレシャンテ キャットカラーシュシュ リボン

ペティオ (Petio) プレシャンテ キャットカラーシュシュ リボン ペティオ (Petio) プレシャンテ キャットカラーシュシュ リボン
強度
機能性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

【首輪の幅】2cm
【首回りサイズ】17~24cm

ペットのおやつから生活用品まで取り扱っている「ペティオ」というペットメーカーから販売されている首輪で、リボン・フラワー・フリルと3種類あるプレシャンテシリーズのリボンタイプ。
大きいリボンと小さいリボンを二つ重ねたようなデザインで、真ん中に光があたるとキラキラ反射する鈴がついています。
首輪は、女性が髪を束ねるときに使用するシュシュのようで、フリフリしていてかわいい印象。
首輪が何かに引っかかったとき窒息しないように、力が加わるとバックルが外れるようになっています。
かわいらしい首輪をお探しの方におすすめです。

1位 ターキー ねこモテ チェック猫リボンカラー 2S

強度
機能性
コストパフォーマンス
総合おすすめ度

【首輪の幅】4cm
【首回りサイズ】16~21cm

まわりにフリフリのレースがついていて、洋服を着ない猫でもおしゃれを楽しむようにつけられる首輪。
リボンも大きすぎず小さすぎずのちょうどよい大きさで、チェック柄のほか星柄とドット柄があります。
ボタンフックで留めるだけなのに簡単に着脱することができ、猫ちゃんが障害物に引っかかっても脱出できるよう工夫された、伸びるタイプ。
お値段もお手ごろでおすすめです。

リボンタイプの猫の首輪の使用上の2つの注意点

①首輪を嫌がらないように少しずつ慣らしていきましょう。

猫 首輪


ほとんどの猫が、はじめて首輪をつけるとき嫌がります。
猫にとって首回りに何かがついているのは、撫でられたりするのとは違う違和感なのです。
子猫の場合は、外に出なくても小さいうちから首輪に慣れさせましょう。
今までつけたことがない大人の猫の場合は、猫が慣れるまでは飾りのないシンプルな首輪からスタートするのがよいでしょう。

②成長や体重の増減にあわせて首輪のサイズを確認しましょう。

猫 首輪 リボン

猫は年齢や環境などによって、体重の増減があります。
体重が変わると、首回りも細くなったり太くなったりします。
前述の通り、首輪の事故で多いのは、引っかかってしまうことによる窒息事故です。
狭いところや高い場所が好きな猫ですから、引っかかっても抜けられるゆとりがあることは大切です。
成長期の子猫だけではなく、大人になった猫も定期的に首回りと首輪があっているかを確認してあげましょう。

Amazon&楽天の猫の首輪人気ランキング

Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!

リボンタイプの猫の首輪。少しのおしゃれでかわいさアップ

猫 首輪 リボン


今回は、猫の首輪のなかでもリボンのついたタイプを厳選してご紹介しました。
そのままでもかわいい猫ちゃんですが、首元のおしゃれでさらにかわいさが倍増します。
サイズをしっかり確認して、リボンタイプの首輪でよりかわいくしてあげてくださいね。

【あわせて読みたい】猫に関連するおすすめ記事はこちら

猫用ベッドおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

2018.08.03

【壁や柱に最適】猫の爪とぎ防止シートおすすめ人気ランキングTOP5【2018年最新版】

2018.07.19

猫用歯磨きグッズおすすめ人気ランキングTOP10!おもちゃやおやつになるタイプものまで【2018年最新版】

2018.05.28

猫じゃらし人気おすすめランキングTOP10【2017年最新版】

2017.11.24

突っ張りタイプのキャットタワーおすすめ人気ランキングTOP10!多頭飼いも必見【2017年最新版】

2017.11.08

ABOUTこの記事をかいた人

内海アロハ

ペット業界歴6年
ペットショップ、ペット用品の通信販売店に在籍した経験を活かし執筆しています。
ペットを飼った経験もありますので新しく家族となるペットを迎える方、またペット用品をお探しの方に、ためになる情報を発信できればと思っています。